読響 第592回定期演奏会
サントリーホール


  交響曲第13番 変ロ短調作品113くバビ・ヤール〉"Babi Yar"

  ショスタコーヴイチ


    2019.10.09 読響 MONTHLY ORCHESTRA 10
  
  指揮:ユーリ・テルミカーノフ
  バス:ピヨートル・ミグノフ
  男声合唱:新国立劇場合唱団
  合唱指揮:富平恭平


 ショスタコーヴイチ
 交響曲第13番 変ロ短調作品113くバビ・ヤール〉"Babi Yar"

 ソヴイ工卜連邦の独裁的指導者スターリン(1879~1953)の死後、文化芸術面でのいわゆる「雪どけ」はゆるやかに進んだ。政治においても、1956年2月の共産党大会における党第一書記兼首相フルシチョフのスターリン批判をきっかけに政治犯の名誉が回復されるなど、時代は大きく転換した。その流れは、ユダヤ人問題を扱ったエフトゥシェンコ(1933~2017)の詩「バビ・ヤール」が1961年に発表されると、さらに加速された。バビ・ヤールとは、ウクライナの首都キエフ近郊の渓谷の名称で、1941年にこの地を占拠したナチス親衛隊らによって、約34,000人のユダヤ人が銃殺された。

 この若き詩人の詩を親友の音楽学者グリークマンから教えられたドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906~75)は、そこに彼が長年抱き続けてきた反ユダヤ主義への嫌悪がストレートに表現されていることに感銘を受けた。すぐにこの詩をテキストに作曲することを決め、1962年4月にバス独唱とバス合唱、オーケストラのための交響詩<バビ・ヤール>を完成させた。ちょうどこの頃、エフトゥシェンコの新しい詩集が出版された。ショスタコーウィチはそこから3篇の詩を選び、さらに書き下ろしの1篇を加えて、全5楽章の交響曲第13番として同年7月20日に書き上げた。ここで取り上げられた詩は、反ユダヤだけでなく、芸術の検閲や虐げられた女性など、スターリン時代に隠蔽されていたものへの批判や風刺を含み、ショスタコーヴィチは心の奥底にある感情を音楽とともに放出させた。

「雪どけ」とは言っても、社会主義体制のソヴィエト連邦で芸術家の自由な発言が許されたわけではない。初演に至るまで、当局から陰湿な妨害工作を受けた。なかでも、ショスタコーヴィチの盟友ムラヴィンスキーから初演の指拝を断られたことで作曲家は傷ついた。バス歌手も次々降板し、初演当日も当局の圧力で予定の歌手がキャンセルして、代役で準備していたグロマツキイが舞台に立った。それでも、コンドラシン指揮のモスクワ.フィル八一モン交響楽団による初演は、大成功を収めた。しかしその数日後、エフトゥシェンコは、圧力に耐え切れず、「バピ・ヤールJの歌詞の一部をユダヤ人問題が曖昧になるように書き換えた。ショスタコーヴィチも当該箇所の音楽の改訂を当局から求められたが応じず、音楽変更する必要がない箇所のみの歌詞の改訂を受け入れた。なお、今回は改訂前の原典版歌詞で歌われる。

■1楽章 バビ・ヤール アダージョ、変ロ短調 悲劇の舞台となった渓谷で、古代エジプトから現代までのユダヤ民族の歴史に思いをめぐらせる。鐘の音とともに低音楽器で重苦しい第1主題が示され、最初の独唱の後、荒々しい第2主題が現れる。激しく高まるが、アンネ・フランクのエピソードは弱音で語られる。

■2楽章 ユーモア アレグレット、ハ長調 現代への風刺を語ったスケルツォ楽章。ハ長調の力強い主和音と諧謔的な楽旬が交替する。中間部に作曲家自作の歌曲〈処刑前のマクファーソン〉(1942)の引用、後半には革命歌が飛び込む。

■3楽章 商店にて アダージョ、ホ短調 ここから終楽章まで曲は切れ目なく続く。戦争で夫を失ったロシアの女性は、少ない食料を求めて真冬の通りに列をなす。第1楽章第1主題と関連する低弦楽器の導入から、子守歌風の第1主題が独唱の背景に現れ、カスタネットとウッドブロックを合図に第2主題が示される。

■4楽章 恐怖 ラルゴ、嬰ト短調 恐怖に打ち克っても、新たな恐怖が迫る。不安に満ちた主題から始まり、第1楽章の第1主題や第3楽章の動機が現れる。合唱による革命歌風の行進曲を経て、最後は静かな響きのなかに溶け込む。

■5楽章 立身出世 アレグレット、変ロ長調 軽やかなフルートの二重奏で始まる。弦楽器の流麗な主題に続き、ファゴットのおどけた主題が独唱と合唱の対話を導く。模範となる作家は「レフか?」の問いに、合唱が「レフ」(文豪レフ・トルストイを指す)だと答える。これは当時の通俗作家アレクセイ・トルストイヘの椰愉である。大規模なフーガが展開された後、楽章冒頭の主題が穏やかに広がり、チェレスタの反復は鐘の音とともに結ばれる。
                           〈柴辻純子 音楽評論家〉

 作曲:1962年/初演:1962年12月18日、モスクワ/演奏時間:約59分一
 楽器編成/フルート2、ピッコロ、オーボエ3(イングリッシュホルン持替)、クラリネット3(エスクラリネット持替、バスクラリネット持替)、ファゴット3(コントラファゴット持替)、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバ、ティンパニ、打楽器(シンバル、ムチ、小太鼓、タンプリン、カスタネット、ウッドブロック、トライアングル、銅鑼、シロフォン、大太鼓、鐘、グロツケンシュピール)、ハープ2、チェレスタ、ピアノ、弦五部、バス独唱、バス合唱