ニュースを疑え

  民主主義「独裁と平等の危険」

   佐伯啓思京大名誉教授(69) 


    2019.5.22 産経ニュース 
   
   佐伯啓思氏=京都市左京区(永田直也撮影)
 東西冷戦の終結から30年。自由民主主義陣営の勝利と明るい未来に酔った時代は遠く過ぎ、いまはポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭が民主主義への信頼を揺るがせている。佐伯啓思・京大名誉教授は「民主主義はギリシャ時代にも独裁を生んだ」と言う。民主主義への無条件の礼賛を戒め、危険性を認識して使う知恵が大事だと戒めた。(聞き手 坂本英彰)

 --米国でトランプ氏が大統領に選ばれて以降、民主主義の危機を叫ぶ声が大きくなりました

 「オバマ氏が当選したときには民主主義だから黒人初の大統領が誕生したと、勝利に近い言い方が多かった。政治制度が変わったわけでもないのにトランプ氏が選ばれると、ポピュリズムであり民主主義の危機だというのは奇妙な話です」

 「そう言うのはエスタブリッシュメント(支配層)であるメディアや知識人です。『民主主義で選ばれているから何も問題はない』とトランプ氏は言いました。『知識人が情報操作し、メディアがフェイクニュースを流しているのだ』と。その主張にも、十分言い分はあるでしょう」

 --民主主義はどんな人物も選びうるのですね

 「選挙で大衆の意思が示された。だからトランプ氏であれオバマ氏であれポピュリズムであり、ポピュリズムは民主主義からの逸脱どころか本質なのです」

 「ヒトラーも民主主義から出てきた。第一次大戦の戦後処理でドイツが痛めつけられている、ユダヤ人が経済を握り金もうけしていると大衆感情をあおった。大衆の中にある気分を引き出したともいえる。ドイツの政治学者カール・シュミット(1888~1985年)はナチス台頭の前に、『民主主義はほぼ必然的に独裁に行き着く』というようなことを言っています」

「議会飛ばし」の誘惑

 --恐ろしい予言に聞こえますが、どういうことなのでしょうか
 「民主主義は大きな問題を解決できないということなのです。たとえば日本の貿易や原発の問題を考えてみてください。賛否が半々ぐらいで大多数が満足できる解決方法はまずない。そういう大問題は議会での議論が進まなくなることも多い。現在のイギリスなどもそうです。すると議会はダメだという声が高まる。動かない議会を突破し、物事を一気に進めるものが求められる」

 「そんなときに別の大きな要因-近隣国からミサイルが打ち込まれそうだとか、国益を損なう事態になりそうだという事態が起きると、危機管理のために一時的な独裁が必要になる。民主主義は多くの場合、そこまで行きついてしまう。行かないと危機的状況を乗り越えられない、ということなのです」

 --近年、議会への不満が高まっているようです

 「興味深いのは、リベラル勢力に議会以外で政治を動かそうという姿勢が見られることです。安倍政権が強いから議会では太刀打ちできない。平成27(2015)年、安全保障関連法案の審議の際、国会は国民の意思を反映せず国会前のデモこそ民意だなどと主張しました。シュミットの理論にも合致する。議会をすっ飛ばせと言っているわけですから」

行き過ぎた平等に不満

 --そもそも民主主義の機能不全が訴えられる原因は何なのでしょう
 「グローバル資本主義の行き詰まりです。新自由主義的な政策でグローバリズムを主導したアメリカで労働者層の賃金が上がらなくなってきた。安価にものがつくれる中国が躍進したのです。そこへIT革命が起き、莫大(ばくだい)な利益を得る勝ち組と負け組ができた。昔は資本家と労働者が対立してわかりやすく、それぞれを代弁する政党もできたが、いまは個人責任にされる。チャンスがあるのに負けたのは自己責任になる。資本主義に大きな矛盾が生じているが、それを自由や民主主義で解決できないところまで来ている」

 「ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)の問題もあります。民主主義には人権や平等の概念が含まれますが、もはや行き過ぎたとの感情を多くの人が持っている。黒人や女性や移民は保護を受けるが白人男性には何もない。平等は曖昧な概念で、LGBT(性的少数者)にしてもセクハラにしても本人が差別されていると感じれば事案が発生する。どこかで線を引かないと、いくらでも範囲が広がり、歯止めがない。これも民主主義が持つ大きな問題です」

 --民主主義の発祥とされる古代ギリシャでも問題はあったのでしょうか

 「政治に参加できる市民は戦士であり、女性や奴隷、移民は含まれない。有資格者はアテネの人口の4分の1ほど。徳や資質を持つ者だけが公共的な事柄に参与し、議論しました。それでもデマゴーグや人気取りが出て、事実上の独裁になるとの記録もある。民主制のなかから独裁が出てくる。民主主義は昔から大きな問題を抱えているということです」

「最悪の制度だが…」

 --それでも市民革命を経た欧米各国で、民主主義が採用されたのですね
 「アメリカの連邦政府を作った人たちは民主主義にかなり批判的でした。憲法起草者のひとりで第4代大統領のジェームズ・マディソンは、政治は資質を持った者でなければできない、一般大衆が簡単にできるものではないと考えていた。アメリカの政治制度は大統領の行政府と上下両院議会、司法、また連邦政府と州政府というふうに権力の分散が大きな特徴です。それは大衆型の民主主義になるのを避けようとしたからなのです」

 「イギリスも民主主義というより議会主義。下院議員を選挙で選ぶ部分は民主主義だが、主権は国民ではなく国王にあります。民主主義が行き過ぎて大衆化するのを避けようとしている。民主主義の本場といわれる国々では、民主主義は慎重に使わなければならないという意識も強いのです」

 --民主主義に歯止めを設けている

 「イギリス首相を務めたチャーチルは、民主主義は最悪の制度だが他よりはましだと言った。すばらしいものだからではなく、他にはないからこれでいくということです。問題を含んだ制度であることを前提に、比較的ましに使っていくということなのです」

 --西欧から民主主義を導入した日本はどうでしょう

 「議会も政治参加の仕組みも作ったが、国民にはお上任せの意識が強い。戦後民主主義は主権者である国民が意見を表明し、政治に反映させることをよしとした。これは頭では理解できるが、お上任せの体質との間にずれがある。公共精神は弱いのに主権者として投票には行かないとだめだと言われるから、有名性やスキャンダルが注目されてしまうのでしょう」

 --歴史的にはさまざまな政治制度が試みられてきましたが、アフター民主主義というか、これに代わりうる制度はあるのでしょうか

 「それはグローバル資本主義の次があるのかとの問いと同じで、ひろい意味ではないでしょう。だから有権者がちゃんとした政治家を選ぶ。それができないならば政治にあまり期待しすぎないことです。何でも政治化してしまう社会ですが、家族やコミュニティーや、社会的な習慣や常識などを使って解決したり、やりすごしたりというバランスも大事です。民主主義への期待値を少し引き下げることも必要なのではないでしょうか」

 【プロフィル】佐伯啓思(さえき・けいし) 昭和24年、奈良県生まれ。東京大経済学部卒。同大学院経済学研究科博士課程単位取得。滋賀大教授、京都大大学院人間・環境学研究科教授を経て同名誉教授。平成19年、正論大賞。「隠された思考」(サントリー学芸賞)「現代日本のリベラリズム」(読売論壇賞)「さらば、民主主義」など著書多数。