ハフポストLIVE 


    民主主義と多様性のこれから 

      オードリー・タン 


      2020年8月26日 HUFPOST



台湾のデジタル担当大臣 オードリー・タンさんがハフポストLIVE で語ったこと。「みんながマイノリティーになりうるという感覚を」「誰も取り残さないテクノロジー」のあり方とはーー? 全4回にわたってお伝えします

      

      オードリー・タン台湾デジタル担当大臣
台湾でトランスジェンダーを公表した初の閣僚のオードリー・タンさん。デジタル担当大臣として、誰もが使いやすい新型コロナ用のマスクマップの製作を成功させ、世界から注目されています。ハフポストLIVE「台湾の“天才デジタル担当大臣”に聞く 民主主義と多様性のこれから」(早稲田ビジネススクール=WBSと共催)でWBSの学生らと語った90分。オードリーさんがメディアに求める「徹底的な透明性」の原則に従って【全文】を公開します。


オードリー・タン「日本人は未来に住んでいるようだった」。
台湾の天才大臣が語った来日時の記憶 【インタビュー全文:その①】

まず最初に、4日前の7月30日に亡くなった李登輝元総統のお悔やみを日本側から申し上げた。  

――李登輝氏は台湾に大きな影響を与えた人だと思いますが、どんな印象を持たれていますか?

タン:最初に李登輝氏に会ったのは、ナショナル・サイエンス・フェアで優勝した時だと思います。私は14歳で中学生でした。

当然、彼が総統だと知っていましたが、選挙で直接選ばれた総統ではなかったので、前総統の後継者、と認識していました。

ところが素晴らしいことが起きたのです。彼は台湾を独裁主義から民主主義へと移行させました。そして総統を、自由選挙で直接選べるようにしました。

私の父は、別の候補だった陳履安氏の広報担当者でした。私はインターネットの擁護者として対立候補の側から初の自由な総統選挙に参加したこと、そして李登輝氏が移行を非常にうまくやり遂げたことをとても誇らしく思いました。

民主主義への移行は、間違いなく大成功でした。私より若い世代の中には戒厳令を知らず、言論の自由や、集会の自由、総統選挙を当たり前のこととして捉えている人もいるでしょう。

しかし、15歳の時に李登輝氏が初めて総統選挙に立候補したのを見た私にとっては違います。

李登輝総統がいなければ、我々は全く違う運命をたどっていて、今も独裁主義だったであろうことは明らかです。

彼はミスター・デモクラシーと呼ばれていますが、本当にその通りだと思います。



何度も来ていた日本の印象は?

――日本にいらっしゃったことはありますか? 日本や日本の人たちについて、どんな印象をお持ちでしょうか。

タン: もちろん、何度も日本に行っています。最初に日本を訪れたのは随分前で、東京で「マジック・ザ・ギャザリング」というカードゲームに参加しました。その後も何度か東京を訪れ、友人で(当時)ライブドアで働いていた(オープンソース開発者)小飼弾さんの家に泊まりました。

日本の人たちはとても親切にしてもらいました。そして未来に住んでいるようだと感じました。シャープ・ザウルスのような、Linuxを搭載してプログラムができる、信じられないようなデバイスがありました。そういったものは文字通り、1時間先にある未来*からきた機器でした(*日本では時差で台湾より1時間早い)。

新しいテクノロジー機器を熱心に探求する日本の人たちと出会ったことは、私にとってとても良い経験になりました。

訪問を重ねるうち、特に東日本大震災の後は、日本の別の面も目にするようになりました。

日本の人たちは自分の故郷に強い絆を感じていて、助けが必要な被災地にボランティアとして出向き、最も大変な状況にある人たちをテクノロジーを使って助けていました。最新テクノロジーは東京だけではなく、様々な問題にも使われていると知りました。

台風や地震や、その他全ての自然災害が起きた時、日本の人たちはテクノロジーを使って熱心に働きます。そしてテクノロジーを少数の人のためだけではなく、苦しんでいる全ての人のために使おうとします。私は後に、それがソサエティ5.0と呼ばれていることを知りました。この考え方は、私の哲学と強く共鳴します。



一目で在庫がわかるマスクマップ。あっという間に作れたのはなぜですか?

――台湾では、シビックエンジニアと言われる民間のプログラマーが参加して3~4日で薬局の場所とマスクの在庫がわかるマスクマップを完成したと言われています。民間の人たちが参加することで、レベルや開発のスピードをどう担保するのでしょうか?

