ウクライナには「ネオナチ」という象がいる
    ~プーチンの「非ナチ化」プロパガンダのなかの実像

     

     清義明 ルポライター


      2022年03月23日



1. 「これはロシアのプロパガンダではありません」

 英語で「象が部屋にいる」という言い回しがある。

 どういうことかというと、「あんなにも大きな象が部屋にいたとしても、あえて見なかったことにする」という意味である。誰もが知っていることだとしても、なかったことにしたほうがいい。そういうことは確かに世のなかにはあるかもしれない。

 プーチンが、「ウクライナを非ナチ化する」と宣言したとき、大方の人々は狐につままれたような反応で、そのうち識者や国際政治学者はこぞってプロパガンダであると断定しだした。だが、本当にそうなのだろうか。

 アメリカの政治専門紙である「ザ・ヒル」は、2017年に、「ウクライナの極右の存在は決してクレムリンのプロパガンダではない」と題された記事で、こう警告している。

 「西側の識者は、ウクライナにネオナチ集団は存在せず、モスクワが描いたプロパガンダの主張にすぎないという。しかし、これは悲しいことに間違いである」(注1)

 そして、ニューヨークタイムズ、ガーディアン、BBC、テレグラフ、ロイターなどの、ウクライナの極右(ネオナチ)事情についての記事をとりあげている。(注2)

 欧州の極右事情やウクライナ情勢に詳しい人ならば、この数年でウクライナの極右・ネオナチの存在が問題化していたことは常識のレベルの話である。



白人至上主義者のタトゥー、ナチス髑髏マークのエンブレム

 「これはロシアのプロパガンダではありません」とザ・ヒル紙は続ける。

 その「ネオナチ」とされるグループとして、ザ・ヒルは「アゾフ大隊」(のちに「アゾフ連隊」)をあげ、これまでのその悪行を列挙する。アゾフ大隊は、2014年のウクライナの騒乱「ユーロマイダン」で頭角をあらわし、この流れで東部紛争で民兵となり、その武勇と悪名を同時に世界に発信した集団だ。そしてこのアゾフは現在、ウクライナ軍の中核的存在にまでなっていることも、よく知られていることである。

 このザ・ヒルの記事では、国際連合人権高等弁務官事務所とヒューマン・ライツ・ウォッチが、東部紛争でアゾフによる一般市民の拉致・監禁、拷問などの事実の告発と批判を取り上げている。(注3)

 ユダヤ系の人権団体サイモン・ヴィーゼルセンターの記事も紹介している。アメリカとカナダが、ウクライナの兵士を訓練しているが、それが明らかにネオナチだというレポート。そのウクライナ兵というのはアゾフのことだ。(注4)

 そのアゾフ兵は、白人至上主義者のタトゥーをいれ、エンブレムはナチスのトーテムコップ(髑髏マーク)があしらわれている。

 ウクライナの極右・ネオナチグループは、アゾフだけではない。「C14」というグループは、青年スポーツ省から資金供与されて「愛国教育プロジェクト」を主催しており、そのなかで子供たちの教育訓練キャンプを行っていた。アゾフとともに退役軍人省が主催する審議会のメンバーでもある。このC14は米国務省からテロ組織と指定されている極右組織である。彼らは警察と協力してキエフの自警組織もつくっている。なお、このグループの名称の「14」というのはネオナチや白人至上主義者の有名な暗語である(後述)。(注5)

 彼らはこれまで数々の治安犯罪を犯してきたが、それでも国や地方行政と癒着し、公然と活動してきた。極めつけだったのは、この団体をネオナチと呼んで批判したジャーナリストが訴えられ、それが有罪となったことである。ベリングキャットはこれについて「ウクライナの裁判所がネオナチをネオナチと呼ぶことを禁じた」と皮肉をこめて伝えている。この件では、司法とネオナチグループとの癒着が強く疑われている。(注6)

 このように議会や行政、さらには司法までも癒着し、東部紛争を通じて強い関係をもった極右グループ、その多くは極右・ネオナチと称されている集団は、C14やアゾフに限らない。「右派セクター」「エイダーバタリオン」等々。東部紛争で民兵化したグループだけでもおおよそ40ぐらいとも言われている。

 このように、ウクライナのネオナチの存在は、別にロシアだけがとりあげて警告してきたことではないのだ。むしろ西側のメディアもずっと取り上げ続けてきた。

 ロイターの2018年の記事では「ウクライナのネオナチ問題」という記事のなかで、ウクライナのネオナチについてウクライナ人がとがめるどころか称賛しており、このため「長期的にウクライナを危険にさらす」とも指摘し、さらに一般人の志願者を軍事訓練するなどして勢力を拡大していることを報じている。(注7)

 日本ではメディアに取り上げられることはほとんどなかったが、なんと公安調査庁がこの存在を取り上げている。公安調査庁の2021年度版の「国際テロリズム要覧2021」に、「極右過激主義者の脅威の高まりと国際的なつながり」と題したレポートがある。

 「2014年,ウクライナの親ロシア派武装勢力が,東部・ドンバスの占領を開始したことを受け,「ウクライナの愛国者」を自称するネオナチ組織が「アゾフ大隊」なる部隊を結成した。同部隊は,欧米出身者を中心に白人至上主義やネオナチ思想を有する外国人戦闘員を勧誘したとされ,同部隊を含めウクライナ紛争に参加した欧米出身者は約2,000人とされる」(注8)



極右が政権や行政や司法に関与、国軍の中核に

 それでもこう考える人はいるだろう。欧州の極右やネオナチの話などよくあることじゃないか。極右やネオナチがいないところなんてないじゃないか。それを取り上げるのはロシアの言い分を肯定してしまうことになってしまうだけではないか。このような反応は日本だけの話ではない。

 アメリカでもっとも著名なユダヤ系のニュースメディアである「フォーワード」紙で、調査報道で知られるベリングキャットのスタッフでライターのマイケル・コルボーンも、こうこぼしている。(注9)

 ウクライナの極右はたいした問題ではないと数えきれないくらいに言われてきました。
 「すべてクレムリンのプロパガンダですよ。その話をすることは、プーチンをアシストすることです。他の国にも極右の問題があるじゃないですか。なぜウクライナだけをとりあげるのですか?」

 私はそう言われてきました。

 しかしウクライナには極右の問題があり、それはクレムリンのプロパガンダではありません。

 こうしてウクライナの極右(ネオナチ)の問題が、単にロシアのプロパガンダとみなされてしまっている。しかし、これが他の国の極右やネオナチの事情とかなり違ったクリティカルな状況だということは、強調しておくべき話なのだ。

 これを先に概略として記しておくと、次のようになる。

 ・ウクライナでは極右・ネオナチと呼ばれる勢力が政権や行政や司法に関与していること。

 ・その極右勢力が軍事化したのみならず、国軍勢力の中核におり、「世界で唯一ネオナチの民兵が正式に軍隊になった」国であること。

 ・その様々なセクトが一般人への軍事訓練などを続けながら勢力をウクライナの政治から文化まで拡大しつつあったこと。

 ・彼らは民主主義的な価値観を肯定しておらず、さらに政権のコントロールを必ずしも受け入れておらず、将来的に民主主義への敵対勢力となる可能性があること。

 ・世界の極右やネオナチのハブ的存在になっており、ISのように世界的にネットワークを広げて、コントロール不能になることすら考えられること。

 ・またウクライナの過去のナチス協力をめぐる「歴史修正主義」がウクライナを席巻しており、すでにイスラエルをはじめ、関係する国々から強く批判されていたこと。

 アメリカがアフガニスタン紛争のときに、現地のイスラム民族主義者であるタリバンに資金援助して共闘してきたことはよく知られている。ところが、アフガニスタンから当時のソビエト連邦軍が撤退すると、やがてその牙はアメリカに向けられるようになった。皮肉な失敗として知られるこのエピソードを私は思い出さずにはいられない。

 もちろん、今はそれを「部屋に象がいる」と、見て見ぬふりをしておくべき時なのかもしれない。このウクライナ戦争がどのような結果になるかは今はわからないからだ。

 だが、ウクライナが、欧米の国々のように単にネオナチ思想をもつものが軍隊にいるとか、極右政党が議会に勢力を確保しているというようなレベルではなく、黄色信号を超えた危険水域に達していることを今のうち理解しておくのは悪いことではないはずだ。



