風知草


     ウイグル報道をめぐって 

     注目の連載 山田孝男


      毎日新聞 2022/5/30 東京朝刊


     

 25日の毎日新聞朝刊1面トップは「ウイグル公安文書流出」だった。

 中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区にある、少数民族ウイグル族などを収容する<再教育施設>の、人権無視の実態を大量の文書と写真で暴いた特ダネである。

 競争紙が日米豪印の「クアッド」首脳会議を大きく報じた朝だった。それ自体が<中国包囲網>という評判の会合である。


 とっさに、毎日は中国に遠慮して「クアッド」報道を抑えたのかと思ったのだが、1面トップをよく読むと、中国の暗部をもっと具体的に問うている。スクープに携わった同僚記者の苦心談を聞き、問題の奥の深さを思い知った。

     ◇

 資料に直接当たって報じたのは日本では「NHKワールド JAPAN」と毎日新聞だけである。

 他は英BBCニュースなどを引いて伝えた。毎日の場合、米国が拠点の取材チームに、かつて中国でこの問題を追いかけた記者が参加していたことが有利に働いたようだ。大量の中国語資料を1カ月以上かけて丹念に読み込み、ウラを取ることができた。


 流出資料は数万点に及ぶが、毎日新聞デジタルの特集ページ「新疆公安ファイル」をクリックすると、概要を通観できる。

 (1)「数歩でも逃げれば射殺せよ」と係官をあおる自治区の共産党幹部の指示など5種類の文書(日本語抄訳付き)(2)手錠、足かせ、覆面をされたまま小突き回される被収容者など、施設内の写真29枚(3)2万人以上の被収容者の個人記録、約2800枚の顔写真のうちから4例――である。


 資料は、米国の非営利組織「共産主義犠牲者記念財団」上級研究員、エイドリアン・ゼンツが世界14のメディアに提供した。

 この人は英ケンブリッジ大で社会人類学の博士号を取った在米ドイツ人。新疆の公安当局のコンピューターシステムに保存されていたデータを「第三者」がハッキングし、それを入手したという。


     ◇

 この問題で中国当局の内部文書が流出したのは7回目。ゼンツはそのうちの5回に関わっており、中国外務省はそのつど「またゼンツのフェイク(虚報)」と突き放している。

 だが、フェイクかどうかは調べれば分かる。毎日の取材チームは、資料に名のある被収容者の家族がトルコやオランダにいることを突き止めて取材。写真資料とグーグルアースの衛星画像を照合して収容施設も特定し、流出資料の信ぴょう性を裏付けている。

 チームの中心だった同僚はこう言っている。

 「協力し合った各国メディアにはオシント(公開資料分析)専門家などさまざまな分野の記者がいた。一メディア企業の枠を超えた調査報道の可能性という点で刺激を受けました」

     ◇

 獄中の虐待は他の国にもある。米国では戦争捕虜虐待がしばしば問われた。日本でも昨年、名古屋出入国在留管理局に収容中のスリランカ人女性の、密室の不審死が問われた。

 だが、今回のウイグル文書は、新疆の圧政が「党中央の要求」であり「(習近平)総書記の計画」であることを裏付けている。

 中国は新疆の反政府活動を徹底的につぶし、この地にAI(人工知能)と新エネルギーのユートピアを築こうとしている。

 だが、現実に立ち現れたものはディストピア=地獄でしかない。

(敬称略)=毎週月曜日に掲載