自民党と旧統一教会、共鳴の半世紀 岸信介元首相から続く歴史

    


    2022年8月6日 19時30分 
    
安倍晋三元首相は2021年9月、旧統一教会の友好団体が主催した韓国国内でのイベントにビデオメッセージを寄せていた

 「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と政治家の接点が、次々と明らかになっている。とりわけ目立つのが自民党議員との関係だ。戦後、長く政権与党の座を占めてきた自民と教団の歴史をひもとくと、何が見えてくるのか。



 旧統一教会と自民党との関わりは、長く広く深い。教団が日本で活動を始めた当初から半世紀を超えて、いまに引き継がれている。

旧統一教会の信者だったライターが語る 教団の実態と脱会できた理由
 教団は朝鮮戦争が休戦した翌年の1954年、韓国ソウルで文鮮明(ムンソンミョン)氏により設立された。4年後に日本での布教が始まり、64年7月に宗教法人として認証。日本での初代会長は、立正佼成会の会長秘書だった久保木修己氏だった。


岸元首相宅に隣接した本部教会

 その年の11月、教団は本部教会を東京都渋谷区に移転。教団関係者がまとめた「日本統一運動史」によると、本部教会は安倍晋三元首相の祖父である岸信介元首相の自宅に隣り合い、岸内閣の時代に首相公邸だった建物が使われていたという。

 その教義は、伝統的な家族観や男女の純潔を重視し、共産主義を否定する強い反共色を持つ。「共産主義に打ち勝つ」意味での「勝共(しょうきょう)」運動を推進するため、68年には教団の友好団体である政治組織「国際勝共連合」が韓国、日本で相次いで創設された。日本での名誉会長は、戦前に右翼政治家として活動した日本船舶振興会会長の笹川良一氏。岸氏は笹川氏とともに戦後、A級戦犯として収監されていたこともあって親しく、勝共運動を後押しした。

 岸氏は70年代、教団や関連団体の会合にたびたび出席した。「運動史」には、73年に岸氏が教団を訪れた際のこんなあいさつが記されている。「隣り合わせで住んでおりました。笹川君が統一教会に共鳴して運動強化を念願し、『君の隣に来ているのは私が陰ながら発展を期待している青年の諸君だ』と聞き、久保木君のお説教は非常に頼もしく私は考えたのです」

 久保木氏は著書で「岸先生に懇意にしていただいたことが、勝共運動を飛躍させる大きなきっかけになった」と振り返っている。

 勝共連合の機関誌などによると、文氏は74年に来日した際は、岸氏を名誉実行委員長として開かれた「希望の日晩餐(ばんさん)会」で講演した。2年後に首相となる福田赳夫蔵相が、「アジアに偉大な指導者あらわる。その名は文鮮明。今日は待ちに待った文先生と席を同じくし、ご高邁(こうまい)なご教示にあずかり、本当に今日はいい日だなあ」とあいさつし、文氏と握手している。

 教団の関係者は、自民との歴史について「我々は反共の活動をする団体。岸元首相の時代から、特に清和会とお付き合いさせてもらっている」と説明している。岸元首相の系譜を受け継ぎ、福田元首相が創設した派閥・清和会(現安倍派)との関係を特に重視してきたという。


晋太郎氏「選挙で使えば有利だ」

 87年8月に岸氏は90歳で死去。その2カ月後、自民党の幹事長に当時の清和会の領袖(りょうしゅう)・安倍晋太郎氏が就任した。岸氏の義理の息子で、晋三氏の父だ。

 当時を知る複数の元自民議員らは、岸氏以来の教団の人脈は晋太郎氏に継がれたと語っている。晋太郎氏は88年、勝共連合の「新春の集い」に来賓として出席。当時の朝日新聞は「選挙や党活動への勝共連合の物心両面の協力に感謝を述べた」と伝える。

 勝共連合は80年代、自民党で岸氏らがめざしていた「国家秘密法(スパイ防止法)」の制定を掲げて地方組織を拡大した。86年の衆参ダブル選では自民、民社両党などの候補150人を支援し、大半を当選させたとアピールしていた。

 清和会に所属していた元衆院議員によると、幹事長となった晋太郎氏は派閥の若手らに「選挙で使えば有利だ」「面倒を見てもらったらどうだ」などと、教団側の支援を受けるよう熱心に勧めていたという。

 晋太郎氏は、自民党で竹下登氏、宮沢喜一氏と並ぶ「ニューリーダー」と呼ばれていた。長期政権を担った中曽根康弘首相の後継争いで竹下氏に後れを取ったものの、「次」を着々と狙っていた。この元議員は「晋太郎さんは派閥を大きくしようとしていた。そこに統一教会がうまく入り込んだ」と振り返る。建設などの業界団体は主流派の竹下派などとパイプが太く、非主流派の清和会が勢力を拡大するためのひとつの勢力として、宗教団体との結びつきを強めた――。別のベテラン議員はそんな見方を示す。

