メディア万華鏡

  改元で騒ぎ「天皇制」論じないメディアの“思考停止”

   山田道子・毎日新聞紙面審査委員


      毎日新聞2019年5月20日

天皇陛下の即位を祝う一般参賀に臨まれた天皇、皇后両陛下と皇族方=皇居・宮殿で2019年5月4日、佐々木順一撮影

 退位・即位をめぐる騒動が一段落したが、事ここに至る報道に「なんだかな~」という感がぬぐえない。先の天皇、皇后両陛下は、平和を希求し国民に寄り添う平成の象徴天皇制を作り上げた立派な方という報道がほとんどの印象だ。1989年1月に昭和天皇が亡くなられる前後、私は社会部で取材していたが、天皇制についてもっと詰めた報道があったような記憶がある。

新聞は怒られている

 だから今、新聞は怒られている。メディア学者の石田英敬氏は、民主主義の国なのに天皇は基本的人権が制限され、その犠牲によって国民が統合されている天皇制をめぐる根本的な問題に新聞が切り込むべきだと叱る(朝日新聞5月11日朝刊)。放送大教授の原武史氏に至っては「象徴天皇制の課題を検証せず、浮かれるだけでいいのか。あなたがたメディアは大日本帝国時代と同じです」(毎日新聞ウェブサイト5月14日)と激怒だ。

原武史・放送大教授
 個人的には毎日新聞の2017年5月21日の朝刊の記事を思い出す。天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、16年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ショックだった」との強い不満を漏らされ、それは宮内庁関係者を通じて首相官邸に伝えられたという内容。不満が官邸に伝えられることは憲法の観点からどうなのかについて記事に言及はなかった。両陛下で作り上げた象徴天皇制の中身や課題をさらに検証する方向に向かわなかったのが残念だった。

「しない」ではなく「できない」雰囲気


新元号「令和」の発表を伝える、毎日新聞の号外配布に殺到する人たち=東京都千代田区の毎日新聞東京本社で2019年4月1日、手塚耕一郎撮影


 そんなメディアの状況は外部からよく見えるようだ。「私が子供の頃は、メディアが皇室を語る時の口調にもう少し遠慮がなかったと記憶していますが、近年になるほど、ある種異様な『自己規制』が強力に働くようになっています」とみるのは国際政治学者の三浦瑠麗氏(文芸春秋6月号)。

 中央公論4月号の象徴天皇制を考える座談会では、河西秀哉・名古屋大大学院准教授が昭和天皇がなくなる前と比較し、今は「天皇制に対する批判を『しない』ではなく、なんとなく『できない』雰囲気になっていて、それは『いい人だからいい』という感じになっているんです」と述べ、佐藤信・東京大先端科学技術研究センター助教は「『天皇制』ではなく『天皇』。個人というか夫婦というか……。象徴としていかに社会秩序と結びついているかという議論にならない」と答える。

 尹健次(ユン・コォンチャ)神奈川大名誉教授は「天皇・天皇制について、またそれと政治との関連で、マスメディアできちんと報じられることはきわめて少なくなっている。政治の暗部を隠蔽し、人びとから考える力をそぐために天皇タブー、つまり思考停止の威力がそれとはなしに、しかし最大限に動員されるのである」と厳しい(Journalism4月号)。

美智子さま「良妻賢母」像の影響

即位後初めての一般参賀に臨み、集まった人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=皇居・宮殿で2019年5月4日、手塚耕一郎撮影

 平成の「開かれた皇室」「国民に共に歩む天皇、皇后両陛下」は国民の圧倒的支持を得た。それゆえカリスマ化が進み、「開かれた」とは逆行、モノがいいにくくなったという皮肉な現象。メディアもそれにのみ込まれ、象徴天皇制の政治性をスルーしてしまった。

 1日の即位後、朝見の儀のため皇居入りされる車中の新皇后雅子さまの笑顔はことさら晴れやかだった。「戦後の皇室を救った“奇跡”である美智子さま」(コラムニストの矢部万紀子氏)のもと、緊張して過ごしていたのだろうと勝手に推測した。

 牟田和恵・大阪大大学院教授は、天皇家の男性至上主義や美智子さまの「良妻賢母」像が社会に与えた影響を考察。「皇室(略)における女性差別にメスを入れるのは論外・タブーとされ、そのことによって日本社会全体の女性差別が容認され続ける」と糾弾する(Journalism4月号)。これは私はスルーできない。雅子さまには今の時代にあった皇后であってほしい。