週刊文春デジタル

  妻は佐川元理財局長と国を提訴へ
  森友自殺 財務省職員 遺書全文公開
  「すべて佐川局長の指示です」

  (大阪日日新聞記者・相澤冬樹)


     2020-03-18 05:001 週刊文春デジタル



2年前の3月7日、近畿財務局職員・赤木俊夫氏(54)が自ら命を絶った。安倍昭恵夫人が関与する小学校への国有地格安払い下げが国会で問題となる中、起きた文書改ざん事件。真面目な公務員は、なぜ公文書を改ざんし、そして死を選ばなければならなかったのか。「財務省が真実に反する虚偽の答弁を貫いている」「最後は下部がしっぽを切られる」。A4で7枚の痛切な「手記」やメモには、その経緯が克明に綴られていた。「隠蔽の安倍政権」の真実がついに明らかに――。 
   

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。 入会して購読 チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。 入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。 ブログイメージ 週刊文春デジタル 更新頻度: 毎週水,木曜日最終更新日:2020-03-18 05:00 チャンネル月額: \880 (税込) チャンネルに入会して購読


 森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件に関連し、2018年3月7日に自ら命を絶った財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官・赤木俊夫さん(享年54)が、死の直前、決裁文書の改ざんの経緯を詳細に記した「手記」を遺していたことがわかった。

「私や妻がかかわっていれば首相も議員も辞める」と言った安倍首相 c共同通信社
この記事の画像(13枚)
 大阪日日新聞記者で、森友学園問題を当初から取材し続けている相澤冬樹氏が遺族から「手記」全文、および関連する手書きのメモの提供を受けた。


「手記」と題されたA4で7枚の文書は、自殺当日まで書かれていたとみられ、「すべて、佐川理財局長の指示です」「美並近畿財務局長に報告したと承知しています」など、当時の財務省、および近畿財務局の幹部らの言動について実名で詳細に綴られている。また「財務省が国会等で真実に反する虚偽の答弁を貫いている」などと同省の対応を強く批判しており、赤木氏自身、そうした不法行為に加担させられて心身ともに苦しんだ様子もつぶさに記されている。

「手記」の最後には、こう書かれていた。

〈この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。

 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。

 今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55才の春を迎えることができない儚さと怖さ)

 家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。

(中略)

 さようなら〉

自宅のPCに遺されたA4で7枚の「手記」
 公文書改ざんに直接かかわった人物の肉声が公になるのは初めてのこと。

 2018年3月2日に朝日新聞の報道で改ざんが発覚し、同3月7日に赤木氏が自殺した後に、財務省は調査を行い、幹部らを減給などの処分にしている。だが、手記には財務省が意図的に事実を隠蔽し、国会で虚偽答弁を行ったことを示す経緯が克明に綴られており、今後、論議を呼びそうだ。

懲戒処分を受け、2018年3月に国税庁長官を辞任した佐川宣寿氏 c文藝春秋
「手記」に実名で登場する当事者の一人、美並義人東京国税局長(当時の近畿財務局長)に取材を申し入れると、

「決裁文書の改ざんについては、2018年6月4日に調査報告書を公表している通りです。お亡くなりになられた職員については、誠に残念なことであり、深く哀悼の意を表したいと思います」

 と財務省の広報室を通じて回答が寄せられた。

妻に宛てた「メッセージ」(右)と死の2日前のメモ(左)
 当時、財務省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官にも、取材を申し入れたが、現段階で回答はない。

「手記」以外に直筆のメモも
「ぼくの契約相手は国民です」と語っていた真面目な公務員は、なぜ公文書の改ざんを強いられ、死を選ばなければならなったのか。3月18日(水)発売の「週刊文春」では、「手記」全文と、妻の昌子さん(仮名)が相澤氏に語った赤木さんの人となり、自殺直前の様子、なぜ手記の公開を決意したのかなどを、記事、グラビア、あわせて15ページにわたって特報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます




読者コメント

yuzo
 [実際には、国有地取引の経緯を記した改ざん前の公文書には「安倍昭恵首相夫人」の名前が繰り返し記されていた]これを見ると、まるで夫人が関与したかのように見えるが、これがこの相沢を始めとした共産党や、立民などの悪質な印象操作の左翼の手口である。名前が出ている部分をこのように勝手に要約せず、原文をちゃんと一字一句書けよ。全く売買とかに関係ない世間話が書かれているだけである。昭恵夫人が名誉校長になってたのは事実だが、それが土地の売買や価格に関与したことはないし、その証拠もない。その事が忖度の原因になったとか言ってるが、それこそ奴らの心は支那人と一緒で独裁国家のような権力者にへつらう親和性を示しているのだろう。今時、政治家に忖度するなんて感覚そのものがおかしい。逆に普通に考える人はそんな風に穿った考えはしないし、権力者など糞食らえと思っているのだよ。
 まず、この相沢冬樹という元NHKの記者は共産党やもっと過激な暴力的左翼集団にシンパシーを持つ思想の持ち主で、それでNHKを追われ、朝日みたいなトンデモ左翼紙大阪日日新聞に入社したのだ。勿論、朝日と同じ思想を持つ文春がこれを活用しない手はなく取り入れたのだ。相沢が最近の文春のトンデモ記事を書いているのではとか、あるいは政治部デスクとかとも考えられるが。
 いずれにしろ、証拠の全くない森友、加計問題を今更出す意図は何なのだ。自殺した人は気の毒だが、関西財務局内部の話で何時も乍らどうして何時もこうしつこく繰り返すのだろう。印象操作、こうだろうという自分の心の邪悪さを基本にして話を作るしかもう手が無いのだろう。
 しかし、その手の筋の人は知っている隣の野田中央公園の事を一切語らないのは何故なぜなのだ。殆ど面積、場所も同じで14億3千万円の土地が14億値引きされ3千万円で売却されたのだ。それに関係している辻元や関生などは一切報道されない。日本のマスコミはどうなっているのだ。関生とは関西生コン連合の事だが、極左暴力集団として数十人が逮捕されているが、これも全国紙は報道しない。関西電力事件の同和問題は、IR事件で支那と関係している大物議員などは一切追及されない。
 大体、本当にこの自殺した方がこのように考えたとしても、それで自殺するかしないかは千差万別であろう。自分に都合の良い様に我田引水して推測、解釈、報道するなどぜったにやってはいけない事だろう。この相沢冬樹などのNHKや朝日新聞などに潜む極左暴力思想の持主は臆面もなくそれをやってのける。元NHKの永田や朝日の植村記者とか、この文春とか一体、この日本をどうしたいと思っているのだろうか。こんなやり方では絶対に安倍内閣はつぶれない思う。君らが考えているより、国民ははるかに利口なのだ、愚か者の極左集団よ。天網恢恢疎にして漏らさずなのだ。