ロシアのプロパガンダとは何か

 以下、このウクライナのネオナチとそれがどのように社会に根をはってしまっているかについて詳述していく。

 なお、この論考がプーチンの侵略戦争を支持したり、正当化する目的で書かれていないことも明記しておく。

 ウクライナに極右・ネオナチ問題が深刻であったとしても、それを解決するのはただウクライナ国民である。

 ウクライナに深刻すぎる極右・ネオナチ問題があるというのはプロパガンダではない。しかし、それを侵略戦争の理由とするのはプロパガンダであるということだ。

 以下、本文中の引用や参照先はすべて西側のメディアである。



2.ウクライナの英雄となったネオナチフーリガン

 ウクライナの専門家でもない筆者が、なぜウクライナの極右やネオナチ事情について書いているかというところから始めよう。

 筆者がウクライナのネオナチまたは極右と呼ばれる存在を知ったのは、実は政治とは関係ない。2012年のサッカーの欧州選手権がきっかけである。

 ことによってはワールドカップよりも人気があるといわれるのが、ヨーロッパのナショナルチームによって争われる欧州選手権だ。その大会が、2012年には、ウクライナとポーランドの共催となった。しかしこれが問題になった。両国が、この華々しい大会にふさわしいのかどうかと疑義が各所からよせられたのだ。理由は差別問題とネオナチだ。

 以下、拙著『サッカーと愛国』(イーストプレス2016)から引用する。(注10)

 ガブリエル・クーン(著述家。世界のサッカーサポーター事情とレイシズム問題に詳しい)はオーストリアの生まれであり、特に中欧や東欧のサッカー事情に詳しい。この地域でのサッカーにおけるレイシズムや排外主義の話を聞いてみようとするが、ガブリエルはあまり良い顔をしない。こちらはどうやら反ユダヤ問題が大きいらしいのだ。

 (中略)

 「東欧ではサッカースタジアムにレイシズムが跋扈している。ウクライナ、ポーランドは特にひどい」とガブリエルは苦い表情で言う。

 2012年の欧州選手権は、ウクライナとポーランドの共同開催だった。だが、この大会ははじめから西欧各国で懸念されていた大会でもあった。元イングランド代表でキャプテンマークを巻いたこともあるDFソル・キャンベルは、BBCのインタビューで、黒人やアジア人のイングランドサポーターに対して「死の危険にさらされるだろう」と言い、両国での観戦に対して「行くべきではない」と強く警告した。もちろん理由は激しい人種差別である。BBCは、動かぬ証拠として、観客がナチスの敬礼をし、黒人選手にはモンキーチャント(黒人選手を揶揄するサルの鳴き声のマネ)を浴びせ、白人優位主義の印であるケルト十字のマークをマフラーに入れ、反ユダヤのチャントを高らかに歌うサポーターの姿を放送した。そして極めつけは、アジア人サポーターが襲われている姿が記録された映像だ。(注11)

 この時、筆者がガブリエル・クーンに「日本人である私も危険か」と聞くと、ひとこと、「おすすめできない」と語っていたのを鮮明に記憶している。

 「レイシストのシンボルと反ユダヤの応援歌は、ウクライナのサッカーシーンの一部である」と、このBBCの番組はリポートする。しかしそれだけではない。

 サッカーの熱狂的なサポーター集団は「ウルトラス」という通称で呼ばれる。BBCだけではなくイギリスのスカイスポーツも、ウクライナの「ウルトラス」に密着取材を試み、外国人排斥をあからさまに語った現場を放送している。差別主義をひけらかすそのサポーターたちは、セルティックのアジア人サポーターやトッテナム(ユダヤ人サポーターが多いとされている)に、差別発言を続け、極めつけに「シュー」という擬音を発している姿を放送した。これはナチスのガス室を意味する差別アクションのひとつである。(注12)

 なにをサッカーの話をしているんだといわれるかもしれない。そんなゴロツキが集まるスタジアムの話がウクライナの政治となにが関係あるのか。いや、もう少しだけ続けさせてほしい。なお、拙著は2015年に脱稿しているが、その時点でウクライナのネオナチ事情が深刻なことと、これらの思想の薫陶をうけたフーリガンが、かつてのユーゴスラビアのようにならなければいいのだがというところで終わっている。旧ユーゴではフーリガンが各地で民兵化し政治的存在となり、数々の悪事を続けていた。

 ところがこれは杞憂に終わらなかった。

 この札付きの反ユダヤと人種差別にまみれたフーリガン集団であるウルトラスが、現在のウクライナの国家の英雄になっているとしたらどう思うだろうか。そして、この集団が現在、ウクライナの軍隊の中核に存在し、そして政治家になり、警察署長になり、さらには政界と癒着しながら存在感を増して国家の英雄となったら。そして彼らは今、ウクナイナの戦場の最前線にいる。

 前述のネオナチと名指しされるアゾフ大隊は、もともとはFCメタリスト・ハリコフというソ連時代からある中堅クラブのウルトラスが母体となっている。



フーリガンが警察との市街戦で活躍、武装して民兵に

 2013年から翌年にかけて、ユーロマイダンと呼ばれる、現在のウクライナ戦争のきっかけのひとつともなった民主化運動がおきた。EUへの加入にむけて連合協定を結ぶつもりだった、ヤヌコヴィッチ大統領は、ロシアからの圧力に怖れをなして、この協定を白紙化。これに怒ったウクライナ国民による首都キエフのデモが発生し、やがて都市占拠になり暴動にまで事態は拡大した。

 この占拠を排除しようとヤヌコヴィッチは警察に鎮圧を命令し、これに応じなかった市民と激しい市街戦が頻発した。事態はエスカレートしつづけ、警察と市民あわせて、死者82人の惨事になったが、ウクライナ市民はまったくひかなかった。この市街戦のなかで、異彩を放つ活躍をしたのが、FCメタリスト・ハリコフをはじめとする、全国から集まったサッカーフーリガンの集団だった。

 なぜサッカーサポーターが? 不思議に思う人もいるかもしれないが、毎週毎週、各地で数千から数万人の屈強な男たちがスタジアムで警察と衝突し、繰返し戦い続けている戦闘力や組織力、そして団結力が、他の市民にはないものだったからだ。

(このようにサッカーサポーターが政治運動の場で戦闘力になるのは、旧ユーゴスラビアで象徴的に見られた現象で、その後にも2011年のエジプト革命の反ムバラクの戦いで、エジプトのアルアハリのウルトラスが主要な役割を果たした。2013年のトルコでの反エルドアンの騒乱になったイスタンブールでも、サッカーサポーターが同じように対警察の主力になっている)(注12)

 これが市民の間で、ウルトラスを賞賛するきっかけとなるとともに、「愛国」で結集したサッカーフーリガンは、驚くべきことに、そのままスリルと危険をもとめるように、そろって民兵となり武装化した。もともと極右の活動家だったアンドリー・ビレツキーが、そのリーダーだった。そしてアゾフ大隊が成立した。アゾフ大隊は完全にサッカーフーリガンから出来たというわけではないが、世界のフーリガンに潜入ルポするジャーナリストのジェームス・モンタギューの『ULTRASウルトラス世界最凶のゴール裏ジャーニー』(2021カンゼン) によると、アゾフの武装民兵の6割は、ウクライナの各地のクラブのウルトラスの荒くれものだったということだ。

 ※このマイダン革命から武装化して東部紛争に民兵として参加していき英雄となる過程は、ドキュメンタリー映画「Хоробр?серця.Ультрас(勇敢なる魂 ウルトラス)」にてまとめられている。もちろん彼らのネオナチ思想に感化されている姿はここでは全く描かれていない。(注13)



「白人の十字軍を率いて劣等種族と戦う」 リーダー・ビレツキーの思想

拡大キエフの選挙区の街頭小集会で戦場のパネルを立て、支持者に語りかけるビレツキー・アゾフ連隊司令官=2014年10月21日

 ここで問題になるのは、各地のウルトラスを集めて武装民兵をつくったリーダーのアンドリー・ビレツキーの思想である。ビレツキーは、政治団体「社会民族会議」の創設者にして、同じく政治団体の「ウクライナの愛国者」の創設者。それぞれユーロマイダンより前から存在している。そして、それぞれ極右もしくはネオナチ、または白人至上主義団体と西側から認定されている。ビレツキーはマイダンの時は政治テロによる殺人未遂の罪で収監されていたが、マイダン後に恩赦されている。

