『from 911/USAレポート』第788回

「追悼、松尾文夫氏」 

    ■ 冷泉彰彦:作家(米国ニュージャージー州在住ん

       2019年3月3日発行

 ■ 『from 911/USAレポート』               第788回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 長年日米関係をウォッチし続けたジャーナリスト松尾文夫氏(元共同通信社常務)
の訃報には大変驚きました。85歳という高齢ではあったものの、精力的に取材活動
を続けておられましたし、健康にはとても気を遣っておられたのを知っていた私には、
正に寝耳に水という感じでした。それにしても、「アメリカ」を生涯のテーマとされ
ていた松尾氏が、そのアメリカの地で亡くなられたというのには、何とも言えない運
命的なものを感じます。

 亡くなられたのは、ニューヨーク州北部のシラキュース市で、 私の住むニュージャ
ージーからは、一旦ペンシルベニア州に入ってそこから北上すれば、3~4時間で着
く場所です。居てもたってもいられない気持ちもしましたが、やがて松尾家の方々か
ら連絡をいただき、ご家族が現地に入られて万事落ちついているということで安心す
ることができました。

 そのご家族のご配慮もあり、また共同通信のニューヨーク支局の皆さんが奔走して
くださったおかげで、在米の私どもには松尾さんとお別れをする機会も作っていただ
きました。急な出来事でありながら、そのような配慮をいただいたこと、本当に静か
な場所で静かにお別れができたことについては、この場を借りてお礼を申し上げたく
思います。

 松尾氏と私は、本当に不思議なご縁があり、この8年間に随分と長い時間をご一緒
し、様々なお話を伺う機会がありました。きっかけを作って下さったのは、このJM
Mでもお馴染みの春具(はる・えれ)さん(元国際連合元化学兵器禁止機関人事部長)
です。

 順序としては、まず2009年の3月に、偶然に松尾さんの「銃を持つ民主主義」
を読み、その中に「ドイツと連合国によるドレスデンの和解」を紹介しながら、「日
米にも相互献花外交による和解が必要」という提言に触れて身体が震えるような思い
をしたということがあります。そのことは、その後、2009年11月にオバマ大統
領が来日した際に、このJMMで松尾氏の「相互献花外交案」について触れた際に書
きました。

 明けて2010年の1月に春具さんが学術調査のためにプリンストン大学に来られ、
その際にJMMの縁から私共夫婦にお声を掛けてくださってお目にかかることができ
たのでした。その時に今は閉店してしまった「ラヒアー」というアインシュタイン博
士ゆかりのレストランで、お食事をご一緒したのですが、偶然に家内が選んだシャブ
リが会話を盛り上げる中で、ふとした弾みから、春さんの亡くなったお父様と春さん
の父子が、私の亡父の宗教学研究上の同志であったということが判明し、お互いに驚
いたというエピソードがあったのでした。

 それ以来、春さんには私どものことを気にかけて下さるようになったのですが、そ
こで早速、春さんから「松尾文夫さんを紹介しましょう」というオファーを頂いたの
です。というのは、まず、JMMで私が松尾さんの「相互献花外交案」のことを取り
上げていたからだと思いますが、春さんの親友の方が松尾さんのご親戚という縁があ
ったからでした。そのようにして、松尾さんのお目にかかったのが2010年の4月
末でした。

 ところが、今度はもう一つ別の不思議なご縁がつながったということがありました。
それは、松尾さんが私の極めて近しい親族と、大学時代からの友人であったというこ
とです。更に、松尾さんのご家族の中に、私の前の人生で関与していた仕事に関わっ
ておられた方があったり、二重三重にご縁が重なるというようなことがありました。

 そんなわけで、それからの7年間、アメリカで、あるいは日本で、あるいは電話や
メールで、本当に色々なことをお話しさせていただきました。その時々のアメリカの
政局について、私の見方を確認されたり、時には「違うんじゃないの?」というお叱
りをいただいたりというのが基本でしたが、この間の松尾さんとの対話には、常に2
つのテーマが底流として流れていました。

 1つは「相互献花外交」についてで、具体的に実現するにはどういった条件をクリ
アしなくてはならないのか、またタイミング的にはどんな可能性があるのか、お目に
かかるたびに、あるいは電話でお話をいただくたびに、この問題は話題の中心であっ
たように思います。その可能性を様々な角度から検討する作業については、このJM
Mでも、その都度お話をした通りです。

