(論点)

  言論の「右傾化」

    宇野重規 薬師寺克行 福嶋聡


     2019.01.16 毎日新聞


言論の「右傾化」
 「排外主義的」とも受け取られる文章を掲載した雑誌や、いわゆる「ヘイト本」が近年、大手出版社からも刊行されるようになった。杉田水脈・自民党衆院議員の性的少数者に差別的な寄稿を載せた新潮社の月刊誌「新潮45」が批判を浴び、休刊となったのも記憶に新しい。言論のたがが外れ、「右傾化」したように見える。背景は何か。


問題から目をそらす「麻薬」
宇野重規 東京大教授
うの・しげき
1967年生まれ。東京大大学院博士課程修了。専門は政治思想史、政治哲学。著書に「保守主義とは何か」「未来をはじめる 『人と一緒にいること』の政治学」など。

 日本の言論空間には、極端に過激で差別的な、排外主義的あるいは反歴史的な「右派」言説が増えている。ただし、これは極右勢力の台頭というよりも、論者と読者の双方において人々の分断が進み、言論の軸が失われた結果だと理解すべきだ。

 論者の面で言うと、1980年代くらいまでは、論壇誌などで公にすることのできる文章の内容と水準に一定の「良識」の幅があった。その幅の「目利き」役として、何人かの有力な学者や評論家、編集者がいて、良かれあしかれ、にらみをきかせていた。

 やがて「目利き」が高齢化し、亡くなる中で、論壇のプレが大きくなり、「言ったもの勝ち」となる。朝日新聞と岩波書店に象徴される(かつての)左派的あるいはリベラルな言説や、中国や韓国など、標的に選んだ「敵」をうまくこき下ろせれば勝ち。非常識であれ、ともかく話題になればいいという「炎上」商法化が進んだ。結果として確倍犯的に過激な議論に走る論者がいる。一方、それを本音では支持しない編集者も「売れるから仕方ない」と黙認する。

 かつてのような「目利き」の復活は難しいが、何らかの言論の評価軸が再編されなければ、こうした状況が続くのだろう。

 読者の面から見れば、日本には、「専門家」と「全く本を読まない人たち」の中間に、「特定の専門はないものの、幅広い読書習慣を持つ人々」が他の先進国と比べても、まだ分厚くいる。ただし、この層が高齢化して、50代以上が中心になっているのが問題だ。

 「極右」の論壇誌や「ヘイト本」の読者には中高年男性が目立つ。彼らの多くは職場での先が見えており、既に退職した人も少なくない。地域にも足場がなく、漠然とした不遇感がたまっている。この浮遊する不遇感に過激な言論がフィットする。極右言論が何かを「敵」と認定して過激に批判するさまに、「よくぞたたいてくれた!」と気分がすっきりするのだ。

 「敵」に過激さで対抗する構図自体は、中高年男性も参加していた、かつての新左翼学生運動と同じだ。表向きの思想傾向は青年時代と全く逆だが、今の中高年は心が「若い」。現状肯定的になりがちだったかつての老人とは違う。

 言論が分極化し、過激化しているのと比べ、日本政治は奇妙に安定している。安倍晋三首相にポピュリズム的な側面はあっても、政権は、自民党という従来型の調整政治の枠内にとどまっている。世界には、日本よりはるかに社会の分断が進んだ国がある。日本は、政権中枢にかなり「右派」言説を説く人がいても、政治は安定している。政治が不安定化するエネルギーさえ失っているともいえる。

 言論の「右傾化」は、少子高齢化や財政難など、日本が直面する本当の問題を直視しないための清涼剤、あるいは麻薬だとも言える。過激な言論を欲する心理状態は、「宿題の山を残して夏休みは終わりそうだ。考えると憂鬱なので、気晴らしにスカッとした映画でも見に行こう」といった感じではないか。間違いないのは、夏休みは必ず終わる、ということである。
 【聞き手・鈴木英生、写真も】



社会分断の時こそ対話を
薬師寺克行 東洋大教授
やくしじ・かつゆき
1955年生まれ。東京大卒。朝日新聞政治部長、論説委員、月刊誌「論座」編集長などを経て、2011年から現職。著書に「外務省」「現代日本政治史」「公明党」など。

 私が最後の編集長を務めた月刊論壇誌「諭座」(朝日新聞社刊)が部数減で休刊となってから丸10年がたった。「論座」では、読売新聞の渡辺恒雄主筆や「正論」(産経新聞社刊)の編集長らに誌面に登場してもらい、立場の違う論者との対話を重視した。言論媒体は、自身の立場を客観視しつつ、論理性や実証性、他者への寛容さを持って建設的な発信をすべきである。「諭座」はそれを実践していたつもりだ。

 だが、「諭座」が姿を消して以後の10年、言論空間は社会的役割を見失い、論理や事実よりも感情に支配され、対話も失われた。一部の論壇誌には「○○せよ!」「○○許すまじ!」と戦時中の標語のような見出しが躍る。新聞でさえ、主義主張を優先する傾向が一部に強まり、学校法人「森友学園」や「加計学園」の問題など不公平や不正に対する追及でも足並みがそろわなくなっている。

