ウクライナ侵攻は「途上国への攻撃」

     グテレス国連事務総長が寄稿

     


      毎日新聞 2022/4/14 01:00(最終更新 4/14 01:16)

 


 ロシアによるウクライナ侵攻はウクライナで民間人被害など人道危機をもたらしているだけでなく、食糧不足や物価高騰を通じて発展途上国の人々を脅かしている。国連のアントニオ・グテレス事務総長は毎日新聞に寄稿し、この戦争を「開発途上国への静かな攻撃」と批判して即時停戦を呼びかけた。



戦争がもたらす17億人の潜在的犠牲者

 ウクライナの人たちにとって、ロシアの侵略は悪夢そのものであり、恐ろしい規模の人道危機だ。

 だが、この戦争は世界中で脆弱(ぜいじゃく)な立場に置かれた人たちにとっても、生死に関わる問題に一気になりつつある。

 私たちはウクライナ国内で次々と明らかになる悲劇を目の当たりにしている。街は破壊され、自宅や路上で苦しみ、命を落としていく人たちがいる。欧州において第二次世界大戦以降、最も速いペースで難民危機が進んでいる。

 だがメディアでは報道されないが、この戦争はウクライナの国境を越え、途上国に対しても静かな攻撃を加えている。今回の危機により、人類の5分の1を超える17億人もの人たちが貧困や欠乏、飢餓に追いやられる可能性があるのだ。これは、過去数十年間見られなかった規模だ。


 ウクライナとロシアが供給する麦類は世界全体の30%を占める。トウモロコシは5分の1、ヒマワリ油は半分以上に上る。両国の小麦はアフリカや後発開発途上国の45カ国が輸入する量の3分の1以上を占める。両国の穀物は最も貧しく最も脆弱な立場に置かれた人たちを支えているのだ。またロシアは世界1位の天然ガス輸出国であり、世界2位の石油輸出国でもある。

 だが、戦争のためにウクライナの農家は農作物を育てられなくなった。港は閉鎖され、穀物の輸出は止まった。サプライチェーンは寸断され、価格は急騰している。


 多くの途上国はまだ新型コロナウイルス感染症の影響から回復しようと苦慮している最中だ。歴史的な債務負担やインフレにも直面している。

 2022年に入ってから、小麦やトウモロコシの価格は30%上昇した。原油価格は昨年比60%高となり、天然ガスや肥料の価格は倍以上に高騰した。


 国連自身の人道支援活動も厳しい影響を受けている。国連世界食糧計画(WFP)は餓死寸前の人々を救うため、飢えた人たちの食料を回すという究極の選択に直面していると警告を発している。イエメンやチャド、ニジェールでの活動を支えるため、緊急に80億ドルを必要としている。

 すでに危機や社会不安に陥った国もある。知っての通り、多くの紛争の根源には貧困や不平等、開発の遅れ、絶望がある。

 だが、世界の多くの国はウクライナの人々との連帯のために立ち上がる一方、この戦争がもたらす17億人もの潜在的な犠牲者を同じように支援する兆しは見せていない。私たちには、どこであろうと、こうした人たちを支援する道徳的な義務が明確にある。



食料、エネルギー、資金の危機に対応

 私は先月、「食料、エネルギー、資金に関するグローバル危機対応グループ」を立ち上げた。政府や国際金融機関などの主要パートナーと協調し、これらの問題が相互に関連する危機を解決するためだ。このイニシアチブを支持してくれた世界のあらゆる分野のリーダーたちに感謝したい。

 食料問題では、全ての国に対し、市場を開放し続け、買いだめや不当かつ不要な輸出規制を拒み、そして備蓄分を飢餓のリスクが最も高い国に提供するよう求めている。

 いまは保護主義に走るときではない。私たちが協力すれば、全ての国が対処するのに十分な食料を確保できる。

 WFPのような人道的支援に十分な資金を拠出しなければならない。21世紀に人々を餓死させることは全く許容できないのだ。

 エネルギー問題については、戦略的備蓄の放出や追加備蓄によって、短期的にはエネルギー危機の影響を和らげることができるだろう。

 しかし、中長期的な解決策は、相場変動の影響を受けない再生可能エネルギーの導入を加速させることしかない。これにより石炭などの化石燃料の段階的な廃止を進めることができる。

 金融分野では、主要20カ国・地域(G20)や国際金融機関は非常事態態勢をとるべきだ。市場流動性や財政上の余地を高め、途上国政府が最貧困層や最も脆弱な層、そして持続可能な開発目標(SDGs)に投資できるようにしなければならない。

 これは、貧富の差を助長するいまの不公正な世界金融システムを変革する最初の一歩とすべきだ。

 現金給付などの社会的保護政策も、今回の危機で絶望的な状況に陥った家族の支援においては不可欠だ。

 しかし、膨大な対外債務を抱える途上国の多くは、こうしたセーフティーネットを提供するだけの流動性がない。こうした国々が自国の人々への投資か債務返済かを選ばざるを得ない状況は、看過することができない。

 ウクライナの戦争と世界の最も貧しい人々への攻撃を終わらせる唯一の恒久的な解決策は、平和である。

 国連はウクライナの内外で、この戦争による罪のない犠牲者を支援するために活動している。国際社会は声を一つにして平和を訴えてほしい。

 この戦争は終わらせなくてはならない。いますぐに。【訳・金子淳】