歴史に消えたうた 唱歌、童謡の真実

    (4)ズタズタの墨塗り教科書


     2019.5.22産経ニュース


全面的に墨で塗りつぶされた歌(「うたのほん下」収録の『おもちゃの戦車』)(玉川大学教育博物館所蔵)

 明治、大正時代に生まれた唱歌・童謡は、100年以上の歴史を持っている。これだけ長い間、多くの人に愛唱され、生き残ってきたのは、とりもなおさず“いい歌"だからだろう。

 日本人の心に染み入る自然や風景、愛らしい動植物の姿、大切にしてきた伝統的な風習や行事を詞に綴(つづ)り、日本人が口ずさみやすいメロディーに乗せた。『ふるさと』『春が来た』『赤とんぼ』…。多数の琴線に触れた名曲は、世代を超えて歌い継がれ、日本人なら、誰もが知っている歌となったのである。

 もちろん、すべての唱歌・童謡が“いい歌"だったはずはない。子供たちの心をつかめず、歌われなくなったり、時代に合わなくなって自然に淘汰(とうた)された歌は多い。同時に、歌は「時代を映す鏡」であった。時の政治、社会・世相と無関係ではいられない。唱歌・童謡といえども、いや、学校教育の場で子供たちに教える歌だからこそ、為政者の意向が反映されやすい側面があったともいえる。体制側の意向にそぐわず、学校教育から退場させられた歌も少なくなかった。

 連載の初回(4月3日付)で、現在、生き残っている歌は「“いい歌"かつ、戦争に関係のない歌である」という趣旨の識者の見方を紹介した。唱歌・童謡の100年を超える歴史の中で「最大の壁」となったのは先の大戦であろう。

 国家としての形や、国民の意識がいや応なく変化した中で、終戦後、音楽の教科書に載る歌も、劇的に変わって(変えられて)ゆく。“ハードル"を越えられなかった歌は、削除されたり、歌詞を変更させられた。その始まりは、当時学校教育を受けた人なら記憶に残っているであろう「墨塗り教科書」である。

 ◆高学年ほど多く

 終戦後、学校の授業再開に向けた文部省(当時)の動きは早かった。昭和20(1945)年8月22日には通達を出し、9月中旬の授業再開をめどに、占領下における新しい時代に向けた教育方針を矢継ぎ早に打ち出してゆく。



一部の歌詞だけ塗りつぶされた『富士の山』(「うたのほん下」収録)(玉川大学教育博物館所蔵)

 教科書は当面“戦時教材"の一部を消したものが使用された。これが、「墨塗り教科書」である。

 10月末には、日本の占領政策を統括する連合国軍総司令部(GHQ)によって、日本教育制度に関する管理政策が出され、軍国主義者と見なされた者の教職追放などが指示された。音楽の教科書からも、軍国主義、超国家主義、神道に関するものと見なされた歌が排除される。21年4月からは、新聞用紙を使った文部省による「暫定教科書」が発行され、この方針は、さらに徹底されてゆく。

 「ウタノホン上」=国民(小)学校1年生用=の変化を見てみよう。

 対米英戦争が始まる、16年に発行されたときは、全20曲(冒頭に、別途『きみがよ』を掲載)が収録されていたが、墨塗り教科書では、『ヒノマル』『兵タイゴッコ』など4曲が削除された。さらに暫定教科書では『エンソク』『カラス』の2曲が減らされて計14曲の掲載になっている。残った歌には前回の連載(5月8日付)で取り上げた『ウミ』『オウマ』など、その後長く親しまれた曲が少なくない。

 一方、高学年の6年生用の「初等科音楽四」になると、ズタズタといっていい。

 戦時中に収録されていたのは全20曲と、別途『君が代』(※学年によって歌の表記が異なる)と、『勅語奉答(ちょくごほうとう)』『天長節』などの儀式唱歌6曲である。

 これが、墨塗り教科書では儀式唱歌のほとんどと、『日本刀』『日本海海戦』『落下傘部隊』『水師営の会見』など、計15曲をごっそりと削除(収録曲は12曲=儀式唱歌を含む)されたケースも。暫定教科書では、さらに減らされて、わずか8曲に。現在まで生き残っているのは、『おぼろ月夜』『われは海の子』『スキー』などしかない。

 このとき消された儀式唱歌の『一月一日』(~年のはじめのためしとて…)は、後に意外な形で残ることになるが、この歌についてはいずれ、稿を改めて触れることにしたい。

 ◆なぜこの歌が…

 墨塗り教科書は、教師の指示に従って、児童自身が塗りつぶしたり、破いたりしたことがあったという。現在、残されている教科書をみると、歌によっては、歌詞の一部のみを削除したりするなど、多少のバラツキも見られるようだ。

 2年生用(「うたのほん下」)に収録されている『富士の山』(~大昔から雲の上…で始まる文部省唱歌)では、1、2番の歌詞の末尾にある《神の山》の言葉にかかわる部分のみを朱で消した墨塗り教科書も残っている。

 昭和22年には、文部省が内容を一新した教科書を新たにつくる(「文部省著作教科書」)。6年生用の「六年生の音楽」の収録曲は22曲。暫定教科書から残ったのは『おぼろ月夜』『船出』などだけで、『われは海の子』はこの段階で一時、消えている。

 教科書はその後、民間の出版社がつくり、文部省が検定する制度が導入され、現在に至っている。『われは海の子』のように、歌詞を削除(3番まで)して復活した歌もあるが、多くは消えたままだ。

 墨塗り→暫定教科書での削除は、戦前の体制を絶対悪としたいGHQ側の意向を無条件で受け入れたものだが、中には、その方針をかんがみても、なぜ削除されたのか、理解に苦しむ歌もある。令和の新時代を迎えて、改めて検証が必要ではないかと思う。=敬称略、隔週水曜日掲載(文化部編集委員 喜多由浩)

                   


【ウタノホン上  国民(小)学校1年生】
 1ガクカウ
 2★ヒノマル
 3ユフヤケコヤケ
 4★エンソク
 5カクレンボ
 6ホタルコイ
 7ウミ
 8オウマ
 9オ月サマ
 10★モモタラウ
 11タネマキ
 12ハトポッポ
 13コモリウタ
 14オ人ギヤウ
 15オ正月
 16デンシヤゴッコ
 17★カラス
 18★兵タイゴッコ
 19★ヒカウキ
 20ウグヒス
                   

【初等科音楽四  国民(小)学校6年生】

 1★敷島の
 2おぼろ月夜
 3姉
 4★日本海海戦
 5★晴れ間
 6四季の雨
 7われは海の子
 (※戦後は歌詞3番まで)
 8★満洲のひろ野
 9★肇(はつ)国の歌
 10★體練(たいれん)の歌
 11★落下傘部隊
 12★御民われ
 13★渡り鳥
 14船出
 15★鎌倉
 16★少年産業戦士
 17スキー
 18★水師営の会見
 19早春
 20★日本刀
 ★は終戦後削除された歌