英日翻訳の練習:


    ペンス副大統領演説:全文翻訳


    "Communist China and the Free World’s Future"

    「共産中国と自由世界の未来」

【リチャード・ニクソン大統領図書館および博物館でのポンペイオ国務長官の演説(2020年7月23日)】


     2020/07/24 23:52




「共産中国と自由世界の未来」(その1)


My remarks today are the fourth set of remarks in a series of China speeches that I asked National Security Advisor Robert O’Brien, FBI Director Chris Wray, and the Attorney General Barr to deliver alongside me.
本日の私のこのスピーチは、ロバート・オブライエン国家安全保障担当補佐官、クリス・レイFBI長官、バー司法長官が行った中国に関するスピーチに連なる第4弾です。3人には私がスピーチを依頼しました。

We had a very clear purpose, a real mission. It was to explain the different facets of America’s relationship with China, the massive imbalances in that relationship that have built up over decades, and the Chinese Communist Party’s designs for hegemony.
私たちには、非常に明確な目的、真のミッションがありました。それは、アメリカと中国の関係のさまざまな側面や、米中関係において何十年にもわたって蓄積されてきた巨大な不均衡、そして中国共産党の覇権への目論見を説明することでした。

Our goal was to make clear that the threats to Americans that President Trump’s China policy aims to address are clear and our strategy for securing those freedoms established.
私たちの目標は、トランプ大統領の中国政策が取り除こうとしているアメリカ人への脅威が疑いのないものであること、アメリカ人の自由を守るための私たちの戦略がしっかりと定まっていることを、はっきりとわかってもらうことでした。

Ambassador O’Brien spoke about ideology. FBI Director Wray talked about espionage. Attorney General Barr spoke about economics. And now my goal today is to put it all together for the American people and detail what the China threat means for our economy, for our liberty, and indeed for the future of free democracies around the world.
オブライエン大使はイデオロギーについて話しました。レイFBI長官はスパイ活動について話しました。バー司法長官は経済について話しました。そして本日、私の目標は、アメリカ国民のためにこれらすべての面をすべてまとめてお話しし、アメリカの経済や自由、そして世界の自由民主主義の未来にとって、中国の脅威が何を意味するのかを詳しく説明することです。

Next year marks half a century since Dr. Kissinger’s secret mission to China, and the 50th anniversary of President Nixon’s trip isn’t too far away in 2022.
キッシンジャー博士が密使として訪中した出来事から、来年で半世紀となります。ニクソン大統領訪中50周年は2022年ですから、それほど先のことではありません。

The world was much different then.
当時の世界は、今とはだいぶ違いました。

We imagined engagement with China would produce a future with bright promise of comity and cooperation.
中国と積極的につき合えば、親交と協力の約束された明るい未来がおとずれる、と思い描いていたのです。

But today ? today we’re all still wearing masks and watching the pandemic’s body count rise because the CCP failed in its promises to the world. We’re reading every morning new headlines of repression in Hong Kong and in Xinjiang.
ですが今日・・・今日に至っても、私たちはマスクをして新型コロナウイルスによる死者数の増加を注視しています。中国共産党が世界との約束をやぶったからです。私たちは毎朝、香港や新疆における抑圧についての新たな見出しを目にしています。

We’re seeing staggering statistics of Chinese trade abuses that cost American jobs and strike enormous blows to the economies all across America, including here in southern California. And we’re watching a Chinese military that grows stronger and stronger, and indeed more menacing.
私たちは驚くべき統計も目にしています。統計からは、貿易における中国の不当な慣行により、アメリカの雇用が犠牲になり、このカリフォルニア州南部をはじめとするアメリカ全土の経済が大きな打撃を受けていることがわかります。さらに私たちが目の当たりにしているように、中国の軍事力がますます増大し、私たちにとってますます脅威となってきています。

I’ll echo the questions ringing in the hearts and minds of Americans from here in California to my home state of Kansas and beyond:
このカリフォルニアから私の故郷のカンザス州、さらにその向こうまで、アメリカ人の心のなかで大きくなっている疑問を述べてみます。

What do the American people have to show now 50 years on from engagement with China?
中国と積極的につき合い出して50年がたつ今、アメリカ国民は何を示さなければならないのか?

Did the theories of our leaders that proposed a Chinese evolution towards freedom and democracy prove to be true?
「中国は自由と民主主義の方向に変化していくだろう」と言っていた私たちの指導者たちの考えは、その通りになったか?

Is this China’s definition of a win-win situation?
これが、中国のいうウィンウィンの状況なのか?

And indeed, centrally, from the Secretary of State’s perspective, is America safer? Do we have a greater likelihood of peace for ourselves and peace for the generations which will follow us?
そして、とくに国務長官としての目で見た場合、アメリカはさらなる安全に向かっているか? 私たちそして後世の人たちにとって、平和の実現の可能性は大きくなっているだろうか?

