日本学術会議の任命拒否、国際学術会議「理由説明を」 
    会長、自律性担保訴え>

    国際学術会議のダヤ・レディー会長  


           毎日新聞2020年12月18日 東京夕刊
    
国際学術会議のダヤ・レディー会長=国際学術会議提供


 日本学術会議の任命拒否問題を巡り、各国を代表するアカデミーなどでつくる国際学術会議のダヤ・レディー会長が共同通信の書面インタビューに応じた。菅義偉首相が拒否の詳しい理由を説明しないことに関し「学術会議側との開かれた議論に応じ、理由を説明することが問題解決に向けて有益だ」と指摘した。

 レディー氏は、報道などを通じて問題を把握しているとした上で、政治と科学の在り方に言及。「学術団体は、会員を自由に選定し、方針決定について政治や外部の介入を受けずにいられることが重要だ。政策決定者は、科学者が適切に助言できる環境を確保する役目がある」と強調した。

 政府に適切な助言をするためにも、科学者の自律性が担保されなければならないと訴えた。

 学術会議の組織や予算の在り方を見直す議論が進んでいることに関しては「独立性が維持されるよう注意を払うべきだ」と会議側に助言。各国のアカデミーは政府から運営資金を受け取る場合もあるが「独立性が確保できるという前提に立っている」と指摘した。

 学術会議のこれまでの取り組みにも触れ「国際的な研究ネットワークの設立などで積極的に活動している」と評価した。

 この問題で会議側は、会員候補者6人の任命拒否の理由説明と速やかな任命を菅首相に求めたが、実現していない。

 レディー氏は計算力学専門で、南アフリカ・ケープタウン大教授を務めている。