ライズアップジャパン
 

  「バターン死の行進」という
  言葉を聞いたことがありますか?

  ライズアップジャパン


     2019.11.18
ライズ・アップ・ジャパン年間会員に 申し込みの方には 新しく復刻した焚書をプレゼントします。

こちらの書籍は書店では販売していない 大変貴重なものとなっています。
私たちとしても 制作コストがかかっているので 書籍のプレゼントは、予告なく終了する 可能性があります....ご了承くださいませ。


フィリピンで捕虜になった
米軍兵士を日本軍が
炎天下の中120kmも歩かせ、
その移動中に1万~1万7千人の
死者を出したというものです。


この惨状はアメリカで
「バターン死の行進」と
名づけられて、“日本軍の残虐性”を示す
格好の宣伝材料として一気に広まりました。


当時はただでさえ、
「リメンバー・パールハーバー」
「卑怯な真珠湾攻撃を
 仕掛けてきた日本を許すな」の
スローガンで反日感情が
煽られていたアメリカ…


そこに、火に油を注ぐように
「日本人は残虐だ」という印象を与え、
「日本人は徹底的に殺す」ことを
正当化するアメリカの
世論が作られてしまいました。


しかし、もし「バターン死の行進」が
アメリカ軍の
プロパガンダだったとしたら…?


本当は日本軍が米軍捕虜を
丁重に扱っていたとしたら…?


むしろ米軍捕虜が亡くなった責任は
アメリカ軍の側にあったのだとしたら…?


実は、当時、フィリピンの戦場で
従軍記者として付いて回っていた
1人の芥川賞受賞作家がいます....


そして、彼は戦場で見たことを
書籍にまとめました。


しかし、
その当時を描いた火野葦平のこの本は、
戦後の日本人に読まれることは
ありませんでした…


なぜなら、敗戦した日本にやって来た
GHQがこの本を没収したからです。


そして、GHQは火野葦平は
「国民を戦争に駆り立てた」として
戦犯作家と呼ばれました。


しかし、不思議に思いませんか?


本当に火野葦平が
「国民を扇動した戦犯作家」なら
全て堂々と公開して、
その醜態を「戦後の日本人」に晒した方が
良かったのではないでしょうか? 


しかしGHQはそうはしませんでした。


そう、お気付きの通り、
この本が世にでることは、
アメリカにとって非常に都合の
悪いことだったからです。


GHQが隠そうとしたこと、
そのことこそ「戦前の真実」が
隠されている証しではないでしょうか…?


GHQが隠そうとした戦前の真実とは一体...


徴用工問題など「歴史戦」の最前線を精力的に取材する一方、明治以降の日本の近現代史の研究者として著書を持つ。

慰安婦問題とは、シンプルな「歴史的事実の有無」に関する問題ではなく、「歴史認識」という歴史を材料にした、政治や外交の問題である。

いかんせん認識の問題なので、誤認や、時には嘘も混ざりこむ。ゆえに、、、

「今、何が起こっているのか」しかわからなければ、本質が見えない。「なぜ、どんな歴史的背景があったのか」という観点から最前線の出来事を見なければ、何が真実で、何が虚偽なのか。そして、今、これから何が起ころうとしているのか、それを正しく見通すことはできない。

上島嘉郎とは、現代社会の最前線と歴史、その両方に精通し、両方とも広く、深く語ることができる稀有な論客の1人。

現代の政治や外交安全保障の最前線の出来事と歴史的事実を結びつけ、「点と点をつなげて語る」ことから、各方面の専門家からの評価も高い。

ジャーナリスト

上島嘉郎


我々のこの考えに賛同していただけるなら、このまま話を聞いてください。

信頼できる、真実の情報を届けるために、、、
いま、あなたの目の前には二つの道があります。

一つは、これまで通り、テレビや新聞の報道を頼りにして生きていくことです。

ただ流れてくる情報を受動的に受け入れるだけなので、とても楽な道です。ただしその中には悪性のウイルスと言ってもいいような、ウソやデマが紛れています。しかもあまりに巧妙に仕込まれているので、あなたは気づかないうちにそのウイルスに感染し、世の中を見る目を失っていることでしょう。それらがウソだと気付いたときにはときすでに遅し、一度失った目はそう簡単には取り戻せません。嘘をつき始めてしまったためにさらに嘘を塗り重ねる、昨今のメディアの実態を見ればわかっていただけると思います。

もう一つは、正しい知識を取り入れ、健全な思考を育むことです。

世の中がいまよりも一層クリアに見えてくることでしょう。あなたの鋭い意見に周囲の人は一目置くかもしれません。そして意外に思われるかもしれませんが、疑問を解決するために自分で積極的に情報を取り入れることができる人は世の中にはそう多くはありません。ただ流れてくる情報を受け取るだけの人と積極的に学ぶあなたとの差はどんどん開いていくことでしょう。

この講座を今日、受講するのもしないのもあなたの自由です。けれど、もし「大切な日本を守っていきたい」という私たちの思いに賛同してくださるのなら、ぜひ以下のボタンをクリックして講座を受講してください。


日本人のためのメディア…上島嘉郎の
ライズ・アップ・ジャパン
プロジェクト始動

日下公人(多摩大学名誉教授)

上島氏は、雑誌編集者として一時代を築くとともに、近現代史の研究者として戦後の通説とされた歴史観に縛られない「博覧強記」の人でもある。
虚と実が交じり合う歴史戦において、「日本の真実」を語れる貴重な論客だ。



三橋貴明(経済評論家)

「正論」編集長時代から有名な話なんですが、上島さんはとにかく話が熱いし、面白いし、わかりやすい。氏の熱い語りに触れるたびに、日本人の気高さ、日本人の誇りを感じることができ、「日本人で良かった」と思えます。素晴らしい語り部です。



金美齢(評論家)

上島さんとの付き合いは四半世紀以上になります。産経新聞社発行のオピニオン誌『正論』の編集者として長く論壇を支えてきた彼が独立し、著述やインターネット放送のキャスターとして活躍するのを頼もしく思っています。

彼はニューギニアやガダルカナル、サイパン、フィリピン、ビルマなどの戦跡取材のほか、台湾の李登輝元総統や〝老台北〟と呼ばれた蔡焜燦さんら、戦前日本の「真実の歴史」の扉を開く人々と数多く出会っています。私の夫の周英明が40年ぶりに台湾に帰国した折も同行取材してくれました。日台の歴史の絆は日本人に覚醒を促すものです。

どんな国にも光と影があります。日本は素晴らしい歴史を持つ国なのに、なぜ戦後の日本人は影ばかり見て、自らを貶めようとするのでしょう。子供たちが「我が日本」に誇りを持てるように、まず大人たちが、自虐でも、自尊でもない「真実の歴史」を知る必要があります。上島さんの話は大いに役立つでしょう。期待し、応援しています。


ライズ・アップ・ジャパン
講師:上島嘉郎(ジャーナリスト、産経新聞「正論」元編集長)
月1回のニュース解説配信
会員限定Q&A他…