田中優子の江戸から見ると

  平等の象徴となる制度へ

  田中優子 法政大総長


    毎日新聞2019年5月22日 東京夕刊

    
 退位、即位、改元は大騒ぎだった。代替わりも皇室関係のバッシングも、報道は熱くなる。「皇室は国民に関心を持ってもらうことが大切なのだから、良い話も悪い話も、常に注目されているのがいいんじゃないの」と言うジャーナリストもいる。

 江戸時代の京都でも即位式観覧券が発行された。即位式や大嘗祭で使われた衣装が歌舞伎に取り入れられたこともあったという。一方、江戸をはじめ全国的には、皇室への関心は薄かった。しかし当時は天皇家周辺に形成されていた公家集団が、大きな役割を担っていた。仕事として、有職故実、和歌、蹴鞠、華道、料理、衣装、雅楽、相撲などを伝承していたのだ。一方、武士は学問、武術、茶の湯、能を身につけた。公家と武家は相互補完的に日本文化を保持したのだ。公家を含む天皇家の集団は庶民の関心の対象ではなかったが、日本文化の実質的体現者だったのである。

 さらに、江戸時代になると庶民が盛んに伊勢参宮と京見物に行くようになった。旅行という消費行動が、平安時代以来の日本を再発見することにつながった。

 明治維新で公家も武家も解体され、天皇家は欧風になり、日本文化は市民が担うことになった。天皇家は現在、宮中祭祀の実行、儀式のための有職故実、衣装道具類、歌会始の開催と和歌、所蔵品の管理という限られた範囲以外は、日本文化を支えることを仕事としてはいない。日本文化はむしろ私たち市民が支えている。

 天皇は「象徴」であり続けることが責務となった。病や老いを抱えながら、戦後日本の人々の困難に向き合う姿には心打たれた。しかし天皇制は、日本社会が持ち続けている男女不平等の象徴でもある。天皇ご自身にはどうにもできない。主権者である私たちがその制度を変えない限り、天皇家はそう遠くない将来、消滅の危機にひんするであろう。