朝日新聞デジタル記事


ミュンヘン・フィル首席指揮者のゲルギエフ氏解雇 プーチン氏と親交 

      ウクライナ情勢


      2022年3月1日 18時59分コメント

 
ワレリー・ゲルギエフ氏=2013年5月、ロシア・サンクトペテルブルク、AP

 ドイツ南部ミュンヘン市は1日、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者で、ロシア出身の著名指揮者ワレリー・ゲルギエフ氏を解雇した、と発表した。ゲルギエフ氏はロシアのプーチン大統領と親しいとされる。市がロシアのウクライナ侵攻に対して「明確に、無条件に距離を置くように」と要請したにもかかわらず、反応を示さなかったためだという。

 ライター市長は「彼がロシアの支配者に対する非常に肯定的な評価を再考し、修正することを期待していたが、彼はそうしていない」とする声明を発表。「オーケストラや聴衆、市民、市政への明確な意思表示がなければ、一緒に活動を続けることはできなかっただろう。そうならなかった以上、残るは即刻の別れしかない」とした。

 ミュンヘンとウクライナの首都キエフは姉妹都市。ゲルギエフ氏は2015年からミュンヘン・フィルの首席指揮者を務めている。



コメントプラス

石合力

朝日新聞編集局長補佐=国際関係、中東
2022年03月01日21時27分 投稿


【解説】ロシアでの演奏活動を続けるか、西側に活動の拠点を移すか。ゲルギエフ氏にとって苦渋の選択だったのだろう。1988年から芸術監督として率いるサンクトペテルブルクのマリインスキー歌劇場を旧ソ連崩壊後の混乱を経て、運営面、芸術面の両面で再興した。その過程で、彼を支え、「国威発揚」に活かそうとしたのがプーチン氏だった。2003年のサンクトペテルブルク建都300年祭、14年のソチ五輪開閉会式などの「国家行事」で演奏したのもゲルギエフ氏だった。クラシック音楽好きのプーチン氏とは公私を超えた関係であり、17年5月にゲルギエフ氏がサンクトペテルブルク郊外の別荘敷地内に建設した個人ホール「レピーノ・ホール」の開幕の翌日に、プーチン氏が会場をお忍びで訪れたこともある。(ゲルギエフ氏とのインタビューなどをもとに書いた拙著「響きをみがく」第2章より)

 現在のロシアの政治状況で、そのプーチン氏と決別すれば、自分が育ててきたマリインスキー歌劇場とも決別せざるを得なくなるのは明らかだろう。自分が信頼する相手と、とことん付き合い、「契約を超えた人間関係」を重視するゲルギエフ氏にすれば、そもそもプーチン氏との関係は、そうした計算や打算で打ち切れるものではなかったのかもしれない。だが、それは今の政治状況で、欧米側の演奏団体にとっては容認できないものだったということだろう。ちなみにゲルギエフ氏は、世界中から若手音楽家を集め、毎年夏に札幌で開催されているパシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)の芸術監督も務めている。多くの来日公演を重ね、日本との関係が深いゲルギエフ氏をどう扱うのか。日本側も問われることになる。

 逆の選択をした指揮者もいる。同じくロシア出身で、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めるキリル・ペトレンコ氏は、プーチン氏のウクライナ侵攻をめぐって「国際法に違反するもので、平和を望む世界全体の背中に突きつけたナイフだ」と批判。「あらゆる国境を越えてつながる芸術に対する攻撃でもある」との声明を発表している。(2月25日付、楽団HPより)
 音楽家が自国の政治状況によって「政治的決断」を求められる事例は実は珍しくない。ベネズエラ出身のスター指揮者で、米ロサンゼルス・フィルの音楽監督を務めるグスターヴォ・ドゥダメル氏は2017年、祖国政府の強権的な姿勢を批判。マドゥロ大統領は、対抗措置として、ドゥダメル氏が率いていた同国のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラの米国演奏旅行を中止させた。ベネズエラの国家プロジェクトとして世界的に注目された同オケは以後、事実上、活動停止状態にある。

 さかのぼれば、冷戦時代の東側の演奏家は、西側で演奏する際には、国家の厳しい監視下に置かれた。ソ連当局に「反体制」としてにらまれ、1974年に亡命した世界的なチェリスト、指揮者のロストロポーヴィチ氏が、祖国での演奏を再び認められたのは90年、ペレストロイカ(改革)を進めたゴルバチョフ政権になってからだった。ロシア対欧米の「新冷戦」のなかで、指揮者、演奏家らは、主な活動の場をどちらにするか、再び迫られることになるだろう。ゲルギエフ氏がこれまで、祖国ロシアのマリインスキー歌劇場を拠点に、ミュンヘン、そしてウィーンやベルリンなど西側でも同時に活躍できたのは、新旧冷戦の間という「特異な時代」だったから、なのかもしれない。