今週の本棚



     『大仏師運慶 工房と発願主そして「写実」とは』

    中島岳志・評=塩澤寛樹・著

    毎日新聞2020年10月31日 東京朝刊



生身に求めた悟りの世界

 鎌倉時代の代表的な仏師といえば、何と言っても運慶だろう。高野山・金剛峯寺の八大童子像や奈良・興福寺北円堂の無著(むじゃく)・世親(せしん)像は、広く人口に膾炙(かいしゃ)している。2017年に東京国立博物館で開催された特別展「運慶」は、来場者60万人を超える大盛況で幕を閉じた。

 運慶の仏像を表現する際に、決まって使われてきたのが「写実的」という言葉である。その力強さ、迫真性、実在感は、日本彫刻史の最高峰と目され、繰り返し「天才」と称されてきた。

 この「写実的」という評価には、明らかに近代的なバイアスが介在している。作家の独創性を重視し、リアリズムを探究する近代特有の価値観がそこには反映されている。とはいえ、運慶の仏像に、人間の実在性が表現されていることは間違いない。では一体、運慶は何を表現しようとしたのか。

 著者は、鎌倉時代特有の仏像表現に注目する。例えば「裸形着装像」。これは像を裸体もしくは下着姿で造り、実際の布の着物を着せたもので、これまで「行き過ぎた写実」「彫刻性の放棄」と言われてきた。また、口をわずかに開け、歯を見せる「歯吹阿弥陀(あみだ)如来像」なども、同様に否定的評価が与えられてきた。

 しかし、近年、研究者の奥健夫は「生身(しょうじん)」という概念に注目し、新しい解釈を提示している。生身の仏とは「現世に姿を現した仏」のことで、鎌倉時代に信仰が高揚した。人々は生身の仏に巡り合うために霊場参詣などに出かけたが、その過程で仏像の生身化が進行したと言う。「生身」という新しい信仰の形態によって、仏像に現実性や実在性が求められたのである。

 その延長上にあるのが、「玉眼」という表現だ。これは眼(め)の部分に内側から水晶製の板を当てる技法で、鎌倉時代に一般化した。「玉眼」が目指したのは、まさに人間の眼のリアリティである。

 著者はさらに踏み込んで、仏教の本覚(ほんがく)思想の影響に言及する。本覚思想とは、人は誰でも悟りを開いて如来になれる素質を持っているというもので、現実世界の全てが仏の現れとなる。この思想によると、人間のいのちは、そのままで悟りを内包しており、神秘性を帯びている。だとすれば、仏師が追究すべきなのは、現実に肉薄するリアルな表現ということになる。

 運慶の仏像が、見る者にリアルな感覚を与えるのは、生きているように制作することによって、悟りの世界を表現できるとする思考様式があったからに他ならない。近代人がそこに写実性を見出(みいだ)したのは、仏教における本覚思想の影響を、西洋由来の個性やオリジナリティといった視点で解釈したからである。

 著者は、仏像の内部にもまなざしを向ける。鎌倉期には、仏身内に年号や願主名、仏師名などが記入されることが増加するが、その理由については様々な解釈がなされてきた。しかし、これも本覚思想の影響として理解することが可能だと言う。「現実世界は悟りに満ちた世界なのであるから、そこに生きた人の名や諸事情も当然ながら悟りの世界の構成要素である」。つまり、「運慶作例は時流を的確に捉えたもの」なのだ。

 運慶のリアリズムに、正当な解釈が与えられたと言えよう。中世のまなざしで、改めて運慶仏を見てみたい。(東京工業大教授・政治学)