タン:マスクマップは、最終的に1000万人が利用しました。最初の1週間では100万人くらいでしたが、100万人が使えばどんなバグだろうと洗い出されるので、バグは問題ではないです。

消費者、薬局の薬剤師、健保署の職員などが利用することで、いち早くバグを洗い出すことできますし、g0v*のSlackチャットで、フィードバックをリアルタイムで得られる方法が確立されています。

LINEのチャットボット、地図情報など、全て情報がプラットフォームにて開示されています。閉じこもって開発するのではなく、“開門造車”(オープンな体制で、規則に縛られず)で開発を行う環境があります。

g0v(ゴブゼロ)市民がテクノロジーで行政の動きや予算の内容などを可視化するために台湾で2012年に創設した団体。



なぜ台湾政府は効果的な新型コロナ対策ができたのでしょう?

――日本では政府の新型コロナウイルスの感染者が増加して、政府の支持率が低下しています。一方、台湾では政府と国民の間の信頼関係があると感じています。台湾と日本ではどんな違いがあると思いますか?

タン:まず最初に、自由民主主義がそうであるべきように、新型コロナウイルスのパンデミック後に起きた全てのことには、多くの疑問が生じ、検証が必要です。

その上でお話しすると、先ほど述べたSlackチャンネルやマスクマップのようなシステム、そして大気汚染や水汚染などの問題は、パンデミック前にすでに存在していました。

私が “リバース・プロキュアメント(買い手が売り手を選ぶ)”と呼ぶ、g0vスタイルのコラボレーションの鍵は、すでに市民社会の間に存在していたのです。

技術者はすでに国民の間で高い信頼を得ており、彼らはただインプットするチャンネルを、PM2.5の数値からマスクの在庫に変えればよかった。そのやり方や配布方法は、一般の人や公務員からもすでに信頼を得ていました。

その信頼は、一晩で勝ち得たものではありません。私たちは過去5年の間に、数々の改革やオープンな政府を通して信頼を築いてきました。

同じことが、例えば電子フェンスなどの入境検疫システムなどでも言えます。

電子フェンスは、ホテルで隔離されない隔離対象者のスマートフォンに入れるシステムで、隔離対象者がフェンスの範囲を超えた時に、SMSが地元の警察に送られます。

電子フェンスのような仕組みを、他の多くの地域で利用するのはとても難しいと思います。議論が起きるでしょう。

しかし台湾ではこれと同じようなシステムを、地震や洪水や台風警報などに使ってきました。電話基地局による三角測量をベースにしたもので、利用者はアプリをインストールする必要も、GPSも必要もありません。SMSは自動的に送られ、データは一定期間保管された後は破棄されます。利用者はそのことを理解していました。

このシステムの利用は、パンデミックの前にはすでに当たり前になっていました。ですから私たちは、パラメーターを微調整すればよかった。もしパンデミックが起きた後に新しいアプリを発明しなければいけなかったとしたら、台湾はとても厳しい状況に置かれただろうと思います。

それが日本と台湾の大きな違いだと思います。



台湾はなぜ今、政治が身近なのですか?

――日本は投票率が低く、台湾と比べて政治への関心が少し薄いと言われています。そういう中で、デジタル民主主義はどこまで意味を持つでしょうか。

タン:2013年に台湾の街で「政治に興味がありますか?インターネットで、政治活動や署名活動に参加しますか?総統杯ハッカソンに何か提案はありますか?」と質問したら、変人扱いされたでしょう。

これは2012年末にg0vができた理由でもあるのですが、多くの人は、政治は政治家がやるものだと考えていました。たとえSNSでデモを呼びかけて1万いいねされても、現場にはほぼ誰も現場に来ないという状況でした。「助けはないだろう」という感覚があったんだと思います。

ですから政治に興味がない状態は、馴染みがあります。台湾は6年かけて変わっていきました。

しかし、その後起きた国会占拠などの出来事*により、台湾の人々の政治に対する興味は一気に高まりました。

もちろん、日本でも国会を占拠すべきと呼びかけているわけではありません。しかし、多くの人が気にする課題を見つけ、それが大規模な活動になれば、克服し変わっていくでしょう。

国会占拠などの出来事  2014年に中国とのサービス貿易協定の強行審議に反発した学生たちが立法院に突入。23日間占拠した「ひまわり学生運動」を指す






オードリー・タン「台湾の大臣は、35歳以下の若手にアドバイスをもらう」
→政治を変える方法がすごい【インタビュー全文:その②】

タンさんは、データを駆使し、誰にとっても透明性のある政治をめざして来た。台湾では、35歳以下のソーシャルイノベーターをリバースメンターに任命する制度があり、新しい価値観を既存政府に流し入れている。 




若い人が活躍できる社会、どうすれば作れますか?

