今週の本棚



  

  『我々はどこから来て、今どこにいるのか? 上・下』
    エマニュエル・トッド著、堀茂樹・訳

  佐藤優・評 


    毎日新聞 2022/12/24 東京朝刊


   
 (文藝春秋・各2420円)



経済の新自由主義化が世界を二分化


 フランスの人口学者で歴史学者のエマニュエル・トッド氏の知的営為の集大成となる作品だ。トッド氏は経済の新自由主義化が地球規模で進む過程で世界が二分化されたことを指摘する。<この両者の違いを人類学的に見てみましょう。/「生産よりも消費する国=貿易赤字の国」は、伝統的に、個人主義的で、核家族社会で、より双系的で(夫側の親と妻側の親を同等にみなす)、女性のステータスが比較的高いという特徴が見られます。/「消費よりも生産する国=貿易黒字の国」は、全体として、権威主義的で、直系家族または共同体家族で、より父系的で、女性のステータスが比較的低いという特徴が見られます。/要するに「経済構造」と「家族構造」が驚くほど一致しているのです>。米国、英国、フランスは核家族社会で生産よりも消費する国だ。対してロシア、中国は共同体家族、ドイツ、日本は直系家族で消費よりも生産する国だ。ウクライナ戦争における英米(アングロサクソン)を中心とする西側連合とロシアの対立、米中対立の根底にも人々が意識していない家族制度や宗教による差異がある。

 ドイツや日本のような直系家族を持つ国民は、アングロサクソンの価値観には無意識のレベルではついていくことができない。しかし第二次世界大戦でアングロサクソンによって徹底的に叩(たた)き潰された記憶が骨まで染みているので、米国の「弟分」として従属する習性が身についている。もっとも、行き過ぎた核家族的価値観がもたらしたグローバル化に対する反発がいずれ顕在化する可能性があるとトッド氏は考えている。


 この関連でグローバル化に対する日独の反応が対照的であるとのトッド氏の指摘が興味深い。<GDP比で、ドイツの輸出は二〇〇〇年に三一%に達し、二〇一五年には四七%にまで上昇した。日本もまた、その同じ時期には、国を開放せざるを得なかった。しかし日本の輸出は、GDP比一一%から出発して、一八%に達しただけだった。二〇一五年には、輸出入が均衡していた。ドイツでは輸入にブレーキがかかり、三九%付近に固定されるようになった。日本のほうが総人口の規模が大きいわけだが、そのことだけでは、両国の開放度の間に存在するこれほどの差異は説明できない。/ドイツが、製品の品質が落ちるリスクを冒して東ヨーロッパの労働力を統合した生産回路を確立していたときに、日本にとっての優先事項は、サプライチェーンの自律性を保全することだったようだ。また日本は、福島原発事故のあとでも、絶え間ない地震の脅威があるにもかかわらず、自国の民生利用の原子力産業を維持した。日本の内向性とドイツの外向性がいちじるしい対照を成している>。直系家族の韓国はドイツ型の選択をしている。トッド氏は日本の内向性について<ここに到(いた)って、もしかすると、われわれは最終的に、日本は本当に特別な国だという考えを受け容(い)れてよいのかもしれないという気がする>と述べる。アングロサクソン的な価値観が行き詰まりを示しているとのトッド氏の考えには説得力がある。日本人が生き残るためには、家族制度や宗教観に下支えされた日本の制約条件を冷静に認識する必要がある。(作家・元外務省主任分析官)