 ビレツキーの思想がどんなものか。彼が活動の目的として公言しているのは、ウクライナが「世界の白人種族の十字軍を率いて、劣等種族と戦うこと」「ウクライナをさらなる拡大に向けて準備し、グローバル資本の支配から白人種族を解放すること」。さらには「白人男性の絶滅につながる性的倒錯と異人種間の接触を禁止すること」である。(注14)

 直接アドルフ・ヒトラーを賞賛するような発言はないものの、どうみても白人至上主義者であり、いわゆる「ネオナチ」である。

 アゾフの集会に潜入したジェームズ・モンタギューは、アゾフとその政治的フロントである「国民部隊」の旗にまじり様々な露骨な極右のシンボル等を目撃している。ユーロマイダンの時にも、ネオナチや白人至上主義者がハーケンクロイツの代わりにつかう「ウルフフック」や「黒い太陽」と呼ばれるエンブレムや「14/88」という白人至上主義とヒトラー崇拝を意味する暗語のスプレー書きが市街で多数見受けられたという。(注15)

 ※「14」は、"We must secure the existence of our people and a future for white children."(「我々は我々の存在と白人の子供たちの未来を守る」)という14語の極右スローガンのこと。
 「88」は、Hがアルファベットの8番目なことから、”Heil Hitler”(ヒトラー万歳)のこと。
 これがロシア側の工作だという声もあった。だが、これまでウクライナの極右をウォッチしてきた人たちはそうは思わなかった。


 ジェームス・モンタギューは、国民部隊のメンバーが自分達はたんなる愛国者だといいながら、その膝にはナチスのトーテムコップのタトゥーがあり、彼らのフェイスブックページは、14/88のタトゥーをする裸の国民部隊の男たちの写真が掲載されていたという。


拡大トーテムコップ(ドクロのマーク)があしらわれたナチス親衛隊の制帽=2018年6月3日、ポーランド・クラクフの博物館、agsaz/shutterstock.com

 
 極右はウルトラスの人気に便乗する形で勢力を拡大している。その際には、自分たちが信奉するのは、ファシズムやナチズムではなくナショナリズムだ、単にウクライナという国を愛しているに過ぎないと幾度となくアピールした。

 パヴェル・クリメンコ(マイダンの時の民主活動家で、サッカーにおける差別監視団体FAREのメンバー)は、国民部隊を冷静に分析している。

 「彼らは自分たちをロビンフッドに見せようとするんだ。しかもウクライナの人々は、ファシズムに関して免疫ができてしまった。リベラル派もいささか鈍感になっていたと思う。リベラル派は(国民部隊のような面々を)、単なる市民活動家と見なすようになっていたからね。結果、こういう連中は誰かを襲撃したり、ロマのキャンプに放火しても、常に『活動家』という曖昧な呼ばれ方をされてしまう。彼らはネオナチとして注視されることもなければ、どうしてロマのキャンプを燃やしたりするのかと問い質されたりもしない」(注16)

 しかしここまでならば、欧州やアメリカに跋扈する極右やネオナチ、白人至上主義者団体とそんなに変わらないかもしれない。問題は、彼らと彼らが連帯する極右やネオナチ、白人至上主義団体が、軍や政治の世界に食い込んでいったことである。



3.「ネオナチが正規軍に組み込まれている世界で唯一の国」

 ユーロマイダンの騒乱で親露派の大統領ヤヌコヴィッチが国外脱出するやいなや、ロシアは強引な手に出た。クリミア半島を接収し住民投票のすえにロシア領としたのだ。さらに東部のドネツク・ルガンスク2州で親露派武装勢力が蜂起し、独立を宣言した。背後にロシアがいるのは誰がどう見ても明らかだった。ここから親露派勢力が占拠した東部で何年も続く内戦、東部紛争が始まった。

 ユーロマイダンで名をあげたフーリガンと極右の連合体であるアゾフも含めて、様々な極右団体が東部紛争の最前線に、武装化して現れたのである。そして彼らは大活躍してしまう。

 ウクライナで長く続いた汚職と腐敗は、アフリカの発展途上国なみである。腐敗認識指数の国別ランキングでは、ウクライナは2021年度は122位。エジプトやアルジェリアやフィリピンと同程度である(注17)。それは軍も例外ではなかった。軍事物品や装備の購入費用もままならならず、戦う以前の問題で苦戦を続けていた。

 北海道大学と早稲田大学の名誉教授である伊東孝之氏はいう。

 「ウクライナで汚職がはびこっているという話をよく聞くが、それは軍事作戦にも影響している。ウクライナの新聞報道では平均して国家予算の30%程度が汚職で消えてしまうといわれる。とくに国防予算の使い方がひどいようである。ある軍事工場は100ドルの注文を受けると、81ドルまでを盗んでいた。新政権が引き継いだとき国庫は空っぽ、国防予算も底を衝いていた」(注18)

 投入された地上軍構成員4万1000人のうち臨戦可能なのは6000人のみという体たらくだった。士気も低かったという。(注19)

 そこに投入されたアゾフ等の志願してきた極右民兵は、同じように武器もほとんどなかったが、そのうちにフェイスブックなどを通じてクラウドファンディングで武器を調達しはじめた。このクラウドファンディングには、在米のウクライナ人がかなり献金していた。
 士気も旺盛である極右民兵、その数一万五千人は、東部の要衝であるマリウポリの近郊での戦いで大活躍する。敗北しつづけてきたウクライナ軍だったのが、彼らのおかげで、はじめての勝利を勝ち取ることになった。

 こうして彼らは救国の英雄となった。そしてこの功績により、アゾフは正規軍に編入され、これとは別の「国家親衛隊」という内務省管轄として特設された特殊部隊では、その中核を担う存在にまでなったのだ。

 これはあくまで自分の推測にすぎないが、現在進行中のウクライナ戦争の緒戦で、ロシア軍は軍事専門家から「衝撃的」なほど弱かったといわれることになった。これは、もしかしたらウクライナの正規軍が東部紛争の時と同じく貧相な装備で士気も低いと過小評価して抵抗を見積もっていたこともあるのではないか。予想外の抵抗を行うウクライナ軍、そこには彼らが「ネオナチ」と呼ぶアゾフが正規軍としていた。彼らからみれば、「ウクライナはネオナチに乗っ取られた」と見えるのは、わからないでもないだろう。

 西側からもネオナチと名指しされるフーリガンや極右活動家からなる民兵が正規軍になったのは異常な話である。アメリカのザ・ネーション誌が指摘するとおり「ウクライナは、ネオナチが正規軍に組み込まれている唯一の国」となったのだ。(注20)



右派と極右が入閣、ビレツキーは国会議員になり叙勲

 しかしウクライナの危うい極右とネオナチ事情はそれだけにとどまらない。

 東部紛争で救国の英雄となったアゾフとネオナチや極右や白人至上主義のグループは、軍隊のみならず政治にまで踏み込んだのだ。

 マイダンでヤヌコヴィッチがロシアに亡命したあとの政権では、副首相、国家安全国防委員会事務局長、青年スポーツ大臣、環境大臣、農業大臣、検事総長などの要職に、右派ならび極右グループの入閣が続出した。

 マイダン以前から危険視されていたネオナチ団体の札付きの活動家も恩赦となった。アゾフのアンドリー・ビレツキーは、なんとウクライナの国会議員となっている。

 ペトロ・ポロシェンコ大統領は、この「白人による十字軍を率いて、ユダヤ人に率いられた劣等人種と戦う」と公言しているビレツキーに勲章を授与した。ついこのまえまでは、テロによる殺人未遂の罪で収監されていた男がである。

 こうして国際的にネオナチの証左とみなされている「ウルフフック」と「黒い太陽」からなるアゾフのエンブレムが、ウクライナの国会議事堂や行政府や軍隊で、こうして堂々と掲げられるようになった。(注21)


 ※「ウルフフック」と「黒い太陽」のエンブレムは、ネオナチの標章として広く認知されている。以下、リンク先は、欧州におけるサッカースタジアムで、差別的思想を含むものとして使用が禁止されているエンブレムのリストである。


 ウルフフックは「ナチス時代のドイツで、親衛隊などで使われていたもの」、黒い太陽は「ハーケンクロイツを組み合わせたもので、ナチスの親衛隊が北欧神話のシンボルとして使っており、ハーケンクロイツの代わりになっている」と解説されている。(注22)

