Evennig A

ロシアの動員、悲惨な実態 「これはやばいよ」新兵SNSで訴え次々

      市川美亜子ゼネラルエディター補佐


      2022年10月19日 15時00分



本日のナビゲーター
市川美亜子ゼネラルエディター補佐
 ウクライナ侵攻を続けるロシアで、9月に始まった「部分的動員」の実態を伝えるSNSの投稿が相次いでいます。訓練なく戦場に送られ、防弾チョッキも自分でそろえるように言われた。「止血用」に生理用品も入手するように求められた……。戦地に赴く人が自ら投稿したとみられる写真や映像からは、切羽詰まった不安や、どうしようもない苦しさが伝わってきます。プーチン大統領は、国民の動揺や不安がここまで広がるとは予想しなかったのでしょうか。大きな犠牲を払いながらもナチス・ドイツと戦った「大祖国戦争」の記憶があったのでしょうか。「ナビゲーターが選ぶ1本」でご紹介する、インタビュー「『国家の戦争』から『個人の戦争』へ プーチン氏は変化を見落とした」とあわせてお読み下さい。


ロシアの動員、悲惨な実態 「これはやばいよ」新兵SNSで訴え次々


「訓練なしで戦地に派遣される」と涙ぐみながら話す男性=テレグラムチャンネル「ピェールブィ・オジェール」から


 穴の開いた防弾チョッキやさびた自動小銃――。ウクライナへの侵攻を続けるロシアで、9月に始まった部分的動員の悲惨な現状を伝えるSNSの投稿が続いている。「(配置前の)訓練はないと告げられた」と涙ながらに訴える人までいる。プーチン政権は動員で侵攻の劣勢を覆す考えだが、早くも動員による戦死者が出ており、士気の低下は深刻だ。

 黒い目出し帽をかぶった軍服姿の男性が、穴が開き、テープで補修された防弾チョッキを見せている。

 今月にSNSで広まった、動員されたとみられる男性の写真だ。男性はロシアが支配するウクライナ南部クリミア半島出身で、写真を投稿した男性の親族は、投稿の中でこうつづった。

 「どんな装備で人々を戦いに送るつもりなのか」

 これとは別に広まった動画では、「何も言えない。これはやばいよ」と嘆く別の男性の声が聞こえる。手に取っているのは支給された自動小銃で、さびだらけだった。

 ロシアのプーチン大統領は9月21日、予備役兵を対象にした部分的な動員を発表した。9月にウクライナ東部の要衝を失うなど、劣勢は日に日に明らかになっていたためだ。

 だが、動員を逃れるための出国が相次ぎ、反対デモも起きた。強引な動員も次々と伝えられ、国民の士気を向上させるどころか、不安を広げている。

 ある動画では、動員された人々に、担当者が「防弾チョッキや薬などの装備を自分でそろえる必要がある」と説明。止血用にと、女性用の生理用品も入手するよう求めている。

 ロシアメディアによると、軍事用品の販売店では防弾チョッキなどを求める人が増えたという。

 訓練施設ではベッドが足りず、部屋の床に大勢で雑魚寝したり、外で野宿したりする映像もある。心臓まひや暴行が原因とみられる不可解な死の報告も少なくない。

 動員を免除されるはずの学生や病気の人にまで招集令状が届いたほか、「誘拐まがい」の例も伝えられている。モスクワに働きに来た建設作業員5人が、宿泊先にきた警官に拘束された例もあった。その後徴兵事務所で書類への署名を強制され、訓練施設に連れて行かれたという。

 動員発表から1カ月も経たない中、戦死者の報告も続く。

 中部チェリャビンスク州の当局は13日、動員された地元出身の5人が死亡したことを明らかにした。英BBCは、親族や友人の話として、5人が訓練を受けないままウクライナ南部ヘルソン州に送られた、と伝えた。ウクライナ軍が奪還をめざす激戦地だ。

 プーチン政権は、動員されれば訓練を受けた後に戦地へ送られると説明してきた。

 だが、モスクワ市の28歳の公務員は戦闘経験がないのに数日で前線に送られて戦死した。サンクトペテルブルク出身の弁護士も従軍経験があったとはいえ、動員後、わずか3日間の訓練で戦地へ派遣され亡くなったと報じられた。

 英国防省は9月26日、「招集された部隊の多くが、動員を急いで極めて少ない準備で前線に配備されるとみられ、高い割合で消耗することになりそうだ」と分析した。

 プーチン氏は今月14日の記者会見で、「なぜ動員発表から3週間も経たずに前線に送られ死んでいるのか」と問われ、訓練が最短で終われば早期派遣は「可能だ」と釈明に追われた。動員は「2週間以内に完了する」と明言し、国民の不安の解消に懸命だ。

 ただ、戦車部隊に配属されたという男性は自ら投稿したとみられる動画の中で、「戦地に行く前の訓練はないと通告され、司令官もそう認めた」と話した。

 涙をこらえながら、「ヘルソンに派遣される。砲撃の経験も、その知識もない」と嘆き、カメラを通し、こう視聴者に訴えた。

 「これから何をするべきか、自分で考えてください」