特集ワイド

    プーチン氏は正気だ 民主主義に反感と憎しみ

     政治学者・五野井郁夫さん


      毎日新聞 2022/5/19 東京夕刊


     
インタビューに答える五野井郁夫・高千穂大学教授=東京都杉並区で2022年5月11日、宮本明登撮影


 国際社会の非難を無視してウクライナに侵攻するプーチン露大統領の暴挙は、正気の沙汰とは思えない。釈然としない思いを政治学者で高千穂大教授の五野井郁夫さん(43)にぶつけると、まず冷静にプーチン氏の行動原理を見定めるよう諭された。「暴挙に見えても、彼なりの合理性で動いている」。その合理性とは何なのか。

 プーチン氏を武力行使に駆り立てる思想を解き明かしたい。大学の研究室で五野井さんにそう伝えると、刺激的な言葉が返ってきた。「プーチン氏は正気を失っているとは思いません。ただ、現在は自由民主主義の価値観を共有していないことはたしかです。プーチン氏は自らがロシアの支配圏と考える国を取り戻そうとしています。その際、国際規範を理解しつつも重視していないと言えます」


 初めに、近年のプーチン氏が自己正当化に利用する思想について解説してくれた。特にプーチン氏が愛読するのは、宗教哲学者のイワン・イリイン(1883~1954年)だ。共産主義を暴力で倒すことを目指し、ナチズムを強烈に支持した。イリインの思想は、「退廃的な西洋的価値観」とする自由・平等に汚されないロシアこそが純粋だと説く。「純粋ロシア」復権のため、「救世主」たる指導者の下で人々を国家に服従させるファシズム的な思想だ。

 「プーチン氏は数年にわたり年次教書演説でイリインを引用し、強い支配を正当化しました。2009年にはスイスで客死したイリインの墓を現地から国内に戻しています」


 イリインの思想は、1920年代にロシア革命で国外に逃れた知識人の間で流行した「ユーラシア主義」に影響を与えていく。ロシアをヨーロッパでもアジアでもない「ユーラシア」と自認する民族中心主義的な主張とされる。そして、ソ連崩壊後の90年代以降、ロシアが経済・社会的に苦境に立たされる中、新たな解釈が加わり、「新ユーラシア主義」が生まれた。

 「大統領就任当初のプーチン氏は欧州と協調姿勢を見せ、一時期は『ロシアもそのうちNATOに』という発言さえした。だが、NATO側は『それはない』と一蹴した。新ユーラシア主義は、国際社会で受けた屈辱を拭い、民族の誇りを取り戻す思想として機能したのです」


     
モスクワで会見する「ユーラシア運動」代表、アレクサンドル・ドゥーギン氏拡大

 その提唱者の中で最右翼とされるのが超国家主義思想家のアレクサンドル・ドゥーギン氏(60)。97年の「地政学の基礎」がロシアでベストセラーになり、エリート層に影響を与えたと伝えられる。

 彼の主張は、欧米によるロシアの封じ込めに対抗しようというものだ。旧ソ連圏を併合してユーラシア帝国を打ち立て、最終的には欧州を「保護領」にすることまで視野に入れる。「ドゥーギンの理論上、独立的な野心を持つウクライナはユーラシア全体の障害になる。ウクライナやクリミアは併合されるべき土地だと説いています」


 ナチスの思想をロシアに持ち込んだドゥーギン氏は、プーチン氏に影響を与えたとされる。

 五野井さんの取材は大学のゼミへの参加がきっかけだった。ドイツの政治哲学者カール・シュミット(1888~1985年)を題材に国際秩序を学ぶゼミだ。シュミットは「ナチスの思想家」と呼ばれ、ナチによる独裁を正当化した。自由民主主義の秩序が通用しない社会とは――。それを歴史的に読み解く研究に興味を持った。

 取材でそう告げると五野井さん、30年代にナチス・ドイツが勃興した際の思想と現代ロシアの「奇妙な類似点」を指摘した。「プーチン氏はウクライナの非ナチ化を叫んでいますが、思想にはナチ的なものが顔を出している。つまり、彼らが押し付けられたと感じる価値観を押し返すための思想です」