Look, we have to admit a hard truth. We must admit a hard truth that should guide us in the years and decades to come, that if we want to have a free 21st century, and not the Chinese century of which Xi Jinping dreams, the old paradigm of blind engagement with China simply won’t get it done. We must not continue it and we must not return to it.
いいですか。私たちは厳しい事実を認めなければならないのです。今後数年、数十年にわたり私たちの道しるべとすべき厳しい事実、つまり、習近平氏が夢見ている「中国の世紀」ではなく、自由の存在する21世紀を望むなら、これまでのやり方にならって中国と盲目的につき合っていても、それは絶対にかなわない、という厳しい事実を認めなければならないのです。私たちは、これまでのやり方を続けていてはいけないのです。これまでのやり方に戻ってはいけないのです。

As President Trump has made very clear, we need a strategy that protects the American economy, and indeed our way of life. The free world must triumph over this new tyranny.
トランプ大統領が非常に明確にしてくださっていますが、私たちには、アメリカ経済、ひいては私たちの生活のあり方を守る戦略が必要なのです。自由世界は、この新たな圧政に勝利しなければならないのです。

Now, before I seem too eager to tear down President Nixon’s legacy, I want to be clear that he did what he believed was best for the American people at the time, and he may well have been right.
ただし、ニクソン大統領の功績を否定しようと躍起になっていると思われては困りますから、確認しておきたいと思います。ニクソン大統領は、当時のアメリカ国民にとって最善だと思ったことをしたまでです。それは、おそらく正しかったのです。

He was a brilliant student of China, a fierce cold warrior, and a tremendous admirer of the Chinese people, just as I think we all are.
ニクソン大統領は、中国のことをよく研究していましたし、冷戦においてはひるみませんでしたし、私たちもそうであると思うのですが、中国の人々にいたく敬服していました。

He deserves enormous credit for realizing that China was too important to be ignored, even when the nation was weakened because of its own self-inflicted communist brutality.
中国が共産主義に基づく残虐行為を自らにはたらいて弱っていた当時にもかかららず、中国が無視できないほど重要な国であることに気づいたのですから、ニクソン大統領は大いに評価されるべきです。

In 1967, in a very famous Foreign Affairs article, Nixon explained his future strategy. Here’s what he said:
ニクソン大統領は、1967年に『フォーリン・アフェアーズ』に発表した非常に有名な論文で、自身の以後の戦略を説明しています。ニクソン大統領の言葉を紹介します。

He said, “Taking the long view, we simply cannot afford to leave China forever outside of the family of nations…The world cannot be safe until China changes. Thus, our aim ? to the extent we can, we must influence events. Our goal should be to induce change.”
こう言っています。「長期的に見れば、中国をずっと仲間はずれにしておくことはまず不可能である。・・・・・・中国が変わるまでは世界は安全ではありえない。それゆえ、われわれの目的として、できる限り、何が起こるかを左右していかなければならない。われわれの目標は、変化を促すこととすべきである。」

And I think that’s the key phrase from the entire article: “to induce change.”
私は、「変化を促す」という言葉こそ、この論文全体のキーワードだと思います。

So, with that historic trip to Beijing, President Nixon kicked off our engagement strategy. He nobly sought a freer and safer world, and he hoped that the Chinese Communist Party would return that commitment.
ですからニクソン大統領は、あのように歴史的な北京訪問を実現して、関与戦略をスタートさせたのです。ニクソン大統領は、より自由でより安全な世界を気高く追求しました。そして、中国共産党がそれに応えてくれることを期待したのです。

As time went on, American policymakers increasingly presumed that as China became more prosperous, it would open up, it would become freer at home, and indeed present less of a threat abroad, it’d be friendlier. It all seemed, I am sure, so inevitable.
ときがたつにつれて、アメリカの政策立案者たちはますますこう考えるようになりました。中国はより発展していくに従って、開かれた国になり、国内の自由が増し、ひいては外国に対して脅威となることも減り、より友好的になることだろう。こうした成り行きが定めのように思えたのではないでしょうか。

But that age of inevitability is over. The kind of engagement we have been pursuing has not brought the kind of change inside of China that President Nixon had hoped to induce.
ですが、「定め」を信じる時代は終わりました。私たちが行ってきた関与は、ニクソン大統領が促そうと望んでいたような変化を中国の内側にもたらしませんでした。

The truth is that our policies ? and those of other free nations ? resurrected China’s failing economy, only to see Beijing bite the international hands that were feeding it.
実際には、私たちの政策――それに、他の自由主義諸国の政策――は、うまくいっていなかった中国経済を救いましたが、その救いの手は中国政府にかみつかれるだけでした。

We opened our arms to Chinese citizens, only to see the Chinese Communist Party exploit our free and open society. China sent propagandists into our press conferences, our research centers, our high-schools, our colleges, and even into our PTA meetings.
私たちは中国の人々を両手を広げて迎え入れましたが、私たちの自由で開かれた社会が中国共産党にいいように利用されただけでした。中国は、私たちの記者会見や研究センター、高校、大学に、さらにはPTAの集まりにさえ、宣伝要員を送り込んできました。

