『from 911/USAレポート』第793回

大陸横断鉄道150周年記念式典と、現在進行形での米中関係 

    ■ 冷泉彰彦:作家(米国ニュージャージー州在住ん

       2019年5月11日発行


 5月10日(金)、ユタ州の中部、グレート・ソルト・レイクの北側に広がる山岳地帯にあるプリモントリー・サミットで行われた、「大陸横断鉄道150周年」の記念行事に参加してきました。この行事ですが、鉄道が衰退して久しいアメリカとしては珍しく、大変に盛大なものでした。また同時に、やや意外に思われるかもしれませんが、米中関係の過去と未来という点でも、多くのことを考えさせられる特別な行事となりました。

 当日は、近隣のオグデン市から40分山道をドライブして入る場所ということもあって、開場時刻の7時15分を目指して行きましたが、既に多くの車が行列を作っていました。式典の会場は、150年前に完成式典が行われた、荒涼とした丘陵地帯ですが、そこに多くのテントと仮説ステージが設けられ、既に準備万端という感じでした。

 警察と地元ボランティアによる誘導もスムーズで、それほどのストレスもなく入場ができ、立ち見ながら良い場所を確保したと思うと、程なくしてショーが始まりました。

 メインステージの背景には、左に当時太平洋側から工事を進めてきたパシフィック・セントラル鉄道の「ジュピター号」という蒸気機関車、右には中部のネブラスカ州オマハから工事を進めてきたユニオン・パシフィック鉄道の「114型」という同じく蒸気機関車が配置され、それぞれに黒い煙を吐いていました。

 その前で、行われたのはミュージカル仕立てで、この大陸横断鉄道開通の経緯と意義を紹介するショーでした。まず、エイブラハム・リンカーンが登場。彼は、政治家になる前は鉄道会社の顧問弁護士をしていたという紹介に始まり、南北戦争の前後に、連邦政府として大陸横断鉄道建設のイニシアティブを取ったという経緯が表現されていました。

 これは確かに史実であり、リンカーンは国家の南北分断に抵抗したばかりか、当時ゴールドラッシュの流れの中で起きていたカリフォルニア分離論に対する強い警戒感から、国家が東西に分裂する危険性も認識していたようです。やがて、リンカーンは凶弾に倒れて鉄道の完成を見ることはありませんでした。ですが、このプロジェクトの生みの親であることは間違いないようです。

 この大陸横断鉄道の意義ですが、このイベントでは司会者が「人類史上最大の達成の一つ」と持ち上げていました。「人類史上最大」はややオーバーな表現ですが、アメリカ史ということでは、確かに極めて重要な歴史的事件と言っていいでしょう。この鉄道ルート完成によって従前は海路もしくは危険な駅馬車乗り継ぎで、6ヶ月かかっていた東海岸から西海岸への移動が一週間で可能になっただけでなく、産業の動脈として国家の建設に重要な役割を果たしたのは事実です。

 例えば、鉄道完成と同時に電信線が敷設されたわけですが、これは単に鉄道の運行管理のためというだけでなく、史上初めて電信(テレグラム)によって東海岸と西海岸が接続されたという意味合いもあるのだと言います。正に、この鉄道によってアメリカという「国のかたち」が整ったということは言えると思います。孤立した欧州の出島ではなく、大陸国家、そして太平洋国家でもあるという現在に至る「かたち」ということです。

 しかしながら、この大陸横断鉄道建設という歴史には、負の側面を指摘することも避けられません。負の側面というのは、大きな2つのストーリーです。1つは、この難工事に投入された労働力の多くが、中国系移民であったということです。どんなグループかというと、太平天国の乱による混乱を避けてやって来た中で、1849年をピークとしたカリフォルニアの「ゴールドラッシュ」と、その経済効果でアメリカ西海岸に引き寄せられた人々でした。

