今週の本棚



    『学問の自由が危ない』
    佐藤学、上野千鶴子、内田樹・編

     小島ゆかり・評  


    毎日新聞 2021/3/13 東京朝刊

    
『学問の自由が危ない 日本学術会議問題の深層』 (晶文社・1870円)



学術会議問題の核心に迫る交響曲
 副題「日本学術会議問題の深層」。題および副題が示す通り、テーマは菅首相による日本学術会議新会員の任命拒否をめぐる問題。

 三人の編者のほかに十人(長谷部恭男・杉田敦・髙山佳奈子・木村草太・後藤弘子・池内了・三島憲一・永田和宏・鷲谷いづみ・津田大介)の執筆陣。資料編として、「任命拒否を受けた6人のメッセージ」「公表された声明文から」「第25期新規会員任命に関する要望書」「日本学術会議法」「声明を公表した学協会一覧」「日本学術会議問題日録」を収録する。

 任命拒否が公になったのは昨年(2020年)10月1日。本書の刊行は本年(21年)1月30日。その間(かん)ほぼ四か月。あまりのハイスピードに驚く。まさに緊急出版である。この事実がまず、強い危機感を発信する本書のメッセージなのだと思う。

 そもそも、日本学術会議とは何か。どのような組織でどのような活動が行われているのか。このたびの問題の深層と核心は何か。これらの問いにわたしは答えられない。だから読まなければならない。

 「本書は学術界のふかい危機感から生まれた。執筆者には学術会議会員を経験した人もしなかった人もいる。研究者もそうでない人もいる。どのひとの論考も同じ主題をめぐって、それぞれのパーツの音を奏でる交響曲を聴いたような気分になる」と、上野千鶴子が記している(「あとがき」)。
 それぞれのパーツとは、専門分野からの視点と理解してよいだろう。この交響曲を聴くうち、先の問いに対する答えがパズルのピースのように少しずつ嵌(はま)ってゆく。

 もっとも重要な論点は、次の三つだろう。

(1) 6人が任命拒否された理由、かつ、その理由が明らかにされない理由。
(2) (1)に関する違法性・違憲性、また日本学術会議法についての学術会議と政府の解釈の相違。
(3) 学術会議の独立性、さらに組織の意義と今後。

 日本国憲法が定めた「学問の自由」を受けて制定された日本学術会議法の前文には、「わが国の平和的復興、人類社会の福祉に貢献し、世界の学界と提携して学術の進歩に寄与することを使命とし」て設立されるとあり、独立して職務を行うことも条文にある。会員は210人、選考権は学術会議。
 今回の政府の措置の背景には、学術会議による「軍事研究に対する反対声明」があるという。6人はかつて、安保法制など政府の方針に反対意見を唱えた人たちであるという。

 人事を口実に拒否の理由を言わないのは、多くの国民が気づかないところで進む民主主義の破壊である(三島)。政府は先の(1)(2)の問題を隠蔽(いんぺい)するために、学術会議の組織の意義の見直しと行革へ問題をすり替え(津田)、政治権力による解体と再編を進めようとしている(佐藤)。学術会議への介入は、先行する内閣法制局に対する人事介入や、検事総長をめぐる検察官人事への介入とひと続きであり(杉田)、批判性を欠いては成立しない学問の本質を無化する学問そのものの否定(永田)、学術共同体に対する国際的ルール違反(内田)でもある。

 たとえば、このようにピースが嵌ってゆく。わたしたちは、よく考えなければならない。国民の一人として。(歌人)