ウクライナ情勢



  「プーチンはロシアをも殺したのです」 

   ロシア反体制派知識人が手記


     駒木明義


      2022年3月15日 5時00分

      
1990年1月、ソ連時代のモスクワにオープンしたマクドナルド。開店から3カ月がたっても長い行列ができていた=1990年4月8日撮影


 「プーチンはウクライナばかりではなく、ロシアをも殺したのです」

 プーチン政権に批判的な立場を貫いてきたロシアの知識人が、ウクライナ侵攻で受けた衝撃と苦悩、そしてロシア社会の現状を、国外の読者に向けた手記につづった。

 筆者は、ロシア文化の研究に半生を捧げ、反体制派知識人としても知られている女性で、手記を熊本学園大学の太田丈太郎教授(20世紀ロシア文学・ロシア文化)に託した。身の安全のために、匿名での公表を望んでいる。


「おかあさんは侵略者の国にいる。ほんとうだね」 苦悩の手記全文

 手記は、プーチン氏が始めた戦争について「私たちは衝撃を受けています」「いまにいちばん恐ろしいことが起こると、誰もが知っていたのにもかかわらず、それが本当に起こると信じることができなかったのです」と記している。

 「ヒトラーがキエフを爆撃したことを私の父は覚えています。ところが、こんどはプーチンです」「私たちは今、解放者の側ではなく、占領者の側にいる」

 危険を顧みずにウクライナにいる友人や親戚と連絡を取り合い、支えになろうとしている人々が多くいる一方で、「たいへん多くの人たちが戦争を支持し、プーチンを支持しています。むろん彼らも、怪物じみたプロパガンダの犠牲者なのです」と、ロシア社会の現状を説明している。

 「ウクライナがアメリカと生物兵器を開発した、それをやめさせる必要があった、などというたわごとを、どの人も繰り返している。中央の放送局でこう言われていて、それを人々はおうむ返しにしているのです」

 ロシアの反体制派が今置かれている状況については、「反プーチンのデモに何年も参加してきた私たち自身、いまとても悪い立場に置かれています。私たちはプーチンにも、西側にも、自分自身の良心にも、いちどきにたたかれ続けているのです」と吐露している。

 欧米企業が次々にロシアから離れていくことを、大きな時代の節目ととらえている。「マクドナルドの撤退は象徴的なできごとです。これはかつての民主的なロシア、ゴルバチョフとエリツィンの築いたロシアの終わりを意味するのです」


 太田氏によると、ロシアでは、若手を中心に、すでに多くの研究者が国外へ脱出した。一方で国内に残って反戦の立場を貫いている大学関係者、研究者、文化人らに対する圧力は日ごとに強まり、自由な発言は封じられ、事実上の「人質」となっているという。

 太田氏は「国外で欧米諸国にたたかれ、国内ではいつ迫害対象になるかもわからない。友人たちの運命を案じています」と話している。(駒木明義)


コメントプラス

吉岡桂子
朝日新聞編集委員=中国など国際関係
2022年03月15日10時38分 投稿

【視点】「社会の多くの人の意見は彼らとは違うでしょ」。中国の民主派の人々を取材し伝えていると、日本でもそうした指摘を受けることがあります。人々の多くは「日常」を過ごしているのに、なぜ派手に取り上げるのかという批判を受けたこともあります。この手記にも「たいへん多くの人たちが戦争を支持し、ウラジーミル・プーチンを支持しています」と書かれています。多数ではないからこそ、伝えようとしなければ伝わらない伝えるべき伝えたい声があります。ぜひ全文を読んでほしいと思います。https://digital.asahi.com/articles/DA3S15233369.html

