朝日新聞デジタル連載耕論記事

(耕論)
     昭和天皇とヒトラー並べた動画 

     橋爪大三郎さん、高橋哲哉さん、キャロル・グラックさん


      2022年5月24日 5時00分




 ウクライナ政府の公式ツイッターとみられるアカウントが投稿した動画に、ヒトラー、ムソリーニに加えて昭和天皇の写真が掲載され、その後謝罪・削除された。問題の背景を聞いた。


 ■日本の抗議、理解できるが 橋爪大三郎さん(社会学者)

 ヒトラーやムソリーニと昭和天皇を同列にした動画に対して日本政府が不適切だと抗議するのは、理解できます。

 3人の肖像には今回、「ファシズムとナチズムは1945年に敗北した」という説明文が添えられていました。

 ヒトラーとムソリーニはそれぞれ、ナチズムとファシズムのリーダーでした。両者とも第2次世界大戦が終わる直前に死去しましたが、生きていれば軍事裁判で有罪にされたと思われている存在です。

 他方、昭和天皇は敗戦後の極東国際軍事裁判で起訴されませんでした。戦争犯罪人ではないというのが連合国軍側の判断であり、その裁判結果を受け入れることを条件に日本は独立を果たしたのです。

 だから、3人を同列にする見解に対して日本政府が抗議をすることは当たり前だとは言えるのです。ただし、問題は別の点にあります。

 昭和天皇が有罪になっていないという一点に依拠する抗議は、自らの見解ではなく外国の考えに乗っかっての抗議だということです。「同列にするなと言うなら昭和天皇はどれぐらいヒトラーと違うのか」「そう考える根拠は何か」という問いへの回答を日本政府が用意したうえで抗議したとは、思えません。

 私自身は、先の戦争について昭和天皇には法的責任も政治的責任もないと考えます。当時の憲法が天皇を、責任を問われない存在と規定していたことなどが理由です。しかし、戦前の大日本帝国のありようがナチズムと似ているかどうかと問われれば、私の結論は「似ている」です。

 ナチスは「欧州の覇者になろう。我々はそれにふさわしい偉大な民族だ」と考えました。民族の枠を超えたウルトラ・ナショナリズムのイデオロギーです。実現のために他国に侵略戦争を仕掛け、批判されると「我々は正しい、批判する相手の方が間違っている」と主張しました。

 大日本帝国も、自分自身を盟主とする大東亜共栄圏のイデオロギーを掲げ、アジアへの侵略を行い、「不当なのは我々ではなく英米だ」と主張しました。第三国から見れば、ナチスと同一ではないにしても同質に見えます。

 反省するためには、なぜそういうことになったかという原因と、責任の所在が分からないといけませんでした。しかし日本人は、米国が考え出した「悪いのは軍部だった」という物語を受け入れ、これでいいことにしようと思ってしまった。軍部、天皇、国民それぞれの責任について自分の頭でしっかり考えてみる作業は行われずじまいです。

 外国がどう考えたかは本来、二の次であるはずです。ウクライナ政府側が謝罪し、昭和天皇の肖像を外したからといって、問題が解決したと考えるべきではありません。(聞き手 編集委員・塩倉裕)

     *

 はしづめだいさぶろう 1948年生まれ。大学院大学至善館教授。加藤典洋氏と討論した共著に「天皇の戦争責任」(2000年)がある。


 ■不快な現実、直視できたか 高橋哲哉さん(哲学者)

 ヒトラー、ムソリーニと昭和天皇を並べた動画はウクライナ政府側から発信されました。第2次世界大戦当時、ウクライナはソビエト連邦の一部でした。つまり、連合国側にあったことになります。

 連合国では戦時中、この3人を並べた形で描いたり語ったりしていました。敵である枢軸国のイメージです。

 戦争当時、天皇は大日本帝国憲法によって統治権の総攬(そうらん)者であると規定されていました。日本軍は「皇軍」と呼ばれる天皇の軍隊であり、天皇は大元帥として全軍の最高司令官でもありました。

 今回、「3人を並べるなんて、とんでもない」という反応が出たことには、戦争に関する記憶がいよいよ薄れてきていることを感じます。

 天皇を、極悪人のイメージがあるヒトラーと同列に並べられることに不快感を抱く人はいるでしょうが、歴史問題は快・不快だけで反応すべきものではありません。なぜウクライナからこの動画が出てきたのかを考えるべきです。

 敗戦直後に日本では南原(なんばら)繁・東大総長が、昭和天皇の「道徳的責任」に触れながら退位を求めました。戦争について天皇には何らかの責任があるという意見は、日本国民の中にもあったのです。

