今週の本棚



     『居場所なき革命 フランス1968年とドゴール主義』

     吉田徹・著 岩間陽子・評 


     (みすず書房・4180円)
     毎日新聞 2022/6/4 東京朝刊


 

前世代への反発、時代の流れ変える

 1968年という年は、ずっと心に引っかかってきた。時代の流れが一気に変わる年、というのがある。たまたま89年に西ベルリンという場所にいて、ヨーロッパ全土を大きな波が飲み込んで、旧体制を流し去っていくのを見た。その前と後では、私は同じ人間ではない。そういうものを、革命と呼ぶのだろう。近現代ヨーロッパ史上、1848年と1968年はやや特殊な革命だ。どちらも旧体制が復活し、何事も起こらなかったかのようであったが、そこを境に確かに時代が変わってしまった。

 68年のフランス五月革命が、本書の主題である。一時的にではあるが、ドゴールの支える国家が転覆しそうになったという意味では、この年世界中で起こった若者たちの運動の中で、一番革命に近かった。吉田徹氏は、五月革命が打倒しようとしたドゴール体制と革命運動を対比させることによって、両者の本質を捉えようとする。


 著者の綿密な分析により、五月革命とその後の政治状況が浮かび上がる。読み進むにつれ、ドイツの状況が合わせ鏡となり、仏独政治の違いに気づかされた。評者にとって「68年世代」は、いつも目の前にいた。ヨーロッパ的キリスト教的アイデンティティを守り抜いた前世代と異なり、異教徒でも懐に飛び込ませてくれ、根本から認識を揺さぶり、世界を見る目を変えてくれた。彼らもまたベビーブーマー世代として生まれ、ナチズムを黙認した親世代への強い反発から抗議運動を始めた。

 ただ、フランスとの大きな違いは、すべてが揺るぎない議会制民主主義の枠内へと収斂(しゅうれん)して行ったことだ。西ドイツの議会制民主主義は、破綻したワイマール議会制の反省に基づき、大衆民主主義への懐疑を制度として組み込んでいる。その最たるものが、国政レベルでの国民投票の否定だ。その代わりに、議会と裁判所が恐ろしく活発で戦闘的である。憲法裁判所も、判例によってどんどん現実を変革していく。


 これに対してドゴールの第五共和制は、そもそも破綻した第四共和制の上に立っており、議会主義への信頼が薄く、大統領と国民が国民投票で直接に結ばれる。それは、バランスが崩れれば巨大な執行権の独裁につながりかねず、大衆の気分の変化に振り回される危険を内包している。マクロン政治に至るまで、危ういボナパルティズムの影を引きずるフランス政治の特性が、構造的に理解できた。

 西ドイツでは、68年運動の波に乗って社会民主党ブラント政権が登場した。「もっと民主主義の勇気を」と訴えた彼は、若者に熱狂的に支持され、内外に革新的政策を実施した。やや遅れて社会運動から生まれた緑の党も、80年代には議会内勢力となることを選んだ。


 シュレーダー元首相も、フィッシャー元外相も、68年世代である。革命を通じて一気呵成(かせい)に変革するのではなく、議会内からゆっくりと着実に、社会を改革することを選んだ。彼らは確実に、ドイツ社会の中に「居場所」を見つけた。

 日本の全共闘世代が、ほとんど社会に爪痕を残していないことを、従来不思議に思ってきた。安保闘争も全共闘も、「居場所」のなさにおいてはフランスに負けないが、なぜそうなったのか、しっかりとした分析が必要だろう。

(政策研究大学院大学教授・国際政治)