(インタビュー 米中間選挙2018)

  モンスターは誰だ

  映画監督、マイケル・ムーアさん


    2018年11月8日05時00分 朝日新聞

「トランプ氏を早く引きずり降ろさないと、引き返せなくなるときが来る」=ニューヨーク、増池宏子氏撮影

 激しい戦いが繰り広げられた米中間選挙。各地を遊説したトランプ米大統領は野党候補やメディアをののしることで支持を訴え、米国社会の分断は深まるばかりに見える。なぜこんな事態に陥ったのか。リベラルな立場から鋭く問うドキュメンタリー映画「華氏119」(公開中)を撮ったマイケル・ムーア監督に聞いた。


 ――「華氏119」では、ヒトラーの演説映像にトランプ大統領の声をかぶせるなど、ナチスドイツと今の米国を比べる場面があります。米国は、かつてドイツがたどったような道を歩んでいるのでしょうか。

 「そうではありません。ヒトラーの口からトランプ氏の声が出てくるのは、面白いと思ったんです。ご存じの通り私は皮肉屋なので、ユーモアを政治的な武器として使っています」

 「私が言いたいのはこういうことです。1930年代のドイツや日本、米国はかなり開化した国でした。賢明で文化的な人がたくさんいました。当時の映画を見るだけでも、それは分かります。善意を持った良き人たちにファシズムが根付いてしまうことに、ずっと舌を巻いていました」

 「それはまた起こりうるのです。以前のようなファシズムではないでしょう。『笑顔のファシズム』(バートラム・グロス著)という本を読みました。書かれているのは、21世紀のファシズムは強制収容所やかぎ十字がもたらすのではなく、テレビ番組に出てくる笑顔が作り出すのだ、ということでした。テレビのプロパガンダやメディアの人間が取り上げることで、人々は取り込まれるのです。トランプ氏のもとで起きているのはそういうことです」

 「(2016年の大統領選では)米国の沿岸部の人たちは、トランプ氏をまともに相手にしようとしませんでした。しかし、ニューヨークとロサンゼルスの間の地域には何百万人、何千万人というトランプファンがいるということが見落とされていました」

     ■     ■

 ――中間選挙を迎えました。

 「『中間選挙』と呼ぶべきではありません。トランプ氏の信任選挙と言うべきです。選挙を戦ったのはトランプ氏なのです。各州を回り、『自分の再選は20年(の大統領選)ではない。今こそ、そうなんだ。私の成功を願うなら、共和党に投票してくれ。自分への投票なのだ』と訴えていました」

 ――民主党に挽回(ばんかい)の可能性はありますか。

 「映画でも触れましたが、米国民の多数派は左寄りの政治に賛同しています。多数派は、女性と男性に同額の給料が支払われるべきだと考え、気候変動が事実だと信じています。最低賃金をもっと高くすべきだとも考えています。戦争に反対だし、銃も保有していません。いくらでも例は挙げることができます」

 「米国民の過半数はリベラルなのに、なぜ権力を握っていないのでしょうか。(大統領選の勝敗を決める獲得選挙人数ではなく)有権者の得票数を見ると、過去7回の大統領選のうち、6回は民主党候補が共和党候補を上回っています。それだけ共和党が嫌われています」

 「それなのにホワイトハウスは、共和党に押さえられています。多数の側にいるはずなのに、(リベラルの)我々は権力を握っていないのです。これで民主主義だと言えるのでしょうか」

 ――「投票に行かない」という若者に多く会いました。

 「トランプ氏は『何をしても意味がない』という有権者のあきらめを助長しているのです。『すべて腐っている。どうして投票なんかしなければいけないんだ?』と思わせようとしているんです。特に若い人たちにね」

 ――トランプ氏は何を目指しているのでしょう。

 「ホワイトハウスにずっと住み続けること。民主主義の仕組みを解体すること。自分や同じような富裕層の懐を肥やすこと。とてもうまくやっています。才能があります」

 ――モンスターはトランプ氏本人ではなく、トランプ大統領を生んだ米国民のようにも思います。

 「トランプ氏は、空から降ってきたわけではありません。トランプ氏は、私たちそのものなのです。もしトランプ氏を排除しようとするのなら、私たち自身の振る舞いを変えなければなりません。銀行や企業による支配を許し、労働者や貧困層の生活をますます苦しくする、そういったことを支えるのをやめなければなりません」

