日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ?
    コロナ禍があぶりだした「世間」の闇 

    佐藤直樹さん オピニオングループ/小国綾子

       毎日新聞2020年9月29日 07時30分(最終更新 9月29日 10時51分)


    
   コロナの時代の日本社会を語る佐藤直樹さん=藤井太郎撮影

 「感染者バッシング」「自粛警察」「マスク警察」「帰省警察」……。世界で新型コロナウイルスが猛威をふるう中、なぜか特に日本社会で顕著な社会現象が相次いでいる。「コロナ禍で日本特有の『世間』が強化され、同調圧力がかつてないほど高まっている」と警鐘を鳴らすのは、「世間」評論家の佐藤直樹・九州工業大名誉教授だ。コロナ禍があぶりだした「世間」の闇とは……。【オピニオングループ/小国綾子】



他国にはない「犯罪加害者家族バッシング」

 ――コロナ禍で起きている「自粛警察」や「感染者バッシング」は、日本に特有の現象なのでしょうか。

 ◆ここまで深刻なのは、日本だからでしょう。海外のテレビニュースでは、感染者が普通に顔を出し、実名で「みんなも気をつけて」などとインタビューを受けているでしょう? しかし、日本ではありえない。

 感染者の個人情報が暴かれ、ネット上でたたかれ、家族や通学先の学校や勤務先にまで抗議の電話や手紙が殺到する恐れがあるからです。

 コロナ禍の以前から、日本社会にはこういうところがあります。

 私は犯罪加害者の家族へのバッシングの問題をずっと追いかけてきました。4月に出版した「加害者家族バッシング 世間学から考える」にも書きましたが、犯罪加害者だけではなく、その家族までたたかれ、転居や、時には自殺にまで追い込まれる、こんな異様な現象は他国では見たことがありません。

 ――そういえば、米国では犯罪加害者の親など家族が顔を出してテレビのインタビューを受けていますもんね。しかも「私にも信じられない」などと答えていて、謝罪に追い込まれることもない。

 ◆そう。視聴者の方も、「家族といえども別々の人格」と認識しているからです。しかし日本では違う。「世間を騒がした、迷惑を掛けた」という点で「同罪」とされてしまう。だから家族までがたたかれる。

 しかし、この問題はこれまで見えづらかった。日本では犯罪率が低いため、犯罪加害者家族は圧倒的な少数派だからです。ところが今回のコロナ禍は誰もが感染しうる。つまり、今回は誰もが「当事者」というわけです。




コロナ禍で高まった同調圧力

 ◆今回の新型コロナウイルス感染症は、無症状の感染者でも他人にうつす、という特徴があります。それゆえに、人々の不安と恐怖はかき立てられました。

 その結果、元々強かった日本社会の「同調圧力」が、かつてない規模で強まり、目に見える形で噴き出した。それがコロナ禍における「自粛警察」や「感染者バッシング」の正体です。犯罪加害者家族へのバッシングと相似形です。

 誰でも感染しうるのに、感染を加害・被害の文脈で考え、感染者をまるで「犯罪加害者」のように見なしているのです。

「世間に波風を立てる=悪」
 ――「自粛警察」や「感染者バッシング」は、「同調圧力」によるものだと?

 ◆この国では多くの人が「他人(世間)に迷惑を掛けるな」と育てられ、世間に波風を立てることは悪だとすり込まれています。「法のルール」とは関係なく、「世の中に迷惑を掛けるのは一番悪いことだ」という「世間のルール」に従おうとする。

 だから国や自治体の「自粛要請」に逆らう者を発見すると「世間に迷惑を掛けている」と考え、「自分が迷惑を掛けられた」と思い込む。誤った正義感に突き動かされ、通報や抗議、脅迫までしてしまうのです。

 海外では、ロックダウンと罰則という「法のルール」で人々の行動を抑え込みました。それでもロックダウンに反対する大規模デモが起きました。


    
州議会議事堂前でプラカードを掲げ外出制限に抗議するデモ参加者ら。マスクをつけていない人も多い=米東部ペンシルベニア州ハリスバーグで5月1日、高本耕太撮影


 一方、日本ではあくまで「自粛要請」だったのにもかかわらず、「ルールを守れ」「非常時だから自粛せよ」という同調圧力によって、異論自体が封じられました。

 コロナ禍で、「世間」の同調圧力と相互監視が今まで以上に強まっているのです。




「世間」の正体とは?