 五野井さんによると、第一次世界大戦に敗北したドイツは英米仏から巨額な賠償金の支払いを迫られ、苦境に立たされた。さらにワイマール憲法を戦勝国の「押し付け」と感じ、戦勝国の価値観に反発してナチズムが台頭した。

 一方、ソ連崩壊で後継国となった90年代のロシアは弱体化していた。人権や民主主義といった国際規範が一気に流れ込み、計画的だった経済も米中心のグローバル経済にのみ込まれた。

 プーチン氏にとっての自由民主主義は、人権や表現の自由ではない。むしろ、経済の混乱を招き、祖国を弱体化させる象徴だったというのだ。「プーチン氏にとって、その反感が民主主義の否定、さらには憎しみにつながっています。自分の国や民族には世界的な使命があると人々に信じ込ませ、その特殊性を世界に自画自賛していると言えます」。五野井さんは、その「憎しみ」こそが、今回の侵攻の原動力になっていると説く。

 とはいえ、ロシアには民主主義の根幹となる議会がある。しかし、プーチン氏にとっては権力強化の道具でしかないと、五野井さんは指摘する。ここでも、参考になるのがシュミットだ。

 多数派と反対派が論じ合うはずの民主主義も、シュミットにとっては定義が異なる。議会政党を単なる無責任な利害関係者と非難。有事には強い判断を下せる主権者が必要で、民衆による喝采こそが民主主義という独自の理論を説いた。

 この「喝采民主主義」がプーチン氏の議会運営にも見て取れる。そう指摘する五野井さんは、プーチン氏が近年憲法を改正したことを例に挙げる。「議会があるから、自由主義を重視しているとは限りません。プーチン氏は憲法を改正し、権力を集中させて影響力の行使を永続化しようとしているのです」


不寛容に寛容ではいけない

 五野井さんはロシアのみならず、世界規模で民主主義の行く末を案じる。「議会を実質無効化する権威主義的な価値観は今後も広がっていくと思います。今こそ、その価値観に近づく国々に対し、民主化支援をしなければなりません」と力を込める。

 五野井さんは、9日のロシア戦勝記念日に発したプーチン氏の演説を重く受け止めた。「アメリカは、特にソ連崩壊後、自分たちは特別だと言い始めた。その結果、全世界、衛星国にすら屈辱を与えた」という内容だった。

 「このメッセージは多くの国に響いたでしょう」。ここで五野井さんが振り返るのは、第一次世界大戦後。「世界で新秩序が生まれる時に、敗戦国を明らかな負け組としてしまった。さらに、冷戦後の国際秩序の形成においても、敗者を辱めるアメリカの高慢さがあった。アメリカはアフガニスタンやイラクなどに軍事侵攻しただけでなく、多くの国に対して政治・経済的にも介入してきた。プーチン氏は同じことをしても許されると思ったのでしょう。民主主義の体現を掲げるアメリカが他国の主権を踏みつけにした歴史は再認識する必要があります」

 しかし、これはロシアの侵略を正当化する理由には決してならない。「プーチン氏について知る必要はあっても、主張を受け入れるのは危険です」。五野井さんはそうクギを刺し、英哲学者カール・ポパーの言葉を引いた。私たちは寛容の名において、不寛容なものに対しては寛容でないことの権利を要求すべきである、と。「この言葉を肝に銘じなければ、自由な民主主義社会は崩れてしまう。我々はその担い手であるという誇りと使命を忘れてはいけません」

 プーチン氏は正気である。そう解釈し、言動の源となる思想を理解することこそ、侵攻を収束させる糸口になるのかもしれない。【山下智恵】

 ■人物略歴

五野井郁夫(ごのい・いくお)さん
 1979年、東京都生まれ。高千穂大教授。専門は政治学・国際関係論。著書に「『デモ』とは何か」(NHK出版)など。