欧州におけるサッカースタジアムで、差別的思想を含むものとして使用が禁止されているエンブレムのリストから


 ウクライナ戦争のさなかの国際女性デーにNATOの公式ツイッターが女性兵士の画像をアップしたが、この女性兵士が胸につけているのが、このナチスの「黒い太陽」のエンブレムではないかと指摘され、あわてて削除したということがあった。(注23)

 ウクライナはNATOやEUへの加盟を熱望しており、そのことがロシアの侵攻の遠因になっているという指摘もあるが、もし加盟が要望通りに進められていたならば、ウクライナに蔓延する汚職などの政治・経済の腐敗や、法治の問題とともに、このネオナチ問題は必ずクローズアップされていたはずだ。NATOがネオナチの軍事組織をもつウクライナを、その問題が片付くことなく加盟国に迎えるということは考えられない。

 日本の国際政治シンクタンクであるキヤノングローバル戦略研究所研究主幹(当時)の小手川大助氏(元IMF日本代表理事)は、この極右入閣の直後の時点で、極右政権の危うさを指摘し、「プーチンのクリミア併合の決定は新政権の主体がネオナチであることに主因があった」とすら指摘している。

 ネオナチの民族主義的な主張や行動、特に民族浄化を意図する彼らのスローガンがプーチンの大きな懸念となり、ソチオリンピックからモスクワへ帰還した彼は、短時間でクリミア併合を決定した。これは想像であるが、新政権のメンバーがネオナチではなく、通常の政治メンバーであったなら、彼の決定は別のものになった可能性が高いものと思われる。(注24)

 異論も多いだろうこの意見が、どこまで妥当かどうかは保留しておこう。そして小手川氏が指摘するように、得票率の低さがそれを証明するように、極右民族主義者や白人至上主義、ましてやネオナチ政党が、さすがにウクライナでも選挙では受け入れられなかった。しかし、これだけの極右政権といえるほどの政権参与をさして「ウクライナはネオナチに乗っ取られた」というのは、表現として言いすぎだろうか。ロシアからすればそろって反ロシアの強硬派なのだから、余計にそう見えるだろう。恐怖は恐怖をよび、その警戒心はハウリングのように反響しあう。これがこの何年かのロシアとウクライナの関係だったわけである。



「ウクライナ最強の武器であるとともに、もっとも深刻な脅威か」

 しかし、さすがにアゾフについては問題視されはじめた。

 英紙のガーディアンは「プーチンはロシア人ではなく、ユダヤ人だ」と主張するアゾフの兵士のレポートを掲載して、彼らは「ウクライナの最強の武器であるとともに、もっとも深刻な脅威かもしれない」と警戒をよびかけている。例によって、ナチスのハーケンクロイツの入れ墨をする兵士についてアゾフのメンバーが聞かれると、「太陽のシンボルにすぎない」と否定する。彼は、自称「国家社会主義者」であるそうだ。多くの兵士は北欧の神話に興味があるだけだ、とも。これらはネオナチが自分達がナチス信者ではないという時のお約束の決まり文句である。(注25)

 ガーディアンのこの記事では、まだアゾフの兵士はウクライナ軍では部分的にすぎないとも言って、これがロシアがいうように彼ら「ネオナチ」が「ロシア人をジェノサイドする」危険はないだろうとも付けくわえている。また、アゾフが親衛隊に編入されたとき、その数はせいぜい千人程度だったとも言われている。

 ただし、彼らが「強力な独裁者が権力を握る必要がある」という思想を共有していることもつけくわえている。彼らが考える、白人至上主義的な思想をもつ集団による独裁政権の姿は、少しずつウクライナ社会の各所で姿をあらわすようになってきている。ちなみに、ビレツキーによると、アゾフの支持者は数百万人とのことだ。東部紛争で同じようにユーロマイダンを経て民兵化したアゾフ以外の極右グループは30から40程度あると見られている。(注26)

 こうした極右グループが、軍隊に正規軍として編入され、ユーロマイダン後の官邸や国会に晴れ晴れとした表情で、しかも英雄として姿を現すようになると、ウクライナ社会ではヘイトクライムが至るところで発生するようになった。

 アゾフも軍事部門は正規軍に吸収されたが、その政治活動のフロントとして「国民部隊」という団体を組織した。キエフの夜の街に国民部隊があらわれるようになると、ある日、彼らは目だし帽をかぶり、ウクライナを腐敗とアルコールの害から守ると称して自警活動をはじめた。ターゲットは有色人種の不法移民である。彼らは自分達が警察よりも優秀であるとうそぶいた。「マイダンの時に警察に、なにができた?」 そしてキエフの警察署長にはネオナチのエンブレムをつけたアゾフのメンバーが就任した。
 あるとき市議会にこの集団が乱入し、予算案が通過するまで離れないと脅す事件も発生した。この行為には内務省が関与しているのではないかと噂された。(注27)

 少数民族のロマに対する迫害も問題になった。アムネスティインターナショナルは極右グループによるものとして非難し、警察がこの捜査を進めないことも問題視している。この襲撃が、国民部隊と警察の癒着が背景にあることは多くの人が指摘している。(注28)

 ロシアのクリミア併合後に故郷を逃れ、ウクライナのリヴィウに移り住んだ、クリミア・タタール人の難民が、イスラム主義の拡大をねらった宗教的な宣伝をしたということで、アゾフは批判した。この時はさすがに問題になったため、この主張を掲載したネットの記事を削除したという。(注29)

 東部紛争の最前線でも、極右民兵による問題は頻発した。アゾフのような民兵組織はおおよそ40グループあると言われている。それが政府によるコントロールが必ずしもきかないまま紛争の最前線になった。それはすぐに問題化した。NGOヒューマンライツウォッチは、ウクライナ政府軍とアゾフを含むウクライナ民兵による、市民への無差別ロケット砲攻撃があったことを伝えている。

 国際連合人権高等弁務官事務所は、民間人の殺害、拷問および虐待、略奪などがあったことを報告している。そればかりか、アゾフが裁判までを妨害していることを問題視している。(ただしアゾフはその規律正しさゆえに、略奪などの行為は関わっていないとの指摘もある)

 アムネスティインターナショナルは、アゾフと同じ極右の民兵組織であるアイダー大隊による誘拐や違法拘束、虐待、恐喝、略奪や、違法な殺害などがあったと指摘している。そして事実上、国の管理下におかれていないことも問題視している。(注30)



4.『白人右翼の聖地』

 「私たちは過激派ではなく、ウルトラスでもありません。極右でも過激派でもありません。一部の人が私たちに対して使用しているレッテルにすぎず、間違っています」

 やはり極右の民兵組織である「右派セクター」のリーダーのダニエル・コツバヨロが、ウクライナ議会で、ゼレンスキー大統領から国家の英雄として叙勲された時、欧米の極右・ネオナチウォッチャーは驚いた。コツバヨロは国会の演壇に戦闘服で現れ、議会は拍手で彼の叙勲を祝した。

 インディペンデントは、自分たちがネオナチと呼ばれるのはレッテルに過ぎないと否定するコツバヨロのインタビューを掲載した。そのなかで、極右や白人至上主義者やネオナチ思想をもつものはやめさせているとも答えている。ウクライナの緊張が高まり、そして戦争が始まるとこのような論調が目立つようになる。ロシアの「非ナチ化」というのはプロパガンダにすぎないということだろう。(注31)

 AP通信は、同社や他の国際的報道機関は、右派セクターによるヘイトクライムの証拠を発見してないという。メディアによって誇張されているという意見も伝えている。また、ウクライナのユダヤ人指導者からのその種の指摘はないということだ。しかし同時に、路上で公然と武装し、自警団のようにふるまい、時に政治家や関係者に乱暴狼藉を働き、ナチスのシンボルをつけ、極右的な発言を続けていることが問題化していることも伝えている。(注32)

 米国務省の2018年のレポートでは、右派セクターに率いられたグループが「ウクライナを建てなおす。ウクライナはウクライナ人のもの、ユダヤ人やオリガルヒ(新興財閥)のものではない 」とユダヤ人の蔑称で呼び、コールしながら行進していたことを伝えている。メンバーはナチの親衛隊のエンブレムをつけ、ナチ式のコールをしていたとのことだ。繰り返すが、これは米国務省のレポートである。(注33)