 ――「世間」ですか。佐藤さんは1999年、「日本世間学会」の設立に関わられました。初代代表幹事でもある。そもそも「世間」とは何でしょうか。

 ◆「世間」は「日本人が集団になった時に生まれる力学・秩序」と言えます。「社会(society)」 とも「共同体(community)」とも違う。1000年以上前から存在し、万葉集にも詠まれています。

 欧州では、キリスト教の浸透によって神と向きあう「個人(individual)」が誕生し、個人の集合体である「社会」が成熟しました。

 日本でも明治時代に「個人」や「社会」という言葉が輸入されましたが、「個人」が確立しなかったため「世間」は温存されたのです。

 今でも「世間のルール」が「法のルール」以上に人々を縛っています。

 ――佐藤さんは刑法学者です。なぜ「世間」に注目したのですか。

 ◆法律学を大学で教えていましたが、ずっと気になっていました。「日本人は法律を信じていないぞ」と。そんな時、元一橋大学学長の阿部謹也さんの名著「『世間』とは何か」などを読みました。古代から現代にいたるまで、日本人の生活を支配し、日本の特異性をつくってきたのは「世間」だ、と。なるほど、日本人は「法のルール」ではなく、「世間のルール」に従って生きているのだ、と納得しました。それで阿部さんらと一緒に「日本世間学会」を設立したのです。

 「世間」の「同調圧力」の強さの背景には、「世間のルール」が存在しています。「世間のルール」は主に四つに分類できます。




四つの「世間のルール」

 ◆第一に「お返しのルール」。お中元・お歳暮に代表される、「もらったら必ずお返ししなければならない」というルールです。しかも、「全返し」「半返し」などそれぞれ細かいルールがある。

 モノのやりとりに限りません。日本で、LINEの「既読無視」が問題視されるのはそのためです。日本社会には「お返ししなければカドが立つ」という同調圧力がまん延しているのです。

 第二は「身分制のルール」。年上か年下か、格上か格下か、が関係性の力学を決める。だから名刺交換しないと安心して話もできない。

 英語ならば「YOU」と「I」の二つで済むが、日本語では「身分」に合わせて適切な言葉を選んで使いわける必要があります。これは大きなストレスです。

 第三は「人間平等主義のルール」です。

 ――「平等」は、良いことですよね?

 ◆「世間はみんな同じでなければならない」というような「平等」ですけどね。

 人間には本来、能力や才能に差があるのに、それを認めない。一種の悪平等が起きやすい。かつて問題になった「運動会で全員が手をつないでゴールする」というやつです。

 ねたみやそねみが強くなる。高額の宝くじに当たっても、海外ではメディアで堂々と顔を出して話すし、実名で取材に応じている。日本でそれをやったら「世間」にねたまれて大変なことになる。

 「みんな一緒」という同調圧力が強過ぎるからです。



「マスク警察」「帰省警察」も……

 ――「出るくいは打たれる」も、それですね。

 ◆そう。「同調圧力」の中で、同じように行動しようとしない異質な存在を排除しようとする力が働くのです。「自粛警察」「マスク警察」「帰省警察」……どれも、まさにこの「同調圧力」が噴き出した結果の現象です。


    

日差しが照りつける中も、マスク姿で歩く人たち。小型扇風機を手にする人も多く見られた=大阪市北区で8月9日、北村隆夫撮影

 だから、屋外でもマスクを外せない人が多い。人の目が気になるからです。僕は、屋外じゃマスクはまずつけません。

 ――実は私、一人で電車に乗る時はマスクをしていなかったんです。しゃべらなければ飛沫(ひまつ)も飛びませんから。科学的には意味がない、と。でも「マスクをつけていないと、写真を撮られて、ネット上でさらされるから、マスクをした方がいいよ」と知り合いから助言を受けました。

 ◆科学的かどうかは「世間のルール」には関係ないですからね。まさに、それが第四のルール。「呪術性のルール」です。

 例えば「友引の日に葬式をしない」といった俗信・迷信が山のようにあり、それを守らないと世間から冷たい目で見られる。これも同調圧力の一種です。おかしいと思っていても、科学的でないと分かっていても、逆らえない。

 ――確かに。




世間では病気は「ケガレ」

 ◆「呪術性のルール」において、病気は「ケガレ」です。元ハンセン病患者の差別はまさにその典型。犯罪加害者家族がたたかれるのも、犯罪が「ケガレ」だから。新型コロナウイルスも同じです。

 「ケガレ」だから、感染者本人だけでなく、家族が非難される。果ては、医療従事者までが深刻な差別を受ける。病を「ケガレ」ととらえ、「ソト」へと排除しようとする。

 ――医療従事者は、海外ではむしろヒーローやヒロインのように人々に応援されているのに……。

 ◆この四つのルールからできあがったのが、僕の考える「世間」です。

 自粛期間中に営業している店に投石や張り紙があったのも、感染者やその家族のプライバシーが暴かれ、たたかれたのも、果ては医療従事者までが差別されたのも、「世間」が強化されたためだと考えています。