     ■     ■

 ――どうすれば解決できますか。希望はありますか。

 「『希望』はありません。絶望しているわけではない。私が『希望がない』というのは、希望だけで選挙が勝てるわけではないということなのです。希望では有権者に投票所に足を運ばせることはできないのです」

 「解決策は、民主党が上下両院を押さえ、古いタイプの民主党幹部が道を譲り、若い世代や女性が党内の主導権を握ることです。そうすれば変化を起こせるでしょう。民主党が上下両院をとれば、トランプ大統領の弾劾(だんがい)手続きを進めることができるでしょう。裁判にかけるのです。ただ、民主党は弱腰で、一部にはそこまでしたくないという議員もいます。支持者が圧力をかけなければならないでしょう。ここでトランプ氏に歯止めをかけられなければ、我々は20年までもたない」

 ――20年までもたないというのは、どういう意味ですか。

 「もしトランプ氏が勝ったら、この2年で民主主義は今とは異なるものになっているでしょう。それだけ深刻だと思っています」

 ――あなたは米メディアのインタビューで「民主主義は一枚の紙切れに過ぎない」と語っていましたね。どういう意味ですか。

 「みんな民主主義は永続的に続くかのように振る舞っていますが、そうではないのです。保証はないのです。民主主義は紙切れに過ぎません。あなたたちの憲法であり、私たちの憲法であり、成立させてきた法律なのです。でも、それを守れるかどうかは国民次第です。トランプ氏のように自らは法律を超えた存在だと考えたり、法律を気ままに変えて良いと思ったりしている人を指導者に選べばどうなるでしょうか」

 「民主主義というのは、国民が参加してこそ守られるのです。もし国民が民主主義に参加するのをやめたり、人々が何が起きているのか理解できないくらいのレベルに下げられたりすると、揺らぎかねないのです。学校の機能が衰え、図書館は閉鎖される。メディアは大企業に買収され、きちんとした仕事をしている記者がどんどん少なくなっています」

 「映画では、ミシガン州フリントで軍が市民に通告もなく市街地演習をしたことを取り上げました。みんな『知らなかった』と驚くのです。大手紙や大手テレビ局は以前は各地に支局を持っていましたが、ほとんど廃止してしまいました。海外支局もそうです。それではダメです。情報の欠如により、私たちは市民として苦しんでいるのです」

     ■     ■

 ――ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教寺院)で銃乱射事件があり、民主党有力者らにパイプ爆弾が送りつけられる事件もありました。トランプ氏がもたらした側面はありますか。

 「そういう空気を作り出したと思います。事件を起こした責任はもちろん犯人にあります。トランプ氏は言葉を選ばず、自分が作り出している社会の空気についても考えていません。それは無責任です。非難されても仕方ないでしょう」

 「爆弾事件の容疑者は車に私の写真を貼っていました。何日か前に連邦捜査局(FBI)の捜査官が訪ねてきたのですが、容疑者の車やコンピューターには私に関する資料がたくさんあったそうです。私の所に爆弾が届いていないのを驚いていました。クリスマスまでに届けば良いのですが(笑)」

 ――ブラジル大統領など、世界的にもポピュリストの指導者誕生が相次いでいます。

 「人間というのは必ず暗い側面というのを持っていて、それは簡単に出てくるものなのだと思います。世界各地で同じようなことが起きています。気候変動やグローバリゼーションで住みにくい世の中になったと感じる人たちが増えました。難民の問題もあります。人種間の憎悪をあおり、権力掌握に使おうという勢力に、難民は利用されてしまいました。米国だけの問題ではありません」

 ――安倍晋三首相はトランプ氏当選後、真っ先に駆け付けました。

 「安倍首相は実はトランプ氏が間抜けだとわかっていて付き合っているのではないかと考えもします。一方で、やっぱり気づいていなくて、隣でニコニコしているのかもしれません。もしそうだとしたら、私が日本人だったら気分を害するでしょうね」

     ◇

 このインタビューは中間選挙投開票の前に、共同通信、毎日新聞と合同で行いました。(聞き手・構成 ニューヨーク支局長・鵜飼啓)

     *

 Michael Moore 1954年、米ミシガン州生まれ。アポなし取材や過激な発言で知られ、米同時多発テロ後の米社会を描いた「華氏911」が大ヒットした。