昭和の怪物 七つの謎
 第7章 吉田茂はなぜ改憲にこだわったのか

  保坂正康


      講談社現代新書

消えた「戦争責任者裁判法」
p234
日本側の自主先般構想はGHQにも伝えられたが、GHQからは「われわれの考えている戦犯を日本側に引き渡すことはできない」と答えている。この形が明確になっていくのは、吉田が外相に就任したころである。つまり第一幕は失敗した形になっている。ところが実はこの自主戦犯裁判構想には、第二幕があった。それが吉田や書記官長の次田、そして一貫してこの裁判を主張していた岩田らの動きに表れていく。

 とくに次田は、この構想が第一幕で凍結状態になっているのを知り、アメリカ側の裁判構想も進んでいないと判断し、もう一度試みる。実は十一月五日以後に始まる第二幕では具体的な法案づくりも行われている。「民心ヲ安定シ国家秩序維持二必要ナル国民道義ヲ自主的二確立スルコトヲ目的トスル緊急勅令(案)」と名づけられたこの法案は、十二条から成り、日本の戦争責任者を裁くことに主眼を置いていた。

 第一条には「国体ノ順逆ヲ紊(みだ)リテ天皇ノ輔翼ヲ謬(あやま)り 其ノ大平和精神二随順セズシテ主戦的 侵略的軍国主義ヲ以テ政治行政及国民ノ風潮ヲ指導シ 又ハ指導ヲ輔(たす)ケ(略)満州事変 支那事変又ハ大東亜戦争ヲ挑発誘導シ 内外諸国民ノ生命財産ヲ破壌シ且ツ国体ヲ危殆(きたい)ニ陥ラシメタル者 施設又ハ社会組織ニ付之ヲ処断シ除却シ又ハ解消セシムルコトヲ以テ目的トス」とあった。
 満州事変以後の軍人、官僚、それに政治家、いわばこうした侵略政策の推進者は等しく天皇の命に反した指導者であり、彼らを一斉に裁くというのが条文の内容であった。
・・・・

p237.238
 いうまでもなくこの十二条の自主戦犯裁判の法案は、文官たちがこの国を存亡の危機にまで追いこんだ軍事指導者たちの責任を問う内容である。天皇の意思に反して戦争を進めた勢力、そして個人の責任を問い、第二条では「左二該当スル者ハ之ヲ叛逆罪トシテ死刑又ハ無期謹慎二処ス」と断罪している。ここでいう「左二該当スル者」とは次の二つのタイプである。

一、天皇ノ命令無クシテ兵ヲ動力シ妄(みだ)リニ軍事行動ヲ惹起(じやつき)シ侵略的行動ヲ指揮シ 満州事変 支那事変 大東亜戦争ヲ不可避ナラシメタル者
一、明治十五年軍人二賜リタル勅諭二背キ軍閥政治ノ情態ヲ招来シ 国体ノ真髄ヲ破却シテ専横政治又ハ之二準ズル政治行動ヲ以テ天皇ノ平和精神二逆(さから)ヒ 大東亜戦争ヲ必至ナラシメタル者

 このほか「無期又ハ十年以下ノ謹慎」では軍閥への協力者である政治家や言論人などが裁かれることになっている。もしこれが昭和二十年九月から十一月の間に決まり、東京裁判とは別に日本人が自主的に法廷で裁いたらどのような結果になっただろうか。日本国内には内乱まがいの行動も起こつただろう。



『回想十年』
p247
「今日わが国に対する疑惑は、日本が好戦国であり、何時復讐戦をして、世界の平和を脅かすかも知れぬということが、日本に対する大きな疑惑となっている。先ずこの誤解を正すのが、今日われわれとして為すべき第一のことである」



「戦争清算の会議」
サンフランシスコ講和会議
・・・・・・
p260
「平和に生きる喜び」
 吉田の演説は、その冒頭では「かつて武力制圧を考えた日本の一切の野心、一切の誤った欲望に各国の人びとは苦しめられた。同時にこうして苦しむ人びとの中には日本の国民もまた含まれていました」という趣旨を述べたあとに次のように言った。
「日本国民は今やアジア諸国並びに全世界の人びとと平和に生きる喜びをもっています」
 この強い口調に、会場は初めて強い拍手に包まれ.た。日本国民もまた軍閥の犠牲であった、だが今は、戦争から解き放たれて平和がどれほど大切かを知っているとの内容には、日本の再出発の決意表明というべきものがあった。