特集ワイド



     ウクライナ侵攻 ポーランド大使館が批判
     「ならず者国家」「侵略者ロシア」 
     占領、分割…露と長年対立 

     ポーランド大使館トマシュ・グボズドフスキ


      毎日新聞 2022/6/6 東京夕刊

     
ポーランド大使館のトマシュ・グボズドフスキ1等書記官=東京都目黒区で2022年5月25日、吉田航太撮影

 在日ポーランド大使館のツイッターには時折、容赦ないロシア批判が書き込まれている。「ならず者国家」「挑発的で野蛮な攻撃」――。それは東西冷戦時代、同様に旧ソ連の高圧的な支配を受けた東欧諸国の中でも際立っている。批判の言葉には、どんな思いが込められているのか。大使館の門をたたいた。

 5月9日。ロシアのプーチン大統領が「対独戦勝記念日」に合わせて「戦争」宣言をするか、世界の注目が集まった。在日ポーランド大使館は前日の8日、こうツイートした。<第二次世界大戦後、ドイツナチス党員の一部はニュルンベルクで裁きを受けましたが、ソ連による犯罪は一切追及されることはありませんでした。ポーランドでは毎日のように、ソ連兵による暴行、強盗、殺人が行われていました。それと同じ悲劇をウクライナは今、侵略者ロシアと闘いながら受けています>


 各国の在日大使館のツイートは、自国の文化の紹介が多く、ウクライナ侵攻に関しても主に支援を呼びかけている。ポーランド大使館のようなロシア批判は珍しい。

 そこで、取材を申し込み、東京・目黒の閑静な住宅街にある大使館を訪ねた。白と赤の国旗がはためく中、門をくぐりレンガ色の建物に通される。2階の一室でメディア担当の1等書記官、トマシュ・グボズドフスキさん(40)が迎えてくれた。


 「私たちだけでなく、各国のポーランド大使館や本国の政府機関が一貫して、今起こっているロシアの攻撃に対して声を上げています。残虐行為に対する反対の意思表明です。私たちは、ロシアが自国の影響下にあると見なす国の気持ちがよく分かります。それは、歴史的な経験に基づいています」。穏やかな口調に、強い信念がにじむ。

 ここで、ロシアと長年対立してきたポーランドの歴史を整理したい。ポーランドは1795年、ロシア、プロイセン、オーストリアによって3国に分割され、123年間消滅した。1918年、第一次世界大戦が終結すると独立国として復活。しかし、第二次世界大戦へつながるナチス・ドイツの侵攻があり、続いてソ連にも攻められ、独ソに分割占領された。大戦中には、戦争捕虜となった大勢のポーランド軍人らが、ソ連秘密警察に射殺され埋められた「カチンの森事件」もあった。


 戦後は再び独立したが、国家運営はソ連が統制する政府が担った。<5月9日は、一部の人々にとっては戦勝記念日ですが、中東欧の人々にとっては、鉄のカーテンの後ろでソ連による圧政の始まりも意味していました>という5月11日のツイートからも伝わる苦難の日々は、89年の民主化まで続いた。

 グボズドフスキさんは、「戦後、ソ連は戦勝国だったため、ナチス・ドイツのように戦争犯罪を償うことはありませんでした。特にプーチン氏は、『ソ連、ロシアの歩みはすべて正しい』という認識で反省がない」と語気を強めた。「プーチン氏は今も、かつてのスパイの目で世界をみている。ソ連の崩壊を心の底では信じられないでいるし、旧ソ連の構成国が、国民の自発的な運動で自由を求めて独立したことも理解できていない」


 一方、5月12日のツイートも目を引いた。<駐日ロシア連邦大使館はポーランドとドイツが協力して生物兵器を開発しているという情報を拡散していますが、これはデマです。(略)ロシアは、ウクライナでの犯罪行為から世界の関心をそらそうとしているならず者国家です>

 ポーランド大使館はロシア大使館のツイートをチェックし、「偽情報は断固として訂正している」と言う。ポーランド大使館が「偽情報」とみなす発言について、グボズドフスキさんはこう分析する。「ロシアの目的は、一つ一つの偽情報を信じさせることではない。SNS(ネット交流サービス)を偽情報であふれさせ、SNS上の情報への信頼を失わせることです」

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ロシアの侵攻後、ポーランドはウクライナから最多となる約370万人(6月1日時点)の難民を受け入れ、手厚い支援を続ける。「自国の独立と自由、アイデンティティーを失いたくないと戦う人々の気持ち、戦争で破壊された祖国から逃れてくる人々の痛みが、ポーランド人だからこそよく分かります」と話す。「私たちにはウクライナを支援する使命があります。日本には、政治、経済の面でウクライナ支援を期待したい。災害復興の経験も豊富な日本に、戦後の復興支援をリードしてほしい」と力説した。



歴史への関心高く

 激しいロシア批判の背後にあるものを、ポーランド現代史が専門の津田塾大学教授、吉岡潤さん(52)に聞いた。「日本では平和は保つものという感覚がある。でも、国境線が何度も変わり、国家の消滅も経験したポーランドにとっては、平和は勝ち取るものなんです」。そのうえで「今の政権は自民族中心主義的で、ロシアと敵対してきた歴史を強調している」とみる。

 吉岡さんによると、ポーランドは歴史への関心が高く、国民の戦争被害などを検証する国家機関も存在する。「一方、プーチン氏にもロシアの偉大さを誇張する独自の歴史観があり、両国の歴史観の隔たりが広がっている」という。

 ここで、吉岡さんはポーランドなどが提唱する「二つの全体主義論」に言及した。第二次世界大戦は、ナチス・ドイツと共産主義のソ連がポーランドを分割したことから始まった。ドイツ敗北後も、ポーランドは89年に自由を獲得するまでソ連という全体主義の支配下にあった、という考え方だ。「これこそプーチン氏の歴史観と真っ向からぶつかります。彼はナチスの全体主義からヨーロッパを救ったのはソ連という認識ですから」

 ポーランドは99年に北大西洋条約機構(NATO)、2004年に欧州連合(EU)へ加盟し「欧州回帰」を果たした。しかし、15年に右派政権になると、「司法改革」などが問題視され、西欧の主要国との溝が指摘された。一方、ウクライナ侵攻後は西欧からウクライナへの武器輸送拠点となり、東側の防衛強化を狙って増派された米軍兵士を受け入れる。「NATOの中でポーランドの重要性は増して、EU内での批判は一時的に薄まる可能性もある」とみる。

 ロシアの脅威を忘れることなく、戦うウクライナに強いサポートを示すポーランド。しかし、吉岡さんは重要な歴史的事実を付け加えた。

 「ウクライナがポーランドの支配下にあった時代もあり、この2国間にも歴史的な『とげ』はあるんです」。ポーランド人はウクライナ人に対して優越意識を持ち続け、反発するウクライナ人も少なくなかった。第二次世界大戦中には、ウクライナ人によるポーランド人の虐殺事件も起こっている。「ロシアとの関係では、ポーランドは一貫してウクライナを支持していますが、長期化するとそうした『とげ』が持続的な支援に影響してこないとは言い切れません」

 世界の国にはそれぞれ、異なる歴史観がある。とはいえ、その違いが武力による衝突に至るとは限らない。互いを理解し合い、協調していく姿勢が、今こそ求められているのではないだろうか。【榊真理子】