これは、アレだな



  話題のブロガー、「セイ」

  高橋源一郎 

    2021/10/2 05:00(最終更新 10/2 11:43)サンデー毎日

    
高橋源一郎氏
たかはし・げんいちろう 1951年、広島県生まれ。作家。近著に『一億三千万人のための「論語」教室』 『誰にも相談できません』 『「ことば」に殺される前に』など

「ここから始まる。

 私は自分の人生に飽きてしまった。死ぬほどつまらない。本当につまらないから、その気になれば死んでもいい。

 中年、独身、子どもはいない。一人で住んでいる」

 こんなふうに始まるので、読んでいる方は気が気ではない。

「つまらなくて死にそうだ。不安で死にそうだ。ムカついて死にそうだ。何か手を打たなければ」

 では、どんな手があるのか。あった。一つだけ。大好きな「セイ」、「推し」の「セイ」、彼女のあとを追いかけて、彼女の国に行ってくるのだ。こう決心したのは、そのときアラフォー(38歳)のフィンランド人、ミア・カンキマキさん。ところで、「セイ」って誰?

 もちろん、「清少納言」ですよ!

『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ』(末延弘子訳 草思社)を読んで、ほんとに驚いた。『枕草子』なら読んでたことはあったし(原文も現代語訳も)、「清少納言」のことなら知っているつもりだった。ところが、日本語もできず、『枕草子』のフィンランド語訳もないので、英訳で読むしかないミアさんに、「清少納言」のことを教えられたからである。

 まずは、ミアさんは「清少納言」のことを「セイ」と呼んだ。まるで、長い付き合いの友だちのように。これは、時間(千年以上)も距離(1万キロ以上)も言葉(外国語)も離れていても、あっという間に近づくことのできる、素敵(すてき)な方法だ。実は、このやり方、わたしにも覚えがある。『論語』を現代語に訳したとき、これならできると思えたのは、孔子を「センセイ」と呼ぶことにしようと決めたときだった。ほんとうに不思議なことなんだが。

 そして、ミアさんは、「セイ」のことばを読み、「セイ」のことを考えた。その結果、驚くべき事実に気づくのである。

 ねえ、「セイ」、あんたたちって、年がら年中、歌を作って、送り合っていたよね。

「朝から晩まで歌、歌。もし、遠い世界の話のように感じられるなら、歌を『ショートメール』とか『ツイート』とか『フェイスブック』に置き換えるだけでいい。直接会って話したり、電話したりする時代がしばらく続いたけれど、今また、私たちはメール文化に生きている。ショートメール、Eメール、フェイスブックは、恋が生まれたり、自分のオフィシャルイメージが作り出されるときの決定的な鍵となるだろう。気の利いたショートメールを受けとったりしたら、返事はできるだけすぐに、同じ修辞法を使って返さなければならない」

 確かにそうだ。しかも、それだけじゃない。『枕草子』には原本がない(!)。ただただ書き写されて広がっていったのだ。もしかしたら、途中で改変されている可能性も。それって、インターネットの宇宙の中で、いろんな人がコメントしたりして、いつの間にか中身が変わってゆくのと同じなのかも。少し前の(いまでもあるけど)、本の時代のあり方とはちがってね。

「セイ、刊行本の時代では、すべてがもっと明白だった。作品が印刷機から出てきたら、それは石膏像のように、完璧で完全で不変なもの……それは神の言葉であり、最終的な作品であり、作家とは関係なく自分の人生を生きはじめた作品だった……

 でも、セイ、あなたと私の時代は、手で書き写した時代と、電子的に簡単に改変できる文章の時代では、最終的で完璧な作品の本質や意味は霧のように儚い」

 考えれば考えるほど、「セイ」の時代とわたしたちの時代は近いのかもしれない。いや、「セイ」は、ずっと、あの頃から「生意気」だといわれていた。ライヴァルの「ムラサキ」から、「本当に自分のことしか頭にない人。利口ぶって漢字を書きちらしている」と書かれていたのだ。

