蔵書拝見
    片山虎之助氏/下
    「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」
    往時の「風景」を実証

     【聞き手・浜中慎哉、写真・宮本明登】


     毎日新聞2019年9月24日 東京朝刊


 これは歴史を「新鮮なもの」にしてくれる書物だ。日清戦争から太平洋戦争までの歴史で、どうして日本人は戦争を選んだか。その論理や背景と事情を、加藤陽子先生は押し付けがましくなく、つまびらかにしてくれる。

 中高生でもわかる内容になっているのは、もともと中高生向け授業のテキストだったからだ。1935(昭和10)年生まれの私にとっても、何度も「目からうろこ」が落ちて、タイトルの「それでも」の意味がどうにか理解できた気になった。良い本だ。

 あの戦争について「バカな戦争だった」という結果論からする評価は、一番簡単だが正鵠を得てはいない。この本は「その時、その立場にいた歴史上の人物には、違う風景が見えていた」ということを、当時の関係者の日記などの資料から立証し、説得力がある。教条的、断定的でなく、多角的、実証的に論考している。昨今の国際情勢と当時とを安易には比較できないが、「歴史に学ぶ」「真実を知る」という姿勢は必要で、その点でこの本は示唆に富む。

 私の前後の世代は、太平洋戦争を体験した最後の世代だ。当時の国民の大多数は戦争に賛成だった。メディアなどが戦争をあおる中、「ハワイで大戦果」とラジオで流れると、老いも若きも興奮した。しかし次第に戦況は悪化し、私の郷里岡山でも米機による機銃掃射やB29の爆弾投下が始まり、私の周りも「飢え」を時々実感するようになった。

 玉音放送は大人に交じって聴いた。ラジオの音質が悪くてすぐには内容は分からず、外から駆け込んで来た人が「敗戦」と伝えて騒然となった。同じ日、近くの軍需工場で働いていた父が夕方帰宅し、家族に瓶を見せ「青酸カリだ。いざという時はこれで自決しよう」と話した泣きそうな顔を、今でも思い出す。

 ひょっとしたら「どうしてもやらなければならない戦争」があるのかもしれない。でも、戦争はとにかくしない方がよい。それは私ども世代の皮膚感覚だ。その避け方を、この本はいろいろと考えさせてくれる。【聞き手・浜中慎哉、写真・宮本明登】


かたやま・とらのすけ
 日本維新の会共同代表。参院比例。84歳。1958年自治庁入庁。89年参院初当選、郵政相、総務相などを歴任。