憲法前文の日本

  田中優子 法政大総長


毎日新聞 2021年6月3日 東京夕刊


 現行憲法24条の冒頭に自民党憲法改正草案が加えた「家族」について前回は書いた。しかし、ここだけ抜き出しても自民党の草案の本質は見えてこない。やはり憲法は前文が多くを語っている。

 現行憲法は主権が国民にあること、日本国民は恒久的な平和を念願していること、政治道徳の法則は普遍的であること。その三つの部分でできている。この普遍的政治道徳とは「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」ことで、従って「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」のである。この「全世界」という広い視野は平和についても通底している。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」のであった、と。これが9条の武力放棄につながっている。武力放棄によってこの「信頼」を宣言することで、自分たちの安全と生存を保持する、という決意なのである。


 幕末に「攘夷(じょうい)」という行動をとった江戸時代から見ると、驚くべき考え方だ。平和と生存は攘夷によってではなく、全人類が等しく生存する権利つまり人権を持っていることを受け入れること、その全世界への信頼を持つことによって達成される、というのである。

 この前文を自民党の草案はすっかり書き換えた。そこに見える日本は「天皇を戴(いただ)く国家」であり、「国民は、国と郷土を誇りと気概を持って自ら守」らねばならず「和を尊び、家族や社会全体が互いに助け合」うべきで、「憲法制定の目的」はなんと「国家を子孫に継承するため」であるという。そして1条で天皇を「元首」とした。全世界も他国も個人も見えていない。まさに幕末の攘夷思想だ。

 24条と前文を比較しただけでも現行憲法と自民党の草案とは、その国家観が全く異なることがわかる。どちらを選ぶかは、主権者に委ねられる。(法政大名誉教授)




  憲法24条

毎日新聞 2021/5/26 東京夕刊

 前回は憲法24条2項に記載されている「配偶者の選択」に関わる、個人の尊厳と両性の平等について書いた。ついでに憲法改正を党是としている自民党の憲法改正草案でこの24条を確認したところ、驚くことに「配偶者の選択」という言葉が消えていた。

 まず現行憲法では、24条は2項から成る。しかし自民党の草案には3項ある。なぜなら第1項が加わっているからだ。それは「家族」である。「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」と。戦後日本で個人の尊厳、両性の平等を明言した輝かしい24条は、この第1項の追加によって、意味が変わってしまった。そして第3項つまり現行の第2項からは「配偶者の選択」と「住居の選定」が消え、「家族、扶養、後見」そして「親族」まで加わった。


 改憲をどう考えるかは個々の自由だ。しかし考えるにあたって、ぜひ行ってほしいことがある。それは、現行憲法と自民党の改憲草案との比較である。この24条だけ見てもわかるように、これは「改憲」の草案ではない。全く異なる価値観で書かれた、全く別の国になるための別の憲法であると言えるだろう。

 江戸時代の武家は家制度で成り立っていた。自民党の24条は江戸時代に戻るような案である。それなら当時のように夫婦別姓、夫婦別財産制にしなければならないが、別姓すら決められない。いっそのこと国民の8割が農業を営み、食料自給率100%で二酸化炭素(CO2)排出量が限りなく低い江戸時代に本格的に戻ったらどうだろうか。食住一致の暮らしがあれば家族をもっと大切にできる。国内総生産(GDP)の競争と新自由主義もなくなる。それも悪くない。しかし、草案で江戸回帰への可能性を感じさせる内容は24条だけで、他の項目は戦前への回帰である。(法政大名誉教授)




  配偶者の選択

毎日新聞 2021/5/19 東京夕刊

 前回は、差別と嫉妬の組み合わせに要注意、と締めた。実はそれについて以前から気になっていることがある。皇族の結婚に対する週刊誌による激しいバッシングだ。購買数を稼ぐため頻繁に個人攻撃をしているのだろうか。そうだとすると、多くの人が喜んでいて、それを極めて不快だと感じる私はおかしいのだろうか?

 不快感の最大の理由は、個人の尊厳に対する侵害だと思えるからだ。憲法24条では、配偶者の選択や婚姻は個人の尊厳を尊重することになっている。その他の法律でも守られている。皇室典範では、女性皇族の結婚は皇室会議の承認を要さないという。結婚後は一般人になるからである。


 江戸時代ならこういうことは起こらない。天皇家や公家の結婚に関心を持つ人などいなかった。皇女和宮が将軍家に降嫁した時はさすがにざわついたが、これは公武合体という政治体制の根幹につながる大事件だったからだ。

 それでは今、皇室の女性の結婚相手選びについて大出版社の編集者たちが腕をまくって、人々の憎悪をあおるかのように書き立てているのは、どういう理由からなのか。女性そして一般人という要素の組み合わせに、憎悪が芽生えるのだろうか。理解できない。このことを人権の観点から、ようやく4月28日の東京新聞が取り上げた。そこにはシングルマザーへの差別感が根底にあるのではないか、という見方も書かれていた。

 私の母方の祖母はシングルマザーだった。父方の祖母も祖父が早くに亡くなっていたので、2人の祖母はいずれも女手一つで子どもたちを育てた。両親が経験したような差別は過去のことだと思っていたが、「完璧な家庭」幻想による差別感はまだ根が深く、そこにはやはり嫉妬が加わっているのだろう。しかし、完璧な家庭という幻想にとらわれながら嫉妬することこそ、苦しくはないだろうか?(法政大名誉教授)