 特に西側から工事を進めたパシフィック・セントラル鉄道は、サクラメントからシエラ・ネバダ山脈へかけての山越えの難工事に手を焼いていました。そこへ中国系の人々が投入されたのです。最初のうち彼らは、体型などから十分な労働力とはみなされていなかったのですが、やがてトンネル掘削などの難工事に真剣に取り組む姿勢が評価されて、工事の主力となって行きます。今日の式典では、総計で12000人の中国系が投入されたという説明がありました。

 そうは言っても、ロクなトンネル掘削技術もない時代ですから、ツルハシでの手掘りに加えて、黒色火薬を充填させて花崗岩の岩盤を砕くという原始的な工法が採用されました。これは大変に危険を伴い、爆発事故や崩落事故、さらには冬季の突貫工事では雪崩による事故など多くの犠牲を出したと言います。正確な数字は判明していませんが、恐らくは500名から1000名の人命が失われたとされています。

 しかしながら、そのような献身的な労働に対する評価は正当なものではありませんでした。例えば、1859年に行われた、完工の記念式典、10日に150周年式典の行われた同じ場所での、式典には中国系は一人も招待されなかったのだと言います。

 それどころか、安い賃金で過酷な労働に耐えた彼らは、カリフォルニアのコミュニティで、激しい差別に晒されます。要するに、白人の雇用に対して脅威を与えたというのです。その結果として、一部のコミュニティでは中国系に対する焼き討ちや虐殺などの暴力が加えられるに至りました。

 こうした事態に対してアメリカの国家意思は、治安回復を行うのではなく、混乱の元凶は中国系の方にあるとしたのです。その結果として1882年には、連邦法としての悪名高い「中国人排斥法(エクスクルージョン)」が施行されるに至りました。中国系は、米国市民権を与えられることが禁止され、また家族の呼び寄せもできなくなったのです。そして、中華街という狭い空間に事実上隔離されることとなりました。

 もう一つの負の側面というのは、アメリカ原住民です。大陸横断鉄道は彼らのライフスタイルから見れば、大変な脅威でした。鉄道区域への侵入は禁止されて、生活圏が脅かされると、彼らの一部は鉄道建設を妨害する行動に出ました。これに対する白人側の暴力は凄惨であり、結果的にこの時代にも多くの原住民虐殺が行われたのです。

 今回の式典で特筆すべきは、こうした負の歴史にも大きなスポットライトが当てられたことです。ミュージカル仕立ての歴史劇の中でも、中国人労働者は、丸い傘をかぶった「クーリー(苦力)」の衣装で登場してほとんど主役の扱いでしたし、式典の中では中国の蛇踊りや獅子舞が地元の子供たちによって演じられたりもしていました。

 ですが、その中でもハイライトは、自身が中国系であるイレーン・チャオ運輸長官が登壇して行ったスピーチでした。
https://www.transportation.gov/briefing-room/us-secretary-transportation-elaine-l-chao-commemorates-150th-anniversary-golden-spike
 このDOTのサイトにおける紹介は、必ずしもチャオ長官の演説の全文をカバーしているわけではありませんが、この公表されている部分でも、大陸横断鉄道への貢献と、その後の差別の問題が言及されています。

 会場での実際の演説はもっと踏み込んだもので、自分のような中国系が閣僚としてこの150周年行事に参加していることへの感銘という、極めて踏み込んだ表現がありました。

 アメリカの現役閣僚が、自分の出自を移民だとしてその移民のアイデンティティを前面に出してスピーチを行うのは、異例です。過去には、90年代に第二期のクリントン政権当時、国務長官だったマデリン・オルブライト氏が、ホロコーストの被害を間接的に受けたユダヤ系チェコ移民という出自を強調したことが批判されたことがありますが、それを考えると極めて踏み込んだスピーチであったと思います。

 また、アメリカ原住民の悲劇に関しても、歴史劇の中で紹介するとともに、原住民の代表を読んで彼らの言語による祈祷の儀式が披露されました。その上で、大陸横断鉄道の建設に関わって犠牲になった、中国人やアイルランド系労働者、そして原住民などを慰霊する黄色い花輪が献呈されるという場面もありました。