We marginalized our friends in Taiwan, which later blossomed into a vigorous democracy.
私たちは台湾の人々を疎外してしまいましたが、台湾ではのちに民主主義が力強く花を咲かせました。

We gave the Chinese Communist Party and the regime itself special economic treatment, only to see the CCP insist on silence over its human rights abuses as the price of admission for Western companies entering China.
私たちは中国共産党とその政権を経済面で特別扱いしましたが、欧米企業が中国入りする代価として中国共産党から人権侵害について沈黙を強いられる結果となっただけでした。

Ambassador O’Brien ticked off a few examples just the other day: Marriott, American Airlines, Delta, United all removed references to Taiwan from their corporate websites, so as not to anger Beijing.
オブライエン大使が先日いくつか例をあげていたように、マリオット、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空がこぞって、中国政府を怒らせないように、自社のウェブサイトから台湾への言及を削除しました。

In Hollywood, not too far from here ? the epicenter of American creative freedom, and self-appointed arbiters of social justice ? self-censors even the most mildly unfavorable reference to China.
ここからそれほど遠くないハリウッド――アメリカの創造的自由の中心地であり、社会正義の裁定者を自任するハリウッド――では、中国に不都合な言及が、どんなに軽いものでさえも、自己検閲されています。

This corporate acquiescence to the CCP happens all over the world, too.
企業によるこうした中国共産党への妥協は世界中で行われています。

And how has this corporate fealty worked? Is its flattery rewarded? I’ll give you a quote from the speech that General Barr gave, Attorney General Barr. In a speech last week, he said that “The ultimate ambition of China’s rulers isn’t to trade with the United States. It is to raid the United States.”
ですが、企業のこうした忠誠は功を奏したでしょうか? へつらいは報われたでしょうか? バー司法長官が行ったスピーチから引用しましょう。バー司法長官は先日のスピーチでこう述べています。「中国の支配者たちの究極の野望は、アメリカと取引することではない。アメリカから取り上げることだ。」


「共産中国と自由世界の未来」(その2)


China ripped off our prized intellectual property and trade secrets, causing millions of jobs[1] all across America.    (※ [1] job losses)
中国は私たちの貴重な知的財産と企業秘密をだまし取り、アメリカ全土で何百万もの雇用が失われました。

It sucked supply chains away from America, and then added a widget made of slave labor.
中国はアメリカのサプライチェーンを吸い尽くし、そこに奴隷労働からなる怪しい仕組みを持ち込みました。

It made the world’s key waterways less safe for international commerce.
中国のせいで貿易のための世界の主要航路の安全性が低下しました。

President Nixon once said he feared he had created a “Frankenstein” by opening the world to the CCP, and here we are.
ニクソン大統領は、自分は中国共産党に世界を開いたことでフランケンシュタインのように「怪物」をつくってしまったのかもしれない、と語ったことがありますが、今日、その不安は的中しています。

Now, people of good faith can debate why free nations allowed these bad things to happen for all these years. Perhaps we were naive about China’s virulent strain of communism, or triumphalist after our victory in the Cold War, or cravenly capitalist, or hoodwinked by Beijing’s talk of a “peaceful rise.”
今や、誠実な人々は、こうした悪事が何年にもわたって自由主義諸国によって野放しにされてきた理由を考えてみることができます。もしかしたら私たちは、中国の共産主義の毒性株に無知だったのかもしれませんし、冷戦での勝利に酔いすぎていたのかもしれませんし、あまりに資本を求めすぎていたのかもしれませんし、中国政府のいう「平和的台頭」という言葉にだまされていたのかもしれません。

Whatever the reason ? whatever the reason, today China is increasingly authoritarian at home, and more aggressive in its hostility to freedom everywhere else.
理由が何であれ・・・・・・理由が何であれ、今日、中国は国内ではますます独裁的になり、国外では自由主義に対してますます攻撃的になっています。

And President Trump has said: enough.
ですからトランプ大統領は言ったのです。「もう許さない」と。

I don’t think many people on either side of the aisle dispute the facts that I have laid out today. But even now, some are insisting that we preserve the model of dialogue for dialogue’s sake.
共和党でも民主党でも、多くの人は、私が今日お示しした事実に異論を唱えないと思います。ですが今でも、対話のための対話という形を維持すべきだと主張する人がいます。

Now, to be clear, we’ll keep on talking. But the conversations are different these days. I traveled to Honolulu now just a few weeks back to meet with Yang Jiechi.
ですから、はっきりと確認しておきます。私たちは対話を続けていきます。ですが、昨今の対話は対話とは言えないものなのです。私は数週間前にホノルルで楊潔?中国共産党中央政治局委員と会談しました。

It was the same old story ? plenty of words, but literally no offer to change any of the behaviors.
いつもと同じでした。言葉は並べ立てるのですが、行動を改めるという申し出は全くありませんでした。

