(耕論)

    メルケル時代の終わり 

    ヨッヘン・ビットナーさん、パウル・ノルテさん、浜矩子さん


      2018年12月21日05時00分朝日新聞

 ドイツのメルケル首相が、18年間務めた与党党首を辞任した。首相職からも遠からず退くとみられる。「欧州の首相」とも呼ばれた彼女の退陣は、世界に、欧州に何をもたらすのか。


 ■異常な時代に雄弁さ欠く ヨッヘン・ビットナーさん(独紙ツァイト・政治エディター)

 数年前、ニューヨーク・タイムズ紙でメルケル首相を「自由主義世界のリーダー」と呼んだのは私です。彼女の分析能力と率直なモノの見方が、リーダーにふさわしいと思いました。ギリシャ危機に始まるユーロ危機では、豊富な知識と科学的なアプローチで複雑な問題を解決していった。メルケル氏がいなければユーロ経済圏はとっくに破綻(はたん)していた可能性があります。

 しかし、昨年の総選挙で歴史的な敗北を喫した後、メルケル氏が発した言葉にがくぜんとしました。「ほかにどうすべきだったというのか、私にはわからない」と言ったのです。ポピュリズムが台頭する異常な時代に、これからも従来通りに仕事を続けるかのように振る舞いました。

 メルケル氏の政治手法は「沈黙のポピュリズム」とも言うべきものです。ほかの人々が意見を述べ合っている中で、1人だけ静かにしている。だれからも嫌われず、意見が出尽くしたところで、最後に自分の立ち位置を明確にする。しかし、右や左のポピュリストたちが声高に叫び合っている中では、この手法は通用しない。自ら率先して情熱的に人々に働きかけるというリーダーシップが必要なのです。英首相を務めたチャーチルのような雄弁さです。

 メルケル氏は、2015年に難民を受け入れた際にも十分な説明をしなかった。「われわれならできる」と言ったまま、現実にどうすべきかを語らず、対応を自治体任せにしました。動機についても本人は多くを語らない。その結果、理想主義者の偶像ができてしまい、現実的な議論が進みませんでした。メルケル氏を批判するものは、ことごとく右翼のレッテルをはられてしまい、民主主義にとってはとても不健全でした。

 メルケル氏は、党首や首相を長く務めるうちに、疲れてしまったのかもしれない。16年11月に4期目の首相を目指すことを表明しましたが、トランプ氏が米国の大統領になっていなかったら、きっと辞めていたでしょう。開かれた世界の守護者として首相を続けざるを得ないと判断したのでしょうが、義務感だけではリーダーは務まりません。

 欧州は、課題が山積しています。イタリアの財政危機は深刻さを増し、移民の受け入れをめぐり東西欧州が対立しています。このままメルケル氏が首相を続けたら、欧州の分裂がさらに広がる可能性を否定できません。他国に相談せずに難民受け入れを決めたこともあり、東欧ではドイツは「モラル帝国主義」と呼ばれ、彼女は嫌われています。

 次のリーダーとして、私はフランスのマクロン大統領に期待していましたが、彼も国内問題で精いっぱいの状況になってしまった。正直なところ、もはやリーダーは見当たりません。(聞き手・高野弦)

     *

 Jochen Bittner 1973年生まれ。キール大法哲学博士。ブリュッセル駐在特派員などを経験。専門は欧州問題と安全保障。



 ■ドイツ社会の分裂防いだ パウル・ノルテさん(ベルリン自由大学教授)

 メルケル首相は2021年まで首相を続けると言っていますが、途中で辞めることになるでしょう。

 ドイツ与党・キリスト教民主同盟(CDU)の後継党首となったクランプカレンバウアー氏に首相を譲る可能性が高いと思います。同氏が次の総選挙を戦うとき、現職首相として戦った方が与党に有利に働くからです。コール元首相は人気が落ちても最後まで後進に道を譲ろうとせず、CDUは選挙に負けた。その失敗をメルケル氏はよく覚えていて、轍(てつ)を踏むまいとするでしょう。

 メルケル氏の最大の功績は、ドイツ社会の分裂を防ぎ、中道にとどめたことにあると思います。ユーロ危機や難民危機を経て、確かに新興右翼政党「ドイツのための選択肢(AfD)」の台頭を招きました。しかし、その支持率は20%に届いていない。米国はトランプ大統領の下で社会が完全に左右に分裂し、英国やフランス、ポーランドといった国々でもポピュリズムが吹き荒れている。ドイツは相対的にみれば、強い中道を維持していると言えます。