「違法な武装集団」と非難、一転して国家の英雄に

 そのような右派セクターによる弁明を受け入れたとしても、彼らが危険であるのはそれだけではない。彼らは数々のとても民主的とはいえない過激な行動で知られており、それを批判はするもののウクライナ国民は事実上見逃してきた。

 2014年、ユーロマイダンの騒乱が続いていたオデッサで、これに反対する親露派の市民と衝突したあげく、教会に追い詰めると火をつけ、42名を殺害した事件はこれの代表的なものだ。(注34)

 翌2015年には、ウクライナ西部の都市、ムカチェヴォで右派セクターの構成員20数名と地元の警察とのあいだで銃撃戦がおき、3人が死亡する事件がおきた。この事件が複雑なのは、東部紛争の戦場から遠いところで、右派セクターが自動小銃、グレネードランチャー、手榴弾や機関銃等で武装していることが明らかになったことと、右派セクターが対立した相手は、地元マフィアと癒着してタバコの密輸を行っていたとされる警察だったことだ。なお、このタバコの密輸は右派セクターも関与していたとも言われている。(注35)

 アメリカのシンクタンクメディアであるグローバルセキュリティは、「もっとも悪名で知られる非合法武装集団」と右派セクターを呼び、そのグループは摘発の対象となり、さらにはその政治的進出も頓挫した。このへんはウクライナ国民の正しい判断と思われる。(注36)

 右派セクターの取り締まりがはじまったとき、ポロシェンコ前大統領は、右派セクターを「違法な武装集団」としてかつて非難した。しかし、その5年後にはゼレンスキーはそのメンバーを国家の英雄として表彰したのである。

 ナショナルインタレスト誌は、この右派セクターの存在が、結局は東部紛争解決に害を及ぼすとも警告している。

 「右派セクターはキエフにとって役にたつが、それは目標が一致している場合に限る。そして、ウクライナにおける米国の目標に大きなジレンマをもたらす可能性がある。(中略) 現在、米国は、ウクライナへの攻撃を正当化するためにロシアのメディアによって誇張されたものとして、これらの問題を取り上げないことは簡単なことである。しかし、地道な調査が明らかにするのは、右派セクターが、親露派勢力だけでなく、米国が支援するウクライナ政府にも深刻な脅威をもたらす可能性があるということだ」

 右派セクターをはじめとする極右民兵は、東部紛争の事態の収拾をもくろんだミンスク合意に賛成しておらず、少しでも親露派勢力に譲歩することを拒んでおり、公に批判すらしているからだ。(注37)
 右派セクターばかりではない。アゾフは当時行われた停戦を批判。そのうえポロシェンコ大統領がロシアと反政府勢力との情報戦争に敗れたと批判し、交渉による解決の可能性を否定し、戦闘を続けた。停戦を守ることがなかったのはお互い様だったのだ。

 今回のウクライナ戦争でも、アゾフは停戦を行おうとしているゼレンスキー大統領を批判している。おそらく、彼らは少しでも不利な条件の停戦であれば、ウクライナ政府の決定に従うことなく戦闘を継続するだろう。それはまたロシアが停戦を守らなかったとの言い分を作り出すことになる。(注38)



ネット・SNSで資金を集め、各国からリクルート

 アゾフの資金源は、国内のオリガルヒからのものもあったが、特徴的だったのはフェイスブックを通じて資金を集めたことだ。しかし、それだけではない。リクルートもネットを介して行われた。

 そうして正式に軍に編入され、そのリーダーは国会議員にまでなり、内務省と直結したアゾフは、いわば「ウクライナ政府さえ介入できない、いわば『白人右翼の聖地』」(六辻彰二)(注39)のようになってしまったのだ。そして、アゾフは世界各国から志願兵を集めて、さらに勢力を拡大した。

 ニューヨークタイムズは、白人至上主義者やイスラム過激派の動向を監視する団体であるSITEのリタ・カッツの見解を紹介している。

 「欧州と北米の極右白人ナショナリストとネオナチグループが多数、ロシアとの戦いで民兵部隊に加わることを求め、ウクライナへの支援を表明した。その目的は戦闘訓練を受けることだった。(中略)不安定なウクライナの情勢により、白人至上主義者は、アフガニスタン、イラク、シリアが何年にもわたってジハード主義の過激派に提供してきたのと同じ訓練の機会を提供している。 ウクライナ東部は、白人至上主義の国際的なハブとして台頭してきました。 内戦や反乱はしばしば外部のボランティアを引き込みます。 一部の人々は人道主義の目的で参加するかもしれませんが、それでも紛争と暴力を悪化させて、長引かせることになります」(注40)

 これはさすがに問題となった。なぜなら、この白人右翼が軍事訓練を積み、戦闘体験を得るということは、その国にバックラッシュする可能性があるからだ。フェイスブックなどのソーシャルメディアで世界からリクルートしてメンバーを増やすのは、かの「イスラム国」が行っていた方法であることも懸念を呼んだ。

 その結果、フェイスブックは、アゾフを危険なテロリストと認定し、ページを凍結した。在米ウクライナ人を中心とする資金提供もいったん法的に禁止された。ネオナチによる白人至上主義者のリクルートをやめさせよとことである。(注41)

 アメリカからすれば、タリバンの二の舞になるのではないかという怖れもあった。かつてソ連がアフガニスタンに侵攻した時、ソ連との戦いを担ったのは、アメリカの援助を受けたタリバンだった。この極右のネオナチグループが世界から兵士を集めた末に、今度はアメリカやヨーロッパに立ち向かってきたら、どうなるかということだ。

 ウクライナ政府は、現在志願兵の希望者は2万人を超えているとのことだが、こういう筋の悪い連中が多数混ざっているだろうことは想像に難くない。そのようなことを言っている場合ではないと言ってしまえばそれまでだが、この戦争による志願兵がどのような副作用をもたらすかは今後わかるだろう。(注42)

 前述したとおり、アゾフはウクライナ民族主義で反ロシアだが、だからといってEUにシンパシーを抱いているわけではない。NATOに入ることも反対している。彼が目指しているのは、あくまでも白人国家ウクライナなのである。そういう意味では、東部紛争でそれぞれが民兵として対峙しているロシアの極右にむしろ近い。反民主主義の独裁者による統治が彼らの理想であり、使命は劣等民族と戦うことだ。ナチスは同じ白人のスラブ人を「劣等民族」として迫害したことを考えると、まったく不思議な論理なのだが、これが彼らが信じていることなのだから、ひとまず受けとめておくしかない。こうした理解しがたい矛盾は他にもある。(注43)

 2015年6月、カナダとアメリカは、ネオナチとのつながりを理由に、自国の軍隊がアゾフを支援または訓練しないことを決定。2016年にはフェイスブックはアゾフのページを閉鎖、2019年には、アゾフをクークラックスクランやISISと同様の第1級の禁止対象として認定し、アゾフやその政治フロントである国民部隊を礼賛したりすることも禁止した。(注44)

 「私たちのプラットフォームに、テロリスト、差別団体、犯罪組織は望まれていません。そのため、テロリストを禁止し、それらを称賛、描写、または支持するコンテンツを削除します。(中略)現在、ポリシーの最上位層にある250を超える白人至上主義者グループを含む数千の組織を禁止しており、禁止の対象となるポリシーと組織を定期的に更新しています」

 このフェイスブックのコメントをそのまま受け取れば、アゾフは白人至上主義者グループということになるが、これはこれまで見てきたとおりである。



5.「今は批判するときではない、しかし……」

 「今は、ウクライナ軍を批判するときではない。極右がウクライナ軍を乗っ取ってしまっているわけでもない」と、キエフのアメリカ大使館のアナリストだったジョナサン・ブランソンはニューズウィークのインタビューに、こう前置きしながら次のように語っている。

 「しかし、この極右民兵を支援したり大目にみてしまうと、ウクライナをさらに脆弱にすることになるかもしれない。その軍事力を使うことは、プーチンの戦争目的を合理化するためのプロパガンダの術中にはまることでもあるのです」

 そして、ワシントンと同盟国は、この戦争が始まる前に、こうした極右の台頭を中和することをもっとできたはずだともブランソンは指摘している。(注45)

 おおよそおわかりいただけたろうか。

 つまり、ウクライナの政権が「ネオナチ」であり「非ナチ化」するというプーチンの発言は、ある程度の事実をもとにしていることである。「ウクライナ政府はネオナチ」というのは「荒唐無稽な陰謀論」とは必ずしもいえないのである。