Yang’s promises, like so many the CCP made before him, were empty. His expectations, I surmise, were that I’d cave to their demands, because frankly this is what too many prior administrations have done. I didn’t, and President Trump will not either.
楊氏のする約束は、これまで中国共産党がしてきたたくさんの約束と同じように、空っぽでした。思うに楊氏は、私が彼らの要求に屈すると見込んでいたのでしょう。なぜなら、率直に言って、それがトランプ政権以前の多くの政権がしてきたことだからです。ですが、私は屈しませんでした。トランプ大統領も屈しません。

As Ambassador O’Brien explained so well, we have to keep in mind that the CCP regime is a Marxist-Leninist regime. General Secretary Xi Jinping is a true believer in a bankrupt totalitarian ideology.
オブライエン大使が詳しく説明してくださったように、私たちは中国共産党政権がマルクス・レーニン主義政権であることを忘れてはならないのです。習近平総書記は、破綻した全体主義イデオロギーの真の信奉者なのです。

It’s this ideology, it’s this ideology that informs his decades-long desire for global hegemony of Chinese communism. America can no longer ignore the fundamental political and ideological differences between our countries, just as the CCP has never ignored them.
このイデオロギー・・・・・・このイデオロギーこそが、中国の共産主義によって世界の覇権を握るという習総書記の数十年来の野望の本質なのです。アメリカは、政治面、イデオロギー面における両国間の根本的な違いをもはや無視してはいけないのです。中国共産党がこれまでこの違いを無視することがなかったように。

My experience in the House Intelligence Committee, and then as director of the Central Intelligence Agency, and my now two-plus years as America’s Secretary of State have led me to this central understanding:
下院情報問題常設特別調査委員会での経験、CIA長官としての経験、そして今や2年以上になるアメリカ合衆国国務長官としての経験から、私は次のような中核をなす認識に至りました。

That the only way ? the only way to truly change communist China is to act not on the basis of what Chinese leaders say, but how they behave. And you can see American policy responding to this conclusion. President Reagan said that he dealt with the Soviet Union on the basis of “trust but verify.” When it comes to the CCP, I say we must distrust and verify.
つまり、唯一の方法・・・・・共産中国を真に変えうる唯一の方法は、中国の指導者たちの言葉ではなく、彼らの行動から判断して動くことだ、という認識です。アメリカの政策がこの結論に即していることをおわかりいただけると思います。レーガン大統領は、ソ連への対処において「信頼せよ、しかし確かめよ」を原則としている、と言っていました。思うに、中国共産党への対処においては、私たちは「信頼するな、そして確かめよ」を原則としなければいけないのです。

We, the freedom-loving nations of the world, must induce China to change, just as President Nixon wanted. We must induce China to change in more creative and assertive ways, because Beijing’s actions threaten our people and our prosperity.
私たち、自由を愛する世界の国々は、ニクソン大統領が望んでいたように、中国に変革を促さなければいけません。私たちは、より創造的で断固たる方法で中国に変革を促さなければいけません。なぜなら、中国政府の行動が私たちの国民と繁栄を脅かしているからです。

We must start by changing how our people and our partners perceive the Chinese Communist Party. We have to tell the truth. We can’t treat this incarnation of China as a normal country, just like any other.
私たちは、私たちの国民や友邦の中国共産党に対する見方を変えることから始めなければいけません。私たちは、真実を語る必要があります。私たちは、中国のこの政体を、他の国々と同じように、普通の国として扱うことはできないのです。

We know that trading with China is not like trading with a normal, law-abiding nation. Beijing threatens international agreements as ? treats international suggestions as ? or agreements as suggestions, as conduits for global dominance.
私たちは知っています。中国との貿易は、普通の遵法国との貿易とは違うのです。中国政府は、国際的合意事項を脅かし・・・・・・国際的提唱事項を・・・・・・国際的合意事項を提唱事項程度のものとみなし、世界支配への道具として使っています。

But by insisting on fair terms, as our trade representative did when he secured our phase one trade deal, we can force China to reckon with its intellectual property theft and policies that harmed American workers.
ですが、公正な条件を主張すれば――ちょうど、アメリカ合衆国通商代表が貿易交渉の第1段階合意を達成するためにそうしたように――、私たちは、中国に対して知的財産の窃取やアメリカの労働者に損害をもたらす政策を是正することを強いることができるのです。

We know too that doing business with a CCP-backed company is not the same as doing business with, say, a Canadian company. They don’t answer to independent boards, and many of them are state-sponsored and so have no need to pursue profits.
私たちは、中国共産党を後ろ盾とする企業とのビジネスは、他の――たとえばカナダの――企業とのビジネスとは違う、いうことも知っています。中国共産党を後ろ盾とする企業は、独立した取締役会に従っていないし、多くは国営で、利益を追求する必要がないのです。

