画文集



    この道 ー世の中に愛をこめてー

      自分史のうち敗戦前後の一部を抜き書き

     佐藤光男


     2020年12月21日 著者佐藤光男 印刷製本 株式会社横浜プリント


      

p98
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
 3年生になって間もない頃、一人の軍人が夕方、我家を訪れた。川島国民学校がどこか道を教えて欲しいということで、私が案内役に選ばれた。サイドカーというオートバイの横に座らされ道案内をした。学校に着くと校長室に入り、何やら軍人と校長先生とが話し合いをしていた。話し合いの後、夕飯をご馳走になった。麦のご飯に真赤な紅しょうが3枚だけの質素な夕飯であったことを覚えている。

 それから一週間程後に突然学校が兵舎になった。各地区域ごとに、お寺や神社の境内が教室になった。西谷地区は、三王様という椿の樹木が生い茂る小さな神社の境内が教室になった。

 一年生から六年生までが机を並べた。地面の凹凸が激しく、机や椅子はあっちへ傾いたり、こっちへ傾いたりして教室とはまるで別物であった。先生は岩本という女の先生一人が全員を受け持ってくれた。どんなことを教えてもらったかはまるで覚えていない。そして雨の日は休校。やがて戦争は激しさを増し、しょっ中警戒警報のサイレンが鳴った。直ぐに空襲警報に変わり、そうすると全生徒が神社の境内の直ぐ前にある麦畑の溝の中に伏せるのである。

 アメリカのグラマン戦闘機が地上スレスレに飛来し、人影を見付けるとド・ド・ド・ドと機銃を発射するのである。次から次へとやって来る。機体は風防を外し、左右に機体を傾けたりし、左に傾けた時は銀色のヘルメットが強い日射しを受けてキラキラと光って見えた。まるで人間が獣を殺すがの如く、スポーツカーに乗って楽しんでいるようにも見えた。

 警戒警報解除のサイレンが鳴り終わるまでじっと畑の溝に身を隠すのであった。軍国主義の教育を受けていたせいもあってか、あまり恐ろしい気持ちは持っていなかった。

 家に帰ると防空訓練をしていた。当時はわら屋根の農家の家が多く、訓練が行われるのは大抵トタン屋根の我家が多かった。年寄りの男性か近所のおばさん達で我家の屋根に梯子を掛けて、バケツリレーで水を掛ける訓練が主であった。我家の屋根は隙間だらけで訓練が終わって家の中に入ると、至る所が水洩れで濡れていたことを覚えている。バケツ訓練の後は、今度は山から竹を切って来て竹槍をこしらえていた。敵が上陸して来たら、これで戦うのだという。真剣になって何本も何本もの竹槍をこしらえていた。これで本当に敵と戦えるのか不思議に思えた。


 この年の春(昭和20年3月10日)の夜中の2時過ぎ、家の外が騒々しくて起こされた。表に出てみると外は昼間の様に明るかった。東京下町の大空襲の夜であった。木造家屋の多い下町がアメリカ軍のB-29爆撃機から莫大な量の焼夷弾を落とされ、家々が燃えて、その煙が空一面を覆い尽くして雲に反射してあたり一面を明るくしたのである。それにしても100kmもある遠いところ迄明るくするとは恐ろしいものである。この空襲では一夜にして10万人もの尊い命が失われたのである。戦争をしてはいけないとつくづく思う。

 この年の夏(昭和20年)8月15日午前10時頃、我家の上空で日本の戦闘機とアメリカのグラマン戦闘機による激しい空中戦があった。たがいに機銃を撃ち合い、我家のトタン屋根にパチンパチンと大きな音を立てて飛んできた弾が当たって跳ね返っていた。おふくろは空に向かって両手を合わせ、どうか無事にと祈り続けてくれた。

 その日の正午に、天皇陛下のラジオによる玉音放送があるとの伝言があった。近くでラジオのある家は、同級生の河原邦男君の家だけで、近所中の人が大勢でラジオの前に集まり、ラジオに耳を傾けた。やがて放送が始まったのだが、ラジオの性能が悪く、途中で何度も音が途切れた。ラジオの一番前に座っていた同級生の森周一君の母親がラジオの頭を叩くと又音が出た。結局何のことだったのかは分からず、中には日本が勝ったらしいという人も出る始末だった。