――やる気や能力がある若い人たちが、年齢に関係なく登用される社会にするためには、私たちはまず何ができるでしょうか?

タン:デジタル担当大臣になる前、私は前デジタル大臣・蔡玉玲のもとで1年半、リバースメンターシップという制度を利用して働いていました。

リバースメンターシップとは、内閣の大臣たちが35歳以下のソーシャルイノベーターを、リバースメンターに任命する制度です。リバースメンターが大臣に新しい方向へと導く一方で、大臣たちは若い人たちに政府がどういう仕事をするのかを教えます。

私がデジタル担当大臣になった時にはすでに35歳をすぎていましたので、自分で自身のリバースメンターにはなれませんでしたが、今は私もリバースメンターと一緒に働いています。

20人以上のリバースメンターと20人以上のインターン、合わせて40人以上の人たちが、毎年私たちに社会の方向性や、向かうべき道を示してくれます。

ですからまず最初に、変えたいと思っている社会でリバースメンターのような制度を取り入れてみるのはどうでしょう。もしそういったシステムがなければ、ご自身で提唱してもいいかもしれませんね。

――リバースメンターを導入するとき、周りからどんな反応がありましたか?反対はなかったのでしょうか?

タン: 私1人がリバースメンターだったわけではなく、制度として導入されていました。

私が蔡玉玲大臣のリバースメンターだった時には、他にも何人かの製造業コミュニティの人たちがリバースメンターをしており、彼らが台湾の製造業コミュニティマップ「vMaker」を作りました。

その間に、私たちは「vTaiwan(編注:g0vが作成した政策立案プラットフォーム。法案や規制について利害関係者が意見を交わし、内容に反映させる)」に取り組みました。このことが、規制を後回しにしないという姿勢を示せたと思います。

例えば、在宅勤務や、遠隔治療、自宅学習、製造ムーブメントのような分野で、規制が時代遅れで理解できないものであれば、人々は規制を全て無視するようになるでしょう。

それは民主主義社会にとって危険です。人々が法律を習慣的に破るようになってしまうからです。

しかし人々は、私たちがやっていたことについて「法律と規制は時代に即している」と感じていたと思います。

アルゴリズムやコードをきちんと伝えることで、適切な規制ができます。それは、市民社会がまず基準を作り、その基準が市場や規約を作り、規約が法律になるという、先ほど述べたリバース・プロキュアメントです。

この流れが予測可能であればあるほど、既存の政治システムと社会との摩擦は少なくなり、政治システムは実際の社会と融合するでしょう。



全ての人がプログラミングを学ぶべきでしょうか?

――世界中の多くの教育システムで、プログラミングやそのほかの技術スキルは選択科目で、必修科目ではありません。プログラミングを必修科目にすべきだと思われますか?

タン: 私は、法律や規則や人権と同じように、プログラミングも誰もが学んだ方がいいものだと思います。

すべての人が法律を学ぶことは「小学生全員が、将来政治家になって法律を作る」という意味ではありません。それは「法律のシステムや人権がどのように機能し、法的状況で権利がどのように守るられるかを知るために必要」ということです。プログラミングも同じです。

また、プログラミング言語をマスターするより大切なのは、コンピューテーショナルシンキング(編注:問題を系統立てて考え、人間やコンピューターが解決する方法を見つけ出す思考プロセス)だと思います。

さらに7、8歳くらいの早い段階であれば、コンピューテーショナルシンキングより先にデザインシンキングを先に学ぶことが重要だと思います。

デザインシンキングは、社会の様々な部分について考え、共通する問題を探しだす思考です。

デザインシンキングはダブルダイヤモンド構造(編注:イギリスデザインカウンシルが提唱した課題解決のフレームワーク)の、最初のダイヤモンドです。そしてコンピューテーショナルシンキングは、2つ目のダイヤモンドです。