 例えば、日本で「在日特権を許さない市民の会(在特会)」のような排外主義の差別団体が、その政治フロントの政党などを通じて、閣僚や司法機関や地方行政に何人も採用され、その武装民兵部門が自衛隊に編入され、さらには内閣府の外郭機関である「国家親衛隊」という武装組織に加入したとしたら、どう思うか。中国や韓国は「日本は極右ファシストに乗っ取られた」というだろう。私もその表現には異論はない。

 もちろん、それを解決するのはロシアではなく、ウクライナ国民自らである。よって、それをロシアが戦争の口実とすることは「プロパガンダ」である。これは切り分けなければならない。

矛盾に満ちたウクライナの現実、「陰謀論」発生の原因に
 このように、ロシアの脅威から極右・ネオナチの民族主義が跋扈する状況に警告してきたのはユダヤ系の人々もそうである。ユダヤ系の人々は、このウクライナの極右・ネオナチ事情に対する態度は複雑だったはずだ。

 ニューズウィーク誌は、東部紛争の前線で活動する極右民兵が、オリガルヒのイーホル・コロモイスキーから資金援助されていることを指摘している。欧州ユダヤ人連合会長を務めたことがあるオリガルヒが、反ユダヤの白人至上主義の極右に資金を提供していることは、不思議なことかもしれない。この異様な光景を、フォーリンアフェアーズ誌は「好戦的なナショナリストと詐欺師が、一緒にバーに行った……というアネクドート(ジョークの小話)の出だし」のようだと皮肉まじりに書いている。しかも、ここでいう「詐欺師」はユダヤ系のオリガルヒである。(注46)

 それよりも、もっとシュールなのは、ウクライナの現大統領ゼレンスキーがユダヤ系であることを公言して大統領になったことである。イスラエル以外では世界で唯一のユダヤ系であることを公言した国家元首がいるのがウクライナであり、ネオナチが軍隊に正式に組み込まれた唯一の国でもあるのがウクライナなのだ。ディストピアSFのようだが、これが現実である。

 前述したとおり右派セクターのメンバーが国家の英雄として国会で叙勲された。ゼレンスキーから勲章を渡された姿はまったくもって不可思議としか言いようがない。

 もともと、ゼレンスキーは長引く東部紛争に厭戦気分が広がるウクライナ社会の支持をうけて大統領となっている。つまり対露強硬論のポロシェンコ大統領、さらには極右や民族派とは明らかにスタンスが違っていたのだ。ゼレンスキーはロシア語しか話せず、政治に参与するにあたってウクライナ語を特訓した。そのロシアよりの経歴からもわかるとおり、国民が彼に求めていたことは東部紛争の解決だった。もちろん極右・民族主義とは違い親欧米である。

 ウクライナのみならずロシアでも人気コメディアンだったのが、「国民の僕(しもべ)」というテレビドラマで、高校教師からひょんなことから大統領になる役柄を演じたのが大評判となり、その勢いをかりて大統領選に立候補した。政党は彼のコメディのスタッフたちからになり、党名はテレビドラマと同じ『国民の僕』とした。選挙運動のキャッチコピーは「『国民の僕』シーズン3」。生粋のポピュリストである。

 しかし当選後にロシアとの対話姿勢は変わっていった。もともとミンスク合意やクリミア併合の容認は、ロシアを利するとして非常に厳しい極右・民族派の批判を浴びていた。当選直後の高支持率から国内政策の失敗もあいまって、一転して支持率の低下に苦しみだしたゼレンスキー政権は徐々に右よりの政策にシフトしていった。ミンスク合意をめぐって東部の親露派を「テロリスト」だとして交渉を拒否したり、ナゴルノ・カラバフ紛争でロシア同盟国であるアルメニアを窮地に追い込んだ、トルコ製のドローン兵器を東部地域に撃ち込み、とどめにミンスク合意を履行しないと宣言するにいたった。なお東部紛争でウクライナ軍による砲撃で民間人に死者か出たことをロシア側は「虐殺」だと主張しているが、残念ながらこれも事実である。現在ウクライナでクラスター爆弾が使われていることが問題視されているが、ウクライナ軍は東部紛争で先に使用している。これにより多くの死者が出た。(注47)

 プーチンは選挙で選ばれた融和姿勢をもつゼレンスキーに期待していたのだろう。しかし強硬姿勢への転換は、極右とネオナチ、そして民族派の主張を受け入れたものとみたのかもしれない。すなわちそれが「ウクライナ政府はネオナチに乗っ取られた」ということである。ユダヤ系の大統領がネオナチの傀儡というのも異様な筋書きだが、ウクライナの現実はそのような陰謀論を許してしまう矛盾に満ちており、それが陰謀論が発生する原因ともなっているのである。

 ロシア侵攻の直前、同じくユダヤ系のオリガルヒであるコロモイスキーから資金提供を受けていた、ネオナチのC14のリーダーはこう語っている。

 「ユーロマイダンでネオナチはデモ隊の約10%にすぎないと言われていた。しかし数の問題ではない。現場にいなかった人間が言っているだけだ。ネオナチがいなければマイダンの効果の90%は失われていただろう。コロモイスキーもそれを認めて言っている。『そう、ネオナチだよ。彼らのスポンサーになって援助した。私はヤヌコヴィッチを追い落としたかったからね。奴らは異常な連中だし、バカだ。しかし奴らはやり遂げた』と」(注48)

 もちろん、ユダヤ系の人々は皆、そのようにウクライナ国内の極右・ネオナチを許容していたというわけではない。

 今まで私はネオナチという存在に一番近い、極右グループが政権や軍隊に参与していく姿を追っていったが、ここから先はウクライナに脈々と流れる地下水脈が噴出していることを指摘する。それはバンデラ主義である。



6.ウクライナの「歴史修正主義」

 ユーロマイダンで極右の政治的発言権が一躍強くなったころ、ウクライナではいわゆる「歴史修正主義」の問題が持ち上がりだした。問題視されたのが第2次大戦前に結成されたウクライナ民族主義者組織の指導者ステパン・バンデラの再評価である。

 私はサッカーフーリガンの政治化、さらには世界の極右・ネオナチ事情を追ってきてはいるが、この東欧の民族主義については門外漢である。よってこのバンデラ主義の解説については、他の方に譲りたいのだが、簡単にだけ説明をする。

 バンデラ主義とは、第二次世界大戦前に発生したウクライナ・ナショナリズムの運動のことで、ウクライナを支配していたソ連政権下で発生し、1941年にナチスドイツがソ連と開戦すると、ナチスドイツに協力し、その運動の一部は武装親衛隊としてナチスドイツに組み込まれた。この間、ユダヤ人の逮捕や虐殺に協力していたと言われている。ただし、別の一派はナチスドイツにも反抗する姿勢を示していた。またポーランドの対ナチレジスタンスとも領土問題を巡って殺戮合戦を繰り広げていたこともある。このナチスドイツに最後は反抗した一派が、ステパン・バンデラのグループで、この流れくむものがバンデラ主義者といわれる。

 ユダヤ人の虐殺に加担したという事実は議論も多く、またバンデラの一派の中にはユダヤ人を助けたという話もあり、必ずしも反ユダヤに全面的に加担したのではないという意見もある。

 しかしまったく別の歴史理解がむしろウクライナ国外では当たり前だ。ウクライナ人の父をもつカナダ人の歴史家のジョン・ポール・ヒムカの著書「ウクライナナショナリストとホロコースト」では、ウクライナのナショナリスト、つまりウクライナ民族主義者が、ホロコーストで果たした役割を詳述している。ライフルやショットガンで武装したウクライナのナショナリストの民兵がユダヤ人狩りをし、時には釘を打ち込んだ棒や農具で叩き殺してきたとの話は衝撃的である。この歴史家は、彼らがホロコーストに加担したことは明らかであると結論づけている。(注49)

 ユダヤ系でもっとも有名な在米メディアであるハレツ紙は、わずかな人がユダヤ人を助けたかもしれないが、多くのウクライナ人はユダヤ人を追い詰め、ナチスに引き渡し、さらには自分たちの手で彼らを殺害したと主張する。ウクライナ人がユダヤ人を助けたというわずかな例外をとりあげるのは、ホロコーストへの加担の責任を免れようとしているということだ。(注50)

