黄河海に入りて流る
    あとがき 抜粋

     武田泰淳


      昭和45年8月30日 第一刷発行
      勁草書房



・・・・・
・・・・・

 「国際文化」六月号が、アジア語の特集をやっている。その中で、田中敏雄氏が「ヒンディ一語と私」と題して、インド語ならびにインド文化研究者のなやみを反省している。この文章のはじめに「廿四史が何んだろう。北京図書館が何んだろう。万巻煙となって消ゆるとも自分の馬鹿面だけは残っていてくれる……」以下、「支那文化に関する手紙」の一節が引用されているのに驚かされた。

 しかも「この文章は、ヒソディ一語を学び、文学を読んでいる私にとって、警策である」と書かれてあるので、ますます驚かされた。田中氏は、次のように書いている。

 「私は『秦の始皇帝の焚書よりもっと広範囲な文化の破滅がいつの日にか行なわれた跡の、その焼跡』(前掲文)に立ったこともないし、立つ自分を想像したこともない。(中略)。私たちは、近現代史における日中関係の渦中にあって中国研究者が経験したものを経験していない。だから、私たちインド語研究者は『風媒花』を持っていない。このことが私たちにとって、幸せなことか、不幸なことか分らない。中国研究者の持つ、中国と中国人に対する複雑で屈折した感情から、私たちインド研究者は免れているし、毛沢東の思想や中国人が行っている壮大な実験を、自分がやりとげたかのような錯覚に陥ることもない。しかし、インドとインド人に対する関わる緊張関係がないことは認めなくてはならない。すくなくとも私には。だから、始めに引用した文章は、私にとって警策なのである」

 字典によると「警策」とは、言少くしてその要にあたること。詩文の秀逸なるもの。また及第の意であるそうだ。別の辞典によると、いましめむちうつこと。全篇を活動させるききどころだそうだ。したがって私にとって、むしろ「ヒンディ一語と私」が逆に警策となり、いましめむちうたれる次第となった。と言うことは、おなじアジア研究者、アジア感覚者、アジア表現者、アジア体験者は、それぞれおそろしくちがった宿命のもとに在り、しかもそれにもかかわらず、たちまち共感しあうことができるということである。磯田氏も粟津氏も、もしもアジア棲息者でなかったら、私の作品群について、あれはどの関心を示して下さらなかったのではあるまいか。


・・・・・
・・・・・