A good example is Huawei. We stopped pretending Huawei is an innocent telecommunications company that’s just showing up to make sure you can talk to your friends. We’ve called it what it is ? a true national security threat ? and we’ve taken action accordingly.
その典型的な例が、ファーウェイです。人々が友人と通信できるようにしようと登場した安全な通信機器メーカーであると、この企業をみなしてあげることはやめました。私たちはその実態を明らかにしました。ファーウェイは真に国の安全保障上の脅威なのです。ですから私たちは手を打ちました。

We know too that if our companies invest in China, they may wittingly or unwittingly support the Communist Party’s gross human rights violations.
アメリカ企業が中国で投資をすれば、知ってか知らずかにかかわらず、中国共産党による重大な人権侵害を支援することになるかもしれない、ということも私たちは知っています。

Our Departments of Treasury and Commerce have thus sanctioned and blacklisted Chinese leaders and entities that are harming and abusing the most basic rights for people all across the world. Several agencies have worked together on a business advisory to make certain our CEOs are informed of how their supply chains are behaving inside of China.
ですから財務省と商務省は、世界中の人々の基本的な権利を侵害している中国の指導者や企業・団体などに制裁を科し、エンティティリストを作成しました。いくつかの機関が協力して企業への助言を行い、経営者たちに、中国において彼らのサプライチェーンがどういう働きをしているのかについて、しっかりと知ってもらいました。

We know too, we know too that not all Chinese students and employees are just normal students and workers that are coming here to make a little bit of money and to garner themselves some knowledge. Too many of them come here to steal our intellectual property and to take this back to their country.
中国からきている学生や労働者のすべてが、勉強するため、お金をかせぐためだけにきている普通の学生や労働者であるとは限らないことも、私たちは知っています。彼らの非常に多くは、アメリカの知的財産を盗んで国に持ち帰るためにきているのです。

The Department of Justice and other agencies have vigorously pursued punishment for these crimes.
司法省などは、こうした犯罪を精力的に罰してきました。

We know that the People’s Liberation Army is not a normal army, too. Its purpose is to uphold the absolute rule of the Chinese Communist Party elites and expand a Chinese empire, not to protect the Chinese people.
私たちは、人民解放軍が普通の軍隊ではないことも知っています。人民解放軍の目的は、中国の人々を守ることではなく、中国共産党のエリートたちによる絶対的な支配を守り、中華帝国を拡張することなのです。

And so our Department of Defense has ramped up its efforts, freedm of navigation operations out and throughout the East and South China Seas, and in the Taiwan Strait as well. And we’ve created a Space Force to help deter China from aggression on that final frontier.
ですから国防総省は、取り組みを強化してきており、東シナ海と南シナ海、それに台湾海峡でも、「航行の自由」作戦を実施しました。また、私たちは、中国に最後の未開拓空間である宇宙への侵略をやめさせるために、宇宙軍を創設しました。

And so too, frankly, we’ve built out a new set of policies at the State Department dealing with China, pushing President Trump’s goals for fairness and reciprocity, to rewrite the imbalances that have grown over decades.
実のところ、私たちは国務省でも、同様の理由から、新たな一連の対中政策を策定し、公平性と互恵の実現というトランプ大統領の目標に取り組み、数十年にわたって蓄積されてきた不均衡の是正をはかってきたのです。

Just this week, we announced the closure of the Chinese consulate in Houston because it was a hub of spying and intellectual property theft.
まさに今週、私たちはヒューストンの中国領事館の閉鎖を発表しました。スパイ活動や知的財産の窃取の拠点だったからです。

We reversed, two weeks ago, eight years of cheek-turning with respect to international law in the South China Sea.
私たちは2週間前には、南シナ海での中国の国際法違反に関して8年も続けてきた弱腰な姿勢を転換しました。

We’ve called on China to conform its nuclear capabilities to the strategic realities of our time.
私たちは、中国に対してその核能力を時代の戦略的現状に合わせるよう求めています。

And the State Department ? at every level, all across the world ? has engaged with our Chinese counterparts simply to demand fairness and reciprocity.
それに国務省は、あらゆるレベルで、そして世界中で、中国側と接触し、ただただ公平性と互恵を求めています。


「共産中国と自由世界の未来」(その3)


But our approach can’t just be about getting tough. That’s unlikely to achieve the outcome that we desire. We must also engage and empower the Chinese people ? a dynamic, freedom-loving people who are completely distinct from the Chinese Communist Party.
ですが私たちは、強硬策をとるだけではいけません。強硬策だけでは、望む結果は得られないでしょう。私たちは、中国の人々を味方につけ、彼らに力を与えるべきでもあるのです。中国の人々は、中国共産党とは全く違います。活動的で、自由を愛する人々です。

That begins with in-person diplomacy. I’ve met Chinese men and women of great talent and diligence wherever I go.
これは、人対人の外交から始まります。私は、行く先々で、たいへん優秀で精力的な中国の方々とお会いしてきました。