これをマスクの在庫問題に当てはめると、最初に解決すべき共通の問題を突き止め、その後に開発と実現方法を考える、ということになります。

この2つは同等に重要ですが、デザインシンキングがまず最初にきます。台湾の小学校では最近スクラッチ(編注:プログラミング言語を学ぶツール)を使った学習が人気なのですが、生徒たちはスクラッチをいきなり始めるのではなく、まずはゲームをしたり絵を描いたり、他の子と遊んだりすることから始めます。

生徒たちは色を変えたり、BGMを変えたり、ヒーローの顔を自分の顔に変えたりしてデザインを学びます。そして、他の生徒たちと想像力を使って考え、全員が興味を持っていることや共通の価値観を探すのです。

これは、コードを書くよりも先にやるべきことで、プロのプログラマーも取り入れている方法です。

私たちの仕事の80%は、オープンソースコミュニティで完成しています。先ほど述べたように、私たちは周辺に少し変更を加え、現存するシステムを掛け合わせるなどの仕掛けを加えます。それがプロの仕事でもあります。

ですから私は、プログラミング言語をスキルだとは思っています。むしろそれは能力です。誰もが必要な時がくれば、プログラミングを学ぶ能力があると感じられる必要があります。

しかしその前に、プログラマーが使う抽象的な概念、コンピューテーショナルシンキングとデザインシンキングを、重要な能力として早ければ7歳から教えた方がいいと思います。

――何がきっかけで、オードリーさんはデザインシンキングやコンピューテーションシンキングが重要で、それが自分に向いていると気づいたのでしょうか?

タン:私は8歳の時からプログラミングに興味がありました。数学は好きだったのですが、計算は得意じゃなかった。計算はとても退屈で、しょっちゅう間違いました。コンピューターが計算をやってくれるなら、そのほうがずっといいと思っていました。

計算をよく間違っていた私にとって、数学で最も惹きつけられたことの一つはホモフィズム、つまり違って見えるものに共通している構造です。

スティーブ・ジョブズが、コンピューターを「知性の自転車」だと言いましたが、とても良い表現だと思います。私は今でも、向かうべき方向を定めるためにペダルをこいでいますが、自転車のおかげで全行程を歩くより、ずっと楽に進めます。そういった考えがあり、私は幼い時からコンピューターを使うようになりました。

さらに成長すると、私は自分のプログラミングがコンピューターで音楽のように扱われること、そしてプログラミングは自分のためだけではないことも知りました。

1993年に、マルチユーザーダンジョン(編注:オンラインゲーム)コミュニティに参加した時、私はいくつかのプログラムを書きました。そしてそれが人々のリアリティを変えたことに気がつきました。プログラミングは、多くの人たちにとって、同時に楽しめるインタラクティブな創作だったのです。

私が新しい交流方法を思いつくと、人々は私にそれをどう感じたかや、どう交流したかを私に伝えてくれました。

私は当時12歳でした。この社会的な交流、自分のプログラミングで、人々がより良いコミュニケーションができると気づいたことが、この現象に対する私の研究興味を掻き立てました。

例えば人々はなぜ、オンラインで簡単に他人を信頼するのだろうと考えるようになりました。この興味が私のサイエンス・フェアでのプロジェクトへと繋がり、李登輝総統(当時)に最初に会うことになったのです。その後、中学校を中退しましたが、校長先生はその決断を喜んでくれました。



情報公開に、リスクはありませんか?

――ー情報を公開することには大きな価値がある反面、例えば「犯罪者が外国人に多い」という情報だけが流れた時に、背景を配慮しないまま差別に繋がってしまう可能性もあります。情報の民主化のために、そういった問題をどう回避できるでしょうか。

タン: リバースメンターをした2014年に、私たちもこの問題に取り組みました。そして多くのことを発見しました。

例えば台湾の内政部は、大雨や台風による土砂崩れで、一定の地域がどれだけの損害を受けるのかを示すデータを公開しようと考えていました。言い換えれば、地理的にどれほど脆弱かを示すデータです。

しかし情報の公開に対して、反対がありました。脆弱だとされる場所に住んでいた人たちは、事前に備えられるという意味では感謝していました。

しかし、実際には土砂崩れの被害にあわないような場所であっても、危険区域とされれば土地の価格は下がってしまいます。また中には、建物の物理学的な理由などから、被害にあう危険性が少ないケースもあります。