「セイ」は、自由に生きて、好きなことを書いた。いろんな男性とセックスだってした。ミアさんは、だから、「セイ」は米ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のヒロインみたいだと書いている。っていうか、「セイ」は、某元首相が「組織委員会の女性は、みなさん、わきまえておられて」発言の際、沸き起こったハッシュタグ「わきまえない女」のご先祖様だったのだ。藤原道長だったら、そんな発言しなかったのにねえ。

 日本を代表するブログの集まり「アメーバブログ総合ランキング」(2021年9月20日現在)を見てみると、上位五傑は以下の通りである。

(1)kosodatefulな毎日~オギャ子の暴走~ ……オギャ子(2)栄養士ママそっち~の簡単美味しい?サイクル献立……そっち~(3)おうちと暮らしのレシピ~HOME& LIFE……yuki(ドキ子)(4)「吉田さんちのディズニー日記」……吉田さんファミリー(5)100均・カルディ大好き!食いしん坊☆きらりん☆のブログ……☆きらりん☆

 ちなみに、ここに登場しているのは全員女性で、全員本名ではなく、全員ペンネーム。

 ところで、「セイ」の時代、女たちは本名で書くことはできなかった。えっ? ミアさんが、特に関心を抱いて書いているように、「清少納言」という呼び名は、「少納言」の位に(おそらく)誰か男性の親戚がいる、「清原一族」の女、という意味しかない。他の優れた女性作家たちも同じ。『蜻蛉(かげろう)日記』の「藤原道綱母」や『更級(さらしな)日記』(だけではなく、おそらくは『浜松中納言物語』や『夜の寝覚(ねざめ)』)の「菅原孝標女(たかすえのむすめ)」も、本名はわからない。もちろん、「紫式部」も、『源氏物語』のヒロインと父親が勤めていた式部省にちなんだ呼び名だった。っていうか、「道綱母」って、いまの保育園でいう「ミチツナくんママ」と同じ扱いですよね。

「アメブロ」の中で、現代の「セイ」たちは、息子が勝手に高額な机にシールを貼っているのを発見して「けしからん!」と嘆き、「バルサン」して、大量のダニを駆除して「すがすがしい?」と呟(つぶや)き、「ひとつあると便利だと思うもの」をリスト化してくれる。「かわいいのがお好きな方」には「ドロップショルダー×ぽわん袖!」、「きれいめコーデがお好きな方」には「ボートネックバスクカットソー!」だって。

「セイ」、どうですか。あなたの子孫たち、頑張ってると思いませんか。
====================

高橋源一郎





    

読者上位レビュー、対象国: 日本

kirkhanawa
久しぶりに、読んでいて楽しい書籍に出会いました
著者はフィンランドのカンキマキ(Kankimaki)女史、執筆当時の2010年はアラフォーの40才世代、フィンランド出版会で名を挙げ、日本の皇室来訪の際は接待役を仰せつかる程の名士となっていました。
偶然、枕草子の英訳版The Pillow Book of Sei Shonagonを知ることで、その随筆に夢中になって関連書籍を出版することを思い付き、フィンランド出版会にその由を申請して、2010年春に1万ユーロの助成金を得ることに成功して、日本行きを、春に3ヶ月、秋に3ヶ月の京都滞在を決行します。

Amazonで購入して届きましたら、500ページで細かい文字で書かれている大作ですので、読了できるか否かは、甚だ心許ない感じがしている処です。
未だ、春の京都行に差し掛かった処で、60頁少々ですが、もう清少納言に対する畏敬の念が吐露されているのです。

セイ、世紀の変わり日までに、平安京は長安と共に世界で最も開花された文化中心地になった。そこに美意識と美が息づく宮廷文化が生まれた。これは中世ヨーロッパとは昼と夜程にも違うものだった。その当時、ヨーロッパを支配していたのは、デンマーク人、サクソン人とノルマン人で、戦争と遠征を行い、血に染まった後進的な国と言う暗いイメージを作り出し、900年代のヨーロッパの学識者や詩人は片手の指で数えるほどしかいない。
アラビア文化圏では「千夜一夜物語」が書き留められ、アメリカ大陸ではマヤ文明が花開いていたが、代わって平安時代の宮廷では、独自の詩情豊かな世界が広がっていた。

