東京学芸大学付属世田谷中学校
二十年の歩み

   創立当時を省みて

    内海庄三 


    昭和42年10月25日発行 



 附属中学校が早くも創立20周年になるという。創立当時の責任者としてはまことに感慨無量である。昭和22年4月といえば、終戦後1年半、日本が疲弊のどん底にあったときである。マッカーサーの至上命令なしには到底実施できなかったであろう学制の大改革が断行されたのであるから、その是非や将来の見通しについて、誰もはっきりした信念をもっていたわけではない。特に義務教育としての新制中学は、全く新しい学校として、改革の中心であったのであるが、教員は小学校や青年学校からかき集められたような学校も多く、校舎は軍の施設を払い下げてもらったところはよい方で、青空教室といわれる野外での授業さえ行なわれたのである。〝六三制、野球ばかりが強くなり″というような川柳が新聞に書かれたのも無理からぬことであった。

 わが附属中学校もそのような条件のもとに誕生したのであるから、もちろん独立した校舎があったわけではなし、各学年ほ一学級だけは公認されたが、他は予算を伴わない闇学級ということであった。幸にして教官の方は大学(当時は第一師範)の先生方が応援してくれたので、教育内容は格調の高いものであったが、自分たちが自由に使える校舎、校庭のないことほ生括指導面で常に問題であった。新しい学校づくりを委せられた者としていろいろ悩みは多かったわけであるが、当時考えていたことをいくつか思い出してみると、次のようなものである。

 まず第一ほ平和愛好の精神を徹底させるということである。これほ未だ国て経験したことのない敗戦に対する反省から、戦争はもうこりごりだという気持と、原子爆弾のような強力な兵器が生まれた今日においては、人類を滅亡に導くような戦争は絶対にしてほならないという信念からであった。

 第二は真理を愛好する科学的精神を育成することである。これほ自然科学だけでなく社会科学や人文科学においても合理的な考え方を育成し、神がかり的な考え方や権威による圧力を排除しなければ、真の平和は得られないとともに、四つの島に閉じ込められた日本人が今後生きて行く道は、科学技術を開発して日本を工業国に改造するより外に道ほないと考えたからであった。

 第三にほ中学時代は人間の一生を決定する大切な時期であるから、一人一人の個性をよく見抜いて指導しなければならないということであった。人間一生の間、いつの時代でも大切でない時というものほないが、成長の最もほげしい14、5才の頃に抱く夢ほ最も大切にしなければならないと考えている。

 第四には、子どもと教官と父母が三位一体となって楽しい学園作りに当たるということである。特に附属の父兄ほ上流階級に属する人が多く、教育にも熱心な人が多いのであるが、ともすると自分の子の成績をあげることだけに気持が向き過ぎる傾向がある。これほ親心として止むを得ない点であるが、子どもをよくするためにほ、その住む環境をよくすることが必要である。そのような立場から教官と両親が話し合う場をできるだけ多くしようとした。そして生徒と父母と教官を一体とした会を作ることを真剣に考えたこともあるのであるが、組織や運営の具体的問題を考えてみると、生徒会はやほり別の方がよいということになり、緑友会と青葉会ができたのである。(その頃はまだPTAというものはなく、その後しばらくしてPTAを作れという指示が出されたが、青葉会ほ少し規約を手直ししただけで、名称ほ変えなかった。)

 第五に新教育の新しい考えをいろいろ取り入れると共に、日本のよい伝統は残さなければならないと考えた。特に日の丸の国旗に象徴される太陽のような情熱とエネルギー、汚れを知らぬ清廉潔白さほいつまでも持ち続けなければならないものであろう。

 附中のバッジは広井教官に依頼したものであるが、赤は情熱と赤誠、白ほ潔白を表わして日の丸の感じを出し、青は青葉会、緑は緑友会を表わして、教官、両親、生徒の三位一体を意味しているものである。また校歌は父兄であった坂本越郎氏に依頼して作詞してもらったが、まことによい校歌だと思っている。いかにも若々しく、附中の精神をよく表現しているし、歌いやすい校歌である。

 在職六年半、物資の不足な当時にあってほ、校舎を建設することと、闇学級をなくすことにだいぶ精力を費したが、内心一番大切だと思っていたことほ、精神的に格調の高いよい伝統を作るということであった。20周年を迎えて立派な伝統ができたとすればそれほ、先生方の熱心な教育愛と、父兄の心からなる協力の賜であり、そして何よりもよい素質をもった生徒たちの日々の努力の結晶である。
             (二代校長、東京学芸大学教授)