外国特派員協会重鎮が
   反日中韓の詐偽を暴いた

     ヘンリー・S・ストークス
     Henry Scott Stokes
     (翻訳・構成 藤田裕行)


     2015年8月2日 悟空出版




はじめに

 終戦から七十年が過ぎた。今年はことさら、中国や韓国から日本への歴史認識をめぐる牽制や攻撃がなされている。

 私はいまこそ、「日本人よ、目覚めよ!」と、声を大にして訴えたい。

 中国や韓国が言うように、日本はほんとうにアジアを侵略したのか。

 日本軍は、「韓国人など十四歳から二十歳の二十万人の少女を、強制連行し、『性奴隷』にした」 のか。

 いわゆる「南京大虐殺」は、事実だったのか。

 結論から言おう。私の答えは、すべて「ノー」だ。

 日本がアジアを侵略したというのは、アメリカが東京裁判などで喧伝したプロパガンダにすぎない。

 最も大きな「戦争犯罪」を犯したのは、広島・長崎に原爆を投下し、東京大空襲では数時間で十万人を焼き殺したアメリカである。アメリカがその戦争犯罪を糊塗して、日本を責める資格はない。

「慰安婦」は、性奴隷ではなかった。日本軍が直接に女性を強制連行した事実もない。むしろ日本軍が一番心配をしたのは、「慰安婦」 の健康状態だった。

 そもそも「慰安婦」の半分は日本人だった。占領地の一般婦女子への日本兵の強姦などを防ぐことが目的だった。今では受け入れがたいが、人道と人権に配慮したのが「慰安婦制度」だった。

 日本軍の性奴隷だったと証言している韓国人女性たちを騙して慰安婦にした女街は、同じ韓国人だった、ということである。それにもかかわらず、日本軍の仕業と強弁している。「慰安婦」問題は、実は韓国の内政問題なのだ。その証拠に、日本軍が消滅した後も「慰安婦」問題は韓国に存在し続けたではないか。

 私は四十五年も前から、韓国の慰安婦問題の真実を取材し、生々しい現実を直接目にしてきた。朝鮮戦争で国連軍(主としてアメリカ軍)の「慰安婦」とされた女性たちと、その遺児たちの不幸なその後を、私は直接知っている。

一九三七(昭和十二)年十二月十三日、日本軍は中華民国政府の首都・南京を陥落した。アイリス・チャンは、その後の六週間、日本軍は南京市民を大虐殺し、二万人の女性をレイプしたと、そう本に書いてベストセラーとなった。

 私からすれば、それは「創作小説」にすぎない。

 南京攻略戦を指揮した松井石根大将は綱紀粛正を徹底した。「大虐殺」など起こり得ないし、事実起こつていない。散発的な暴力行為はあったが、それはアメリカ軍が日本本土を占領した時にもあったことだ。

「大虐殺」がなかったと私が主張する根拠は、中国(中華民国政府)側の資料と、南京の安全地帯を管轄した南京安全区・国際委員会が日本大使館に正式に報告した被害届などがそのことを裏付けているからだ。日本側の資料による主張ではない。

 ただ南京陥落後に悲惨だったのは、大量の不良捕虜や便衣兵の処断があったことだ。しかし、これら不良捕虜の処断は国際法上合法である。国際連盟も欧米諸国も、当時それを一切問題にしていない。

 もし悲惨な事件の責任を問うなら、第一義的にそれは中国側にある。

 徹底抗戦を命じておきながら敵前逃亡をした蒋介石と司令官の唐生智が、南京の悲劇を引き起こしたのだ。日本軍は、治安を回復して南京の人々に平和を取り戻した。

 戦後七十年の節目に、韓国も中国も「戦勝国」気取りだ。しかし韓国人は、第二次大戦中は大日本帝国臣民として連合国と戦ったのではないか。日本と韓国は戦っていない。「日帝の植民地支配から独立した」というのも、真っ赤なウソである。

 韓国は、一九四八(昭和二十三)年八月十三日に独立したのに、一九四五 (昭和二十)年八月十五日に独立したことにしている。

 中国も同様だ。

 中国共産党の一党独裁による中華人民共和国は、一九四九(昭和二十四)年に成立した。第二次世界大我の戦勝国などではない。

 こうした歴史の詐偽に対して、日本人も史実を世界に発信するべきである。

日本と米国は太平洋を舞台に戦った。

戦争を仕掛けたのはアメリカだった。

日本は、太平洋戦域でのみ戦ったのではない。我が大英帝国とは、香港やインドなどで戦争となった。アジア大陸では、フィリピンを植民地としていたアメリカを含め、アジアを侵略していた欧米諸国の軍隊を一瞬にして排除してしまった。

 アジアが独立できたのは、日本軍の進攻があったからだ。日本が閣議決定した正式な戦争名「大東亜戦争」は実に的を射た名称である。

 日本がアジアを侵略していた欧米諸国を排除したことで、アジアが独立できた。

 この史実を糊塗したいアメリカは、「太平洋戦争」史観を受け入れることを日本に強要した。その結果、いまもって日本は「大東亜戦争」という日本の正式な戦争名を報道で使わないよう自主検閲しているようだ。

 もう戦後七十年である。こうした詐偽を白日の下に暴くべき秋が来ている。

ヘンリー・S・ストークス
二〇一五年七月六日