 もう1つは、主著となった「アメリカと中国」(2016年12月、岩波書店刊)
についてでした。特に、2012年の9月に、このご本の取材でアメリカにお越しに
なった際には、フィラデルフィア市内での「建国当時における米中関係」の資料発掘
をご一緒にしたことは、懐かしい思い出として残っています。

 この時は、直子夫人が長い闘病の末に逝去された直後でしたが、松尾氏は「家内の
弔い合戦のつもりで頑張りますよ」と仰りながら、当時79歳というお年にはとても
見えない精力的な取材を続けておられました。アメリカの建国の父であり、特に独立
戦争の戦費をファイナンスするために八面六臂の活躍をしながら晩年は破産刑務所で
不遇のまま亡くなったロバート・モリスについて、松尾氏は「そこに米中関係のルー
ツがある」として、様々な仮説を立てては資料を発掘していくのですが、その手法は
考証学というよりは、まるで事件記者のアプローチそのものでした。

 フィラデルフィアの後は、プリンストンにお越しになり、大学前の「PJ」という
パンケーキ屋でご一緒したのですが、その際には「この店は加藤周一氏が好きで、こ
こで矢島翠さん(加藤氏夫人)も加わって、散々議論したものですよ」と懐かしく話
されていました。その一方で、この年はオバマが二期目にチャレンジする大統領選の
年であり、2ヶ月後に控えた本選の投票日を前に「カギを握るオハイオ州の調査に行
く」ということで、時には感慨が過去に向かうことはあっても、ジャーナリストとし
ては100%同時代の現役ということを見せつけられる思いがしました。

 そのジャーナリスト、アメリカ・ウォッチャーとしての立ち位置は、基本的には中
道左派的な観点は明確にされつつも、現象を分析するにあたっては極めてリアリスト
であり、その2つを混同しないところに高度なプロフェッショナリズムを感じさせる
ものでした。つまり、価値観の軸はブレずにある一方で、事実を直視する目はその価
値観によって濁ることはない、そんな態度です。

 その後も、折に触れてお話を伺う機会が続いたのですが、最後にお目にかかったの
は2017年の1月でした。私が取材で北海道に行っている時に、偶然お電話をいた
だき、『アメリカと中国』の本がようやく完成したので、どうしても直接手渡しがし
たいと言われ、北海道から遅い時間に品川に戻って翌朝にはアメリカに戻ると申し上
げると、その遅い時間に品川のホテルで私を待っていて下さったのでした。

 驚いて恐縮すると、「いやいや、実は本の取材で世話になっておきながら、冷泉の
名前がいいのか本名の方がいいのか迷っているうちに、謝辞を書くスペースがなくな
っちゃって・・・」とバツの悪そうなお顔をされながら本を差し出して下さったので
す。後で本の中身を拝見すると、取材の協力をされている方は、本当に沢山名前が上
がっており、しかも皆さん大きな作業をされているので、米国東北部で数日間ご案内
をした程度の私に謝辞のスペースなどあるはずもないのですが、それをこんなに恐縮
されて、しかも深夜に本を持って来てくださった、というのにはただただ頭が下がる
ばかりでした。

 それは忘れもしない2017年1月27日の深夜のことでした。松尾さんは「知っ
ての通り、僕は夜型だから・・・」とそのままホテルのカフェで、アメリカ情勢談義
となりました。話は尽きない中でも、しかし決して盛り上がりませんでした。という
のは、何とも言えない重苦しさを抱えた会話だったからです。それは、ドナルド・ト
ランプが大統領に就任し、「アメリカ・ファースト・オンリー」という極めてダーク
な演説を行ってからまだ一週間も経たない時点でした。

 松尾さんは「トランプはニクソンのように失脚するだろうか?」と問われたので、
私は「ニクソンの場合は暴言や虚偽が暴露されると国民は失望とともに怒ったわけで
すが、トランプの場合は、最初から品格のないことも、虚言癖も広く周知されている
ので、国民が一体となって驚いたり怒るということは起きにくいでしょう。そこに重
苦しさ、難しさがあります」というようなことをお話ししたことを覚えています。

 松尾さんは、内容には不満だが「日米相互献花外交」は曲がりなりにも実現したと
しながら、アメリカは当面はダークな時代になるので、自分は今度は「日中と日韓の
相互和解をやる」という決意を口にされていました。