同調圧力の功罪

 ――しかし、「同調圧力」がコロナ対策ではプラスに働いた、という見方もありますよね。

 ◆ええ。欧米諸国のように、強権的なロックダウンや罰則がなくとも、人々が外出を自主規制し、感染爆発をまぬがれました。「ソトはケガレ」という「世間」特有の衛生観念が、日本ではマスク着用率を上げました。

 そもそも日本の治安が良いこと自体も、逸脱行動を許さない「世間」の同調圧力のプラスの側面と言えます。

 東日本大震災の時には、海外メディアが「日本では略奪も暴動もほとんど起きない!」と感嘆しました。

 欧米では「法のルール」が崩壊したら、歯止めになるものがない。だからコロナ禍でもロックダウンと罰則が必要だった。日本は違う。「法のルール」が崩壊しても「世間のルール」が発動し、みんながそれを守ろうとする。人の目が気になりますから。

 ――つまり、「世間」にもメリットはあるわけですね。

 ◆しかし、「世間」のデメリットの方がずっと深刻です。



「世間」の最大のデメリットとは……

 ◆「世間」の抱える一番大きな問題は、社会の閉塞(へいそく)感や生きづらさだと思います。これがこの国の自殺率の高さにつながっている。「世界一安全な国」は「世界一自殺に追い詰められやすい国」とも言える。


    

各地に吹き荒れる「自粛警察」の嵐。同調圧力に屈しやすい国民性が露呈したとの指摘も……


 ――若い世代の死因の1位が「自殺」というのは、本当に深刻な問題です。

 ◆もう一つ。日本でなかなかジェンダーギャップの問題が解決しないのも、「世間のルール」が根強いせいだと思います。

 ――えっ。ジェンダーの問題にも「世間」が絡むのですか?




「世間」とジェンダー格差

 ◆世界経済フォーラムによる「ジェンダーギャップ指数」では、日本は153カ国中121位です。なぜ日本では、これほど男女同権が進まないのか。日本では男尊女卑や男女性別役割分担が「世間」の中で構造化されている。そういう「世間のルール」が山ほどあるからです。

 阿部謹也さんが著書にこんなエピソードを書いていました。「めおと茶わん」を海外に贈り物として持参したら、大きい方を妻が選んだ。阿部さんはあわてて「そちらは男性用です」と説明しようとして、合理的な説明ができなかった、というのです。

 選択的夫婦別姓の問題もそうです。「法のルール」では夫の氏か妻の氏、自由に選べるはずなのに、この国では96%が夫の氏を選ぶ。なぜか。みんながそうしているからで、それに逆らうのが実に大変だからです。同調圧力です。「法の下の平等」という「法のルール」が、「世間のルール」を前になおざりにされてしまう。

 「世間のルール」が根強く生き残っているから、日本ではなかなか「男女平等」が進まないのです。




少子化にも影響する「世間」

 ◆ほかにもさまざまな社会問題に「世間」が絡んでいます。

 日本では少子化が深刻な問題ですが、結婚しないで出産する「婚外子」の割合が日本は極端に低く、まだ2%ぐらいです。

 一方、米国では約3割、フランスで約5割、北欧諸国はさらに高い。なぜ日本で婚外子率がここまで極端に低いのか。「結婚しないと子どもを産んではいけない」という「世間のルール」があるからです。これも「法のルール」ではない。

 ――ジェンダーの問題でいえば、2000年ごろを境に、むしろ時代が逆行しているのではないか、とよく指摘されます。「男女共同参画」という言葉がバックラッシュを受けたり、性教育に対して「行き過ぎだ」などの批判が集まるようになったり。

 ◆実は僕は、この20年ぐらいで「世間」が復活してきている、と考えています。グローバル化が進み、成果主義が広がり、「強い個人」になることが求められた。しかしそもそも「個人」が確立していない日本では、多くの人にとってそれは大きなストレスとなった。うつ病の薬が爆発的に売れ、自殺者も急に増えた。

 これは、もともとあった古い「世間」が過剰反応を起こし、盛り返したのだと考えています。




強化される「世間」

 ――「世間」の過剰反応、ですか。

 ◆社会学者のギテンズは「再埋め込み」という概念を唱えました。近代は、共同体や宗教につながる個人を解放する「脱埋め込み」の時代。ところが1990年代くらいから、個人がどんどんバラバラにされていった。世界的にグローバル化が進み、共同体を失った人々が再び宗教や、人種や、国や、何かしらの共同体にもう一度包摂されたい、安心したい、となった。

 これが英国のEU離脱問題であり、米国でのトランプ大統領の誕生につながっている。

 ――日本でも、「日本スゴイ」系の書籍やテレビ番組が人気を博したり、ヘイトスピーチがより深刻になったり、「日本人」であることに包摂されたい人が増えているように思います。

 ◆日本人の場合は、再び包摂を求めた先の共同体が「世間」だったのです。「出るくい」は打たれ、異質なものは排除されるが、「みんな一緒」の世間。ソトには冷たいが、ウチには温かい「世間」。その結果、排外主義が広がり、「同調圧力」はますます高まっていく。

 若者の間では「空気読め」という価値観が強まり、それができないと「KY」と切り捨てられました。死刑執行数が増え、犯罪に対する厳罰化を求める声が高まったのも同じ流れの中にあると思います。




戦中の「隣組」のように

 ――コロナ禍で起こった「自粛警察」や「感染者バッシング」も、「世間」の復権や強化、「同調圧力」の高まりの延長線上で起こったと?

