どうすれば戦後体制から脱却できるのか?



    教育委員会とNHKを解体せよ

     皇學館大学教授 松浦光修


     2022年12月16日 松浦光修(経営科学出版)


皇學館大学教授 松浦光修先生の
メールマガジンをお送り致します。

* * * * * * * *

※これは過去のブログ記事を転用しています。
 (『國民新聞』第19181号 平成25年1月25日)



教育委員会とNHKを解体せよ



昨年、十二月十六日の総選挙で安倍自民党が大勝し、
それによって、すべての亡国法案
(夫婦別姓、外国人参政権、人権救済、女性宮家など)が、
一挙に粉砕され、また「改憲」を党是とする
「日本維新の会」も躍進した。

さらに同月二十六日の組閣では、
真正保守派の議員たちが次々と入閣し、総じて、
心ある国民の悲願である「自主憲法制定」も、
ようやく今、その実現に向けて動きはじめた感がある。

しかし、「急いでは事を損じる」という言葉もある。
七十年近く続く「戦後体制」は、
短日月で一挙に葬り去れるほど、ヤワな存在ではない。
今、新しい内閣には、内にも外にも敵がいる。

「外の敵」とは、いわずと知れた反日勢力である。

その生命維持装置である大手マスコミは、
すでに昨年末から、安倍自民党の隙を窺い、
陰湿なネガティブキャンペーンを持続しており、
もしも今後安倍内閣に小さな瑕瑾でも見つかれば、
毎度のこたながら彼らは、
それを針小棒大に報道し、
それによって七月の参院議員選を
「自民党敗北」へと導き、もって、
「自主憲法制定の阻止」を図るであろう。

「内の敵」とは、保守を装った反日勢力である。
具体的には、かつて「女性天皇・女性宮家維持」の旗を
振った人々をイメージしていただければよい。

考えてみれば、彼らの殆どは、
これまで「保守派」と見られていた人々ではなかったか。
「味方のふりをして後ろから撃ってくるのであるから、
 ある意味、彼らは、あからさまな
 反日勢力よりもかえってタチが悪い。」

それら内と外の敵を、
上手にいなしつつ、安倍内閣は一歩一歩、
確実に「戦後体制からの脱却」を進めてほしい。
外交、防衛、経済、教育など課題は山積しているが、
早急に着手してほしいのは「教育改革」である。
 
文部科学大臣となった方には、
日教組と同化した「教育委員会」を解体するため、
勇気をもって、はじめの一歩を踏み出してもらいたい。

「政治的中立」という厚い防護壁の中で、
国民常識と乖離し、「サヨク・ガラパゴス化」した
日本の教育界には、さまざまな方向から
「自然淘汰」の嵐を吹かせる必要がある。

さらに、総務大臣になった方には、
「NHK」を解体するため、これも勇気をもって、
はじめの一歩を踏み出してもらいたい。
半民半官のヌエ的立場をいいことに、
NHKの「反天皇思想・反日自虐史観」の
押し付けぶりは、目に余るものがある。

放送内容そのものに、
直接口を出すことよりも不当に高い職員給与など、
不必要な予算の大幅な削減からはじめ、
次にその関連会社を次々と民営化し、
最終的には、必要最低限の部門を国営化すればよかろう。

放送関連でいえば、いずれは政府には、
民放会社の「外資比率」をゼロにする法案も
成立させてもらいたい。

教育と情報…、思えば、国民思想の「戦後体制」は、
それによって構築されたのである
(GHQの部局「CIE」がその担当)。

したがって、「戦後体制」の解体作業も、
その手順としては、
まずは教育と情報から着手すべきであろう。


皇學館大学教授 松浦光修


* * * * *

松浦光修(まつうら・みつのぶ)/ 歴史学者
昭和34年、熊本市生まれ。
皇學館大学文学部を卒業後、
同大学大学院博士課程に学ぶ。
現在、皇學館大学文学部教授。博士(神道学)。

専門の日本思想史の研究のかたわら、
歴史、文学、宗教、教育、社会に関する評論、
また随筆など幅広く執筆。全国各地で、
講演活動をつづけている。

<著書>

『大国隆正の研究』(神道文化会・平成13年)
『大国隆正全集(編者)』第八巻・補遺(国書刊行会・平成13年)
『竹内式部』(皇學館大学出版部・平成7年)
『やまと心のシンフォニー』(国書刊行会)
『いいかげんにしろ日教組』(PHP研究所・平成15年)
『夜の神々』(慧文社・平成17年)
『永遠なる日本のためにー女系天皇は天皇といえるのか』(四柱神社・平成18年)
『【新訳】南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え』(PHP研究所・平成20年)
『日本の心に目覚める五つの話』(明成社・平成22年)
『【新訳】留魂録 吉田松陰の「死生観」』(PHP研究所・平成23年)
『楠公精神の歴史』(湊川神社・平成25年)
『日本は天皇の祈りに守られている』(致知出版・平成25年)
『【新釈】講孟余話 吉田松陰、かく語りき』(PHP研究所・平成27年)
『龍馬の「八策」 維新の核心を解き明かす』(PHP研究所・平成29年)