 背景には社会の分断がある。グローバリゼーションの進展に伴い、各国で格差の拡大や移民の増加によるあつれき、宗教対立の激化などが進んでいる。欧米では、左右のポピュリズム勢力の伸長によって政治が分断を加速させており、極論の衝突が目立つ。

 日本の場合、従来の政治構造も社会分断の背景にある。日本の政党政治には、(高国民負担で充実した行政サービスの) 「大きな政府」か(低負担で軽サービスの)「小さな政府」か、といった国家の重要政策を競い合う姿勢が育ってこなかった。どの覚も実は「大きな政府」論なのだ。政策に本質的な違いがないから、冷戦が終わってイデオロギー対立が低調になると、政治はパフォーマンスと人気投票に堕した。

 政治と連動する言論空間でも、歴史認識問題や外交路線などを巡って、論者が政治家以上に過激な言葉を吐く方が、地道な議論をするよりも商業的に成功してしまうようになった。

 インターネット、特にスマートフォンの普及もこうした傾向に追い打ちをかけている。いくら落ち着いた論を展開しようにも、ネット上ではアクセス数による直接の人気投票にさらされる。読者におもねり、あおる文章ばかり受けがちなネットの環境が雑誌や新聞にも逆流して影響を及ぼしている。

 それでも希望はある。「東洋経済オンライン」など紙媒体由来のサイトでは、政治や外交に関する分析的で、長めの文章が数十万アクセスを記録することもある。ネットは、論壇誌や新聞などの紙媒体よりも広範囲の読者に言論を届ける可能性を秘めている。論理的思考力や発言への責任感を備え、より多くの人に開かれた言論空間を作れるはずだ。人口減少や財政難などの「国難」に対応する政策をメディア関係者や官僚、政治家、研究者らの協働で生みだす場は今こそ必要なのだから。

 人類の進化で最も素晴らしかったのは、言葉を操って論理的思考や記録をするようになり、社会をつくったことである。社会の分断にあおられ、感情に流され、言葉を見失ってはならない。今、我々は歴史の分岐点にいるのだ。
 【聞き手・鈴木英生、写真も】



書店を「議論できる場」に
福嶋聡 ジュンク堂書店難波店店長
ふくしま・あきら
1959年生まれ。京都大文学部卒。82年にジュンク堂書店に入社し、池袋本店副店長、大阪本店長などを経て2009年7月より現職。著書に「書店と民主主義」(人文書院)など。

 書店の書棚には、隣国を罵倒する、いわゆる「ヘイト本」が多数並んでいる。私たち書店員は1冊ずつ本を吟味しながら売っているわけではない。売れる本は補充し、売れない分野は縮小していく。2000年代半ばに「マンガ嫌韓流」がベストセラーになってから、それに類したタイトルの本が増えてきたなと感じた。

 以前、国際政治を学んでいるという大学生が店を訪れ、「こんなにもヘイト本があるとは知らなかった。大学の図書館にはありません」と感想を漏らした。たしかにヘイト本は大学の図書館には並べられにくい。しかし、その結果、政治を学んでいる学生ですら、(ヘイト本にあふれた)現実から遊離していってしまう。そういう意味で、本屋の書棚というのは世相を反映していて「正直」だと言える。

 売れ行きを見ていると、ヘイト本の読者がごく少数とは思えない。中国や韓国を蔑視している部分が支持されているのか、あるいは、欧米諸国よりも日本は立派な国であるという主張が広く共感されているのかー。理由は分からないが、日本を守りたいと思っている人は多いと思うし、核兵器を保有するという近隣国に警戒心を持つこと自体は不思議ではない。そこに、読者を安心させるような本が出てきたら、読みたくなるのは自然だろう。

 ヘイト本の購入者に年配が多いのは確かだが、必ずしもその世代だけとは言い切れない。「月刊Hanada」や「WiLL」など保守系の論壇誌を買っていく若者も少なくない。

 しかし、ヘイト本だけが売れているのかと言えばそうではない。例えば、人気のある東野圭苦さんの作品は被抑圧者側に立って書かれているものも多い。村上春樹さんも、右でも左でもない。一方、保守論客の中でも骨太な書ぎ手たちは、資本主義を全否定はしないが、そのひずみを鋭く突く。それらを考えると、「右派/左派」という戦後の対立軸を現実には適用できなくなっているように思う。

 ヘイト本が増えたことに違和感を覚え、14年末にジュンク堂書店難波店でブックフェア「NOヘイト!」を企画したところクレームが寄せられたが、嫌ではなかった。「君は中国や韓国が日本を占領しようとしていることを知らないのか」と言われたが、「私は、そうは思いません」と答えた。普段、書店員はお客さんに対して無関心を装わなければならないが、この時は自分の意見を正面切って言えた。社会全体を見渡してみると、互いの意見をぶつけ合う場がなくなってきたように感じる。

 私はへイト本の内容には共感できないが、書棚から全部外せと指示もしない。読者のニーズに応えている本も、それらを批判する本と共に並んでいることは、自己矛盾ではなく、民主主義の形だと考えているからだ。1995年の地下鉄サリン事件後にオウム真理教の本をあえて書棚に置いたこともあった。いい本は「いい」と言うが、いいと思わない本を書棚に置かないこともしない。結果として、書店が「本を通じて議論できる場」になればいい。
【聞き手・須藤唯哉、写真も】