「これまで長い時間をかけて真綿で首を絞めるように言論の自由が弾圧され、人権が無視され、憲法や選挙法が改悪され、歴史教科書が軍の勝利を賛美し、学校では「愛国心」を教えられ、軍隊が強化されてきた、その果ての戦争なのだと、あらためて思う」(「コロナの時代の想像力」岩波書店編集部・奈倉有里さん訳)。ウクライナ人の母、ロシア人の父を持つ作家、ミハイル・シーシキンさんの言葉です。ロシアの民主派知識人の声に耳をすますと同時に、自らを包む「真綿」にも自覚的でありたいと思います。


長野智子
キャスター・ジャーナリスト
2022年03月15日09時47分 投稿

【視点】この手記ほど現在のロシア国内の空気、反政府の人たちの苦悩をストレートに伝えているものはないのではないか。ぜひ全文を読んでほしい。かつて「鉄のカーテン」という言葉があって、ソ連は西欧世界から閉ざされていた。私は1993年、モスクワの赤の広場で開催された山本寛斎さんによる「ハロー!ロシア!」という大ファッションイベントを中継するために現地に入った。日本という海外文化に触れたいというロシア人観客が12万人も赤の広場に集まったのだ。その熱気に「ついに鉄のカーテン開いたのだなあ」という感慨と興奮で胸が高鳴ったのを覚えている。
実は93年時点でも、まだまだモスクワはソ連時代の空気を宿していて、私が宿泊した赤の広場に隣接するホテル・ロシアの朝食も、薄いトマトと硬いチーズ一切れにこれまた歯が折れそうなパンという貧しさだった。そんな街中でひときわきらびやかに目立っていたのが、その3年前にモスクワにできた赤と黄色のMマーク「マクドナルド」の看板だった。当時も長蛇の列ができていて大変な賑わいだった。この手記にもあるように、まさにマクドナルド出店は「鉄のカーテン」が開いた象徴であり、今回のウクライナ侵攻で撤退というのが「一時代の終焉」であるという筆者の指摘になんともむなしく悲しい思いでいっぱいだ。多くの罪のない人たち、子どもたちを殺害し、街を破壊し、93年には初めての日本文化を熱狂的に歓迎して喜んでくれたロシアの人々も分断するという愚かな指導者を許すことができない。


藤田直央
朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法
2022年03月15日08時05分 投稿

【視点】私はこの「反体制派知識人」に、ロシアを愛するナショナリズムを感じます。そしてナショナリズムを取材する記者としてその思いを理解します。ナショナリズムは人為的な国境線と分かちがたく、ウクライナ侵攻のような悲劇を生みますが、国民というとらえがたい共同体をよりよいものへと導く理念にもなるからです。
 ナショナリズムを導くそうした理念として、近代以降の国家はそれぞれの歴史を大切にしつつ、前世紀の二度にわたる総力戦を経て、不戦と人権、そしてお互いの存在を尊重することを誓いました。しかし、その誓いが今世紀に入ってまたも破られた最悪の形を、いま私たちは見ています。
 それでもこの誓いは、「反体制派知識人」が語る「私たち自身の良心」と重なるはずです。手記の公表が海外の知人に委ねられ、匿名とせざるを得ないように、ロシアの政治状況は極めて厳しいものでしょう。何とか人々の「良心」がつながり、ナショナリズムが独善の罠を脱するよう願うばかりです。


駒木明義
朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係
2022年03月15日07時45分 投稿

【視点】ある年代以上のロシア人にとって、マクドナルドはやはり特別な存在なんだな、と感じます。手記の筆者は率直に「マクドナルドには普段むしろ軽蔑的に接してきました」と記しています。私がロシアで特派員をしていたときも、マクドナルドへの軽蔑は、知識人や所得が高い層に取材した際にしばしば感じてきました。90年にマクドナルドが初進出したときの熱狂は今は昔のことと思っていました。
それが今や、マクドナルドの撤退が民主的なロシアの終焉の象徴と感じられるというのです。ロシアは本当に、ソ連のような息苦しい社会に戻ってしまうのでしょうか。
手記の全文も、ぜひお読みください。 https://digital.asahi.com/articles/ASQ3G5J8ZQ3GUSPT00F.html