 この記事のなかでは、テル・アビブにウクライナに連帯をしめすフラッグが掲げられたことに複雑な想いを抱く人々の声をとりあげ、ホロコーストを記録する会の代表の話を掲載している。曰く「ウクライナの人々に過度の同情はもっていない」と。東欧からの移民が多いイスラエルの複雑なウクライナ観もうかがえる。なお、多くのホロコーストの研究により、バンデラ自ら反ユダヤの発言や指示を出していたことも指摘されてきている。

 このように、バンデラ主義は、ユダヤ系にとっては極めてセンシティブな問題だった。ところが、2004年のオレンジ革命以後、ウクライナではゆっくりと民族主義が台頭しはじめ、それとともにバンデラ主義が再評価されることになっていった。



「国家英雄」の銅像、名前を冠した広場や道路……批判を受けても

 2010年に当時のユシチェンコ大統領は、バンデラを国家英雄として認定した。これにイスラエルや、かつてウクライナ民族主義者で編成されたナチス武装親衛隊やバンデラ主義者に自国のパルチザンや民衆蜂起を弾圧されたポーランドやチェコも反発。ついには欧州議会までもが、この顕彰の再考を求めた。欧州議会は、バンデラを国家英雄とみなすのは欧州の価値観にあわないと判断したのである。(注51)

 ユーロマイダンが終わると、民族主義と反ロの風潮が高揚し、ソ連時代の残滓をのぞくという名の下に、次々とロシアを連想させる名前の広場や道路や施設が、バンデラの名前を冠して改名されはじめた。バンデラの銅像も次々とつくられた。まだウクライナ国民はこのセンシティブな問題の重要性に気づいていなかったのだ。

 米のユダヤ系メディアのフォーワードはこの光景を「ウクライナは、驚異的なペースでナチスの協力者とホロコーストの加害者の記念碑を建て、ほぼ毎週、新しい記念プレートがつくられ、道路の名前が変更されている」と伝えている。そして、ナチス協力者の民族主義者を国をあげて崇拝し、それを制度化していると厳しく批判している。サイモンウィーゼンタールセンターや世界ユダヤ人会議のような団体もこのウクライナの「歴史修正主義」を批判した。アメリカやカナダにバンデラの銅像ができていることも、「驚くべきこと」として伝えている。(注52)

 残念ながらナチス協力者を崇拝すれば「ネオナチ」扱いされるのは、是非はともかくとして不思議な話ではない。ウクライナはそれを無自覚に行い、それをウクライナの民主化運動支持者は大目に見ていた。そして、そんなウクライナ国民の選択の瑕疵をロシアは見逃さなかった。こうして、ナチス信奉者のネオナチによってウクライナ政権は乗っ取られたという見立てが、さらに説得力をもってしまったのだ。

 2021年1月、イスラエルのメディアは一斉に、ウクライナの民族主義政党で数多くの識者や研究者からもネオナチ思想をもつといわれている極右政党「スヴォボーダ」が、キエフで行ったバンデラの生誕日を記念する行進の様子を報じ、批判している。

 自由ヨーロッパラジオは、「ナチスのエンブレムをつけた屈強な男たちが、キエフの街を野太い声で歌いながら、こぶしを振り上げ、たいまつをかざしながらパレードする様は、民主主義というよりも、1930年代のドイツを彷彿とさせた」と伝えている。(注53)

 これにイスラエル政府も動き、駐ウクライナのイスラエル大使館は、ウクライナ政府に強い抗議を申し入れている。ウクライナの反ロシアのナショナリズムの高まりが原因としながら、イスラエルメディアはこぞって厳しく批判している。(注54)

 しかしイスラエルやEU諸国からの批判にもかかわらず、バンデラ主義の復興という歴史修正主義はいっこうに改められることはなかった。

 キエフにロシア軍が迫りつつある3月12日、ユダヤ系のゼレンスキー大統領が、和平交渉の仲介をイスラエルに依頼すると、ロシアに降伏することを勧められたというニュースが、イスラエルのニュースサイトで報じられた。これをウクライナ側は否定したが、私はこのバンデラを巡る歴史修正主義問題や、前述した「ウクライナの人々に過度の同情はもっていない」というホロコーストの記録グループの発言を思い出さざるをえなかった。(注55)

 イスラエルは、ナチス協力者にしてホロコースト加担者に対する国家をあげた再評価を歴史修正主義と見ており、その文脈でロシアがいう「ウクライナはネオナチに乗っ取られた」という主張に共鳴する部分もあったのではないか、ということだ。もちろん、これは想像にすぎないのではあるのだが。



7.「東ヨーロッパのナショナリズムは、最悪の病です」

 ウクライナの戦況が伝わってくるにつれ、様々な嫌なニュースが流れてくるようになった。

 アルジャジーラは、ウクライナ国家親衛隊が豚の脂を弾丸に塗っている動画がTwitterに流れていることを伝えている。これをチェチェンから来るであろうムスリム相手に使うというのだ。これは明らかなムスリム憎悪扇動であるため、Twitterは閲覧制限をかけている。ただし、削除はしていない。

 驚くべきことは、これが国家親衛隊の公式アカウントであることだ。ここまでお読みになっていただいた方々はおわかりだろう。これをアップしたのはアゾフに間違いない。(注56)

 世界の経済紙で2番目の発行部数のインドのエコノミックタイムズは、このウクライナ戦争でフェイクニュースが飛び交っていることをとりあげながら、もうひとつウクライナのネオナチズムにも焦点をあてている。(注57)

 この世界でも著名な経済紙までもがロシアのプロパガンダを信じてしまっているからだろうか。いや、おそらく彼らはウクライナがネオナチが存在する深刻な差別社会であることを感知しているのではないか。

 すぐにそれを裏付ける厳しいニュースが、ウクライナから避難する黒人やインド系の人々から次々と伝えられた。彼らが国境警備隊から暴行を受け、バスや列車で乗車を拒否されているというのだ。

 ロイターはそうした声を伝えている。これはインド人留学生の証言だ。

 「ポーランド国境近くの警備員がぼくの兄弟を乱暴に押し、スーツケースを放り投げた。兄弟とその友達に『出ていけ』とわめきながら。兄弟によると、そのウクライナの警備員たちは(白人の)人々は通している。つまり『白人じゃないやつの命など価値が無い』というわけだ」(注58)

 そうしてNATOは自ら掲載した写真を慌てて削除する。ウクライナ女性兵士のエンブレムはネオナチの「黒い太陽」だ。



侵攻の口実、戦いの場……プーチンと極右民族主義は相互依存関係か?

 この矛盾に満ちた異様な光景を私たちはどのように理解したらよいのだろうか。

 プーチンと、ウクライナの「ネオナチ」と呼ばれる極右民族主義は、相互依存関係なのかもしれない。ひとまずこう考える。プーチンは侵攻の口実を求め、極右民族主義は彼らの理想のウクライナのための戦いの場を求めているのだ、と。

 C14のリーダーはロシア侵攻の直前の2月5日に、バンデラ主義者の集会で次のように述べている。

 「西側はナショナリストに銃をよこす。なぜなら我々がロシアを破壊できる準備ができた唯一の存在だからだ。我々は戦いや殺し合いが好きだ。60年間なかったような戦争を始めることができる。ロシアが倒れたらどうなるか、想像すればいい。そのときに権力はわれわれのものだ」(注59)

 最後にも書いておこう。これはロシアのプロパガンダではない。

 セルビア系アメリカ人の経済学者で、『大不平等――エレファントカーブが予測する未来』の著者であるブランコ・ミラノヴィッチは、ハリコフの核研究施設にロケット弾が着弾した3月6日に、Twitterでこうつぶやいている。(注60)

 「東ヨーロッパのナショナリズムは、最悪の病です。それは共産主義の下で抑え込まれていましたが、共産主義体制を元に戻す手段として使われました。今やそれが全世界を粉々に爆破するかもしれません」





 【注】
 (1) https://thehill.com/opinion/international/359609-the-reality-of-neo-nazis-in-the-ukraine-is-far-from-kremlin-propaganda?rl=1

 (2) https://www.nytimes.com/2015/07/08/world/europe/islamic-battalions-stocked-with-chechens-aid-ukraine-in-war-with-rebels.html?referrer=
 https://www.theguardian.com/world/2014/sep/10/azov-far-right-fighters-ukraine-neo-nazis
 https://www.bbc.com/news/world-europe-28329329
 https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/ukraine/11025137/Ukraine-crisis-the-neo-Nazi-brigade-fighting-pro-Russian-separatists.html

