オピニオン そこが聞きたい

両陛下、平成の「旅」 弱者支えた「国民の天皇」 

    米ポートランド州立大教授 ケネス・ルオフ氏

       毎日新聞2019年4月23日 東京朝刊



 新元号が令和に決まり、平成の時代もあますところ1週間となった。天皇、皇后両陛下が目指した平成の皇室にはどんな特徴があったのか。次代の皇室や日本をどのように予想するか。「国民の天皇」の著書で知られる米国の近現代天皇制研究者、ケネス・ルオフ米ポートランド州立大教授・同日本研究センター所長(53)に聞いた。【聞き手・岸俊光】




--はじめに新元号「令和」の印象を。

 新元号を見た時、「令」より「和」の方にまず注意をひかれました。戦後日本にとって、平和が非常に大切だったためです。出典が万葉集だった点は重要だと思います。安倍晋三首相は万葉集が日本の伝統であると語りました。(令和の)万葉集内の文脈も重要です。それは「春の訪れ」であり、首相は「日本への春の訪れ」を強調しました。ただ、そのことの意味合いは何でしょう。平成時代は長い冬だったのでしょうか。自然災害は多かったけれど、戦争がなく、日本人が高い生活水準を享受できた平成は相対的に良い時代だったのではありませんか。この問いに対する答えは日本が何に取り組むべきかという見解によります。多くの日本人にとって重要なのは生活の質や子供の育てやすさであり、超大国になれるかどうかではないのではありませんか。その意味で日本は確かに「春」を迎えうるでしょう。新元号そのものは、さまざまな解釈を許す曖昧なものです。

--元号という日本独特の時間概念をどのように解釈しますか。

 多くの日本人が知っているように、一世一元制は近代の産物です。明治時代の指導者は国民統合の軸となる国民意識の創出に腐心しました。改暦にあたり、グレゴリオ暦(太陽暦)がキリスト教的な暦法である点を棚上げして導入したうえで、元号を一世一元制に修正し、日本独特の暦法を生み出しました。時代が下り、第二次世界大戦の直後には、知識層を中心に日本は「普遍的な」西暦の国になるべきだとの受け止め方が広がります。それでも元号は慣習的に使われ続けました。1970年代後半には、一世一元制の法的根拠を確固たるものにしようとする大規模な草の根活動が起こり、国会は79年に元号法を制定しました。一世一元制はソフトな形の国家主義です。公的書類に記入したり、改元が行われたりするたびに、日本人は皇室の存在を思い起こします。一世一元制は特に治世がいつ終わるかという点に関し、日本の時の概念に影響を与えます。いま書店に行けば、多くの本が平成を総括しています。ただ平成が終わる2019年が、世界的に、あるいは日本にとって転換点になったとしても、それは偶然にすぎません。歴史的転換は起きる時に起きるものです。

--平成の皇室をどう分析しますか。

 平成の皇室には、幾つかの特徴があります。天皇陛下は皇太子時代から「憲法を守る」「言論の自由が大事だ」と繰り返し発言し、行動してこられました。今の天皇は昭和天皇よりくだけています。おことばを読む時も、昭和天皇のように侍従が手渡すのではなく自分でポケットからそれを取り出します。その流儀を表す典型的な例は、91年の雲仙普賢岳(長崎県)災害から続く被災地訪問です。ひざまずき、国民と同じ目線でふれあうやり方は民主主義的です。戦争を含む日本の過ちに関し、明示的に後悔と自省を国民に促した天皇は他にいません。15年には「さきの大戦に対する深い反省」に全国戦没者追悼式で初めて言及しました。戦争とはどういうものか、特に若い世代に教えようとしたと思います。私には、天皇陛下は「ジャパン・ファースト(日本第一主義)」といったナショナリズムを好まないように見えます。そう明言したわけではありませんが、桓武天皇の母にふれ「韓国とのゆかりを感じる」と発言したのは印象深いものでした=1。

 もう一つ重要な点は、美智子さまのような皇后は近代日本にはいなかったということです。彼女はほぼ常に天皇陛下と共にあり、多くの日本人はお二人を本当のカップルだと考えていると思います。これほど緊密な関係を持つ夫婦は、他国の王室にも見当たらないでしょう。私は両陛下を「社会福祉のカップル」と呼びます。弱者に手をさしのべるという目標は皇后さまの影響が大きいと思います。

--次の天皇陛下に何を期待しますか。

 (新天皇、皇后も)相当程度の継続性を保たれると思います。しかし、継続性を保ちつつ、新しい天皇はより国際的な文脈の中で、自らの目標に取り組むと予想します。今の両陛下は日本国内の弱者に手をさしのべてきました。今度の天皇はそうした取り組みを、きれいな水を入手できない10億人以上の世界の弱者に広げることになる、と私は確信しています=2。例えば水不足によって戦争が起こったら日本にとっても環境が悪化します。水の問題に取り組む意味を国民によく説明した方がいいと思います。

 皇太子としての発言を分析すれば、二つの点に何度も言及していることが分かります。一つは、皇室が社会の変化に対応して力点を置く取り組みを変えてきたということです。両親とは違う新たなことに取り組む、と前もって言っているわけです。もう一つは、多様化する社会において国民の統合をどう維持していくかということです。東京にいると、日本で働く外国人が増えていることに気が付きます。LGBTなど性的少数者や女性の社会進出も問題になっています。皇太子さまは今年2月の誕生日の記者会見で、平成を「人々の生活様式や価値観が多様化した時代」と捉え、「多様性を寛容の精神をもって受け入れ、お互いを高め合い、発展させていくことが大切になる」と述べました。困難な課題ですが、その重要性を十分認識していると思います。

聞いて一言
 ルオフ教授は主著のタイトル「国民の天皇」という言い方について「戦後憲法によって定められた、すべての皇族に適用可能」と書いている。それでも「昭和天皇より今の天皇の方が、手法や目標はより『国民の天皇』ではないでしょうか」と語る。政治や社会が変化しても、今の陛下の見解は若い頃からほとんど変わっていないと教授はみる。しがらみのない「アウトサイダー」と自認する研究者に学ぶことは多い。この分析をヒントに、両陛下の「旅」を振り返ってみたい。

 ■ことば

1 「韓国とゆかり」発言
 天皇陛下は2001年12月、サッカーのワールドカップ(W杯)日韓大会前の天皇誕生日に合わせた記者会見で「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じている」「しかし、韓国との交流はこのような交流ばかりではなかった。このことを私どもは忘れてはならない」と述べられた。

2 皇太子さまの水問題探究
 皇太子さまは1983~85年の英国留学時に「テムズの水運」を研究テーマに選ばれた。2003年の第3回世界水フォーラムでは「京都と地方を結ぶ水の道」と題して記念講演。18年の第8回世界水フォーラムでも「21世紀は水による繁栄、平和そして幸福の世紀であったと後世の人々に呼ばれることとなるよう願っている」と述べるなど、水問題の研究を続けている。

 ■人物略歴

Kenneth J.Ruoff
 1966年米国生まれ。米ハーバード大卒。コロンビア大で博士号取得。北海道大助手・講師を経て現職。著書に「国民の天皇」(大佛次郎論壇賞)、「紀元二千六百年」「天皇と日本人」。