I’ve met with Uyghurs and ethnic Kazakhs who escaped Xinjiang’s concentration camps. I’ve talked with Hong Kong’s democracy leaders, from Cardinal Zen to Jimmy Lai. Two days ago in London, I met with Hong Kong freedom fighter Nathan Law.
私は、新疆の強制収容所を脱出したウイグル人やカザフ族の方々とお会いしてきました。香港の民主化運動のリーダーの方々――陳日君枢機卿から黎智英氏までいろいろな方々――とお話ししてきました。二日前にも、ロンドンで香港の自由の闘士・羅冠聡とお会いしたばかりです。

And last month in my office, I heard the stories of Tiananmen Square survivors. One of them is here today.
それに先月は、国務省で天安門事件の生存者の方々からお話をうかがいました。そのうちのお一人が今日ここにお見えになっています。

Wang Dan was a key student who has never stopped fighting for freedom for the Chinese people. Mr. Wang, will you please stand so that we may recognize you?
王丹氏は、中国の人々の自由のために闘うことを決してやめなかった中心的な学生でした。王さん、ちょっと立っていただけますか。みなさんにわかるように。

Also with us today is the father of the Chinese democracy movement, Wei Jingsheng. He spent decades in Chinese labor camps for his advocacy. Mr. Wei, will you please stand?
本日は中国民主化運動の父・魏京生氏もお見えになっています。魏氏は、民主を唱えたために中国の労働収容所で20年ちかくも過ごしました。魏さん、ちょっと立っていただけますか。

I grew up and served my time in the Army during the Cold War. And if there is one thing I learned, communists almost always lie. The biggest lie that they tell is to think that they speak for 1.4 billion people who are surveilled, oppressed, and scared to speak out.
私は、冷戦時代に育ち、陸軍に服役しました。その経験から学んだことがあるとすれば、それは、共産主義者はつねにうそをつく、ということです。中国共産党の言っている最大のうそは、彼らの言葉は14億の国民のために発せられているというものです。14億の人々は、監視され、抑圧され、恐怖で声を上げることができずにいるのに。

Quite the contrary. The CCP fears the Chinese people’s honest opinions more than any foe, and save for losing their own grip on power, they have reason ? no reason to.
実際は全く逆なのです。中国共産党は、どんな敵よりも中国の人々の正直な意見を恐れているのです。その理由はただ一つ。権力を失うことにつながるからです。

Just think how much better off the world would be ? not to mention the people inside of China ? if we had been able to hear from the doctors in Wuhan and they’d been allowed to raise the alarm about the outbreak of a new and novel virus.
考えてみてください。中国国内の人々はもとより、世界の状況は今どんなによかったことでしょうか。もしも、私たちが武漢の医師の方々の声を聞けていたならば。もしも彼らが新型コロナウイルスのアウトブレイクについて警報を鳴らすことを許されていたならば。

For too many decades, our leaders have ignored, downplayed the words of brave Chinese dissidents who warned us about the nature of the regime we’re facing.
何十年にもわたり、私たちの指導者たちは、勇敢な中国の反体制派の人たちの声を無視したり、軽視したりしてきました。私たちが向き合うあの政権の性質について警告してくれていたのに。

And we can’t ignore it any longer. They know as well as anyone that we can never go back to the status quo.
ですがもう無視することはできません。彼らを含め、みなが気づいたからです。私たちは以前の状態に決して戻ってはいけないと。

But changing the CCP’s behavior cannot be the mission of the Chinese people alone. Free nations have to work to defend freedom. It’s the furthest thing from easy.
しかし、中国共産党の行いを変えることを、中国の人々だけの役目にしてはいけません。自由主義諸国も自由を守るために力を尽くさなければいけません。極めてたいへんなことではありますが。

But I have faith we can do it. I have faith because we’ve done it before. We know how this goes.
ですが、私たちにはそれができると、私は確信しています。なぜなら、私たちはそれをやったことがあるからです。私たちにはことのたどる道がわかっているのです。

I have faith because the CCP is repeating some of the same mistakes that the Soviet Union made ? alienating potential allies, breaking trust at home and abroad, rejecting property rights and predictable rule of law.
私は確信しています。なぜなら、中国共産党がソ連の犯したのと同じ過ちのいくつかを繰り返しているからです。彼らは、パートナーとなりうる国々を疎外し、国内でも国外でも約束をやぶり、財産権と公明な法の支配を拒絶しています。

I have faith. I have faith because of the awakening I see among other nations that know we can’t go back to the past in the same way that we do here in America. I’ve heard this from Brussels, to Sydney, to Hanoi.
私は確信しています。なぜなら、他の国々が目覚めてきているのがわかるからです。以前の状態に戻ってはいけないということに、アメリカで私たちが気づいているように、他の国々も気づいています。私はこれを、ブリュッセルでもシドニーでもハノイでも聞きました。

And most of all, I have faith we can defend freedom because of the sweet appeal of freedom itself.
そして何より、私たちには自由を守ることができると私は確信しています。なぜなら、自由それ自体が人々を強くひきつけるからです。

