ポスト「民主主義」の世界



米インタビュー編  

  陰謀論、不安の理解必要

  エリック・オリバー シカゴ大教授


    毎日新聞 2022/1/28 東京朝刊 有料記事 1456文字

  
  =本人提供
 根拠のない「陰謀論」が飛び交い、基本的な事実についても国民の意見を集約するのが難しくなった米国。陰謀論を研究してきた米シカゴ大のエリック・オリバー教授(政治学)に社会の分断の現状と、その解消方法について聞いた。


 米国では建国期から陰謀論が存在した。なぜ今、これほど広まっているのか。それは、情報技術が発達したからだ。印刷が始まった当時は、陰謀論も紙で出回るだけだった。しかし、インターネットが普及し、ソーシャルメディアが広まったことで「情報源の民主化」が起きた。そして、必ずしも事実ではない情報が拡散されるようになった。


 こうした情報は拡散されればされるほど、正当性を持つ。おかしな話でも、自分の知っている人たちが信じていると、もっともらしく思えてしまうためだ。多くの人が長時間、インターネットに接続している状態にあり、パソコンの画面に映るものが現実であると感じることも要因だろう。

 人が陰謀論を信じる理由を解明しようと聞き取り調査を続けた結果、陰謀論を信じることと、超自然現象や超常現象を信じることには関連性があった。


 人は何か知らないものに直面すると不安を感じる。本能的に不安を除去しようと、できるだけ速やかに説明を求める。陰謀論が果たす役割がそこにある。陰謀論は我々の直観と関わっている。直観は我々の感情に基づくものだ。

 現在の米国政治の対立は「民主党」と「共和党」、「保守」と「リベラル」ではなく「直観主義者」と「合理主義者」の対立と捉えた方がよい。政策ではなく、世界観が違うのだ。


 合理主義者は理論や政策、事実関係に根拠を求める。これに対し、直観主義者は感情や(見えないものを示す)シンボルを頼りにする。政党やイデオロギー、人種とともに、こうした世界観の違いが米国政治を形成する力になっているのだ。この世界観の違いに沿って政治は分極化している。

 左派側にも陰謀論はあるが、米国の保守主義はどんどん陰謀論的、感情的な考え方に支配されるようになった。直観的思考の政治家の最たる例が、トランプ前大統領だ。トランプ氏が共和党を支配するようになり、合理主義者の共和党員の居場所は党内になくなった。


 合理主義者の共和党員と合理主義者の民主党員は、政策について議論できる。しかし、合理主義者と直観主義者では、世界観が違うので議論にならない。

 こうした状況をどうしたら変えられるだろうか。私は二つ提案している。陰謀論にはまっている人を理論的に説得しようとするのは逆効果だ。陰謀論の信奉者は何か心配ごとを抱えており、「信奉」はその不安の表れと考えるといい。まず、彼らの抱えている不安について「心配して当然だ」と認め、理解することだ。そうすることでコミュニケーションのきっかけができる。

 もう一つは、陰謀論を信じる人に「その信念があなたに役立つのか?」と尋ねることだ。それが「正しい」「間違い」ではなく、信念が有益なのかと問うのだ。

 人は(陰謀論を含めて)何かを信じることによって現実を理解しようとする。「信じること」というのは、いわばツール(手段)だ。ツールの価値は役に立つかどうかで判断すべきだ。有益なのかという問いは、直観主義者と合理主義者が共通の土俵を探す議論に道を開く可能性がある。【聞き手・ワシントン古本陽荘】=随時掲載

 ■人物略歴

エリック・オリバー(Eric Oliver)
 現代米国政治や政治心理学などが専門。10年以上、陰謀論を信じる人々を研究してきた。米カリフォルニア大バークリー校で博士号取得。