 (3) https://www.hrw.org/report/2016/07/21/you-dont-exist/arbitrary-detentions-enforced-disappearances-and-torture-eastern

 (4) https://www.illiberalism.org/far-right-group-made-its-home-in-ukraines-major-western-military-training-hub/
 ただし、これについてはアメリカやカナダは、この疑惑を否定している。
 デイリービーストは、公式に否定されたとしても、なお疑わしいとも報じている。
https://www.thedailybeast.com/is-america-training-neonazis-in-ukraine
https://www.jpost.com/Diaspora/Wiesenthal-Center-calls-on-French-mayor-to-prevent-neo-Nazi-gathering-440834

 (5) https://www.bellingcat.com/news/uk-and-europe/2019/11/11/ukraines-ministry-of-veterans-affairs-embraced-the-far-right-with-consequences-to-the-u-s/

 (6) https://www.bellingcat.com/news/uk-and-europe/2019/08/09/yes-its-still-ok-to-call-ukraines-c14-neo-nazi/

 (7) https://www.reuters.com/article/us-cohen-ukraine-commentary-idUSKBN1GV2TY

 (8) https://www.moj.go.jp/psia/ITH/topics/column_03.html

 (9) https://forward.com/opinion/416751/why-does-no-one-care-that-neo-nazis-are-gaining-power-in-ukraine/

 (10) 『サッカーと愛国』(イーストプレス2016)
 https://www.amazon.co.jp/dp/B06Y35Y8BQ

 (11) https://www.dailymotion.com/video/x17b7u3

 (12) https://www.youtube.com/watch?v=kXy3oMWZOE8&t=8s

 (13) https://www.youtube.com/watch?v=7IA5GrQKAzc&t=9s

 (14) https://www.theguardian.com/world/2018/mar/13/ukraine-far-right-national-militia-takes-law-into-own-hands-neo-nazi-links
 https://www.bbc.com/news/world-europe-28329329

 (15) https://www.haaretz.com/jewish/.premium-ukrainians-rebut-anti-semitism-talk-1.5327269

 (16) 『ULTRASウルトラス世界最凶のゴール裏ジャーニー』(カンゼン2021)

 【注】
 (17) https://www.globalnote.jp/post-3913.html

 (18) https://src-h.slav.hokudai.ac.jp/center/essay/20140609-j.html

 (19) https://courrier.jp/news/archives/157328/

 (20) https://www.thenation.com/article/politics/neo-nazis-far-right-ukraine/

 (21) https://www.theguardian.com/world/2018/mar/13/ukraine-far-right-national-militia-takes-law-into-own-hands-neo-nazi-links

 (22) https://www.farenet.org/wp-content/uploads/2016/10/Signs-and-Symbols-guide-for-European-football_2016-2.pdf

 (23) https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/03/nato-36.php

 (24) https://cigs.canon/article/20140513_2563.html

 (25) https://www.theguardian.com/world/2014/sep/10/azov-far-right-fighters-ukraine-neo-nazis

 (26) https://www.reuters.com/article/us-ukraine-crisis-battalions-special-rep-idUSKCN0Q30YT20150729
https://www.reuters.com/article/us-cohen-ukraine-commentary-idUSKBN1GV2TY

 (27) https://www.thedailybeast.com/the-frightening-far-right-militia-thats-marching-in-ukraines-streets-promising-to-bring-order?ref=scroll

 (28) https://twitter.com/jonathbruns/status/1500554358492209162 https://www.amnesty.or.jp/news/2019/0421_8076.html 

 (29) https://www.opendemocracy.net/en/odr/rise-of-azov/

 (30) https://www.reuters.com/article/us-ukraine-crisis-azov-idUSKBN0ML0XJ20150325 https://www.hrw.org/ja/news/2014/07/25/254645 https://www.ohchr.org/en/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=20591 https://www.newsweek.com/evidence-war-crimes-committed-ukrainian-nationalist-volunteers-grows-269604

 (31) https://www.independent.co.uk/news/world/europe/ukraine-russia-pravy-sektor-extremism-b2011598.html

 (32) https://www.jacksonfreepress.com/news/2014/mar/14/after-ukraine-protest-radical-group-eyes-power/

 (33) https://www.thetimes.co.uk/article/ukraines-far-right-warriors-set-for-war-with-russia-f335tvl8v https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/11/post-97433.php https://www.state.gov/reports/2018-country-reports-on-human-rights-practices/ukraine/

 (34) https://www.theguardian.com/world/2014/may/02/ukraine-dead-odessa-building-fire

 (35) https://www.kyivpost.com/article/content/ukraine-politics/yuriy-lutsenko-mukacheve-incident-collision-between-mafia-militants-393319.html

https://www.bbc.com/news/world-europe-33523869

 (36) https://www.globalsecurity.org/military/world/ukraine/right-sector.htm

 (37) https://nationalinterest.org/feature/beware-ukraines-rising-right-sector-13558

 (38) https://www.reuters.com/article/us-ukraine-crisis-azov-idUSKBN0ML0XJ20150325 https://www.newsweek.com/ukraine-rallies-nation-defend-russia-far-right-joins-fight-1684187

 (39) https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20220129-00279459

 (40) https://www.nytimes.com/2022/02/25/world/europe/militias-russia-ukraine.html

 (41) https://www.bbc.com/news/world-europe-28329329
https://time.com/5926750/azov-far-right-movement-facebook/

 (42) https://digital.asahi.com/articles/ASQ3F42WDQ3CUHBI00Z.html?ref=tw_asahi

 (43) https://www.thedailybeast.com/the-frightening-far-right-militia-thats-marching-in-ukraines-streets-promising-to-bring-order?ref=scroll

 (44) https://theintercept.com/2021/10/12/facebook-secret-blacklist-dangerous/

 (45) https://www.newsweek.com/ukraine-rallies-nation-defend-russia-far-right-joins-fight-1684187

 (46) https://www.newsweek.com/evidence-war-crimes-committed-ukrainian-nationalist-volunteers-grows-269604
https://www.foreignaffairs.com/articles/ukraine/2014-10-26/ukraines-democracy-problem

 (47) https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/022400330/ https://www.sankei.com/article/20191122-B4QVCIEPCZPGHCTGLDVGJ6S7CE/ https://www.sankei.com/article/20220220-Q3ASMB2BDRIFLPXZQGAN3ME7XI/ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220312/k10013527411000.html
 『ルポ プーチンの戦争 「皇帝」はなぜウクライナを狙ったのか』 (真野森作著 2018 筑摩書房)

 (48) https://www.youtube.com/watch?v=03AqKuCg96I&t=38s

【注】
(49) https://www.youtube.com/watch?v=eEEHIVKrZyQ

(50) https://www.haaretz.com/israel-news/.premium-ukrainian-ambassador-claims-ukraine-aided-jews-in-the-holocaust-history-disagrees-1.10645556

(51) https://www.tokyo-np.co.jp/article/45135
 https://www.kyivpost.com/article/content/ukraine-politics/european-parliament-hopes-new-ukraines-leadership-60430.html

(52) https://forward.com/news/462916/nazi-collaborator-monuments-in-ukraine/

(53) https://www.rferl.org/a/ukraine-azov-right-wing-militia-to-patrol-kyiv/29008036.htmlhttps://www.rferl.org/a/ukraine-azov-right-wing-militia-to-patrol-kyiv/29008036.html

(54) https://www.haaretz.com/world-news/europe/in-ukraine-hundreds-march-with-torches-in-annual-tribute-to-nazi-collaborator-1.9420221
 https://www.timesofisrael.com/torchlit-march-in-kyiv-honors-nazi-linked-nationalist/
 https://www.jpost.com/diaspora/antisemitism/hundreds-march-with-torches-in-tribute-to-nazi-collaborator-in-ukraine-654187

(55) https://www.jpost.com/israel-news/article-701093

(56) https://www.aljazeera.com/news/2022/2/28/ukrainian-fighters-grease-bullets-against-chechens-with-pig-fat

(57) https://economictimes.indiatimes.com/news/international/world-news/ukraine-russia-crisis-neo-nazism-and-fake-news-dominate-discourse/articleshow/90011393.cms

(58) https://jp.reuters.com/article/ukraine-discrimination-students-idJPKBN2L40H8

(59) https://twitter.com/jonathbruns/status/1500554358492209162

(60) https://twitter.com/BrankoMilan/status/1500322259264851974