 その大きな理由は、保守政党のCDUの中にあって、メルケル氏が極端にリベラルな、あるいは左派的なポジションをとったことにあります。脱原発に再びかじを切ったときも、15年に多くの難民を受け入れたこともそうでした。その結果、2大政党の一つである社会民主党や緑の党、そしてCDUの支持者も、彼女が適切なやり方でこの国を代表していると感じてきました。ただ、だれでも長く首相を務めれば国民から飽きられる。昨年9月の総選挙が終わりの始まりでした。

 メルケルの時代が終わっても、ドイツの政策が大きく変わるとは思いません。親欧州的な政策も変わらないと思います。メルケル氏の後継党首が、CDUを本来の保守的な立ち位置に戻すでしょう。社会民主党などとの違いが明確になり、議論の活性化が促される。難民の受け入れに対する政策も、CDU党内でより現実的な議論が交わされることになると思います。

 メルケル氏のリベラルな立ち位置は、彼女の人格と政治的な確信によるところが大きかった。今回の党首選に立った3人がカトリックなのに対し、メルケル氏はよりリベラルなプロテスタント。抑圧された旧東独の社会で育ち、自由な社会への思いが強かったということも影響したのではないでしょうか。メルケル氏が緑の党に入っていたとしても何らおかしくはなかった。

 難民受け入れを決めたときに、彼女は「われわれならできる」と言い放った。将来、首相のオフィスを去る日も、決して大声では言わないにせよ、心の中ではきっと同じことを考えているでしょう。(聞き手・高野弦)

     *

 Paul Nolte 1963年生まれ。専門は歴史・社会学。米ハーバード大学フェローなどを経て、2005年から現職。



 ■EU、「接着剤役」を失う 浜矩子さん(同志社大学大学院教授)

 長期政権をメルケル首相が維持できたのは、政治、経済、外交のすべてにおいて、現実性を重んじる姿勢を崩さなかったためです。旧東独の出身、女性、物理学者という生い立ちから身についたものですが、「バランス」と「真っ当さ」という判断基準が軸になっています。

 いつも左右両極の間にある「バランス」がとれる均衡点を探り当てました。国際競争力が向上し、ドイツは世界最大の経常黒字国となりました。雇用の多様化や流動化をうながす規制緩和など、労働市場改革によるところが大きい。シュレーダー政権が始めたものの労働組合の反発で中途半端だったものを、メルケル氏は野党の意見も採り入れて無理のない形に修正して、実現にこぎつけました。

 日中関係の冷え込みに前後して、ドイツは中国と蜜月関係となり、輸出主導の好況をもたらしました。伸び盛りの中国市場と成熟した欧州市場というバランスのとれたグローバル時代の新貿易構造を模索の末に見いだしたのです。

 「真っ当さ」は、脱原発や最低賃金制度の導入などリベラル的な政策につながりました。根底には「人が人らしく生きるため」という真っ当な発想がある。大量の難民受け入れも「ここで追い返すわけにはいかない」という思いからでしょう。難民政策への視線が厳しさを増し、政権が終わりを迎えるのは皮肉です。

 いまの時代の空気が、メルケルのようなバランスや真っ当さを軸とする「大人の選択」を煙たがり、単純明快で過激な回答を求めたがっている。危険な兆候です。

 ドイツは戦後、裾野の広い製造業によって高い経済成長を実現しました。EUという「ドイツ封じ込め」の仕組みを利用し、日本と同様、軍事よりも経済に資源を集中させたおかげでした。しかし最近の両国経済は実力差が開いています。その要因は日本の政府や企業の視野が狭いからです。典型例は、外国人労働者の受け入れ問題です。日本は「とにかく人手が欲しい」と短絡的に門戸を広げようとしている。ドイツは戦後間もない頃から「やって来るのは人手ではなく人々だ」と自覚し、外国人労働者らの将来的な定住を視野に制度をつくるなど長期的な視野をもって「開国」を進めてきました。

 ドイツにとって、EUは自らの経済力を存分に発揮できる半面、財政破綻(はたん)国の面倒をみる「管財人」の役割も求められる市場です。ともすれば利益より不利益が大きくなる中で他国に威張ることなく忍耐を重ねてきたのが、メルケルの時代でした。主導権争いの絶えないEUで接着剤の役割も果たしていました。彼女の退陣が確実になり、今後は分裂と対立の表面化は必至です。私にはもう不安しかありません。(聞き手・日浦統)

     *

 はまのりこ 1952年生まれ。三菱総合研究所主席研究員などを経て2002年から現職。著書に「世界経済の『大激転』」など。