 それが松尾さんにお目にかかった最後になってしまいました。

 ここまで書いて、どうにも涙が止まらないのですが、それはともかく、これはある
種の宿命であったようにも思います。というのは、この2年間、仮に機会があったと
して、2017年の1月の深夜と同じように、松尾さんと「トランプ論」をご一緒し
ても、あまり意味はなかったと思われるからです。松尾さんのことですから、トラン
プという異常な政権であっても、リアリストの立場から多角的な分析を進めておられ
たでしょうし、私も私なりに見解は持つようにしているのは、このJMMにも書かせ
ていただいている通りです。

 ですが、そのような「トランプ分析」ばかりを議論するのではなく、松尾さんは
「日中、日韓」の和解という仕事の方へ行かれたし、最後には「米朝関係のルーツと
現在」という更に難しいテーマについての研究にも精力的に打ち込んでおられたわけ
です。それは、形になったものは少なくても、かけがえのないものであると思います。

 残された私たちは、松尾さんの不在を嘆くようなことは許されないように思います。
ただただ、松尾さんの残してゆかれたテーマを、解決はできなくても、背負っていく
こと、それが私どもの世代の責任ではないかと思います。

 そのテーマというのは、大きく分けて3つあります。

 1つは日米関係です。2016年にオバマ大統領が広島での献花を行い、また安倍
総理は真珠湾のアリゾナ記念館で献花をしました。ここに、松尾さんの提唱された
「相互献花外交」が実現したわけです。ですが、松尾さんの提唱されていたのは、そ
のような「表面的な」ものではありませんでした。

 著書「銃を持つ民主主義」に書かれていたその精神というのは、「ドレスデンの和
解」という思想です。この「ドレスデンの和解」というのは、1995年の2月、連
合国によるドレスデン空爆の50周年追悼祭において、当時のドイツ連邦共和国(統
一ドイツ)のロマン・ヘルツォーク大統領(当時)が行った演説に貫かれている思想
のことで、その演説を松尾氏は著書で次のように紹介しています。

「あの日の出来事をまた思い出すとき、まずはっきりさせておかねばならないことが
あります。それはここに集まっているすべての人々を誰かが非難したり、誰かに自責
や後悔の気持ちの表明を求めたりしない、ということです。つまり、ナチス国家にお
けるドイツ人の悪行をこのドレスデンの出来事によって相殺することはしないという
ことです。われわれはまずなによりもここで死者をいたみ、哀悼の意を示したいと思
います」

 そして松尾氏は「日本ではこの「相殺を認めない」論理で、東京大空襲、広島、長
崎の死者を弔う鎮魂の「儀式」がアメリカとの間で済んでいないのではないか」と厳
しい問題提起をされたのでした。

 松尾氏の提案が実現されて、実際に相互献花外交が実現したのが2016年ですが、
そこから更に3年を経た現在、この「相殺ではない本当の鎮魂による和解」という思
想が実現しているとは思えません。

 日米に関していえば、このような相互献花による鎮魂という精神的な行為が、一過
性に終わりそうな気配があり、それ以前の問題として、理念ではなく「相互取引」と
いう「相殺の思想」で関係が引きずられているという問題があります。

 つまり、巨大な戦争犠牲を共に追悼して和解を確固たるものとしてゆくのではなく、
より損得勘定に傾いた危険な関係へと、日米関係が変質しているわけです。

 この問題は、それこそ松尾さんと私が、2017年の1月に重苦しい対話に陥って
しまったように、一筋縄では行かないわけです。そうではあるのですが、相互献花外
交の精神を、「オバマという個性的な大統領ゆえの一過性の出来事」に終わらせない
ために、私たちの世代が、松尾さんの精神を継承してゆかねばなりません。

 2つ目は米中、そして日中の問題です。とにかく、松尾氏の遺された『アメリカと
中国』という本が提起している問題は巨大で、重たいテーマです。まず、米中には、
米国建国当時の米中貿易に始まる不思議な紐帯があること、それゆえに、アヘン戦争
での米国サイドによる中国への同情など、理念的なつながりに発展している部分があ
ることが指摘されています。