 他方、天皇の戦争責任をあいまいにさせようとする動きや、責任を問う議論自体を暴力で威嚇しタブーにさせる動きも戦後日本にはありました。1990年には、昭和天皇には戦争責任があると発言した本島等・長崎市長が右翼に銃撃される事件も起きています。自由に議論できる環境があったとは言えません。

 極東国際軍事裁判で連合国側が天皇の責任を問わなかったのは米国の政治的思惑によるものだということは、ほぼ周知の事実です。責任をあいまいにしておくことを許してくれたのは米国なのです。

 今月9日に行われたプーチン・ロシア大統領の演説には、日本を指すと思えるくだりがありました。冷戦後に米国がより特別な国のように振る舞い始めたと指摘しつつ「(米国は)何も気づかないふりをして従順に従わざるを得なかった衛星国にも屈辱を与えた」と述べたのです。

 この衛星国の典型は、米軍基地問題や沖縄問題などで米国への忖度(そんたく)や追随をし、主権国家としての振る舞いができずにいる日本ではないでしょうか。そんな日本にプーチン氏は「屈辱を感じないのか」と言っているように思えるのです。しかしウクライナの動画への敏感な反応とは対照的に、この発言への不快を示す声はほとんど聞かれません。

 自国の不快な現実を直視できているのか――。外からそう問われていることへの自覚が薄い日本人の姿を映し出している点で、動画問題と通底する現象だと思います。(聞き手 編集委員・塩倉裕)

     *

 たかはしてつや 1956年生まれ。東京大学名誉教授。著書に「戦後責任論」「靖国問題」「日米安保と沖縄基地論争」など。


 ■歴史修正、誤解与えかねず キャロル・グラックさん(米コロンビア大学教授・歴史学者)

 まず、世界の視点から見てみましょう。日本、ドイツとイタリアは第2次世界大戦の枢軸国と見なされています。この戦争はナチズム、あるいはファシズム陣営と呼ばれた側が連合国に敗れました。

 戦争中、昭和天皇は日本の最高指導者として広く知られ、軍服を着て、白い馬にまたがった姿が知られていました。そうしたイメージは日本の政府から発信されていました。当時の海外報道でも、日本の指導者として東条英機が登場することもありましたが、大半は昭和天皇(海外では当時から「ヒロヒト天皇」)でした。

 同時に、昭和天皇は神格化され、軍服姿の大元帥としてだけ存在したのではないということは誰もが知っているでしょう。戦後は何十年もの間、平和国家の象徴でした。

 磯崎仁彦官房副長官は「全く不適切であり極めて遺憾だ」と述べましたが、同じ動画に対して、ドイツやイタリアがウクライナ政府に抗議をしたでしょうか。

 ドイツはナチズムを、イタリアはファシズムを乗り越えて、戦後は平和を愛し、民主主義国家として歩んでいることを誇りに思っているでしょう。しかし、日本政府はまるで風車に戦いを挑んだドン・キホーテのように受けとめられてしまうのではないでしょうか。どんなに日本政府が努力しても、日本が枢軸国の一員だったことを書き換えることはできません。

 あらゆる国において、歴史と記憶の問題があります。ドイツや日本にとって、戦争の直後は被害者だったという記憶が大きかったですが、ドイツもホロコーストや近隣諸国に与えてしまった苦難に向き合わなければならなくなりました。英国やフランス、オランダなどの国々も旧植民地との間に、多くの歴史と記憶に関する問題を抱えています。米国にも人種差別といった問題があります。

 戦争の記憶も変化し続けています。常によい方向に変化するとは限りません。政治的な道をたどってしまうこともあります。ロシアのプーチン大統領をはじめ、さまざまな政治家が歴史を書き換えようとしています。私は歴史家として、歴史と記憶がもう少しうまく機能してほしいと願っています。

 1989年から今までに、メディアで様々な戦争に関する問題が報道され、平成の天皇による戦争記憶の大使としての行動などもあって、一般の日本人の戦争に対する意識はだいぶ変化してきていると思います。

 日本政府が、今回のような反応をすることは、そうした日本人のせっかくの変化が世界に届かず、日本も歴史を書き換えようとしているのかという誤解を与えてしまいかねないことが残念です。(聞き手・池田伸壹)

     *

 Carol Gluck 1941年生まれ。米国における日本近現代史研究の第一人者。著書に「歴史で考える」「戦争の記憶」など。


 ◆キーワード

 <昭和天皇とヒトラーを並べた動画問題> ウクライナ政府の公式ツイッターとみられるアカウントが投稿した動画に、ヒトラー、ムソリーニに加えて昭和天皇の顔写真と、「ファシズムとナチズムは1945年に敗北した」という説明文を掲載。先月24日にツイッターで謝罪し、天皇の写真を削除した。磯崎仁彦官房副長官は会見で、日本政府がウクライナ側に写真の削除を申し入れたと説明した。