海のかなたの王位継承に思う

    山折哲雄 (宗教学者)


     019.03.17毎日新聞


 
 日本列島における天皇の代替わりは、こんどばかりは海のかなたの英国王のそれを私に思いおこさせる。

 英国の前の国王ジョージ6世が亡くなったのは1952年2月6日の未明とされる。このとき後継予定者のエリザベスは、王室外交の一環でケニアにいた。本国ではただちに王位継承の手続きをおこなうため、エリザベスにも電報を打ち、王位継承会議を開催する許可を求めた。

 返電にあたって問題がおこる。「エリザベス女王」として署名するか、たんに「エリザベス」とするかで意見が分かれたのだ。結局エリザベスが決断して、「女王」と返電することになった。ところが外務省はこれを無視し、議会も開会の冒頭で「クイーン・エリザベス」に忠誠を誓う言葉を省略している。BBC放送だけはエリザベス女王と王族に哀悼の意をあらわし、いちはやく「女王」の誕生を認めていた。

 このような違いが生じたのは、王位継承の考え方に二つの立場があったからだ。一つは議会が王の即位を承認するという論理である。1701年に制定された王位継承法にもとづく考え方で、議会は王の地位を廃止することもできると定めている。この法律は今も生きている。さらに条文では、王位継承の場面における「空位期間」も意図的につくりだそうとしている。

 これにたいしてもう一つの立場が、王位は出自によって切れ目なく継承されていくという考え方である。エリザベスが依拠したのがこの観念であった。ジョージ6世の死が即座にエリザベスの即位を合法化するという立場である。王位継承の場面における「空位」の存在可能性を根本的に否定する考え方であるといっていい。

 わが国の皇位継承の場面では、王権の中断ということがそれほど鋭く意識されていないことに気づく。しかも、この「空位」にあたる言葉がそもそも日本語にはなかったことに注目しないわけにはいかない。そしてこういうところに天皇制をめぐる王位継承概念の重要な特性がひそんでいるようにも思える。この問題については、この国の古代的な「もがり」儀礼にみられる死生観のなかに解明の糸口があると、私は思っているのである。