 いずれにしても、この記念式典では、改めて「アメリカは移民の国である」ということ、そして「多様性を包摂する国である」ということが高らかに宣言されていたことは強く印象に残りました。現在は、トランプ時代ですが、そんなことは忘れさせるほど、メッセージは明らかでした。また、明らかであったことで、いわゆる「政治的な正しさ」を超えて伝わるようなメッセージになっていたと思います。

 ちょうど、現在進行形では米中の通商交渉が行われています。今週は合意に至らず、米国は中国からの輸入品に一部25%の関税を適用するとしていますが、かといって交渉が決裂したわけではありません。恐らく、実務的には、相当に激しい応酬がされているのだと思いますが、米中関係が大きく破綻するというものではありません。

 今回の大陸横断鉄道150周年記念式典は、ある意味でその「アメリカ建国以来の米中関係」に新しい1ページを加えるものであるとともに、水面下では、この二大超大国が歴史的にも複雑で深い関係を維持していることを明らかにしたように思います。

 一方で、この式典にシンクロする格好で、式典会場から山を降りたユタ州のオグデン駅では、ユニオン・パシフィック鉄道が、1940年代の巨大蒸気機関車「ビッグボーイ」こと「4000型」の14番機を時間をかけてレストアしており、更に別の巨大蒸気機関車「800型」の44番機と重連を組んで旅客車両を連結し、「復活運転」を行うというイベントが行われています。

 こちらは、オグデン市を挙げての大きな行事となっており、多くの家族連れで賑わっていました。1869年の「大陸横断鉄道開通」と、機関車「ビッグボーイ」との関係ですが、時代的には重ならないのは事実です。ですが、「4000型」という世界の鉄道史上で最大最強の蒸気機関車の一つが開発されたのは、外でもない大陸横断ルートの中の「オグデン(ユタ州)=シャイアン(ワイオミング州)」という険しい峠を、100両を越す貨物編成を牽引するためだったということを考えると、実にタイミングの良い企画と言えましょう。

 こちらのSL「復活運転」の今日的意義ですが、旅客部門をアムトラック公社に譲って、現在は貨物専業となっているユニオン・パシフィック鉄道が、「150周年」を契機に、やはり鉄道事業者としての心意気を見せたということに尽きると思います。

 現在のこの大陸横断ルートは、旅客列車ということでは、アムトラック公社の運転する観光寝台列車「カリフォルニア・ゼファー号」が1日1往復運転されるだけで、しかもルートとしてはソルトレイクの南岸を西進するために、オグデンもワイオミングも通りません。ですが、このオグデンからシャイアンを抜けて、ネブラスカ州のオマハに至るルートは、今でも貨物の大動脈として活躍しています。

 また観光列車の「カリフォルニア・ゼファー号」も、西進してネバダ州からカリフォルニア州に入るところでは、それこそ150年前に中国系の人々が、苦闘して切り開いたシェラ・ネバダ山脈の横断ルートを通るのです。

 いずれにしても、雪山の連なる中を、ソルトレイクという巨大な湖を横目に砂漠といっても良い荒涼とした丘を登って行くと、そこには、既に本線としては廃線になったものの、150年前に線路が締結された記念施設がある、そのいかにも「西部」という風景のスケール感。そして、その大陸横断鉄道開通という行事に重なって行く、アメリカ史の光と影の交錯、その全てがアメリカの「国のかたち」を構成しているという不思議な実感を得た1日でした。

------------------------------------------------------------------

冷泉彰彦(れいぜい・あきひこ)
作家(米国ニュージャージー州在住)1959年東京生まれ。東京大学文学部、コロンビア大学大学院(修士)卒。著書に『アメリカは本当に「貧困大国」なのか?』『チェンジはどこへ消えたか~オーラをなくしたオバマの試練』『場違いな人~「空気」と「目線」に悩まないコミュニケーション』『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』『「反米」日本の正体』『トランプ大統領の衝撃』『民主党のアメリカ 共和党のアメリカ』『予言するアメリカ 事件と映画にみる超大国の未来』など多数。またNHK-BS『クールジャパン』の準レギュラーを務める。