 ◆ええ。もともと「世間」が強化されていたところに、コロナ禍が起きた。「誰もが当事者」になり、同調圧力がかつてない強まりを見せ、目に見える現象となったのでしょう。

 「自粛警察」や「マスク警察」は普段から極端に暴力的な人によるものではないと思います。きっとごく普通の、世間の中ではむしろ「良い人」と思われている人が、「よかれ」と思って行動した結果ではないでしょうか。

 実際に張り紙をする人や電話をする人の数は多くなくとも、「自粛していない人は罰せられて当然だ」という心情を共有している人の裾野はとても広いと思います。

 だからこそテレビはこれらの現象を取り上げるし、視聴率も稼げるのです。「とんでもないヤツがいるぞ」と、営業しているパチンコ屋をワイドショーで放映する。

 いわば戦中の「隣組」です。「世間」が近代化されず、「個人」が確立されず、いまだお互いに縛り合い、監視し合う社会です。




空気にあらがうために

 ――さすがに息苦しいです。どうすれば良いのでしょうか?

 ◆一人一人が、演出家の鴻上尚史さんが言うような「空気を読んでも従わない」を心がけるしかないと思いますね。

 医療従事者や感染者への差別的な発言を見聞きしたら、「それ、違うんじゃないかな」とちゃんとその場で言う勇気。空気を読んだとしても、それに従わないことを一人一人ができるかどうか。

 山本七平さんの「『空気』の研究」にもありましたが、戦中、B29爆撃機に対して皆で竹やりで撃墜しようという訓練をしている時に「竹やりじゃB29に届かない」と言えるかどうか。沸騰した空気に「水を差す」こと。「みんながやってるから」ではなく、個人として振る舞えるか。

 ――ツイッターなどでは、「感染者差別は良くない!」「感染者は加害者じゃない、被害者だ」などの発言をよく見かけますが……。


    

    佐藤直樹さん=藤井太郎撮影


 ◆僕が気になるのはむしろ、日本人のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)におけるアカウントの匿名率の高さです。特にツイッターにおける匿名率は、日本は際だっています。匿名アカウントで「感染者差別は良くない!」と声高に書く人は、自分の暮らしの中で、顔の見える人間関係の中でちゃんと発言できているのでしょうか。

 ツイッターを使うなら、まず実名アカウントで発言できるようになるべきだと思います。

 ネット上だけではなく、実際に顔の見える人間関係の中でも場の空気を乱すことを恐れず、個人として発言する。その積み重ねが個人の成熟につながり、「世間」に風穴を開けていくのではないでしょうか。




「呪いの言葉」を口にしない

 ――子育ても大事かもしれませんね。「他人に迷惑を掛けちゃダメ」と言って子育てするのはもうやめよう、というキャンペーンはどうでしょうか。若者の自殺率を下げるかも知れない……。

 ◆それはやってみる価値がありますね。

 実際、呪いの言葉なんですよ。「他人に迷惑を掛けるな」というのは。そうやって育つうち、「他人に迷惑を掛けるのは世の中で一番悪いこと」という「世間のルール」が内面化されてしまうのですから。

 ――自分も他人も縛るわけですね。コロナ禍で私、「職場の感染者第1号になりたくない」って言葉を口にしないようにしよう、と心がけています。あれを多くの人が口にすることで、自分も他人もそういう価値観で縛ってしまい、結局、「病気より世間が怖い」というような社会を醸成することに加担してしまうのではないか、と。

 ◆それも一種の呪いの言葉ですからね。

 コロナ禍は「世間」を強化し、その存在をあぶり出した。しかしそのお陰で、この社会の息苦しさの正体に気付くきっかけになったとも言える。

 コロナ禍で、なんとか「世間」の存在を読み解き、自覚し、「個人」としての行動を心がけ、この「同調圧力」を緩めていくきっかけにしたいものです。

人物紹介
 さとう・なおき 1951年仙台市生まれ。九州工業大名誉教授。評論家。専門は世間学、刑事法学。99年「日本世間学会」の設立に関わった。8月に出版した演出家、鴻上尚史さんとの共著「同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか」が話題の書に。「なぜ日本人はとりあえず謝るのか」「なぜ日本人は世間と寝たがるのか」「加害者家族バッシング」など著書多数。