Look at the Hong Kongers clamoring to emigrate abroad as the CCP tightens its grip on that proud city. They wave American flags.
中国共産党が誇り高き都市・香港への締めつけを強めるなか、香港の人々は海外への移住を叫んでいます。アメリカの国旗をふりながら。

It’s true, there are differences. Unlike the Soviet Union, China is deeply integrated into the global economy. But Beijing is more dependent on us than we are on them.
もちろん、違いもあります。ソ連と違い、中国は世界経済と深く融合しています。ですが、彼らへの私たちの依存度より私たちへの中国政府の依存度のほうが高いのも事実です。

Look, I reject the notion that we’re living in an age of inevitability, that some trap is pre-ordained, that CCP supremacy is the future. Our approach isn’t destined to fail because America is in decline. As I said in Munich earlier this year, the free world is still winning. We just need to believe it and know it and be proud of it. People from all over the world still want to come to open societies. They come here to study, they come here to work, they come here to build a life for their families. They’re not desperate to settle in China.
言っておきますが、私たちが先の決まった時代を生きているとか、前々からわながしかけてあるとか、中国共産党の勝利が未来であるといった考えを、私は受け入れません。アメリカが衰退してきているから私たちの方策は必ず失敗する、というのは誤りです。今年2月にミュンヘンでお話ししましたように、自由世界は依然として優勢です。私たちはこのことを信じ、知り、誇りに思えばいいだけです。開かれた社会に、今でも世界中の人々がきたがっています。世界中の人々がアメリカにきて学び、働き、家族の生活を築いています。彼らは中国に定住しようと必死になっていません。

It’s time. It’s great to be here today. The timing is perfect. It’s time for free nations to act. Not every nation will approach China in the same way, nor should they. Every nation will have to come to its own understanding of how to protect its own sovereignty, how to protect its own economic prosperity, and how to protect its ideals from the tentacles of the Chinese Communist Party.
ときがきました。今日ここに集まれてうれしいです。最高のタイミングです。自由主義諸国が行動を起こすときです。すべての国が同じやり方で中国に対することはないでしょうし、そうすべきでもありません。中国共産党の魔の手から主権を守る方法、経済的繁栄を守る方法、理想を守る方法を各国がそれぞれしっかりと考えることが必要となるでしょう。

But I call on every leader of every nation to start by doing what America has done ? to simply insist on reciprocity, to insist on transparency and accountability from the Chinese Communist Party. It’s a cadre of rulers that are far from homogeneous.
ですが、私は各国の指導者に呼びかけます。アメリカがすでにやっていることから始めてください。つまり、中国共産党に対して互恵、透明性、説明責任を強く求めてください。中国共産党の指導者たちは一枚岩からはほど遠い集団です。

And these simple and powerful standards will achieve a great deal. For too long we let the CCP set the terms of engagement, but no longer. Free nations must set the tone. We must operate on the same principles.
互恵、透明性、説明責任というシンプルで力強い基準は、大きな結果をもたらすことでしょう。あまりにも長い間、私たちはつき合う上での条件を中国共産党に決めさせてきました。ですがそれもこれまでです。自由主義諸国こそが条件を決めなければなりません。私たちは同じ原則に則って行動しなければなりません。

We have to draw common lines in the sand that cannot be washed away by the CCP’s bargains or their blandishments. Indeed, this is what the United States did recently when we rejected China’s unlawful claims in the South China Sea once and for all, as we have urged countries to become Clean Countries so that their citizens’ private information doesn’t end up in the hand of the Chinese Communist Party. We did it by setting standards.
私たちは、越えてはいけない共通の一線を設けるべきです。中国共産党のエサや甘言によっても消えない一線を。実際、これこそアメリカが最近行っていることです。アメリカは先日、南シナ海における中国の主張を「違法である」ときっぱりとはねつけました。アメリカはまた、各国の人々の個人情報が中国共産党の手に渡らないように、各国に「クリーンな国」になるよう促してきました。アメリカは基準を設けることでこれを行いました。

Now, it’s true, it’s difficult. It’s difficult for some small countries. They fear being picked off. Some of them for that reason simply don’t have the ability, the courage to stand with us for the moment.
もちろん、これは難しいことです。小さな国にとっては難しいことです。小さな国は、ねらい撃ちにされることを恐れています。いくつかの国は、こうした恐怖から、今のところ私たちと共に立ち上がる力も勇気もありません。

Indeed, we have a NATO ally of ours that hasn’t stood up in the way that it needs to with respect to Hong Kong because they fear Beijing will restrict access to China’s market. This is the kind of timidity that will lead to historic failure, and we can’t repeat it.
実際、NATOの中にも、香港の問題について立ち上がるべきなのに、中国政府によって中国市場へのアクセスが制限されることを恐れて、立ち上がっていない国が存在します。これは、歴史的な失敗につながる臆病な態度です。失敗を繰り返してはいけません。

