今週の本棚

 『ぬけ穴の首 西鶴の諸国ばなし』=廣末保・著


  荒川洋治・評

      毎日新聞2019年5月12日 東京朝刊


   
  (岩波少年文庫・691円)

新手法でよみがえる奇談の名作

 元禄時代の名作が新しい文章でよみがえる。語りの順序を変えるなど新しい手法で、作品の魅力を届けてくれる。

 著者は近世の文学・文化論に新境地を開いた廣末保(一九一九-一九九三)。日本各地の奇談をもとにした井原西鶴(一六四二-一六九三)の短編集『西鶴諸国咄(ばなし)』などに収められた七作を改題し、子ども向けに書きあらためたものだ。

 冒頭の「牛と刀」(信濃)。たとえ牛を売ることになっても、この刀は「けっして手放してはならないぞ」と父は言い残す。どこにもある刀なのに。大切なものは何かをひとりで考えることに。「帰って来た男のはなし」(日向)は行方不明の人と入れ替わる男の遍歴。どの人がどの人かわからなくなるところがリアルだ。「お猿の自害」(筑前)は、若い夫婦の暮らしを支えてきた猿が、あやまって赤子を死なせてしまい、みずから死を選ぶ。それを知った旅人は日記に、「猿、誤って赤子を殺す事」と記すが、それから少し考えて、「猿、自害の事」と書き直す。事実をどうとらえるか。ことばを変えるようすに西鶴の心がにじむ。

 表題作「ぬけ穴の首」(但馬)。判右衛門は兄の仇討に、息子判八(はんぱち)とでかける。逃げるとき塀のぬけ穴から、腰あたりまでは出たが、それ以上出ない。自分が誰かわかるので、この首を切れと父。判八は首を切り落とす。「判八は、だんだん絶望的な気持ちになった。それから急に、滑稽(こっけい)に思えてきた」「晴れがましい仇討ちの主役になるはずの自分が、いまこうして、親の首をかかえて逃げ隠れしている」。西鶴は切れ目なく鋭い想像力をはたらかせて人間の世界に立ち向かっていく。

 「わるだくみ」(敦賀)は「えびすの朝茶」から始める商人の話。一節の原文は「巾着切(きんちゃくきり)も集れば、今時の人かしこく、印籠(いんろう)ははじめからさげず」「銭を壱文(いちもん)只(ただ)はとられず、盗人(ぬすびと)仲間もむつかしの世や」。本書では「人びとは、すっかり用心ぶかくなって、印籠ははじめからさげて出ない」「さすがのすり(、、)たちもお手あげで、こんな祭りの雑踏のなかでも、銭を一文、ただとることはできない」。

 原作にはない人物も、なぜか楽しげに、多数登場。背景も加えるので、文章はふえる。「あとがき」によると、各編は原文の「三倍から八、九倍の長さ」になったとある。計算してみたら「わるだくみ」は約九倍。

 普通はどうなのか。ぼくが子どものときに読んだ本(作家による翻案、再話)のようすを見ると『シェークスピア名作集』(偕成社・一九六〇)の小出正吾は「舞台の順序を忠実に」追い、会話をだいじにしたとする。分量的には縮小。『里見八犬伝』(ポプラ社・一九六六)の高木卓は、この長編のなかば以後は「だらだらとして冗漫なので」、前半の「魅力的でおもしろい部分をあつめ」、人物や事件は「大整理した」。これが通常の児童読物を書くときの方針。たいてい話は短くなる。廣末保の本は逆である。これまでに例のない手法だ。でもそのために、ゆたかな本になった。

 知識と文の才覚があるだけではない。作品のいのちを伝えたいという強い情熱と深い愛情があるからこそ、このような躍動感にあふれた著作が生まれるのだろう。子どものための本をつくるとき、おとなはとても真剣だ。少しの努力も惜しまない。それはこうした読物が、文章や文章がつくる世界への大切な入口になるからだ。

 この『ぬけ穴の首』でぼくは井原西鶴の文学の大きさと楽しさを知ったように思う。この本と出会う子どもたちのように、しあわせな気持ちだ。