滝野隆浩の掃苔記

無人古書店の性善説 

    滝野隆浩

       2019.05.03 毎日新聞





 東京・多摩地区のJR中央線三鷹駅から歩いて10分少々。静かな住宅地に、24時間営業の無人古書店「BOOK ROAD」はある。全面ガラス戸だから、2坪ほどの店内は外から丸見えである。

 白い書架に並ぶ本は約500冊。「自然界における両性」「コンプレックス文化論」「かわいいミニ・プランツたち」「鳥学の100年」……。一定のコンセプトも売れ筋の本もないが、何だか居心地がいい。

 オーナーの中西功さん(40)は根っからの本好き。1000冊の蔵書で本屋をしたいと思い立ったが、仕事がある。どうする? ヒントは農家がやっている野菜の無人販売。ただ、100円を投げ入れる「さい銭方式」だと味気ない。そこでカプセル自動販売機を置いた。客は本の値札に合わせて100円硬貨を投入。ツマミをガチャガチャ回せば、カプセルに入ったポリ袋が出てくるという仕掛けだ。「袋に本を入れれば、買った証明になります。楽しいでしょ?」

 「無人」の店なのに、ここには人と人との交流があると、中西さんは感じている。床に置いた木の箱に、寄付の本が入り始める。「少しですが、受け取って」。本にメッセージがはさまれていた。「読みたい本はなかったけど、仕組みがおもしろいです」と500円が置かれる。1万円の寄付や置き手紙も。開店して丸6年、万引き被害の記憶はない。「性善説に基づく店を知り、僕の心のトゲを抜いてもらいました」。見知らぬ人からのメールがうれしい。

 客たちはここで本に触りながら、オーナーの「本は楽しい」という思いに共鳴する。そうして書くメッセージはやさしくなる。

 この春、中西さんは勤めていた大手IT企業を退職し、隣の吉祥寺駅近くのビルを借りた。「新しい商売に挑戦する人たちにスペースを提供する仕事をしたいんです」。好きな本だけ売るのでも、趣味の釣り具でも、地方の隠れた特産品でもいい。古めかしいビルにだって、店主自身が本気で「楽しい」と思う店がたくさんあれば、わいわい人は集まって来る。無人の古書店でそのことを学んだ。(社会部編集委員)