東京学芸大学付属世田谷中学校
四十年の歩み

   創立当時の思い出

    初代校長 内海庄三 


    昭和63年6月11日発行 


 附属中学校はいわゆる新制中学校として昭和22年4月に創設されたが,文部省から公認されたのは各学年1学級の3学級であった。これでは附属小学校の卒業生を収容することもできないので,現実には3学級ずつの9学級とし,6学級はいわゆる闇学級ということになった。国立の学校で闇学級とはおかしな話であるが,これが敗戟国日本の姿でもあったのである。1学級ずつの中学校では困るということは文部省でもよくわかっていたのであるが,無い袖は振れぬということであったと思う。私は昭和28年8月まで初代校長を勤めたが,校長として最大の問題はこの閣学級を1日も早く解消するということであった。全国附属学校連盟やPTA連合ができたのも,この闇学級を解消することが第一のねらいであったが,なくなるまでには10年近くかかったと思う。

 こんなわけで,附属中学校の経営には目に見えない苦労が多かったが,世田谷という恵まれた地域を背景として生まれた附中は,教育熱心な家庭が多く,生徒の知的水準も高かったので,優秀な中学校に育てあげるということが私はじめ教職員一同の念願であった。敗戦という未曽有の経験をした日本の将来は-体どうなるのか。北海道,本州,四国,九州の4島に閉じ込められた日本の生きる道は何か。科学技術の振興を図り輸出を増強して食料を輸入しなければ,1億の日本人は餓死してしまうというのが大方の考えであった。このような日本の将来を背負う中学生を考えると,真理と正義を愛し,平和を念願するとともに,科学技術の開発に役立つような国際的な日本人を育成するというのが教育の目標に浮んでくる。このような考えをもとに附中の教育方針を立て,生徒会やPTAの名前やあり方を考え,校歌にもこの精神を折り込むなど,当時のことを思うと想い出は尽きないが,これについては他の記事も載ると思うので割愛する。創立40周年を迎えて,附中の卒業生も立派な社会人として活躍していると思うと感慨無量である。