今週の本棚





      佐藤優・評 『仏教の大東亜戦争』=鵜飼秀徳・著 

      (文春新書・1210円)

      毎日新聞 2022/8/20 東京朝刊


     

宗教と政治の関係を論ずる際の基本書

 安倍晋三元首相が、旧統一教会(世界統一家庭連合)に対して強い恨みを持つ山上徹也容疑者によって銃撃、殺害される事件の後、政治と宗教の関係に国民の関心が集まっている。本書は宗教と政治の関係について論ずる際の基本書だ。

 日中戦争、太平洋戦争中、仏教もキリスト教も新宗教も政治化した。ジャーナリストから浄土宗の僧侶に転職したというユニークな経歴を持つ鵜飼秀徳氏(京都の浄土宗正覚寺33世住職)が戦争中(鵜飼氏はあの戦争を大東亜戦争と呼ぶ)の仏教の役割について、掘り下げた考察を行う。


 仏教は殺生を禁ずる。その仏教が戦争を肯定するには、知的操作が必要だ。これが「戦時教学」だ。<無差別の殺戮(さつりく)を伴う戦争に、仏教教団は直接的・間接的に関わった。そこで、殺生を戒める仏教がなぜ? という疑問が湧き上がる。/この矛盾を正当化したのが、日清戦争以降に構築された「戦時教学」と呼ばれる論理だった。それは国家神道体制のなかで生き残りをかけた、仏教側の方便といえるものだった。/戦時教学に、僧侶は無批判に従った。なかには浄土教の「極楽往生」の考えをタテにして、戦地で死ぬことはむしろ歓喜すべきことと流布し、さらには「一殺多生(一人の敵を殺して、多くの日本人が生き残る)」を平然と唱える仏教者まで現れた。/日蓮宗僧侶で活動家の井上日召(にっしょう)はその思想に染まり、テロ集団を率いて政財界の要人を暗殺した「血盟団事件」を引き起こしたことで知られている。石原莞爾(かんじ)ら多くの軍人も、仏教の戦時教学に影響されていく>。さらに国家は経典の内容にも干渉した。<浄土真宗本願寺派は一九四〇(昭和一五)年には、「聖域中の聖域」に手をつけてしまう。宗祖親鸞が著した『教行信証』や、伝記『御伝鈔(ごでんしょう)』などの一部に、天皇にたいして不敬な文言があるとして、削除訂正したのだ(聖典削除)。/(中略)日蓮宗でも宗祖日蓮の聖典の一部に不敬にあたる箇所があるとして、内務省から削除命令が出ている(日蓮遺文削除)。戦時下の言論統制は、仏教の聖典にまで及んだのである>

 この反省に立って戦後は国家が宗教団体の教義、人事、財務などに関与できないとする政教分離原則が確立した。なお日本の政教分離は国家が特定の宗教を優遇もしくは忌避することが禁止されているので、宗教団体が自らの価値観に基づいて政治活動を行うことは認められている。仏教の寺やキリスト教の教会が国家から独立して活動できるために重要なのは独自の経済的基盤を持つことだ。旧統一教会問題で宗教団体への献金に制限を設けようという主張をする政治家と有識者がいるが、そのような事態になれば憲法で保障された信教の自由が実質的に担保されなくなる。この点についてのマスメディアと有識者の感覚が鈍いことに評者は危惧を覚えている。


 金属資源が少ない日本が米国と戦争をするためには、民間にある金属を軍事転用しなくてはならなかった。<日米開戦が迫ると、圧倒的に不足する軍用資材を補う「金属回収」の主たるターゲットに各地の寺院が当てられた。その最大の犠牲になったのが、梵鐘(ぼんしょう)である。慶長年間以前(一六一五年以前)の文化的価値のある、わずかな鐘を除いて、四万七〇〇〇口(全体の九割以上)もの梵鐘が武器になっていった。その代わりにコンクリート鐘などがぶら下げられ、今に残されている寺もある>。鐘が取り外されてしまうとバランスが崩れ、鐘楼が倒壊する恐れがあるので、鳴らないコンクリートの鐘やドラム缶をぶら下げたのだ。<東京・上野の寛永寺には江戸時代に鋳造された像高六メートルの大仏があった。明治時代に露座になり、関東大震災の際に頭部が落下。再建を期すべく寛永寺で保管されていたところ太平洋戦争が始まった。そして胴体など大方が一九四〇(昭和一五)年に回収されてしまった。だが顔面だけは回収を免れた。現在、それがレリーフとなって展示されている>。多くの文化財が戦争によって消えた。

 戦時下で何度投獄されても抵抗し続けた僧侶もいた。昭和のコメディアン植木等氏の父で真宗大谷派の僧侶・植木徹誠(てつじょう)氏だ。<檀家(だんか)がある時、寺にやってきて召集令状を見せると、/「戦争というものは集団殺人だ。それに加担させられることになったわけだから、なるべく戦地では弾のこないような所を選ぶように。周りから、あの野郎は卑怯(ひきょう)だとかなんだとかいわれたって、絶対、死んじゃ駄目だぞ。必ず生きて帰ってこい。死んじゃっちゃあ、年とったおやじやおふくろはどうなる。それから、なるべく相手も殺すな」/と説いたという。しばしば、「戦争は集団殺人だ」「人に当たらないように鉄砲を撃て」などと出征兵士を諭していたため、出所してもすぐに特高警察に連行されるということを繰り返していた。小学生だった植木等の日課は、登校前に留置されている父に弁当を届けることだった。等は不在の父に代わって檀家回りをする日々であった>。反戦僧侶を受け入れる檀家があったという事実から、民衆が国家よりも宗教を信頼していた姿が見えてくる。(作家、元外務省主任分析官)