 日本が戦争に負けたという事実を知ったのはその日の夕方であった。

 戦争が終わって約一週間ほどの後、アメリカ兵が上陸して来て、女性と子どもは全員殺されるというデマが飛び込んできた。

 父親が近くの農家から大八車を借りてきて、これから山へ逃げるのだという。山と言っても丹沢山の更に奥の道志川だという。

 午前中に仕度をして、男の兄弟4人(姉2人は別の場所に長兄の明兄さんは入隊中)と両親の6人が、その日の午後、大八車一杯に荷物と食糧としてジャガ芋とキュウリだけを乗せて我家を出発した。道路はそんなデマを信じて、丹沢・大山方面にリヤカーや大八車を引いて逃げる人達で、八王子街道は溢れた。相模原に着いたのは夜中の9時頃だったと思う。道路脇の砂利の山を平らに崩して、そこで一夜を過ごした。

 夜が明けると、再び道路は人や車が移動を始めた。我家の大八車もその行列に加わった。橋本の少し手前を左に折れて、津久井湖方面に向かった。朝の9時頃だったと思う。父親が津久井の発電所に直ぐ上の兄が住んでいるので、挨拶をしてくると言って、そこで小休止した。叔父が出てきて、「あれはデマだよ」と言ってくれた。それにしても疲れただろうから、発電所の社宅に空き部屋があるので暫く様子を見てはどうかとの誘いを受けて、そこに泊まらせてもらうことにした。社宅の部屋は広く、家族6人が楽々と入れた。食事は持ってきたジャガ芋とキュウリだけで、後から叔父が麦めしと味噌汁を出してくれた。

夜、床について間もなく、体中が痺くて寝られない。起きて明かりを付けると体中に蛋とシラミが入っていた。この痺さには勝てず、夜明けを待って、叔父の「デマだ」を信じて横浜の自宅へ帰ることにした。

 社宅を後にして小一時間ほどして、橋本の駅の近くまで来ると、横浜方面に帰る人や車と、デマを信じて、まだ山へ逃げ込もうとする人が半々くらいになった。西谷の自宅に戻り着いたのはその日の夜遅くであった。結局あれはデマだったのである。ラジオも新聞も満足にない時代、人の話を信じるしかなかったのである。



 戦争が終わって半月ほどの後のこと。上陸してきたアメリカ兵のトラツクが荷台に一杯軍服姿の兵士を乗せ、八王子街道を厚木方面へと向かい、全員が酔っ払っていて、奇声を上げ、中には上半身裸でトラックの荷台から直接放尿する兵士もいた。ガムやチョコレートを投げてくれた。戦争に勝ったことが余程嬉しかったに違いない。

 国を信じて戦った我々庶民達が一番ひどい目にあったのである。

 9月に2学期が始まると、寺や神社の境内に移していた机や椅子を元の学校へ戻す仕事が始まった。僅か10歳前後の学童にはかなりきつい仕事であった。

 ようやく授業が始まったのは10月を過ぎてからであった。若い男の先生はほとんど居なくて、高齢の男の先生や女の先生ばかりで、担任の居ない教室がいくつもあった。間もなくして代用教員が先生の居ないクラスに入ってくれた。私のクラスには若い宮杉という女の先生が付いてくれた。残念なことに宮杉先生は病気にかかり、肺結核で亡くなってしまった。長引いた戦争のおかげで満足な治療が受けられなかったのである。亡くなった宮杉先生の後任は誰だったか覚えていない。

 授業ではただ、国語や社会科の教科書に軍国主義を教える部分を墨で塗りつぶすことだけで、その部分を消されると前の文とが繋がらず、何だか意味不明のおかしな教科書になってしまった。


 年が明けて昭和21年(1946)の春、この年の春ほど辛い思いをしたことはなかった。食べる物がないのである。本当に何もなくて、野の草を食べた。蛙などは一番のご馳走であった。不思議なことに田圃に行くと、蛙だけは沢山取れた。しかし極度の栄養失調で、体は痩せ細り、学校へ行く途中何度も体を休めた。

 昼の弁当は持って行けず、弁当を持ってこられるのはクラスの半分ほどで、主に農家の子ども達だけであった。弁当のない生徒は教室の外に出て、日溜りで午後の授業の始まるのを待った。授業が終わって自宅に戻っても食べ物は配給された小さなパン一つだけ、人間は腹が減った時に食べる物がないほど辛いことはないと思う。そして又、野や田圃に行って草や蛙を夢中になって探すのである。

・・・・・・・
・・・・・・・