そういったことについて、地方自治体から抗議を受けました。そこで私たちは彼らと何カ月間にもわたる交渉をして、地方自治体が内政部と同じデータをさらに細かく、建物レベルまで公開することで最終的な合意に達しました。

そのデータには、脆弱とされる場所にはどんな問題があるのか、土砂崩れが起きるとしたらどの経路を辿るのか、といった詳細な情報が含まれていました。そのため人々は不必要にパニックにならずにすみますし、再発防止策も話し合えます。

私は、データはより詳細でより現場に近く、できれば実際にデータから影響を受ける人たちによって作られている方が好ましいと思っています。

この一件以来、各省庁が様々な分野でオープンデータ審議会を開き、その審議会が全てのデータに目を通して、データを非公開にするのではなく、解決策として使うようにしています。

もちろんプライバシー保護は必要です。私たちは個人情報は公開しません。そして新しいデータを公開するには、全ての利害関係者に確認します。

その上で、情報は多ければ多いほど良くなり公平になると私は思います。




オードリー・タンに聞いた「分断なくせる?」
→「全ての人がマイノリティ」 【インタビュー全文:その③】



ダイバーシティとのバランスを取るのが難しい……。

―― ダイバーシティやインクルージョンは大切だと思いますが、企業や組織、国や社会に団結が必要な時は、チームワークと多様性をどのようにバランスをとった方がいいでしょうか?

タン:まず最初に、私の経験をシェアさせてください。

私は13~14歳だった1993年で男性の思春期を経験し、その後2005~2006年に女性の思春期をむかえました。

2回の思春期を経験した私は、自分を一つの側から別の側へと移ったトランスジェンダーではなく、両方を経験したトランスジェンダーだと思っています。

ダイバーシティにもインクルージョンがあるものとないものがあり、私の心の中で、この2つには違いがあります。

インクルージョンのあるダイバーシティは、人々がお互いを受け入れます。時には努力も必要ですが、それは必ず可能です。

次にそれが実際にはどういうものかという話をしましょう。

台湾で、ピンクのマスクしかなかった男の子が、ピンクのマスクをつけていると学校でいじめられる、と言って学校に行きたがらなかったことが話題になりました。

その翌日、鉄人大臣と呼ばれる中央感染症指揮センターの陳時中指揮官が、幹部とともにピンクのマスクをつけて記者会見をしたのです。

その男の子は、突然人気者になりました。彼だけが、ヒーローがつけられるピンクのマスクを持っていたからです。

陳氏は記者会見で、ピンクパンサーが自分の子どもの時のロールモデルだったという話もしました。

この話にはトランスジェンダーの権利も含まれています。陳時中氏と彼のチームが、突然トランスジェンダーのアイコンにもなったというわけではありません。

彼らは、ピンクのマスクを数日間着用し続ける事で、ジェンダーの主流はあっても、皆が同じである必要はない、むしろ人々は新しい可能性を一緒に楽しめると示したのです。それこそが、インクルージョンの鍵です。

――平時と非常時のバランスはどうでしょうか。新型コロナウイルスのような危機的な状況で、多様性を受け入れるのは難しくないでしょうか?

タン:私は、何よりも大切なのは他人への共感だと思います。

人はみな様々ですが、お互いの違いを認め相手を大切にしていく社会では、最も多様な価値観を持った人たちが、まるで“偵察者”のように未知の前線へと送られます。

彼らは社会とのつながりを持ったまま前線に出向き、新しい社会の形を偵察します。そして自分たちが目にしたものを、社会に戻ってきて共有します。

社会全体が前線に出向く必要はありません。偵察者と社会との間に信頼関係があれば、社会は状況を理解し、自らにとって何が必要かを考えられると思います。

私はこれこそが社会だと思います。社会とは自分たちの利益を追い求めながらも、自分たちの文化が持っていた共通の価値をシェアすることです。

自分の文化と新しい文化の両方に目を向け、その二つの間を探り、二つの間でコミュニケーションを取る。このトランスカルチュラリズムこそが、ジレンマを解決する鍵だと私は思います。



女性がデジタル業界で活躍するために、何ができるでしょうか?

――女性がデジタル業界に進出するために、何ができるでしょうか?

