新潟県

 石川雲蝶

 石川雲蝶の作品鑑賞バスツアー

 


20日の日曜日、幕末から明治にかけて新潟県の三条から六日町にかけて活躍した彫り物師石川雲蝶の作品鑑賞バスツアーがあるというので日帰りで出かけてきた。 お寺を3つ巡って雲蝶作品を鑑賞するのだが、ガイドの中島すえ子さんの解説も面白く見ごたえのあるバスツアーだった。

石川雲蝶とは江戸期には珍しい表現力の強い彫り物師でした。その作品群を鑑賞するというツアー。初めに訪れたのは西福寺、開山堂。本堂には障壁画がある。開山堂内部は彩色された透かし彫りで天井から周囲まで飾られていて、そのあくの強い表現意欲は独特です。
  
  
  
  
  

  

次は平林寺。雲蝶はこの堂の計画から施行、内部装飾まで全部を住み込みでやっている。話題の天女象もここで見られる。   

  
  
  

これは小夜之中山蛇身鳥物語欄間と小夜之中山蛇身鳥物語天井絵
  
  

これは本堂入口浮彫   
  

龍谷寺には奉納された透かし彫りの欄間が6点あるが写真がない。   

  
  

今回のツアーには含まれてなかったのだが瑞祥庵の山門にはこんな仁王像があるらしい。これはマンガチックでかなりユニーク。見ておきたかった。
  
雲蝶は江戸の雑司ヶ谷で生まれて30歳までに彫り物師としての腕を磨く[註]。30歳ごろにその腕を乞われて越後に移り住み三条、六日町など新潟県内に作品を残すが、江戸での作品は知られてない。一地方の作家で終わるために中央の美術史では扱われることがなかった。 洗練とか格調とかとは無縁の土着の力強い表現主義。それも中央の美術史で扱われなかった理由ではあろうが、それが地元での人気の理由でもある。

  雲蝶作品ガイドマップ

  
  雲蝶の手。背は低くがっしりしていたが手は女性のように小さかったという。   

ガイドしてくれるのは中島すい子さんというバスガイドなのだがこの人のガイドが大変面白い。いかにも大衆向けのガイド振りなのだが、よく雲蝶のことを研究してくれていて、話に奥行きがある。雲蝶の作品解説と人柄の話もさることながら、その作品のスポンサーになった人の話とその関係など丹念なインタビューを経ての内容には興味が尽きない。
 
この人こんな本を出している。観光バス内で売っていたので買って読んだが、ガイドしている話し言葉がそのまま本になっていて、読みやすく楽しい。その勉強家ぶりにも驚く。

中島すい子さんという人、高校を卒業して東京で7年間バスガイドを務める。結婚して南魚沼に住んでからも地元地域の観光ガイドを務めるが、その中で石川雲蝶作品に出会う。何度も何度も雲蝶作品に出会う中からその魅力に、また雲蝶という人に興味を持ち惹かれてくる。既存の文献をあさり関係者へのインタビューをかさね、今や雲蝶作品紹介のオーソリティーである。本の「はじめまして」のところにこんなことが書いてある。


・・・・・・
・・・・・・地元地域の観光ガイドに転向いたしました。そして、足元から見つめ直している時に出会ったのが、木彫師石川雲蝶でした。
 どなたかがこんな表現をしていました。「息をのむ美しさ」とか、「問答無用の素晴らしさ」とか。
 この表現の中にはこれ以上のものはない、という最大限の褒め言葉が隠されています。  しかし、恥ずかしながら芸術を鑑賞して癒されるとか感動するという感性に欠けているのか、私の場合、興味はそこにはなく、どうやったら丸い龍の中の小鳥を傷つけずに細部に集中して彫れるんだろうとか、どうして両面から彫って穴が空かないんだろうとか、きっと別々に彫ってあとでみんな張り合わせたんじゃないかとか、まずそんな他愛もないレベルの低い疑問から始まりました。本当に不思議でたまらなかったのです。何度も同じ作品の、正面と裏を行ったり来たり。どこかに表と真のバランスが違っているのではないかと疑いの目で、それを探したりしでいました。

 雲蝶に関するあらゆる書籍を読みあさり、魚沼中の雲蝶の作品を見て歩く中で、雲蝶の人間性にとても惹かれ、興味が湧き、知りたいと思うようになりました。しかし、彼の人生はグレーゾーンの多い人生で、言い伝えによって想像し、それぞれの雲蝶をイメージすることしかできないのですから、もしかすると自分の好きな人間像に仕上げることができて、満足度は百パーセント以上になるのかもしれません。そんなミステリアスな雲蝶に恋心を抱きながら、彼の人生を少し覗かせていただきたいと思います。


[註]志ん生の円朝作の人情噺で「名人長次」を聞いたんだが、長次は10歳で指物師の親方に弟子入りして29歳の時には評判の名人といわれるようになったという。雲蝶も30歳ころには名人と言われていたかもしれない。