 一方でこのころ、不安をあおって高額商品を売りつける教団の霊感商法が社会問題化。国会でも度々、取り上げられた。87年7月の臨時国会では、共産党の議員が中曽根首相に「霊感商法の背後に統一教会、勝共連合があることは明白」などと質問。これに中曽根氏が「一部団体との関係について自民党は縁を切れとか言っておられるが、思想と行動の自由に対する重大な侵犯発言だ」と反論した。


自民党関係者「教団の組織票は清和会が差配」

 晋太郎氏は91年に病に倒れたが、自民と教団との関係は続いた。自民は80年代末から90年代前半にかけて、消費税導入やリクルート事件の影響、さらに日本新党ブームが起きたことなどで国政選挙で苦戦が続いていた。清和会の元衆院議員は、教団側から90年と93年の衆院選で選挙の応援を持ちかけられたと明かす。90年から当選を重ねた他派閥の元衆院議員もそのころから、選挙で支援を受け続けたという。

 祖父は岸信介元首相、父は安倍晋太郎元外相、日本政界を代表する一家の出身――。2021年9月、教団の友好団体「天宙平和連合」(UPF)が開いたイベントにビデオメッセージを寄せた安倍晋三氏を、団体側はそう紹介した。

 晋三氏は「UPF主催のもと、より良い世界実現のための対話と諸問題の平和的解決のために、演説の機会を迎えたことを光栄に思います」とあいさつ。「韓鶴子(ハンハクチャ)総裁をはじめ皆さまに敬意を表します。UPFの平和的ビジョンにおいて、家庭の価値を強調する点を高く評価します」「偏った価値観を社会革命運動として展開する動きに警戒しましょう」などと呼びかけた。

 晋三氏は、小泉内閣の官房長官だった06年5月にもUPFの会合に祝電を送っている。霊感商法などの被害が生じていた中での祝電は批判され、被害対策に取り組む弁護士グループは「統一教会の活動に賛同し推奨していると宣伝されかねない」などと説明を求めた。晋三氏の事務所は当時「誤解を招きかねない対応であるので、担当者にはよく注意した」とのコメントを出した。

 教団側は、この20年ほど政権与党の中心にいた晋三氏との関係を重視してきた。教団関係者はこれまでの朝日新聞の取材に、友好団体「世界平和連合」の幹部が窓口となり、晋三氏と連携してきたと説明。この7月に当選した晋三氏の元首相秘書官・井上義行氏ら、最近3回の参院選で安倍派系の候補を推し、当選に貢献していると主張している。

 いま教団やその友好団体と自民議員らの接点が次々と明らかになっている。友好団体と関わりのある議員懇談会はこの6月に国会内で総会を開催。その場で諮られた役員案には清和会(安倍派)だけでなく、麻生派や岸田派などを含む30人近い自民議員が名を連ねた。

 ただ、多くの自民議員らは、教団と深くつながるのは清和会であり、その領袖の晋三氏だったと証言する。

 自民党関係者は「右派思想が色濃い清和会と教団は歴史的にも相性が良かった」。選挙に精通する別の党関係者は「教団の持つ組織票は、党ではなく清和会が差配していた」と言う。清和会出身の元議員は「教団は政治の保護を求めて晋三氏に近づいた」と話す。

 国際勝共連合の機関誌「世界思想」の18年6月号は晋三氏の写真を表紙にあしらい、「歴代内閣を格付けする」と題する特集記事を載せた。「安倍政権を戦後政治史に位置づける試み」として、歴代内閣のうち5段階の最高位にあたる「A」評価をつけたのは、吉田茂、岸信介、中曽根康弘、安倍晋三の各内閣だった。

 晋三氏が銃撃・殺害され、容疑者が教団への「恨み」を口にしたことから、改めて教団と政治との関わりに注目が集まり、実情が問われている。だが、自民党が広く党内の実態調査に動く様子はうかがえない。


コメントプラス
前田直人(朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)

2022年8月6日22時4分 投稿

【視点】まさに、長く広く深い関係について、ちらばって眠っていた歴史の点をあらためて整理し、関係者の証言で裏付けをし、今につながる伏流として俯瞰した記事です。歴史は記録として当時の印刷物や国会の議事録などに刻まれています。揺るがぬ事実が、そこからは浮かび上がってきます。

いまの議員らの言動とこの歴史を対比してながめれば、自民党がはっきりとものが言えない状況に陥っている理由が、わかってくるように思います。自民党自身がこれをどのように総括し、関係を見直すのか。はたしてそれをやりきれるのか。近くおこなわれる内閣改造・党役員人事でも、そこが問われることになるのでしょう。