タン:私は子どもの頃にプログラミングを学びましたが、台湾ではプログラミングは「ソフトウェアエンジニアリング」ではなく、意図的に「プログラムデザイン」と呼ばれていました。そのことがプログラミングに対する社会の捉えかたを変えました。

デザインという言葉が使われていたため、私はプログラムデザインをデザインシンキングの観点で捉え、ファッションデザイナーやビジュアルデザイナー、空間デザイナーと同じ感覚で受け止めました。

その結果、プログラミングのクラスは男の子より女の子の方が多かった。デザインという言葉はジェンダーニュートラルですが、女の子の方がよりやる気になったのです。その一方で、エンジニアリングという言葉には、強いジェンダーステレオタイプがありますよね?

どうやって男の子にプログラムデザインに興味を持ち続けてもらえるかという逆のチャレンジがありましたが、デザインのクラスにしたことは、台湾にとって大変幸運だったと思います。

また、機械学習のおかげで、人のために働きたいと思うことがよりプログラマーになりやすい環境になっています。

特にディープラーニングはそうですが、プログラマーに今一番必要とされている技術は、機械と会話することではありません。今は、機械同士が会話をし、機械が機械を監視します。機械による監視は多くの場合、人間の監視よりずっと良い結果を生みます。

プラグラミングはますます、人と人とが話し、人が何を望んでいるのかを見つけ、人とのやりとりをデザインする方向に変わってきています。そうして見つけたものを、人々はアシスティブ・インテリジェンスにすぐにフィードバックできます。

単なるプロダクトデザインから、サービスデザイン、インタラクションデザイン、そしてシステムデザインなど、次々と広がっています。

ですから私は、人々全体を受け入れる言葉を使うことをお勧めします。そういった言葉を使った社会で、女性は間違いなく活躍できるだろうと思います。



どうすれば、マイノリティの分断を避けられますか?

台湾の立法院(国会に相当)は2019年、同性婚を認める法案を可決。アジアの国で初めて同性婚が可能になった

――ダイバーシティを推進する中で、これは女性の問題、これはLGBTQの問題…と分断が起きることがあります。どうすれば、この分断を無くせるでしょうか?

タン: インターセクショナリティ、つまり全ての人がマイノリティだという考えが大事だと思います。

全ての人がマイノリティであれば、それは少数の人だけの問題ではなく、全ての人にとっての問題です。自分たちの弱い部分をお互いに共有することで、より良い社会にできます。もちろん、差別と闘わなければなりません。

例えば、私が小学校に入った7歳の時、周りの子どもたちはみんな右手で鉛筆を握って書いていましたが、私は左手でした。

今ではもちろん、左利きは問題ではありません。今はみんながタイピングしますが、タイピングには両方の手を使います。しかし当時、左利きは問題でした。

周りの人たちに「左手で描き続けたら、紙の上のインクが汚れるよ」となどと言われたので、私は右手で書くことを覚えなければなりませんでした。左手で書いても何も問題はなかったのに、両手で書けるようにならなければいけなかったのです。

今は私は両方の手で書けます。むしろ右手の方がうまく書けるくらいです。しかし当時、私がもし左手で書いても構わないということを伝えられていたら、他のクラスメートができなかったユニークで新しい視点を提供できたでしょう。

これこそ、インターセクショナリティの機会だと思います。LGBTIQ+のケースに限ったことではなく、左利きなどの様々なトピックにおいて、人々とともにユニバーサルデザインについて考える機会です。

多くの異なる視点を持ち込むことで、もっと全体的でインクルーシブなデザインを作れますし、考え方や態度を変化させることができます。

いつもそう考えられたなら、「これはこのマイノリティの問題、これは別のマイノリティの問題」とは捉えないでしょう。

私はこれを、ソーシャルイノベーションラボでやっています。

――それを法律にするのは難しくはないでしょうか?台湾は2019年に、アジアで最初に平等な婚姻を実現しました。 法律を変えるぐらいのムーブメントは、どうしたら起こせますか?

