これは、アレだな

  /78 関東軍かプーチン軍か

    高橋源一郎 

    2022/4/9 05:00(最終更新 4/9 16:33) 毎日新聞

    
高橋源一郎氏
たかはし・げんいちろう 1951年、広島県生まれ。作家。近著に『一億三千万人のための「論語」教室』 『誰にも相談できません』 『「ことば」に殺される前に』など

これは、アレだな


 今回も、ロシアのウクライナ侵攻関連の「これ、アレ」である。連続3回目だ。こうやって書いているうちに、平和が訪れればいいのに。強くそう思うのである。

 2011年3月11日、東日本大震災が起こったとき、多くの人が、終戦の日を思い出した。というのも、あの震災と津波の後の風景が、終戦直後の焼け野原を思い出させたからである。いや、それだけではない。原発の爆発事故のきのこ雲の映像が広島の惨劇を、それから続いた、ヴィデオメッセージによる天皇陛下(現上皇陛下)の「おことば」が、やはり、昭和天皇の「玉音放送」を思い起こさせたのだ。

 まことによく似ている。歴史を見ていると、まさに「これは、アレだな」と思うことがある。このコラムで繰り返し書いているように、時代は変わっても、人間の性質が変化しない限り、同じ状況では、同じことをするものなのだろう。

 ということは、歴史を勉強すれば、いま起こりつつある事件が、どのようなものになっていくのか予想できるかもしれない。あるいは、そのことについて考えるヒントを得ることができるかもしれないのだ。

 なので、今回は、みなさんもわたしと一緒にお勉強してみませんか、というお誘いである。

 さて、今回のロシアのウクライナ侵略の報道を見て、「満州事変」を思い起こした方も多いかもしれない。いや、「満州事変」といっても、日本史で習ったことがある程度、もしくは、日本史でもそこまでやらなかった、という人たちの方が多い可能性もある。わたしだって、そんなに詳しいわけではない。

 わたしの親の世代では、「満州事変」ということばは、誰でもよく知っているものだった。歴史の知識や常識は時代によって変わってゆく。当然のことながら、「満州事変」は、いまや単なる歴史上の知識にすぎない。

 そこで、今回は、近現代日本史を描いて画期的な名著といわれた、加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(新潮文庫)を読みながら、勉強してみたい。

 まず、「満州事変」の勃発は、1931年(昭和6年)9月18日。当時の中華民国の奉天(現瀋陽(シェンヤン))郊外で、関東軍が南満州鉄道を爆破した上、それを中国側の謀略であるとでっち上げ、満州全土の占領に至った。ここから始まった日中戦争は1945年(昭和20年)まで続く。いわゆる「十五年戦争」の始まりである。

「関東軍」というのは、日露戦争後、日本が獲得した関東州(旅順・大連等)の防備と、やはりロシアから獲得した南満州鉄道防備のために日本から派遣された軍隊ですね。日本は、そうやって中国から手に入れた占領地拡大を狙っていたわけである。その頃、いまの満州あたりは、中華民国政府の力が及ばず、軍閥という名の独立軍が支配していた。それも格好の狙いだったのだ。「満州事変」を起こした日本は、さらに、傀儡(かいらい)国家「満州国」を打ち立て、世界から非難されると、「国際連盟」を脱退する。このあたり、ロシアがやっていること(というか、やろうとしているらしいこと)は、ほぼ同じ。ロシアから、「よお、パイセン(先輩)!」といわれるかもしれない。

 ところで、加藤陽子さんは『それでも』の中で、たいへんおもしろい指摘をしている。それは、「満州事変」の2カ月前に、東京帝国大学(現東大)の学生に行った意識調査の記録だ。質問は「満蒙(まんもう)(南満州と東部内蒙古(ないもうこ))に武力行使は正当なりや」というもの。簡単にいうと「満蒙」は、「日露戦争後に日本が獲得した権益が集中している場所」のこと。これに対して、日本で最高のインテリが集まっている東京帝大の学生たちが出した回答はというと……。

「88%の東大生が『然(しか)り』つまり『はい』と答えている……内訳を見てみると、『直ちに武力行使すべき』という、血の気の多い気の早いお兄さんたちが52%いる」

 そして、加藤さんは、こういうのである。

「一般的に、知的訓練を受け、社会科学的な知識を持っている人間は、外国への偏見が少なく外国に対する見方が寛容になる傾向があります。『中国側にだっていろいろな事情があるのだ。日本側にもあるように』と思える人間には、やはり知性、インテリジェンスがあるだろうと。たくさん勉強していたでしょうし、いろいろな知識を持っていたと思われる東大生の88%が武力行使を『是』としていたということに、私は驚きました」

 いつの時代、どの国でも、その国の「内側」の人にとっては、「外側」にいる人たちの良識は届かないのかもしれない。いま、ロシアは、明らかに不正と思われる侵攻をウクライナにしているのだが、もしかしたら、それを「是」とする人たちは、わたしたちが想像するよりもずっと多いのかもしれないのである。

 そして、もう一つ。攻められる側の中国の人たちの考えも、たいへん参考になる。

 中国国民政府の駐米国大使だった胡適(こてき)は、「日本切腹、中国介錯(かいしゃく)論」というものを唱えたそうだ。加藤さんは、こう書いている。

「胡適は『アメリカとソビエトをこの問題に巻き込むには、中国が日本との戦争をまずは正面から引き受けて、二、三年間、負け続けることだ』といいます……これだけ腹の据わった人は面白い」

 胡適自身は、次のように書いているそうだ。

「(二、三年戦っていると)……満州に駐在した日本軍が西方や南方に移動しなければならなくなり、ソ連はつけ込む機会が来たと判断する。世界中の人が中国に同情する。英米および香港、フィリピンが切迫した脅威を感じ、極東における居留民と利益を守ろうと、英米は軍艦を派遣せざるをえなくなる。太平洋の海戦がそれによって迫ってくる」(「世界化する戦争と中国の『国際的解決』戦略」/石田憲編『膨張する帝国 拡散する帝国』所収)

 結局、胡適さんの予言はぜんぶ当たるのである。おそるべし胡適!

 けれども、日本だけではなく、アメリカもヴェトナムで、ソ連もアフガニスタンで、同じような、別の胡適さんの智慧(ちえ)と信念に敗れることになるのである。ちょっと、ゼレンスキーさん、胡適さんに似てるかも……。

 歴史を見る限り、このままでは、ロシアは必敗の形勢なのだが、プーチンさん、どうするのだろう。

 ちなみに、もう一冊、最近テレビでお見かけしない日はないくらい登場している小泉悠さんの『現代ロシアの軍事戦略』(ちくま新書)も、めっちゃおもしろかった。読んでいると、だんだん、ロシア(の軍人たち)の気持ちになって、西側からの圧迫と戦うためには強気に出なくちゃいけないこともある、と思えてくるのだ。相手の気持ちも、ぜひ理解しましょう!


高橋源一郎さんの「これは、アレだな」は、サンデー毎日で好評連載中です。
たかはし・げんいちろう
 1951年、広島県生まれ。作家。この連載をまとめた書籍『これは、アレだな』が好評発売中