 その一方で、米中は極端に打算的に動くこともある、つまり理念と打算の二重構造
の中に、この2つの大国の関係はある、その複雑さを理解しなくてはならないとして
いるのです。実は、この点において松尾氏は、「日本はその米中の間で、どのように
振る舞えばいいのか?」という100年、200年単位での巨大な問題提起をしてお
られます。

 奇しくも松尾氏の亡くなったこの2019年の2月というのは、その米中関係が極
めてクリティカルな局面に立ち至っている時期です。ですが、問題はここから簡単に
好転してゆくとは思えません。中国サイドの経済の構造改革はまだ端緒に着いたばか
りですし、またトランプ政権ではなく、仮に2020年もしくは2024年に民主党
左派の主導する政権ができて、本格的な、つまりギミックではない本音ベースでの保
護主義に走った場合に、より危機が深化する危険があります。

 日本経済はそのような「太平洋の荒天」に備えなくてはなりませんが、その際には
この松尾氏の米中関係論というのは、改めてより重たい意味を持ってくるのではない
でしょうか。

 3点目は、日韓そして日朝の問題です。松尾氏が最晩年に手がけておられた米朝関
係に関する取材は、非常に興味深いテーマですが、松尾氏の逝去とほぼ同時に、ハノ
イ会談は物別れとなり、米朝関係の改善は先送りとなりました。

 ですが、この朝鮮半島の問題についても、日米の相互献花外交のように、「相殺を
求めず、ひたすら一緒に追悼する」という純粋化した精神を据えて、取り組むしかな
いのだと思います。勿論、現在の日韓両国、あるいは北朝鮮も含めてこのような思想
は、簡単には広めることはできません。ですが、松尾氏が、それでもコツコツと個人
間の私的な外交で、あるいは調査活動を続けていかれたように、できることは沢山あ
るのだろうと思います。

 日韓の問題においては、「準備なき統一による朝鮮半島の混乱」が起きた場合に、
「団結のために日本を仮想敵に」するような政治力学が発生する可能性は否定できま
せん。ですから、政治の現実としては、理想主義と現実主義の切り分けは厳格に要求
されます。ですが、そのような愚かな危機を回避するには、日韓あるいは日朝の本質
的な和解ということがどうしても必要です。松尾氏の遺された努力は世代を超えて継
承されるべきと思います。

 松尾さんとのお別れの場は、ニューヨーク市クイーンズ区のアストリアという下町
でした。立派なカトリック教会があり、その向かいの小さな、しかし手入れの行き届
いた施設には静かな時間が流れていました。

 施設を後にして街へ出ると、金曜日の夕刻ということもあり多くの若者が繰り出し
ていました。ちょうど、この教会あたりを境にして、そこから東側はニューヨーク州
第14選挙区に属します。彗星のように現れ、実現不可能とも言える理想主義的な政
策で全米に話題を提供しているアレクサンドリア・オカシオコルテス議員を連邦下院
に送り出した選挙区に他なりません。

 松尾さんとトランプ論議をするのは、申し上げたようにお互いに気が進みませんで
したが、オカシオコルテスについての議論はしたかったし、恐らく松尾さんも乗って
来られたのではないかと思われます。というよりも、これからも松尾さんは、きっと、
我々の議論をどこか空の高いところで聞いておられるに違いありません。お別れをし
た時のお顔は、平安に満ちたものでしたが、どこかで「僕はちゃんと聞いていますか
らね」と言っておられるようにも見えました。

------------------------------------------------------------------
冷泉彰彦(れいぜい・あきひこ)
作家(米国ニュージャージー州在住)
1959年東京生まれ。東京大学文学部、コロンビア大学大学院(修士)卒。
著書に『アメリカは本当に「貧困大国」なのか?』『チェンジはどこへ消えたか~オ
ーラをなくしたオバマの試練』『場違いな人~「空気」と「目線」に悩まないコミュ
ニケーション』『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名
門大学の合格基準』『「反米」日本の正体』『トランプ大統領の衝撃』『民主党のア
メリカ 共和党のアメリカ』『予言するアメリカ 事件と映画にみる超大国の未来』
など多数。またNHK-BS『クールジャパン』の準レギュラーを務める。

近著は『自動運転「戦場」ルポ : ウーバー、グーグル、日本勢 ── クルマの近未来』
(朝日新書)
https://www.amazon.co.jp/dp/4022737786/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMM [Japan Mail Media]               No.1043 Saturday Edition