タン:台湾はアジアで初めて、法律で結婚を当人同士のもので、姻戚関係を含まないとしました。

日本でもそうであるように、結婚は当事者2人だけではなく家族にも関係が及びます。いわば家族の結婚であり、家族が拡大します。これは東アジアの固有の状況であり、アメリカやヨーロッパやアフリカの考え方とは異なります。

一方台湾では、同性同士で婚姻した人たちの場合、同じ権利や責任は生じますが、義理の父や義理の母などの姻族関係は発生しません。私は家族同士が結婚するより、良いデザインだと思います。結婚した相手とのみリンクするため「ハイパーリンク法」というニックネームがつけられています。

台湾では、2008年より前は結婚には公開の儀式が必要でした。結婚は2つの家族を結びつける社会的なもので、政府は関係ないと考えられていました。

政府は平等な婚姻を法制化した時にも、結婚を当人同士の事として扱いました。この戦略はうまくいきました。平等な婚姻の法制化から1年たった今、支持率はさらに10%上がったと思います。



台湾の多様性について

――多様性を大切にする台湾の文化。この成り立ちを中国大陸と比べてどう捉えますか?

タン:台湾では、SMSで地震警報を送るということはお話ししたと思いますが、 私たちはこのSMSをいつも受信します。

台湾は、ユーラシアプレートとフィリピン海プレートのぶつかる場所にあるため、しょっちゅう地震が発生するのです。

地震から、私たちは2つのことを学ぶことができます。1つ目は、立ち直る強さがあり、そしてオープンデータなどを使って事前に土砂崩れの危険がある場所がわかれば、私たちは協力してより革新的な社会を作れるということです。

2つ目ですが、台湾で最も高い玉山は、地震のために今でも毎年2~3センチ成長しています。これはあることを象徴しています。

それは、台湾が左側にあるユーラシアプレートに寄るわけでも、右側にあるフィリピン海プレートに寄るわけなく、上側に向かって進んでいるということです。

それは、姻族関係を含まない個人同士の婚姻を法制化するといったイノベーションなどを意味します。

特定の方向を犠牲にすることなく、共通の価値観をさらに進めるソーシャルイノベーションを進める、それこそが台湾だと思います。




オードリー・タンが心に余裕を持つ秘訣 【インタビュー全文:その④完】


デジタル格差、どうすれば解決できますか?

――日本では多くの高齢者がコンピューターやテクノロジーを使うことを好まない一方で、ミレニアル世代はテクノロジーを使いこなします。こういったデジタル格差をどうやって乗り越えればいいでしょうか?

タン:テクノロジーとは情報テクノロジーのことだけではなく、民主主義や総統選挙なども含まれます。

私たちが生まれつき持っているものは人間の特性、そして生まれた後に教わるものはテクノロジーです。

私たちの祖父母世代は、テクノロジーである民主主義に参加したいと願っています。彼らが闘って手に入れたものだからです。

私たちの世代のために、祖父母や両親の世代が、民主主義の社会を作りました。彼らは、国民投票などにもとても熱心で意見を持っています。

私の祖母は、私にとって一番の政治アドバイザーです。私は祖母に毎週電話し、2週間に1度は祖母の家を訪れています。ちょうど昨日電話した時には、日本のマイナンバーカードに当たるEIVの、事前の本人同意の重要性について話してくれました。とても良い議論でした。

高齢者の知恵はとても貴重です。若い世代である私たちがやらなければいけないことは、彼らがテクノロジーに従ってくれとお願いする事ではなく、テクノロジーを彼らにとって使いやすくする事です。

祖母は、全民健康保険カードを使って、コンビニエンスストアでマスクを事前予約したり、振興三倍券をもらったりできます。なぜならコンビニエンスストアには若い人が働いていて、手助けしてくれるからです。

やり方ががわかれば、祖母は友人に教えられます。社会とは、そうやって機能すべきものです。祖母はiPadも使えますし、バーチャルリアリティーも使いこなせます。ただし、キーボードやマウス、小さな画面は使いにくいという問題があります。

だからこそ、私たちは大きなiPadを使うなどして、デジタルサービスをより使いやすくしなければなりません。そうすれば、祖母や彼女の77歳の“若い”友人は、大きなiPadを使ってコンビニエンスストアでバーコードやQRコードをスキャンできます。

最適なテクノロジーとは、技術に従ってくれとお願いすることのではなく、技術を人々が使いやすいものにすることです。



なぜ、台湾は投票率が高いのですか?

――台湾では前回の総統選の投票率は、74.9%でした。日本に比べるととても高いのですが、なぜ台湾の人々は選挙に行くのでしょうか?

