北国新聞



    めでたい句が生きる証し
    年末・年始の子規

    嵐山光三郎

       2021.12.20 北国新聞
    
嵐山光三郎 あらしやま・こうざぷろう 作家、泉鏡花文学賞選考要員。


正岡子規が27歳のとき詠んだ俳句に、

のら猫をかゝえて寝たる寒さ哉

があり、猫を湯タンポがわりにして寝ていた。28歳(子規の年齢は明治の年号と同じ)のとき日清戦争従軍記者を志願し、大連から旅順へ行き、帰路船中で喀血して漱石がいる松山に寄って、療養した。大学の同級生・漱石は、松山中学校の教員で月給80円(現在の80万円)だったのに対し、子規の月給は30円であった。

イノチガケの句

漱石より餞別を貰って帰京する途中、奈良に立ち寄って
「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」
の句を得た。よく知られている子規の旬だが、風流な吟ではない。結核患者であった子規は、やたらと喉がかわき、水がわりに道ばたの柿を齧った。イノチガケの句。

28歳新年の句は、

初空に去年の星の残りかな

年末のうす暗い星が新年になっても残つて輝いている。29歳の正月には東京・上根岸の家(子規庵)に漱石や鴎外(陸軍軍医部長)、虚子が来て大句会をして、
「初日呑むと夢みて発句栄ゆべく」
「初日を呑む夢」というんだから気宇壮大である。

30歳の正月は
「蒲団から首出せば年の明けて居る」
うまいですねえ。蒲団にくるまってふと首を出すと新年になっていた、という感慨。

句に余裕が出てきた。31歳のとき、漱石は熊本五校へ赴任し、その十年後に虚子が主宰する「ホトトギス」に『坊っちゃん』を書いた。

子規は病床にありつつも年に数回は人力車で外出する体力があった。

新聞を門で受け取る初日哉(31歳)

狭い子規庵は庭までぎゅうぎゅうづめとなったが、33歳の8月に大量喀血をした。この年漱石はロンドンへ留学した。34歳の子規は、新聞「日本」へ1月より『墨汁一滴』の連載をはじめた。

大三十日愚なり元日猶愚也(34歳)。

子規は死ぬ気でいた。
死ぬってなんだろう。

どんな場合も平気で幽界へ片足を入れた。弟子の鼠骨が持ってきたお年玉をながめて
「年玉を並べておくや枕もと」
と詠んだ。『病淋六尺』を死の2日前まで127回章いた。

「悟りは平気で死ぬことではなく、どんな場合でも平気でいきること、しかも楽しみを見出せなければ、生きている価値がない」

子規にとっては、表現する行為が唯一の楽しみで、生きている証しであった。

絶筆となったのは
「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」 
「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」 
「をととひのへちまの水も取らざりき」

で、子規のファンはみな知っている。さて、新年の句は。

あつらへの扇出来たり謡初(うたいぞめ)(35歳)

やたらめでたい。生死ぎりぎりのはざまにいても、新年をめでたく詠むことが「生きる」心意気であります。