101日後に炎上したワニ 評論家が指摘する後味の悪さ

   加藤勇介

    2020年3月21日 21時10分朝日新聞デジタル

   

「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんのツイッターで告知された商業展開の案内に対し、ネット上では反発の声が上がった

 インターネット上で大きな話題を集めた「100日後に死ぬワニ」。20日に運命の100日目を迎えて完結したが、感動の嵐から一転、批判が噴出して炎上状態に。21日には作者が涙ながらにネット上のうわさを否定した。いったい何が起こったのか。

 「100日後に死ぬワニ」は、漫画家でイラストレーターのきくちゆうきさんが昨年12月12日から自身のツイッターで連載を始めた4コマ漫画。主人公のワニのほのぼのとした日常を描きながら、漫画の末尾では「死まであと○日」とカウントダウンが進むギャップで反響が広がり、きくちさんのツイッターのフォロワーは増え続けて200万人を突破した。

 100日目を迎えた20日夜に完結し、「マジ泣けた」「最後まで素敵なワニでした。ありがとう」などと感想が飛び交ったが、完結と前後して発表された告知が批判を集めた。



「電通案件」否定、作者は涙の釈明

 書籍化決定、映画化決定、グッズ販売やイベント開催も、といった内容。個人のツイッターアカウントから始まった漫画の大がかりな展開に、全ては広告会社が裏で仕組んでいたのではという見方が広がり、21日には「電通案件」という言葉がツイッターでトレンド入り。「ワニはステマ(ステルスマーケティング)」「怒濤のメディア展開されると冷めた目で見てしまう」と、感動から一転して否定的な意見が次々に投稿された。

 批判を受けて21日昼に、「100日後に死ぬワニ」とのコラボムービーを手がけた歌手いきものがかりの水野良樹さんが、ツイッターで作者のきくちさんとの対談動画を配信。水野さんは「電通案件とか言われるけど、電通さんは絡んでないです」とうわさを否定。きくちさんは「僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて盛り上げてくれたことに感謝しかない。裏で大きな組織が動いているんだろうと言われると、悲しいし申し訳ないと思う」と涙ながらに語った。作品連載を始めたのは、友人が事故死した経験から「何があるか分からない中で、限りある時間を大切にしてほしいとのメッセージを伝えたい」との思いだったという。



評論家「喪に服す間もなく、後味悪い」

 ネット上で電通との関わりが指摘されているのは、「100日後に死ぬワニ」の公式ツイッターの運営会社ベイシカのHPに取引先として電通関連会社が記されていること、コラボムービーの制作スタッフに電通関係者の名前があることだ。水野さんときくちさんの対談動画では、ベイシカ社員と見られる人物が「電通さんからは見向きもされないベンチャー企業」だと話し、ムービーのスタッフについては水野さんが「映像を作るチームを集めた時に、電通の人も入ってきたというぐらいのつながり」と説明。巨大組織が裏側で大きなプロジェクトを進めたとの見方を否定した。

 ネット上の動向に詳しい文芸評論家の藤田直哉さんは「手際が良すぎるとの疑問は多くの人が持つだろうが、本人たちが否定する以上のものはない。関わった企業が話題になる完結のタイミングでPRをするのも分かる。しかし、作品内容との相性が悪かった」と指摘する。

 古くは「電車男」、最近なら小説投稿サイト「小説家になろう」発のライトノベルなど、ネット上で話題を集めた作品が多メディア展開されるのは珍しい事例ではない。ただ、今回の作品は「死」を扱い、ほのぼのした日常が毎日投稿されることで読者はキャラクターへの愛着を深めていた。「亡くなるからこその貴重な日常を描いた作品の味わい深さに対して、喪に服す間もなくマーケティング活動をされるのは後味が悪すぎた」と藤田さんは言う。また、多メディア展開の成功事例も数ある一方で、潜在的なネットと既存メディアの相性の悪さも出たと見る。

 「『嫌儲(けんもう)』というネットスラングがあるぐらい、ネット上ではビジネスやマスメディアは嫌われる。既存メディアに侵されていない空間だから作り手も読み手も等身大という親密感があるのが、広告会社など既存メディアが関わっていたと思われるだけで価値が揺らいだのだろう」(加藤勇介)