タン:2つの要素があると思います。

まず最初に個人的な話をすると、20歳になって初めて選挙で、私は休みを1日とって住民登録地まで戻りました。それは行政区長を選ぶ選挙だったと思うのですが、とても小規模な選挙でした。そして、私が投票した候補が1票差で勝ったのです。この一票の力が、私に刻み込まれました。

もし私が帰省して投票していなければ、応援していた候補は当選しなかったかもしれない。この時に、自分の選択には大きな力があるということを気づきました。

他にも、小学校や、生活協同組合などで様々な選挙があります。一つ一つのスケールは小さいかもしれませんが、たくさんの選挙に参加すればするほど、全ての投票が重要なものだということが刻み込まれます。それが、投票率を高くするための鍵だと思います。

もう一つ重要なことは、選挙が社会の団結を示すということです。台湾では開票プロセスを全ての人に公開しています。人々は投票ブースにやってきて開票作業を見ることができます。

録画も許されていて、ユーチューバーも開票作業を見にやってきます。こういったプロセスを通して、選挙の透明性と公平性を示すだけでなく、開票作業を社会全体が祝うことができます。

開票作業は社会全体が楽しむものであり、社会的なセレモニーです。それがとても重要だと思います。



オードリーさんのビジョンを教えてください

――透明性と民主主義を達成するために市民にビジョンを伝えることが大切だと思いますが、オードリーさんはどんなビジョンをお持ちなのでしょうか?

タン:私のビジョンはTwitterにピン留めされています。なので、Twitterを見ていただけるとわかると思います。そしてこれは私の仕事の内容でもあります。

とても短いので、読みあげます。

モノのインターネットを見たら、ヒトのインターネットにしよう。

仮想現実を見たら、共有の現実にしよう。

機械学習を見たら、共同学習にしよう。

ユーザー体験を見たら、人間体験にしよう。

シンギュラリティ(特異点)が近いと聞いたらプルーラリティ(複数の可能性)がここにあると思い出そう。



どうやったら、あなたのように心に余裕が持てますか?

――自分や他者の違いを理解して受け入れるために、ある程度心の余裕が必要だと思います。どうやったらあなたのようにリラックスして、心に余裕を持つことができるのでしょうか。

タン:もちろん、私には様々な面があり、異なる意見を受け入れるためには努力も必要です。

賛成できない、もしくは受け入れられない考えや意見を聞いた時、私は必ずお茶を淹れ、2つのフレーバーを合わせます。時には機械が作った、新しい音楽をかけることもあります。

そして、視覚を刺激したり、読書したり、ポッドキャストで聴覚を刺激したりして新しいアイディアが浮かんだら、それをお茶の味や匂いや音楽によって生み出された、穏やかな気持ちと掛け合わせます。

そうすると心の中に、私が「スピリチュアルメッセージ」と呼ぶものが作り出されます。

肩をマッサージしてもらったら、痛みを感じますがそれはその人があなたを痛めようとしているからではなくて、あなたの体が抵抗力を感じているからです。

マッサージと同じように、いい香りの香水を身につけるなどして体がリラックスすると、異なるアイディアをすぐに批判したり、「これは良くてこれは悪い」と決めつけずに受け入れられます。

私は大抵7~8時間は寝るのですが、リラックスした後に夜ぐっすり寝ると、起きた時に長期記憶の中に残っている、お茶の香りや音楽を思い出すことができます。

そうすると、落ち着いた気持ちで「この意見は、共通の価値観を持つ他のアイディアとうまくいくだろうか」と考えることができます。



日本はどう変わればいいでしょうか?

――最後に、日本はどうすれば、もっと多様でイノベーティブになれるでしょうか?

タン: その質問には、レナード・コーエンの詩でお答えしたいと思います。

「まだ音の鳴るベルを鳴らそう / あなたの完璧な申し出のことは忘れて / 全てのものにはヒビがある / そこから光が差し込む」

この詩を通して私が言いたいのは、不正義や何かに注目が集まっていないことに対して怒りを感じている時には、その怒りを建設的なエネルギーに注ぎ込もうということです。

その時に問いかけるべきなのは「この不正義が二度と起こらないために、私たちは社会としてどんな行動ができるだろう?」という問いです。

その問いを、怒りに対して抱き続けることで、怒りは建設的なエネルギーになります。

そして、誰かを攻撃したり何かを非難したりせずに、前向きな新しい未来のための原型を作る道に止まることができます。

あなたが見つけたヒビに他の人たちが参加し、そこから光が差し込みます。


(英語訳・執筆:安田聡子 中国語訳:高橋史弥・月川雄 編集:井上未雪 協力:坪池順)