We cannot repeat the mistakes of these past years. The challenge of China demands exertion, energy from democracies ? those in Europe, those in Africa, those in South America, and especially those in the Indo-Pacific region.
私たちは、過去の過ちを繰り返してはいけません。中国の脅威に立ち向かうには、民主主義諸国のがんばりが必要です。欧州、アフリカ、南米、そして特にインド太平洋地域の民主主義諸国のがんばりが。

And if we don’t act now, ultimately the CCP will erode our freedoms and subvert the rules-based order that our societies have worked so hard to build. If we bend the knee now, our children’s children may be at the mercy of the Chinese Communist Party, whose actions are the primary challenge today in the free world.
私たちがいま行動しなければ、中国共産党は最終的に、自由を侵食し、私たちの社会が苦労して築きあげたルールに基づく秩序を破壊してしまうことでしょう。中国共産党の行いは今日の自由世界における最大の脅威ですが、私たちがいま屈すれば、私たちの子孫がその中国共産党のなすがままになってしまうかもしれないのです。

General Secretary Xi is not destined to tyrannize inside and outside of China forever, unless we allow it.
習近平総書記は、中国の内と外で永遠に圧政を行えるわけではありません。私たちがそれを許さなければ。

Now, this isn’t about containment. Don’t buy that. It’s about a complex new challenge that we’ve never faced before. The USSR was closed off from the free world. Communist China is already within our borders.
ただし、これは封じ込めとは違います。そんなふうに考えてはだめです。これは、過去に直面したことのない新たな複雑な脅威にどう立ち向かうか、ということなのです。ソ連は自由世界から隔離されていましたが、共産中国はすでに私たちの内側にいるのです。

So we can’t face this challenge alone. The United Nations, NATO, the G7 countries, the G20, our combined economic, diplomatic, and military power is surely enough to meet this challenge if we direct it clearly and with great courage.
ですから、アメリカは自国だけでこの脅威に立ち向かうことはできません。国連、NATO、G7、G20と協力し、私たちの経済・外交・軍事の力を組み合わせ、その力を迷わず大きな勇気をもって注げば、この脅威に十分に対処できるはずです。

Maybe it’s time for a new grouping of like-minded nations, a new alliance of democracies.
志を同じくする国々の新たな集団、民主主義諸国の新たな同盟を結成するときがきたのかもしれません。

We have the tools. I know we can do it. Now we need the will. To quote scripture, I ask is “our spirit willing but our flesh weak?”
私たちには手段があります。私たちにはできます。いま私たちに必要なのは意志です。聖書から引用するなら、「心は燃えても、肉体は弱い」でしょうかと問いたいです。

If the free world doesn’t change ? doesn’t change, communist China will surely change us. There can’t be a return to the past practices because they’re comfortable or because they’re convenient.
自由世界が変わらなければ・・・・・・変わらなければ、共産中国が確実に私たちを変えてしまいます。これまでのやり方のほうが気が楽だとか、便利だからといって、そのやり方に戻ることはゆるされません。

Securing our freedoms from the Chinese Communist Party is the mission of our time, and America is perfectly positioned to lead it because our founding principles give us that opportunity.
中国共産党から私たちの自由を守ることは現代の使命です。そしてアメリカは、この使命を導く立場にぴたりと当てはまっています。なぜなら、建国の理念が私たちにそれを命じていますから。

As I explained in Philadelphia last week, standing, staring at Independence Hall, our nation was founded on the premise that all human beings possess certain rights that are unalienable.
先週フィラデルフィアで、独立記念館を間近に見つめながらお話しさせていただいたように、アメリカは、すべての人間には侵すことのできないいくつかの権利があるという前提にたって建国されたのです。

And it’s our government’s job to secure those rights. It is a simple and powerful truth. It’s made us a beacon of freedom for people all around the world, including people inside of China.
ですから、それらの権利を守ることはアメリカ政府の仕事です。これはシンプルで力強い真実です。このことがアメリカを、中国国内の人々を含む世界中の人々にとっての自由のかがり火にしてきました。

Indeed, Richard Nixon was right when he wrote in 1967 that “the world cannot be safe until China changes.” Now it’s up to us to heed his words.
実に、リチャード・ニクソンが1967年に「中国が変わるまでは世界は安全ではありえない」と書いたとき、彼は正しかったのです。そして今、彼のこの警告を聞くか聞かないかは私たち次第です。

Today the danger is clear.
今日、危険は明白です。

And today the awakening is happening.
今日、みんなが目覚めてきています。

Today the free world must respond.
今日、自由世界は対応しなければいけません。

We can never go back to the past.
私たちは決して過去に戻ることはできません。

May God bless each of you.
みなさんに神の祝福がありますように。

May God bless the Chinese people.
中国の人々に神の祝福がありますように。

And may God bless the people of the United States of America.
そしてアメリカ合衆国の国民に神の祝福がありますように。