著者は、この本を「文学的な趣のある自伝紀行文学」と規定し、書き上げるのに3年を要したとされています。



素晴らしい作品です。
電車の中で感動して震えながら読みました。ヴァージニア・ウルフと清少納言の意外な繋がりか見えてきたところも、なぜ紫式部の源氏物語のほうが、清少納言の枕草子よりも世界的に知られているのかという謎解き要素もスリリングで面白かったです。福島の原発事故の時期に日本滞在していた著者の不安もリアルに描かれていました。あとがきにあった続編の刊行も期待しています!
カスタマー画像



ai
紀行文としては楽しめる本です
フィンランドからはるばる日本にやってきた女性の清少納言への熱意溢れる紀行文で旅行に行った気分を味わえます。

惜しいのはせっかく1年近く休職してまで、京都に滞在したのにひらがなすらわからないため、あくまで英語でわかる範囲でしか日本文化を味わえなかったことです。「平安時代は男性もお歯黒をしていた」と言った部分や東日本大震災直後のTV画面に映り続ける津波警報の地図を「地震の規模」を示していると思っている記載、京都滞在中に枕草子を一通り読んだことのある人に一人しか出会えてないことなど多く見受けられます。

研究者ではなく、あくまで一旅行者としてのエッセイであることは十分理解しています。それだけに最後の「何故、清少納言が枕草子を書いたのか」という要の部分が山本淳子著の「枕草子のたくらみ」と内容が酷似していることが気になりました。(原著ではこの著者の方が先に出版されてはいますが)



本蓑虫
セイ、セイ、セイ
途中京都から離れてあちこちいって旅行記みたいな感じ。
清少納言好きなフィンランド人とは珍しい。
とても良いです。



田中 冬一郎
文学、平安時代、京都好きな方にオススメ
Amazonで購入
"セイ、機内からだけど、これからよろしく。今、私はシベリアあたりの上空にいて平安京へ向かう途中。そう、平安京へ、京都へ、千年前のあなたの町へ。"2013年発刊の本書は、著者デビュー作にして、清少納言に魅せられたフィンランド女性による時を超えたノンフィクション、自伝紀行文学傑作。
?
個人的に京都在住者として、また最近まわりにフィンランド文化にはまっている人が増えてきた事を縁に本書についても手にとってみました。
?
さて、そんな本書は編集者としての繰り返しの人生に飽きてしまっていた30後半の中年女性の著者が、大学の日本文学講座で知った清少納言『枕草子』に【描かれているのは驚くほど身近で、自分に話しかけられているようなホットな話題】【ジャンルとしての『随筆』には個人を話題にしていたり、断片的だったりするところにブログのルーツか何かを感じる】と、すっかりハマり。長期休暇制度を使って、親近感を感じる清少納言を研究しに日本、京都を訪れた日々が【等身大で飾らないドキュメンタリー】として描かれているのですが。
?
結論から先に言えば、とても面白かった!旅人としてのフィンランド人女性自らの視線を通して皮肉やユーモアを交えて語られる【京都、日本文化の不思議さ】また、中年女性としての失敗も隠さず綴られている所からは国に関係なく【人生を新たに始める勇気】をそれぞれ刺激的に受け取る事ができた他。
?
何より!専門家から座学として【関連資料を安易に借りたりせず】自ら清少納言の姿を求めて京都で縁のある場所や図書館資料を探しに足繁く訪れるのはもちろん、ロンドンの大英図書館まで足を運び(!)本書で披露されている【清少納言及び平安時代に対する考察】は、読み手としての私自身の無知さを大きく差し引いても【唸らされる深さ】で。とても勉強になる内容でした。
?
また、清少納言に『自立した女性』の姿を感じた著者が、紫式部(ムラサキ)は当然に、ヴァージニア・ウルフと比較したりと、フェミニズム的な捉え方も含め、清少納言作品だけではなく【広く文学、文化全般について語っている】のも良かったです。
?
清少納言や日本文学、平安時代に興味がある方はもちろん。京都でインバウンドに関わる方々、また新しい人生チャレンジを始めようとしている方にもオススメです。